FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
韓国の夜泣き指導
韓国の友達が、親子でごった返す日曜の本屋でメモってくれた情報です。

小児精神科医師が書いた『子どもの心理百科』0歳~2歳編(2007年発刊)より

・夜泣きや寝返りの度に反応しない方がよい。軽く叩きながら、独りじゃないことを伝え安心させる。
・むずがるからといって抱き上げない。抱いて寝かすと、後々抱かないと眠らなくなることもある。
・夜中の授乳や乳首は、生後6か月経つと、徐々にやめる方がよい。
・寝かしつけるために、母乳を与えてはいけない。
・夜中の授乳は、熟睡を邪魔する主犯。
・ただ、急に夜泣きが始まったら、身体的な異常はないか注意する。

やっぱり韓国でも夜中の授乳は厳禁!という指導ですね。なぜ日本では真逆の指導が行われているのでしょう?

ランタナ
ランタナ
スポンサーサイト



夜泣き 8 
小児科医師など医学的に子の育ちを捉えている人のブログや書物には、「夜泣きしたらおっぱいでもいいよ」というアドバイスは無い。海外のアドバイス例と同じで、声掛けや抱きしめたりして乗り越えようネ!というもの。

もう一種類のアドバイスの典型的な例が下記。これは7月に出版されたばかりの『母乳育児の教科書』(マイナビ)からの引用。

赤ちゃんの月齢が高くなると、一時的に夜間の授乳が増えることがあります。……(略)……立ち始め、歩き始めると、多くの刺激を受けるようになり、その不安解消のためにおっぱいを欲しがるのかもしれません。夜間の授乳が増えても、基本的に赤ちゃんがほしがるたびに、ほしがるだけ授乳しましょう。……(略)……ちなみに、母乳を飲んでいる子は夜泣きが少ないという報告もあります。夜泣きとは原因が…(略)…泣きやまないことを指しますが、母乳で育っている子の場合は、おっぱいを吸えば安心して眠ってくれることが多いようです。

太字下線部分をどう考える?

手作り人形
銀山温泉「昭和館」の女将さん手作りの人形。


夜泣き 7 フランスでは「母性」を実母に押しつけない
エリザベート・バダンテールの『母性という神話』(ちくま学芸文庫)、『母性のゆくえ』(春秋社)によると、
18世紀末まで、貴族やブルジョア家庭では、生まれた子どもをすぐに里子に出したり、家に置いても乳母に育てさせたりしたという。また学齢期になると学校の寄宿舎や修道院へ入れてしまうので、父親はもちろんのこと母親も子育てをしなかったそうだ。

上流階級は、子育てのために自分の時間を割くことも労することもせず、母親ではなく女、妻として生きてきた。一方、我が子を里子に出し、労働者として生きるしかなかった下層階級の母親たち……。

だから今も「母性」を実母に求めず、「フルタイム(専業主婦)の母親になれ」というプレッシャーが社会的にも道徳的にも存在しないと、バタンテールは説く。

数世紀にわたって、フランスでは母乳を与えることも子どもの養育も、実母の役割じゃなかった……。

「ママである私が自分を犠牲にしてでも、頑張らなきゃ!」という思いとかけ離れた世界。それでも子どもたちは育ってきたということか!

サフィニア
サフィニア
夜泣き 6
先週、夜泣き 5 で紹介した夜泣きに対するフランスのアドバイス

「赤ちゃんの最初のわがままは通用しない」
「そこからあなたの権威が生まれる」


これはアドルフ・ピナール(1844-1934)の言葉だという。この人は当時高かった新生児の死亡率を大幅に下げた医師として有名だとか。

と聞いても、自分を犠牲にしてでも赤ちゃんの全てを受け止めようと思っているママたちには、「権威」という響きも含めて、拒否反応が出るかもしれない。でも、少し我慢してこのブログに付き合いあれこれ一緒に考えてほしい。

ピナールは確かに古い人なので、今のフランスの育児書には、どう書かれているのか? フェイスブックを利用し、パリに住んでいる知人に「ちょっと本屋で調べて!」と頼んでおいた。韓国の友人にもメールしたので、情報が入ったら掲載するつもり!

フランスの育児の歴史がとても興味深いので、エリザベート・バダンテールが書いた本から、少し紹介してみよう。


三陸 途切れた橋
途切れた三陸鉄道。道路は復旧が進んでいましたが、鉄道は橋が落ち、土手は崩れ草生していました。
夜泣き 5
恒吉僚子さんの『育児の国際比較』(NHKブックス)には、こんなふうに書いてある。

イギリスの育児
「泣いても、極力抱き上げず、なだめる。」「5分間泣かす(泣かせたままにするということ)。5分ごとに戻ってはいなくなる(ママが子供のそばに行ってなだめたり離れたりするということ)。30分経ったら間隔を5分から10分に増やす。15分以上は放置しない。」
「数分間待つ。なだめるふうにしゃべりかけなさい。余分な照明をつけない。これがうまくいかなければ抱き上げたまま少し歩きなさい。泣かせっぱなしも添い寝もよくない」

アメリカの育児
「泣いた場合はまず原因を調べ、なだめてみるべきである。しかし原因がない場合は、眠るまで泣かせておいても支障はない」
「8か月以降も夜泣きする場合、何も問題がないようならば、キスと抱っこをして泣かせておく」
「理由がない場合、添い寝などをすると何回でも起きるようになる。親にとっても赤ん坊の精神衛生にとっても悪い」

フランスの育児
「理由なく赤ん坊が泣いたなら、泣きたいだけ泣かせておく。2日以内に赤ん坊はあきらめる」
「赤ん坊の最初のわがままは通用しない。そこからあなたの権威が生まれる」

「おっぱいで泣き止ませる」というのは、問題外のようだ。
 

ねじ花
ねじ花(ねじり花とも)
右巻も左巻もあるとか。今日、別の花が咲いている植木鉢に1本だけ見つけました。10年くらい前に、庭に数本見つけ、毎年出るかと思いきや、絶えてしまい……。うれしい発見です。