FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
台湾地方旅  15 平渓線
台北から列車で約1時間、瑞芳という駅に着く。
(「台湾地方旅 12」で紹介した駅)

ここから平渓線に乗り換え、終点菁桐駅や十份駅、平渓駅などで途中下車しては、小さな田舎町々を散策。
観光客が少ない町は、普段の生活が見えて面白い。
偶然、風光明媚な渓谷で美味しい料理を、安価に食べられたのも、街外れまでフラフラ歩いたから。

今回は寄らなかったが、猫好きな人には猴硐がオススメ。猫の村で有名だそうだ。

十份駅や平渓駅は、らんたんあげの観光客でごった返していた。
今年の「らんたん祭」は2月22日18時からで、メイン会場は、十份駅から徒歩15分ほどの広場。

しかし昼間なら年中いつでも、十份駅や平渓駅近辺で、お金を払えば誰でも、らんたんをあげることができる。
色によって値段が違う。願い事をらんたんに書き、線路の上で火を付けて飛ばす。

電車が来ると、駅員が笛を吹き、らんたん業者や客を線路上から追い払う。
らんたん 昼
らんたん 電車

うまく気流にのれば空高く揚がるが、バランスを崩すと、燃えてあえなく落下の憂き目を見るらんたんも。
江ノ電のように民家の間をギリギリ通る狭いところでも、飛ばしている。
らんたん飛ばし 昼

点ほど小さくなるまで飛んでいくらんたんも、いつかはどこかに落下する。
よくぞ山火事にならぬと感心する。残骸の始末も気になった。




スポンサーサイト



夜泣き 8 
小児科医師など医学的に子の育ちを捉えている人のブログや書物には、「夜泣きしたらおっぱいでもいいよ」というアドバイスは無い。海外のアドバイス例と同じで、声掛けや抱きしめたりして乗り越えようネ!というもの。

もう一種類のアドバイスの典型的な例が下記。これは7月に出版されたばかりの『母乳育児の教科書』(マイナビ)からの引用。

赤ちゃんの月齢が高くなると、一時的に夜間の授乳が増えることがあります。……(略)……立ち始め、歩き始めると、多くの刺激を受けるようになり、その不安解消のためにおっぱいを欲しがるのかもしれません。夜間の授乳が増えても、基本的に赤ちゃんがほしがるたびに、ほしがるだけ授乳しましょう。……(略)……ちなみに、母乳を飲んでいる子は夜泣きが少ないという報告もあります。夜泣きとは原因が…(略)…泣きやまないことを指しますが、母乳で育っている子の場合は、おっぱいを吸えば安心して眠ってくれることが多いようです。

太字下線部分をどう考える?

手作り人形
銀山温泉「昭和館」の女将さん手作りの人形。


夜泣き 6
先週、夜泣き 5 で紹介した夜泣きに対するフランスのアドバイス

「赤ちゃんの最初のわがままは通用しない」
「そこからあなたの権威が生まれる」


これはアドルフ・ピナール(1844-1934)の言葉だという。この人は当時高かった新生児の死亡率を大幅に下げた医師として有名だとか。

と聞いても、自分を犠牲にしてでも赤ちゃんの全てを受け止めようと思っているママたちには、「権威」という響きも含めて、拒否反応が出るかもしれない。でも、少し我慢してこのブログに付き合いあれこれ一緒に考えてほしい。

ピナールは確かに古い人なので、今のフランスの育児書には、どう書かれているのか? フェイスブックを利用し、パリに住んでいる知人に「ちょっと本屋で調べて!」と頼んでおいた。韓国の友人にもメールしたので、情報が入ったら掲載するつもり!

フランスの育児の歴史がとても興味深いので、エリザベート・バダンテールが書いた本から、少し紹介してみよう。


三陸 途切れた橋
途切れた三陸鉄道。道路は復旧が進んでいましたが、鉄道は橋が落ち、土手は崩れ草生していました。
夜泣き 5
恒吉僚子さんの『育児の国際比較』(NHKブックス)には、こんなふうに書いてある。

イギリスの育児
「泣いても、極力抱き上げず、なだめる。」「5分間泣かす(泣かせたままにするということ)。5分ごとに戻ってはいなくなる(ママが子供のそばに行ってなだめたり離れたりするということ)。30分経ったら間隔を5分から10分に増やす。15分以上は放置しない。」
「数分間待つ。なだめるふうにしゃべりかけなさい。余分な照明をつけない。これがうまくいかなければ抱き上げたまま少し歩きなさい。泣かせっぱなしも添い寝もよくない」

アメリカの育児
「泣いた場合はまず原因を調べ、なだめてみるべきである。しかし原因がない場合は、眠るまで泣かせておいても支障はない」
「8か月以降も夜泣きする場合、何も問題がないようならば、キスと抱っこをして泣かせておく」
「理由がない場合、添い寝などをすると何回でも起きるようになる。親にとっても赤ん坊の精神衛生にとっても悪い」

フランスの育児
「理由なく赤ん坊が泣いたなら、泣きたいだけ泣かせておく。2日以内に赤ん坊はあきらめる」
「赤ん坊の最初のわがままは通用しない。そこからあなたの権威が生まれる」

「おっぱいで泣き止ませる」というのは、問題外のようだ。
 

ねじ花
ねじ花(ねじり花とも)
右巻も左巻もあるとか。今日、別の花が咲いている植木鉢に1本だけ見つけました。10年くらい前に、庭に数本見つけ、毎年出るかと思いきや、絶えてしまい……。うれしい発見です。

夜泣き 4
7/3のブログ「夜泣き 2」に、育児書によって「夜泣き」へのアドバイスが違うと書いた。
サイトの助言を検索しても、やはり2極化している。

書店に並んだ育児書の立ち読みをしただけだが、医者が書いた育児書には、「おっぱい」に関する助言は、ほとんど無かった。ところが助産師さんや出版社が編集した育児書では、「おっぱいを吸わせて寝るなら、何度でも与えていい」というアドバイスばかり目立つ。

つまり根本的に「夜泣き」の定義が違うのだろう

前に書いたように、医学的には
「6か月頃から1歳半くらいに見られる現象で、理由もなく夜中に突然泣き出すこと」
のようだ。

「理由はない」と言いつつも、体内時計のリズムが狂ったからとか、昼間の記憶が蘇ってとか、理由を説明しているサイトも多い。それでも「おっぱいを!」というスタンスではない。

アドバイスとしては、「抱きしめたり、白湯を飲ませたり、逆に寝かせようとせず、目覚めさせ少し遊んでから寝かせる」というもの。繰り返すが「おっぱい」は関係なし!

では、(似ているようで夜泣きではない)という意味での「似非夜泣き」が、どうしてこんなに市民権を得たのだろう
それを考える前に、他の国のアドバイス例を見てみよう。

インパチュネス

インパチェンス この色が好き!