FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
中国 桂林 10 路線バス3
桂林は亜熱帯気候なので、ネット情報によると2月中旬以降は「涼しく雨も少ない」らしい。なのに……。
もちろん亜熱帯気候でも「寒い冬」はある。しかし数日程度とか。だから冷房機器はあってもほとんどの場所では暖房設備がない。食堂や洒落たレストランでも、客はもちろんのこと、ウエイトレスもコートを着たまま料理を運んでくる。
バス運転手IMG_8936

極寒の日本を抜け出しポカポカ春の旅!のつもりが、持ってきた服を重ね着してもまだ寒い。冷えは尿意を呼び覚まし、あとどのくらい走れば到着するか分からないという不安が、切迫感にまでひきあげる。
「ヤバい!」と男性陣が声をあげた。

バス停も時刻表も「無い」に等しいが、状況次第では「対応有り」らしい。
ならばと、トイレ休憩交渉を運転手にすることに。
繰り返すが、普通の路線バスで……。

ここは頼りになる従兄の出番。
「ラジオやテレビ講座で中国語を学んだだけだから片言なんだよ」というが、タクシーの運転手や地元の学生やおばちゃんたちと楽しそうに会話している従兄の語学力はなかなかのもの。

数分後に見つかったガソリンスタンドで停車してくれたではないか!
夫たちは停まるのを待ちかねて飛び出していく。
もちろん私たちも後に続く。
失笑している他の乗客もいたが、このチャンスを逃すわけにはいかない。
どんなトイレでもいい、ともかく用を済ませねば。
ショルダーバックにトイレットペーパーをつめこみ、それぇっ!

次回は、トイレの話。

スポンサーサイト
中国 桂林 9 路線バスの旅 2
私たちは、自称「晴れ男晴れ女、4人組」。
トルコの旅で雨が降ったのは、夜やバスの中。傘要らずどころか快晴だった。

ところが今回は8日間すべて曇りか雨。
それでも我々は、水墨画の世界「桂林」を楽しむための天気とプラス思考。
IMG_9205.jpg

ただ寒さは予想外。
2月半ばで菜の花や桃が咲き乱れていることからも、今回の寒波は異常気象のようだ。

バスの中なのに、吐く息が白い。
運転手はダウンジャケットを着こみ、毛糸の帽子にジャケットのフードまでかぶってハンドルを握っている。
暖房がないのだ。
昔は観光バスだったのだろうか、路線バスにしては座席が立派だ。
しかし今や壊れた空調機から布がはみ出たオンボロバス。

冷たい小雨が窓を濡らし、フロントガラスの内側が曇る。
すると運転手が横の窓を開けた。
ただでさえ寒いのに、外の冷気が後ろに座る私たちに吹き込んでくる。
寒~い。
冷えると、トイレに行きたくなる。
生理現象には逆らえない。しかしこれは「路線バス」。
どうしよう……。

中国 桂林 8 路線バス
ホテルに大きな荷物を置き、リュックを背負って1泊旅行。

朝9時 琴潭バスターミナルで「龍背梯田」行きのバスに乗る。ここでも荷物のセキュリティーチェック。ところが途中から乗り込む人たちには、荷物チェックはなし。バスターミナルでチェックする意味はいったい何なのよぉ~?と、疑問符が頭の中を飛び回る。
IMG_8930.jpg
バスターミナル

停留所じゃないところで手を挙げて乗り込む人(これは日本の田舎でも見かける)、荷物だけ載せる人。出発して数分ごとにあちこちで手を挙げる客を拾う。時刻表など無いに等しい。実にローカルだ。
IMG_8935.jpg

今回の旅では路線バスに数回乗ったのだが、こんなことがあった。

あれは小雨が降る夕方だった。
バスはのろのろとドアを開けたまま進む。しかも何故か同じ場所を二度ほど回ったりしながら……。

と、ある青年が中を覗き込んだ。
しかし彼は、乗らずにどこかへ行ってしまう。
私たちに気づきニコニコと笑顔を見せたあと、踵を返し去って行ってしまったのだ。

すると運転手はバスを路肩へとめ、建物の中へ消えてしまった。
数分後、運転手は我々乗客に一言も発せず何事もなかったようにハンドルを握る。
そしてそのあとに彼が乗り込んできた。
はにかんだ表情で。

いつもの時間にいつもと同じ場所でバスに乗り、そして降りるのはきっと彼の家に一番近い所。
運転手をはじめ、なじみの乗客だれもが、彼を見守っている。

小雨の寒さがやわらいだ。


中国 桂林7
今回の小さな冒険は下記の二つ。
・路線バスに乗る
・できれば民宿に泊まる

村の中で一夜を過ごすと、旅の味わいがグッと深まる。
特に日帰り観光客が姿を消した夜や早朝には普段の顔が見え実に興味深い。

とはいえ、中国の民宿泊は私たちにはかなりの冒険。
そこで日本を出発する前、「地球の歩き方」に写真付きで出ていた民宿に予約を取ろうと試みた。

出発数週間前、中国の旅行業者(日本語ができるという業者)にメールを送った。

毎日何度もメールボックスを覗くが、音沙汰なし。
痺れがきれ電話してみた。(モチ日本語で)

するとメールは受け取っているので、メールで返すという。
しかし待てど暮らせど、返信が来ない。

「もうこうなったら、中国入りしてからだ!」と、腹をくくる。
竹IMG_9220
こんな太い竹林があちこちに。

小さな村のようなので、民宿はそこだけかも、と心配だった。
1度目は、上海浦東空港行きの地下鉄で知り合ったイケメン君に、その民宿へ電話を入れてもらった。

ところが通じないという。

2度目は、その「程陽景区」へ行く前夜、ホテルのスタッフに電話を入れてもらった。
やはり番号が違うのか通じなかった。
おぉい、『地球の歩き方』編集部よ、電話番号違うじゃん! プリプリ

そこでもし民宿に泊まれなかったときのために、スタッフに三江の街のホテルを紹介してもらった。予約を入れれば確実にホテルの部屋をおさえられるというが、やはり民宿にチャレンジしてみたい。

さぁどうなる?

中国 桂林6 安価な5ツ星ホテル
上海から桂林までは飛行機で約2時間ほど。LCCだと片道2千円くらいから。
桂林空港からは、タクシーで市内のホテルへ。高速道路に乗り約1時間15分くらいかかったが日本円で計算すると約2千円。

中国の交通費やホテル代は安い。
なので、ホテルは5ツ星を。

言語が不安な国では4ツか5ツ星ホテルに泊まるようにしている。物価が高い国ならユースホステル。下手な私の英語を聞き取り丁寧に対応してくれるスタッフが必ずいるからだ。

今回のホテルも広々としたツインベッドで1部屋約8500円。しかも種類豊富なビュッフェ形式の朝食付き。1人あたりにすると4250円。日本のビジネスホテルでもこの値段はない。

ここに3泊。連泊ではなく、最初と最後、そして途中で1泊。大きなキャリーバックを置かせてもらい、1泊や2泊の小旅行へはリュックサックで出かけてきた。

さて翌日の計画だが……
龍背梯田へ路線バスで行き、梯田(棚田)を見た後、程陽景区へ出向き、現地で宿を探し泊まるという予定。

旅に小さな冒険を入れると、否が応でも旅の筋書きが変わる。
それが思わぬ出会いに繋がったりして。

程陽景区は、新聞広告でよく見るツアー日程だと日帰り観光が多い。山間にある小さな村にはいわゆるホテルはなさそうだ。ならば民宿泊かぁ?
水汲み場1IMG_7807
程陽景区にあった水汲み場
水汲み場2MG_7809