FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!
2019年10月から27日間 ネパールへ友達夫婦との4人旅
2019年9月 女友達と3人でソウルへ
2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
脊柱管狭窄症 15 待合室で③
前回と別の日、またまた大騒ぎした男性を目撃。
長く待たされたことだけでなく、館内放送で呼び出されたことで怒りが炸裂した。

整形外科の受付前に長椅子が並べられており、まずそこで待つ。自分の番号がモニターに出たら診察室前の椅子に移動するシステム。しかし予約してあると、担当医の診察室前で待っていても問題ないと思う。私も、2度目からは診察室前へ直行した。そこの方が待つ患者が少ないからだ。

その御仁も、自分の担当医の診察室前で最初から待っていたという。
だからまさか放送で呼び出されるとは思いもしなかったのであろう。
受付と診察室前の椅子には、ちょっと距離があるので、生の声で呼ばれても、奥の方に座っていると聞こえづらい。
ご立腹も分かる。
受付嬢が、名前を呼んでも応答がなかったので、と平謝りしている。
IMG_5374.jpg

館内放送をかけたのは、A先生から「今日の診察は、僕でいいのか確認してほしい」と言われたからだと説明している。
御仁は、
「A先生に決まっているだろう!手術してくれたのは、A先生じゃないか。」
受付嬢「今日はB先生が、外来診察室にいらっしゃるので、どうかと思ってと言ってます。」
「え?B先生が?・・・では、お願いしたい。」
と、冷静になった御仁。
先ほどまでの怒りはどこへ??

B先生は教授の肩書をもつ。
A先生は、御仁と教授に気を遣ったのだろう。

私も初診はB教授だったが、手術執刀はもちろんのこと術前術後の診察も若手の先生ばかり。こんな風に気を遣われたことはない。上級患者か中流以下患者の違い?と、考えてしまうのは僻み?

スポンサーサイト



脊柱管狭窄症 14 待合室で②
長く生きていると、自分の考えが正しいと勘違いする人がいる(自戒も含めて)。
第三者の立場で偶然居合わせると、そのことがよく分かる。
IMG_5373.jpg

憤ったご高齢の男性が、
「いつまで待たせるんだ。僕はもう1時間以上前からそこで待っているんだ。」
「理事を呼べ!」
と怒鳴り散らす。

私だって前回は2時間待った。予約通りにいかないことは多々あることなのに・・・。

身なりから、社会でご活躍なさっていたときは、そこそこの肩書をもつ御仁とお見受けした。
若い受付のお姉さんでは対応できず、看護師が宥めに来たが、怒りはおさまらない。
師長、若いDrも出てきたが、最後は、
「弁護士を呼んで、訴えてやる!」とまで言い捨て帰ってしまった。

聞くところによると、VIP顧客(いやいや「患者」)は、病院への入り口が違うらしい。
個室も一番高い部屋は、1日23万を超える。1泊すると2日分とられるので47万超え。
庶民とはかけ離れた世界があることを、差額ベッド代で知る。
因みに個室料金だけでも12種類ある。
科ごとに選べる部屋が異なり、整形外科で一番安い個室は1日4万数千円。

その一覧表を見たとき、目が点になり、身の丈にあった病院を選ぶべきだったのではないか?と、遅まきながら反省した。
私の住む田舎街の総合病院なら特別室でも1万そこそこ。

もちろん庶民、中流階級以下の身では個室など、夢のまた夢。
そこにくさびを打ち込んだのは、私が指名して診てもらったDrの一言。
「病室を予約するとき、差額ベッド無しは避けてください。手術の日程がたちません」。
どひゃぁ~!



脊柱管狭窄症13 待合室で ➀
歴史ある重厚な造りというよりも、天井が低く圧迫感を覚える建物。
空襲によって焼失した本館は、昭和23年に竣工されたとか。
古いはずだ。
ここで手術、入院かぁ~と、ちょっと暗い気持ちになる。
ところが診察棟は前年完成したばかりで、まるでオフィスビルのようだ。


整形外科待合場所で待っていると、私の住む田舎の病院では見かけない患者や付き添いの人がやってくる。

ブランド名に弱い私でもわかる高級そうなバックを持ち、絹に違いない艶やかな洋服に身を包んだご婦人。執事を従え、杖をつく姿も気品ある高齢の紳士。荷物持ちはもちろんのこと、受付もすべて執事が行っている。

上流階級の方々が通う病院の待合室に、中流以下の私が座っている。居心地が悪い。
しかし病気をもつ、ひとりの人間としては同格なはずと、背筋を伸ばす。

と、突然ドラマが目の前で始まり、あぁやはりここはある種特異な病院だったと実感する。


脊柱管狭窄症 12 予約をget!
3か月も先の診察を待てず、ふと思いついたのは、予約のキャンセルに滑り込むという手法だった。

翌朝から、受付開始数分前に、着信一番を狙い受話器を握った。
これは、つながる確率が高かった。
しかし、当然のことだが、キャンセルは思ったようにはなかなか出ない。
それでも諦めず、電話し続けた。

2週間ほどした頃だったろうか、ついに待っていた空きが出た。
結果的には、約1カ月後に初診の予約をおさえることができた。
どくだみ


初夏の日差しが強い7月、はやる気持ちをおさえ、歴史ある病院の門をくぐった。


脊柱管狭窄症 11 診察予約がとれない!
早速、慶応病院の診察予約センターへ電話を入れるが、なかなか繋がらない。
「ただいま回線が込み合っています。再度時間をおいておかけ直しください。」
録音テープの声が受話器のスピーカーからむなしく吐き出されるばかり。

何度も電話をかけ同じフレーズを聞く、そんな日が何日も続いた。

諦めかけ受話器をおきそうになったとき、偶然つながった。

ところが一番早い予約で3ケ月待ちという。


実は、その年の秋にネパールへ旅行する計画を立てている最中だった。
仲の良い友達夫婦との初4人旅。
エベレスト街道をトレッキングする約4週間の長旅だ。

私は腰の痛みがあるので、3000m辺りで待機することにしてあるが、行く前に色々聞くべきことがある。痛み止めも処方してもらいたい。

3ケ月は・・・長すぎる。
何とかもっと早く診てもらえないだろうか?

そこで一計を講じることに!