FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
中国 桂林 22
漓江下りのクルーズ船に乗り損ねたことが「吉」と出た。
だが漓江を前にすると、「船(舟)上の人」になってみたくなる。
縮門IMG_8093
写真は興坪の船着き場への入口。
「漓江景観区」と書いてある。

縮港IMG_8097
奥の大きな船は値段も高いランチ付きクルーズ。
青いパイプを舟底にした「いかだ舟」は1~2時間ほどで約2000円らしい。
この寒さで、いかだ舟は厳しい。

縮舟IMG_8103
よく見ると、観光船ではなさそうな舟が隅の方に横付けされているではないか。
まさに「船」ではなく「舟」。
中洲?向こう岸?への渡し舟だという。
情緒たっぷり。
1人5元(約80円?)。(この5元、実は訳ありと判明。その話は後ほど)
10分もかからず対岸へ。
縮 島の牛 IMG_9163

縮にわとり 島IMG_9179
川辺で牛や鶏が草を食み、水辺に鳥が飛来する。
観光客引きや屋台が立ち並ぶ向こう岸とは大違い。
長閑で静かな村の中へ歩を進める。

村人と思われるおばさんとすれ違う。
笑顔で「ニーハォ!」と挨拶すると、おばさんの表情も緩む。

数分もしないうちに、そのおばさんが後ろから近づいてきて、追い越しざまに振り返り何やら中国語で話しかける。よくわからないが、家に招待してくれているような……。
よし、ついて行ってみよう!っと。

スポンサーサイト
中国 桂林 21
漓江下りクルーズに乗れなかった、が、まさに塞翁が馬!

路線バスか? タクシーか?
船で5時間もかかる距離を路線バスだといつ着くやら……。
4人というのは、食べるにしてもタクシーでも割安だ。
陽朔まで250元プラス高速代10元。しかも2時間ほどで到着。

桂林の街を抜け川沿いを走りだすと、特徴のある山並みが見え始めた。
テンションが上がり、高速道路を出たところで停車してもらい、小雨もなんのその夢中でシャッターを切る。
タクシーで桂林から

ところがそのあとも延々と山並みは続く。
5時間の船旅だったら、きっと飽きるだろうなぁ~。

運転手は陽朔出身と聞き、ならば追加料金を払うので観光地を案内してくれないか?とお願いすると、桂林へ戻らなくてはならないという。そこで別のタクシーを呼んでもらい、1日貸し切り600元で交渉成立。船に乗ったと思えば安いものだ。

効率よく景勝地を暖かいタクシーであちこち周り、運転手おすすめの洒落たレストランでゆっくりランチ。
縮IMG_9088

縮IMG_9098

縮IMG_9091
民族舞踊も。


中国 桂林 20
中国へ入る前にネットで調べてみると、桂林から陽朔までの「漓江下り」は、5時間かかり、費用は船中でのビュッフェランチ付き1人約5千円(約307元)とあった。船は数多く出ているらしい。日本でネット予約もできそうだ。
いかだ舟もあるらしい。時間も短く安価。ただし窓ナシ、ランチなし。2月では厳しいかも。

まぁシーズンオフだし、当日船着き場で船を選びながらチケットを買うのがベストと予約は見送った。

ところが灕江下りを予定していた早朝。当日券は7:00~7:30、しかもPCからと判明。慌ててホテルのPC及び読書用のリビングルームを開けてもらうが、PCの立ち上げに時間がかかり漓江下りのサイトを探そうとしている間にタイムアウト。

ホテルの観光案内カウンターでは「予約してないなら無理」とすげない。「ダメ元で直接船着き場へ行きたい」というと、「ホテルから船着き場まで1時間かかるので、今からでは間に合わない」と断言する。

万事休す。
甘く考えていたと、反省することしきり。

しかし陽朔に2晩連泊予約してあるので、向かわなければならない。
さてどうする?

