FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
カンガルーケア 22 理解できないチェック項目
朝日新聞(10/18朝刊)に、日本周産期・新生児医学会などが公表したカンガルーケア時の留意点についてこう書かれていた。

  出産直後は赤ちゃんの呼吸を注意深く観察するなど十分な管理が必要な時期だと強調し、母親に疲労がない、赤ちゃんの顔を横に向け呼吸を楽にできるようにするなどの条件や方法、呼吸や体温などのチェック項目を示した。

下線部の「母親に疲労がない」という留意点に目を疑った。出産して疲労を感じない母親がいるのか? いやはや、出産の労をどの程度に考えているのか? 

またこうある。

  新生児蘇生法の研修を受けたスタッフの常時配置も提言。

カンガルケアーが危険性をはらんでいると認めるから、こうした提言になるのであろう。また医療従事者の人員不足が深刻な問題になっているのに、このためゆえに増員が認められるのか???

そこまでして出産直後にカンガルーケア、否「早期母子接触」を推進する必要があるのか?

新聞には効果についてこう書かれている。
 
  母乳期間の延長、血糖値や体温の安定などの利点も指摘されており……

しかし、この血糖値や体温の安定への疑念については、すでに「カンガルーケア 14~16」で述べた通り。

効果があるのか? 必要があるのか?という疑問が、9月に開かれた「日本母乳哺育学会」でも会場にいた記者から出たが、「効果については、論文を読んで」という一言で流されたそうだ。

具体的に表面化していることは、日本全国で報告が出始めた「カンガルーケアによる障害」。赤ちゃんの死や障害の危険性を押してまで、出産直後に行わなければならない行為だとは到底思えない。

しゅうめい菊? s
スポンサーサイト



カンガルーケア 21 掲載された2つの記事 1
今朝の朝日新聞に、「カンガルーケア」に関する2つの記事が掲載された。

1つは、17日に日本周産期・新生児医学会などが「カンガルーケア」を実施する場合の留意点を公表したというもの。

もう1つは、「カンガルーケア」が原因で長男が障害を負ったとして、自治医科大学付属さいたま医療センターと国を相手に損害賠償を求める起訴を地裁に起こしたというものだ。

明日、これらの記事を詳しく見てみよう。

カンガルーケア・完全母乳・長期母乳などの問題点については、『母乳指導の誤算』(青簡舎)をご覧ください。



新潟の田舎へ草抜きに出かけてきた。その帰り道、小さな蕎麦屋で見つけた書台?
読みかけの本、老眼鏡、そしてキセル。実にノスタルジック!

カンガルーケア 20
久保隆彦医長(国立成育医療研究センター産科)が、7月に開かれた第48回学会学術集会で発表した内容を、先週の母乳哺育学会でも報告している。少し紹介しよう。詳しくは、7月の学会内容を報告した「医療ニュース」で軸丸靖子氏(医療ライター)がまとめている『万全からはほど遠い実施体制』を見て欲しい。

2010年に1180施設を対象に実施したアンケート結果(回答は585施設)だと、STS(skin to skin)は65.4%の施設で実施。
・実施前の妊婦への十分な説明と同意取得率は48.2%。
・STS実施中の医療従事者の常駐率は74.8%だが、児の全身状態の記録率は28.3%。
・各種モニタリング率は49.9%。
・児の急変経験施設率は4.2%で、急変発症率は138.534例中21例。


6割以上で実施しているのに、その半分では十分な説明をしていない。安全に実施できているとは確かに言えない調査結果だ。つまり医療従事者にも、母子にも無理がある行為ってことでは? 昨日紹介した、このSTSを強く奨励している堀内氏だって「この母子の行為はあくまでも医療行為ではなく、ケアに属するものであるため、生体監視という考えでおこなわれるべきものではない」と言っている。ならば、子の命に関わることでもあるのだから無理はしない。これに限る。と私は思う。

