FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
離乳 5  育児書にも差がある
育児雑誌で、「離乳アドバイス」の変化を見た。これはここ40年間ほどの変化なので、今度は今現在の、アドバイザーによる差を見てみよう。「夜泣き」でも、アドバイザーにより大きな差?(間違った指導)があったことは、すでに報告したので、予想できるかもね

書店に並んでいる育児書、その中でも2007年以降に発行された育児書からいくつか確認してみよう。

学研『はじめての育児』
育児状況を調査した結果、卒乳の時期には5か月、11か月、1歳半の三つの山があると示し、1歳半過ぎを卒乳の目安に考えるようにと書かれている。

ナツメ社『0~3歳までのはじめての育児』
「授乳が一日1~2回になったら、完全にやめましょう」と記載。

ベネッセコーポレーション『育児新百科』
1歳をすぎたら『いつでもどこでも泣いたらおっぱい』はやめて、時間と場所を決めて授乳するように!

成美堂出版『0歳から1歳半 育児あんしん大事典』
2~3才の卒乳でも、10か月~1歳半の断乳どちらでもよい。

西東社『はじめての育児 0~3才』
10か月頃になって離乳食が一日三回食べられるようになるのをめどに、断乳することを考えてもいいでしょう。

長岡書店『パパ&ママのハッピー育児アドバイス』
11か月頃が断乳のタイミング

主婦の友社『はじめての育児』
おっぱいが赤ちゃんの精神安定剤になっているなら、2歳でも3歳でも吸わせてまったくかまいません。

やっぱり 差があるなぁ~


キュウリの葉にカマキリのベビー
スポンサーサイト



離乳 2 雑誌記事でみる離乳アドバイスの変化
お茶の水に女性雑誌専門の図書館があります。そこで、「離乳」へのアドバイスがどう変わっていったのか、『ベビー エイジ』(婦人生活社)の記事から拾ってみました。

76年  「ダラダラ授乳をしない」
    「お母さんとのつながりが授乳だけではないことが赤ちゃんにわかるこのステップ(断乳)がとくに大事」
81年  「4~6か月頃:夜中の授乳は原則としてやめます」
85年  「1歳前を目標に断乳します」
86年  「泣かせないようにだけでは、子どもは育てられない。
     心を鬼にしてでも子どもをじっと見守らなければならないときもあるはず。
     赤ちゃん自身が乗り越えていくもの。
     1歳前後での断乳、及び離乳食が3回食になったら夜の授乳をやめるように」

非常に厳しいママへの断乳指導が大きく変わり始める。

92年  「(7か月頃の寝かしつけ)おっぱいが安心剤でいい」
95年  「1歳はあくまでも目標、2歳までには断乳を」
96年  「(断乳の時期は)お母さんの考えで決めると良い」
00年  「卒業のときは、ママと赤ちゃんが決める。2~3歳まではおっぱいを飲んでいてもかまわない」
02年  「(乳首を吸うこと)‘安心感’‘心地よさ’‘ママとの一体感’‘精神安定剤’」

2002年 母子手帳から「断乳」という言葉が消える。これはママたちへのアドバイスにも大きく影響した。
昼咲月見草
昼咲き月見草