FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
中国 桂林 8 路線バス
ホテルに大きな荷物を置き、リュックを背負って1泊旅行。

朝9時 琴潭バスターミナルで「龍背梯田」行きのバスに乗る。ここでも荷物のセキュリティーチェック。ところが途中から乗り込む人たちには、荷物チェックはなし。バスターミナルでチェックする意味はいったい何なのよぉ~?と、疑問符が頭の中を飛び回る。
IMG_8930.jpg
バスターミナル

停留所じゃないところで手を挙げて乗り込む人(これは日本の田舎でも見かける)、荷物だけ載せる人。出発して数分ごとにあちこちで手を挙げる客を拾う。時刻表など無いに等しい。実にローカルだ。
IMG_8935.jpg

今回の旅では路線バスに数回乗ったのだが、こんなことがあった。

あれは小雨が降る夕方だった。
バスはのろのろとドアを開けたまま進む。しかも何故か同じ場所を二度ほど回ったりしながら……。

と、ある青年が中を覗き込んだ。
しかし彼は、乗らずにどこかへ行ってしまう。
私たちに気づきニコニコと笑顔を見せたあと、踵を返し去って行ってしまったのだ。

すると運転手はバスを路肩へとめ、建物の中へ消えてしまった。
数分後、運転手は我々乗客に一言も発せず何事もなかったようにハンドルを握る。
そしてそのあとに彼が乗り込んできた。
はにかんだ表情で。

いつもの時間にいつもと同じ場所でバスに乗り、そして降りるのはきっと彼の家に一番近い所。
運転手をはじめ、なじみの乗客だれもが、彼を見守っている。

小雨の寒さがやわらいだ。


スポンサーサイト



母の変化 4
1月に入ってすぐ、灯油ストーブからガスストーブに替えた。
灯油が切れるたびに、どっこらしょと灯油を入れに立つのも、その灯油を買いに出かけるのも辛くなっていたのだ。

夫が、寒い中自転車に灯油タンクをくくりつける姿をみると、ストーブのスイッチは押しづらい。
おのずと家の中でもダウンを着て過ごすようになった。

気づけばエスキモーのようなモコモコ冬山用ダウンに身を包んだ夫と私が、家の中でもそもそ動いているという状態に……。

その点、ガスストーブは楽。
切れることがない。
だから朝からずーっと暖かい……。
幸せ!

ところが今日、ガスストーブを使い始めて、初の請求書が届いた。
光熱費で1万を超える金額を見たことがない。
なのに、1万どころか2万を超えているではないか。

……またまたエスキモー状態に。トホホ。

そうそう母の話。
母から、施設入居者さんの〇〇さんと△△をしたなど楽しそうな話を聞くとホッとする。

何人もいれば、何か諍いも生じ、嫌な思いをすることもあろう。
しかしそれも含めて、母には新しい友達との生活を前向きに捉えてほしいと願っている。

家族だけの社会から、一歩大きく踏み出した母の背中を見守りたい。
折り紙椿
母が友達と折った椿




母の変化 3
母の会話に、個人名が増えた。
友達ができた証拠だ。

母は誰にでもすぐ話しかける。
基本おしゃべり好き。
社交的といえばそうなんだが、寂しさの裏返しかもしれない、とも思う。

施設に入る前は、電車待ちのホームで隣に座った人にすぐ話しかける。
結構深い話まで短い間にしているのにはびっくりする。
病院友達の話もよく聞いた。
耳が遠いのに・・・・。

〇〇さんは、お子さんが何人いて、何歳でどこに勤めていて、今こんな困ったことを抱えているらしい。
そのほとんどは苦労話。

みんな愚痴を聞いてほしいのだろうなぁと思いつつも、電話口で見ず知らずの人のそれを延々と聞かされるのには閉口したものだ。

ところが施設の利用者さんの話はあまり出てこなかった。

施設に顔を出すと、いつも部屋でテレビを見ていたり、寝ていたり。
陽だまりの共有スペースにある素敵なソファーでお茶を飲みながら、誰かとしゃべっている姿を一度も見たことがない。
そこには、お茶やコーヒー、ココアなど茶器と一緒に準備されており、誰でも好きなだけ飲めるようになっている。
なのに、利用している人を見かけない。
IMG_8564.jpg
万両は下に実を垂らすので、ワイングラスに短く挿してみた。
母の変化 2
一昨年の12月に入居してから、まだ14カ月くらい。
大分、肩の力も抜けてきたように見える。

施設開設して1年も経たないうちに満室。
総勢で18人の入居者。
スタッフともすっかり気心が知れ、優しい言葉をかけてもらっては嬉しそうに笑みを浮かべている。

IMG_8632.jpg
かごを蔓で編み、ジュリアンを入れてみました。ちょっと大きすぎたみたい。

それでも、時々
「挨拶したのに、スルーされてしまった!私が何かいけないことを言ったのだろうか?」
「何かご機嫌を損ねることをしたのならごめんなさいと、言った方がいいかしら?」
状況を詳しく聞いても、問題があるとは思えない。なのに、母は憶測で悪い方へ悪い方へと考えてしまう。

長い人生で染みついた「気遣いすぎ」の性格は、今更直しようがない。
私はひたすら毎回同じセリフを吐く。
「何も悪いことはないよ。気にしすぎ!」と。
なぐさめるのではなく、諭している。
正直、こういう会話が毎日のように続くと疲れてしまい、母からの電話をとるのが嫌になってしまう。

昨年の暮れ、ついにまたあの言葉が母の口からこぼれた。
「自宅に戻っても、やっていけると思うんよ。ここは嫌なのよねぇ。」
えぇ? いったい何があったの?

母の変化
母が、サービス付き高齢者住宅に入居して2回目の冬。
週に3回、建物の1階にあるディーサービスへ通う。

ディーサービスがあった日は、必ず
「行ってきたよ」「帰ってきたよ」
と、電話が入る。
(いやいや、ディーサービスのあるなしにかかわらず電話は毎日掛かってくる。)
同じ建物の1階へエレベーターで上がり降りするだけだが、母にしてみれば、「ディーサービスへ通っている」意識のようだ。

スタッフさんやディーサービスに外部から通ってくる人、同じ施設に住んでいる人などを合わせると、母の知人の数は数十人に増えている。

その付き合いが、母の悩みにもなる。
IMG_8634.jpg
バラの花のようなジュリアン