縮IMG_7881
三江南駅前屋台で食べた1杯8元(136円)の米粉麺。トッピングは客自身で。熱々で美味しかった。

しかし万時塞翁が馬。
これが予想に反し内容が濃い旅に……。

中国 桂林 19
ホテルに預けてあった荷物を受け取り、タクシーで三江南駅へ。
縮IMG_7880

厳密にいえば駅ではなく、隣接する事務所でパスポートとバーチャルチケットを提示しチケットを受け取る。今回の旅で数日後もう一度乗る高鉄チケットも一緒に。

新幹線IMG_7888

数分でチケットをgetできた。
数年前、上海から西湖へ行くためのチケットを買うのに何時間も長い長~い列に並んだことを思い出すと夢のようだ。

あの時は、体育館ほど広い上海駅チケット売り場で、どの窓口にもズラッと数十人が並ぶさまに先ず圧倒された。

最後尾から30分以上並び、あと数人のところで係員の休憩時間?退社時間?になったのか、突然窓口のシャッターが下りてしまった。慌てて別の列に並び直したら、外国人専用の窓口は一番端と言われ、並ぶ気を失せてしまった。翌朝出直し、今度こそと外国人専用の窓口に並び、ようやく自分の番になり「クレジットで支払いたい」というと、1番窓口へ行けと追い払われ……またまた並び直し、と散々だった。それでも「旅に出たから見つけた面白さ」があった。

並んでいる間に前後や横の列の人が話かけてくれ、身振り手振りで意思疎通をはかったのも楽しかった。また客が列をなしていようが容赦なく窓口を閉ざしてしまう「おもてなし感ゼロ」の駅員、それに逆上する客、他の列に割り込む人、色々な人々の素顔が見えたのも、「長く並び、その場の苦労を共にできたから」ともいえる。

前にも書いたが、中国の駅改札は、発車時刻の30分前に始まり、5分前には改札口が閉じられる。中国の高鉄には「駆け込み乗車」はありえないが、発車時刻前に出発することは「アリ」。これ、経験済!。

さて桂林といえば「漓江下り」。
次回はその話を。

中国 桂林18 路線バスの旅 9
「翌日、程陽八塞区へ行きたいのだが」とフロントのお姉さんに相談してみた。できれば路線バスを利用したいこと、桂林までの高鉄(新幹線)三江駅発車時間も伝えて。
橋IMG_7872


すると夜10時近かったと思う。部屋の電話が鳴った。フロントのお姉さんからだった。程陽八塞区までの車チャーター代と4人分の入村料、ホテルから三江駅までのタクシー代を入れて300元で可能ですが、どうしますか?という。程陽八塞区からの戻りは路線バスを使うということで、と。

龍背梯田への入村料が1人80元だった。ならば300元はお得では?と、お願いすることにした。なお荷物をホテルに預かってもらい出かけるので、帰りは一度ホテルへ戻り、三江駅へ向かう予定。

翌朝9時、どう見てもお姉さんの知人?恋人?と思われる若者が、白い高級車(車に疎いので車種は分かりません)で迎えに来た。走ること30分ほどで程陽八塞区の村内に到着。

住民が使う裏道を通ったのか、入村料を払う所はどこにもなかった。

運転手のイケメン若者君は私たちを降ろしてサヨナラではなく、自ら少し村の中を案内してくれ、写真撮影まで手伝ってくれた。
板張りの橋IMG_7768

時間が早いせいか、観光客の姿を見ることはない。静かな村人の時間がゆったりと流れている。鶏がのんびりと我が物顔で道の真ん中を行き来し、人々は土産物店を開ける準備に忙しい。
IMG_9028.jpg

川の向こう岸では、若者たちが豚を解体していた。生々しい光景に驚く。どうもお祭りでもあるらしい。昼過ぎには多くの村民たちが川岸に集まっていた。

1軒しかないのだろうと思っていた民宿はあちこちにあった。ネットやガイドブックで見る建物や橋は時代を感じさせる古いものだが、観光地として潤ってきたのか、新しい家が予想以上に多い。


村の中心あたりにある建物で、トン族の人々が演奏や踊り、歌を披露してくれた。なかなか見ごたえ聴きごたえのある舞台だった。出入り自由。しかも無料。
トン族演奏IMG_7739

IMG_9003.jpg
ランチを村の小さな店で摂る。お腹いっぱい5種類も食べて、1人500円もかからない。
景色に癒され、お腹も満ち良い気持ちでバス停までプラプラと歩く。

すると村の出入り口に看板を発見。
なんと大人60元。ただし65才以上は無料。60才以上は30元。
つまり夫たちは無料で妻たち2人分60元だけ払えばよかったってこと??

さらに帰りのバスは1人4元。
えぇ~~???

往復路線バスを使えば92元で済んだのかぁ?

とはいえ、バスで行けば観光客がいない普段の村の景色を見ることはできなかったかもしれないし……。
ホテルから三江駅までのタクシー代も入っていたし……。
イケメン若者も親切だったし……は、余計か! アハハ!