20回にわたり、「カンガルーケア」について書いてきました。低体重児ゆえ、離ればなれにならざるを得ない母子の愛着を深めるための「カンガルーケア」。なのに正期出産でも行う意図が、あれこれ調べてもいまだに理解できません。

出産直後の母子接触の有無が、10年後や20年後にどう影響するのかを追跡調査しない限り分からないのでは?
……でも子の育ちは、母親の関わり方、母親の愛情次第ってだけじゃないですからねぇ。何だか出産直後から、母親に押しつけられている感じがするのは、私だけでしょうか? 出産翌日からゆっくり母親だけでなく、家族の深まりを深めていけばいいことで、母乳とて、出るようになるまでに数日かかるのですから、焦らず、じっくり! 医療行為ではなく、ケアなのですから。
 

この、母親が育児を抱え込む現象が、実際に見えるのです。次回からは、また「離乳」に戻ります。


コスモス オレンジ 縮

カンガルーケア 19  強気の母乳哺育学会
先週の土日、昭和医大で第27回「日本母乳哺育学会」が開かれた。
「early skin to skin contact-誤解と混乱-」をテーマに堀内 勁(聖マリアンナ医科大名誉教授)が講演している。当日のパンフレットから抜粋してみよう。

カンガルーケアの3要素として、①愛と②ぬくもりと③母乳を赤ちゃんに与えるという定義がある。この3要素を提供することで赤ちゃんの成長・発達を安全に支えることが本来の意義である。

したがって着衣のままの抱っこや、母親の脇に寝かせることやBreast Crawlingの完遂がないものはカンガルーケアと呼ぶべきではないと考えている。


着衣のまま抱っこしたのでは、愛・ぬくもりは無い? 赤ちゃんの成長・発達を支えられない? えぇ~???
Breast Crawlingつまり赤ちゃんがママの胸を這うという行為が完遂しないとカンガルーケアではない? 

そこまで言い切る? そんなに影響ある? カンガルーケア無しで育ってきた子の方が多いというのに。

たちあおい 縮


全然「カンガルーケア」や「子育て」と関係ないのですが、韓国語に興味を持ち、韓国語を覚えるためのアプリケーションソフトを作りました。なんと、本日リリース!。

韓国語のほぼ50%は漢字語といって、漢字で表される言葉です。歌や価、可などは「가」。「공기」は「空気」。この漢字語だけを扱っているアプリなので、漢字を知っている日本人は韓国語の単語をたやすく増やすことができるのです。ぜひダウンロードしてみてください。無料版、有料は2800語収録版170円 4800語版は300円です。 

タイトルは『韓国語 漢字で GO! 語!
今回はアンドロイドのスマホのみですが、iphoneも10月にはリリースの予定です。
(青字のタイトルをクリックすると、アプリの見本を見ることができます。)
カンガルーケア 18 赤ちゃんはママの付属物扱い
「赤ちゃんにやさしい病院」では、カンガルーケアをし、母子同室が原則。

意外と気づかないのは、赤ちゃん、つまり新生児は病人ではなく、母親の附属扱いであること。

入院患者7に対し1という看護師の数は、病院の大きさ?などによっても違うそうだが、少なくともそこには赤ちゃんの数は入っていない。

カンガルーケアの事故を減らすには、目視と機械によるチェックが必要だと念押しされていたが、ただでさえ、看護師、助産婦不足が叫ばれているのに、現実問題としてずっと側についているなんて無理では? 

とすると、カンガルーケア中にしろ、病室に戻ってからにしろ、母親が赤ちゃんをみればよいという考えなのか?

「赤ちゃんにやさしい病院」と冠がつけば、妊婦さんたちが集まり病院は繁盛する。繁盛すれば、助産師さんや看護師さんの待遇もよくなり、自然に集まってくる。そういう構図になっている??

いじわるな見方だろうか? 

十字草?