FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
離乳 25 悩まず背負わず
「自然卒乳」という言葉が使われ、奨励され出してからまだ約30年弱。
それまでは、1歳前後から「断乳」するよう母親は指導され、心を鬼にして実行してきた。
昔昔からそうしてきた。つまり「断乳」の歴史の方がずぅ~とずぅ~と長い。
昭和、大正、明治も江戸時代もその前も……。

親に拒否されたと心病んでいる子ばかりと問題になったことがあるだろうか?
30年前までは、母子関係が育まれなかったと言えるだろうか?

私は、離乳17「長期母乳の落とし穴」で紹介したように、9か月~12か月に乳離れをしようとする子どもの変化に気づいたら、思い切って断乳するのが1番良いと思う。その変化を見極められなくても、1歳半までに断乳に踏み切る。子どもが知恵を付ける前に終える方が、子もそして母親も苦しみは少ないはず。

それも逃してしまったら、子どもによ~く言い聞かせ、段々遠ざけていくのが良いのでは? それは「自然卒乳」ではなく、母親が子を導く「離乳」。

「離乳」という行為は、子と向き合い母になっていくステップの1つ。

自然卒乳推進者は「子どもが欲しがればいつでもおっぱいを与えていれば、いつかは子どもから離れていく」という。だからあまり深刻に考えず、携帯の画面を見ながらでもそのうち離乳できるって?
そんなに子育ては甘くないよ~。それに、何よりも日に日に変化する子育て時期を楽しまないのは、もったいないと思うんだよねぇ。携帯の画面じゃなく、子どもの顔を見つめてあげてネ! 

萩 s

スポンサーサイト



離乳 24 卒乳推奨の文言
「断乳」より「卒乳」をすすめる理由は、大まかにいうと下記の2点のようだ。

・ おっぱいは、子どもの精神的安定剤。いつでも受け入れてくれるという安心感を得て、子どもは外へ向け足を踏み出せる。言うなれば、子どもの心の成長と母子の絆に重要な役割。

・ 断乳は、おっぱいを「取り上げる」「拒絶する」ことで、子どもの心に傷をのこす。

そして例のユニセフ、WHOが後進国向けの母乳奨励を引き合いに出す助言。
・ 生後半年までは完全母乳。2歳以降も、できるだけ長く!

そう言われても……
いつになったら朝まで熟睡できる日が来るのか? 
毎晩毎晩何度も起こされ身体が悲鳴をあげている…。
『あぁ~子どもが自ら卒乳するまで待てず、自分を優先する私は悪い母なのねぇ~』

誰でも、子どもの心を盾に取られて推奨されたら、こんな心境になるに違いない。

そんなに自分を責めないで! 
出産後、何百日もかけて築いた母子の絆が、たった数日の「断乳」行為で断ち切れるわけがない
物心ついてからの悲しい出来事は記憶に残っても、1歳や1歳半の出来事を覚えているわけがない

「断乳」とは断ち切ることではなく、子どもの成長を助ける、促す行為と考えよう。

シオン? s

シオン
離乳 23 断乳した自分を責めるママたち
「卒乳」という言葉をあちこちで見聞きするのに、実際は意外と多い「断乳」。
気になるのは「断乳」したママたちの自責の言葉。

NHKの「すくすく子育て」に出演したママの話を紹介すると……

・1歳9か月のころ、噛みつかれてあまりの痛さに断乳を決意したけど、取り組んだ1週間、夜中は2時間おきにおっぱいをせがまれ、何度も『ママの仕事として痛みに耐えなくてはならないのではないか』と悩んだ。

・(やはり1歳9か月で断乳したという別の母親)身体のきつさに断乳したけれど、子どもにとってはどうだったのかと振り返る。

2人とも、母親の都合で卒乳でなく断乳を選んでしまったことを、子にすまなく思っている。

雑誌やサイトの投書欄には、「断乳」した自分は母親失格というママも。
そこまで自分を追い込むのはなぜなのか?
30年ほど前までは、断乳を終えると「よく頑張ったね」と褒められたのに……。

「卒乳」を推奨する言い方に、問題がある。

ピラカンサ ? s

ピラカンサ
離乳22 NHKの番組でも
NHK『すくすく子育て どうする卒乳』(2010年2月19日放映)で、2歳6か月になる子の離乳の取り組みを3日間追った記録が放映された。

母親は「おっぱい、おっぱい」と泣き叫ぶ子どもを夜中に抱いてあやしたり、かわいそうという思いに負けて飲ませてしまったりと、まさに苦闘の「断乳」過程を辿っていた。

また出演している他の親子たちも断乳経験を語っていたが、タイトルは『どうする卒乳』で、アドヴァイザーが語る助言も卒乳を推奨したものだった。泣かせて乳離れする「断乳」だったにもかかわらず、短い期間でバトルが終われば「ハッピー卒乳」したことになっている。

これってなんだか変だよネ?

秋の実 2 s

離乳 21 これでも「卒乳」?
「カンガルーケア」に関する新聞記事掲載で横道にそれてしまいました。
話を「離乳」に戻しましょう!


育児雑誌は、毎年どこかで「離乳」をテーマに特集を組む。
その手のタイトルには「卒乳」という表現を使うことが多い。

でも体験談を読むと……

・子どもは3日3晩泣き通しだった。
・子どもがおっぱいと泣き叫んだけれど、頑張った。
・約1週間かけて卒乳しました。それまでは2時間おきに起きて泣いてた息子も、夜中にあまり起きなくなり、万年寝不足から解放されました。
・夜は泣き叫んで暴れ、3日間は大変でした。

これらは、すべて「卒乳体験」として紹介されていた。??「断乳」だと思うんだけどなぁ~。
なぜ「卒乳」という表現を使うのだろうか?

「卒乳」「カンガルーケア」……親心をくすぐる響き、う~ん?気になるなぁ…。

セイロン ライティア s
セイロン ライティア