FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
メルボルン熟女4人旅 ラスト
親友のホームパーティの前に、J先生のお兄さんが経営している工房へ連れて行ってくれた。

お兄さんは、某会社のCEOとしてディスクワークを長年やってきたが、数年前に早期退職し、フレーム工房を始めたそうだ。J先生は帰国後、大学へ通いながらここでアルバイトをし稼いでいる。

写真や絵画だけでなく、記念のTシャツやチームウェア、色々なものを入れ飾る額を作る。
Tシャツ s

私たちの写真を撮り、それをフレームに入れお土産にくれるという。
気取ってポーズをとり撮った写真をパソコンでチェック!
写真を選ぶ s

次は倉庫でフレーム材を選ぶ。
倉庫 
左右の段ボールに様々な種類のフレーム材が入っている。

フレーム見本 2s
壁面に見本がこんなに。

それぞれ好きな素材を選ぶと、カットしフレームに加工してくれる。
作業中s 作業中2 s

完成フレーム ぼかしs
      J先生と我ら熟女4人 
(肖像権の関係上、ぼかしを入れ、さらに解像度を下げてあります!)

先生はメルボルンに戻って困惑する場面にでくわすことが時々あるのだという。
日本人的なものの見方、考え方が身についてしまったので、ズケズケと言われると傷付くし、相手を慮り、意見をストレートに言えなくなったのだとも。

先生の夢は本を出版すること。日本にいる間に「禅」を通し学び、知り得たことを世界に伝えるために書くのだと熱く語る。

日本にいる時からその話を聞かされていたが、『何言ってるんだか?!』と、皆、聞き流していた。
が、メルボルンでの先生を、彼が取った行動の跡を目の当たりにすると、彼なら実現するに違いない!と思えてきた。
どんな本が世に出るのか、楽しみに待つこととしよう!

長々とお付き合いくださりありがとうございました。



スポンサーサイト



メルボルン熟女4人旅 25
お隣さんは、お母さんと息子さんの二人暮らし。

手作りのブラウスに赤いジャケット、赤く染めたショートヘアのお母さんは80歳を過ぎているとか!
ブログに紹介できないのが残念。
(はっきり顔や名前が分かる写真は、了解を得てない場合は載せないようにしているのでごめんなさい!)
60歳前後?の息子さんは、6回も日本へ旅に来ているそうだ。

2歳のお嬢ちゃんが、案内してくれる。みんなでぞろぞろとお隣へ移動。

モダンな若夫婦の家もステキだったが、お隣さん家はどこにカメラを向けても絵になる洒落た住まい。

お隣 4


お隣 3

このベッドカバーも手作り。写真だと分かりづらいが、草のような模様は刺繍。クッションも手作りレースカバー。
ベッドカバー s

お隣 2

メルボルン熟女4人旅 24
メルボルン市内まで無料区域の高速道路を走り、レンタカーを無事返却。

その翌夕、J先生の親友宅でのパーティーに招待された。
2歳の可愛い女の子がいる若夫婦のお宅。
親友の妻は、J先生の元彼女とか。
J先生とハグし合う2人に、
「元彼女なのに、いいのぉ?」と茶々を入れたくなる日本人おばちゃんの我ら。
パーティの様子
白を基調とした現代的な造り。

日本が大好きというお隣さんや、他の友達、親友の従妹も集まり賑やかに。
料理 s
料理と飲み物は一か所に。各自好きなものを好きなだけ。

お隣さんが、「うちにも来る?」と誘ってくれた。

メルボルン熟女4人旅 23
J先生の庭は、ダイナミックで自然の中に佇む安らぎを与えてくれる。

自分の背丈以上の重い木を植えこんでいるとき木が倒れ、胸が圧迫され死にかけたとか,アルバイトで稼いだお金を全部、これらの木々の購入に使ったと聞いた。

それにしてもたった一人であれほどの空間を造りあげるとは! 
その発想と行動力、そして根性に誰もが脱帽し、もう彼に教わることができないことを残念に思った。

J先生のお宅以外にも、別の日に2軒訪問させてもらった。
次回はJ先生の親友の家を紹介しよう。


メルボルン熟女4人旅 22
カーテンを開けると


花壇ではなく、森林?は言い過ぎだけど…。



決して広いとは言えないスペースだが



壊したコンクリートの上に土を盛り苔やシダ類を植え 、水も誘引し日本の禅を表現するそうだ。