FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!
2019年10月から27日間 ネパールへ友達夫婦との4人旅
2019年9月 女友達と3人でソウルへ
2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
脊柱管狭窄症 5 お酒
体重が増えた話を前回書いた。
食べるものはほとんど変化ないのに、と。
いやいや正直に書くと、手術後2ヵ月ほどしてから夕食前にビールを小コップで1杯ほど飲み始めた。
100㎖くらい。
その分、ご飯量を減らしている。

手術前後の変化は、飲酒にも出ていたのだ。
元々、お酒はたしなむ程度しか飲まない。
いや飲めない。
すぐ顔がほてり、酔ってしまう。
でも時間をかけゆっくり少しずつなら、ワインも日本酒も美味しく楽しめた。

それが、手術1年ほど前から、飲むと腰から足にかけて痛みが出た。
最後の数か月は、美味しいとも思わないし、口にするのも嫌になっていた。

今、小コップ一杯のビールが美味しくあっという間に飲みつくす。
100㎖なので、グイっと飲めば終わり。
当たり前と言われれば、その通りだが。
痛みも出ない。
幸せなことだ!

不思議なのは、数年前まで今と同じ程度、いやそれ以上にお酒を飲んでも体重はキープできていた。
ところが今、術前のジーンズがはけない。
なぜ? 謎だ。
SIMG_0433.jpg
手術を決めた身体の変調については・・・次回に。
スポンサーサイト



脊柱管狭窄症 4 体重の変化
この数年間で、体重が落ちていた。
数十年に渡り、身長159センチ、体重48キロをキープしてきたのに。

食べるものも運動量もほとんど変化なし。
なのに45キロまで落ちた。
特に腰回りが痩せ、ボタンを外さなくてもジーンズを下げることができるまでに。
そこでぶかぶかのジーンズを数本つぶし、ロングスカートに作り直した。

ところが今、体重は50キロに。
食べるものはほとんど変わらない。
できるだけ歩くように心がけているので、運動量はむしろ増えている。

なのに腰回りに肉が付き、苦しい。
手術後、45キロから5キロ増へ・・・。

変化はまだ他にも。
SIMG_1055.jpg




脊柱管狭窄症 3 ジンマシン
身体の不思議な異常は、他にもいろいろ出ていた。

昨年の6月ころから、毎日のように蕁麻疹が出た。
発疹は、朝だったり、昼過ぎだったり、食事の前やお風呂に入ったあと、真夜中の3時というときもあった。
思い当たる理由がない。食べ物も薬も何も関係ない。

過去に蕁麻疹を患った記憶がないので、しばし自分の身体を観察することにした。

膝の後ろにポツンと出始めると、あれよあれよという間に、太ももやふくらはぎに発疹がブチブチと出て、しばらくするといくつかがまとまり大きくなる。厚みが減り始めたら、もう少しの我慢だ。いずれ消える。

発疹の場所も決まっていない。足だけでなく、腕のときもあれば、お腹やお尻のときもあった。
SIMG_1045.jpg

しかしこう毎日発疹に襲われると、のんきに発疹時間を記録したり写メったりしている場合ではない気がしてきた。
専門医の意見を聞きたい。
皮膚科の門をたたいたのは、数週間後だった。

「ストレスでしょうねぇ。でも内臓に出たら、命とりになることもありますからね。」
と、脅された。

まさか数か月に渡り、蕁麻疹に悩まされることになろうとは!
しかし手術で、その悩みも消えた。
脊柱管狭窄症 2 冷え
この数年、不可解なことが身体に表れていた。

例えば、足が冷えて困った。
冬はもちろん真夏も。
冷房を使わないのに、だ。
夏の強い日差しのもとで足を温めたり、厚手のソックスをはいたり。

お風呂に浸かり温めても身体の冷えはおさまらない。
血流を良くしようと、冷水と熱い湯と交互にかけたり、ゴシゴシこすったり。
湯温を上げ、何度も追い炊きしても温まった満足感を得られなかった。
布団に入る前のお風呂は、私には「絶対!」「必須!」だった。

真冬は寒さに震え、着込み、湯たんぽを抱いて昼も夜も過ごしたものだ。

ところが手術で一変した。

SIMG_0440.jpg


脊柱管狭窄症 1 痛み
腰から足首に違和感を覚えたのは、2016年の秋だった。

亡くなられる前に蜷川幸雄さんが構想をねっておられた「60歳以上の素人集団1万人での芝居」。
そのメンバーと一緒に、蜷川さんの遺志を継いでくれたノゾエ演出のもと、稽古を重ねていたころだった。

広い体育館の中で、数千人をどう動かせば無理なく、しかも劇的に面白くなるか、ノゾエ氏は試行錯誤を繰り返す。
数百人を動かすには、目印になる人が必要だ。
その一人として、請われて数時間立ち続けた。

数時間といっても、たぶん長くて2時間、いやもっと短かったような?
そのくらいは、歩いたり立ち止まったり、日常的に十分あり得る時間だ。

それなのに、腰から足首まで痛みが走った。
あれが最初だったと思う。
SIMG_0434.jpg