FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
カンガルーケア 4 低体重児を対象とする理由
なぜ低体重児に対し有益なのか調べているうちに、ある資料を見つけた。今年の1月18日日本産婦人科医会で発表された「出生直後におこなう『カンガルーケア』について」だ。日本産婦人科医会幹事(葛飾赤十字産院副院長)鈴木俊治氏が、非常に分かりやすくまとめている。PDFだがネットでタイトルを入力すれば、検索は可能だ。

長いので要約しながら紹介するが、ぜひ実際の論文を見て欲しい。

カンガルーケアの歴史
始めたのは、1979年、南米コロンビア、年間11.000分娩を扱う首都ボゴタ最大の産科病院。当時経済経済危機のため、新生児医療予算がなく、新生児治療室は常に定員オーバー、器材不足、スタッフ不足の状態で、1つの保育器に2~3人の新生児を同時に収容することも珍しくなかった。そのため交差感染の頻度が高く、感染による新生児死亡が多数という状況にあった。またこれらの患者は、早期の母子分離によって母子の愛着形成ができず、養育遺棄の頻度が高かった。

ところが……
・出生体重1500g未満の極低出生体重児を数日間保育器に収容。
・酸素投与が不要で一般状態が改善したところ(おおよそ修正週数32週)で、オムツを1枚つけただけの格好で、母親の乳房の間に立位で抱かせ、その上から衣服を着せて、保温と母乳哺育を行うケアに移行した。
• 児の状態が安定すれば、体重に関係なく退院させ院内感染から隔離した。
• 原則、母乳栄養のみ(不足時はグアバジュースで補う)。
• ユニセフの援助によって平日午前中のクリニックを開設し、退院直後は週2回健診し、成長と共に受診回数を減らしていった(母親が心配なときは何時でも受診可)。
• 2ヶ月目に、百日咳、ジフテリア、破傷風、ポリオワクチンを接種した。

上記の対応をしたところ、低出生体重児の死亡率の低下と養育遺棄が減少した。

しかし、Whitelaw A, Sleath K: Lancet 1985の結論は

 カンガルーケアは、先進国の極低出生体重児の死亡率や感染率の改善には寄与しないであろう。

とある。

確かに、先に挙げた対応を見れば、死亡率や感染率の低下はカンガルーケアだけに因るものでないことは明らかだ。

それでも先進国でカンガルーケアは広まっていった。
なぜなら、カンガルーケアによって極低出生体重児の体温は安定し、母親と児はとてもリラックスした状態となり、NICU環境でストレスの多かった家族においての愛着形成に有効であると考えられたからだ。
 
睡蓮とハスは違うよと、友達が教えてくれました。ブログに掲載した3枚は全て睡蓮でした。茎が水面から高く伸びているのがハスだそうです。
スポンサーサイト



カンガルーケア2  被害者の家族会が発足
仕事がようやく小休止できそうなので、ブログ再開です! 離乳について書いている途中ですが、先に「カンガルーケアの危険性」のことをまとめておこうと思います。

昨年の11月26日に福岡で「出産直後のカンガルーケア・完全母乳等のため脳障害を受けた新生児を抱える『患者・家族の会』」が発足した。会が発足すると聞き、私も同席させてもらうべく福岡へ飛んだ。

参加したのは長崎・福岡・宮崎・大阪・愛媛で出産した6家族。遠くは神奈川からも脳障害を負ったお子さんと共に参加していたご夫婦や闘病の果てに亡くなった「こうたろう」君のご両親の姿もあった。詳しくは『がんばれ こうたろう』のホームページを参照してほしい。青字をクリックするとHPに飛ぶことができます

4家族が病院に対し損害賠償を提訴をし、そのうち1家族は国の指導に問題ありと国相手に闘っている。

先日の新聞記事の通り、ようやく国が動き出したようだが、なぜカンガルーケアがこれほどまでに広がり、被害が出ているのに放置されてきたのか。背景に離乳問題と同じ考えがあることが原因の1つと思われる。

それは……

 母が子とできるだけ長く接触すれば、母性が培われ、子は母の愛情をたっぷり得てまっすぐに育つはず!

ということだ。母が子を抱く。母が子に母乳を与える。勿論そこに何ら問題はない。しかし子が命を落とす、また脳障害を起こす危険性があるにも関わらず、生まれてすぐの子を母親に抱かせ続ける必要性があるのか? 

カンガルーケアを推進してきた理由や背景などについて、また危険性を訴え続けてきた医師の考えを紹介していこう。




ハスではなく、睡蓮