FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
あわや大惨事 その2
私たちの前を、このトラックが走っていた。

草ロールを落としたトラック s

前にも書いたように、普通の道路が、郊外に出ると制限速度110キロの高速道路になる。

大人しそうに見える夫は、ハンドルを握ると豹変する。制限速度を下回りゆっくり走る車があると、必ず追い越す。追い抜くときに「バカやろう! トロトロ走んな!」と怒鳴ることもある。

しかし他人様には絶対にそんな姿は見せない。車やお風呂、トイレの中など狭い空間で、誰も側にいないときに声をあげる。そんなにストレスを抱えているのだろうか?と、私は時折心配になる

話を戻そう。いつものように夫は、トラックを追い越すチャンスを窺っていた。行き交う車の数は少ない。しかし緩やかな坂やカーブがあった。

積んでいたのは、これ。

草ロール1 s
家畜に食べさせる牧草を巻いたもの。直径は1メートルを超えているだろう。

これがなんと2個も落ちてきたのだ! 
道が左に緩くカーブしていたので、トラックの重心が右車輪にかかり遠心力もあり落ちたのだろう。

大きな草ロールは、その衝撃でバウンドしながら分解し、草はスローモーションのようにばらけ、風に巻き上げられ散っていく。

もしあの時、追い抜きをかけ右車線に出ていたら、私たちは潰されていたに違いない




スポンサーサイト



あわや、大惨事 その1
ニュージーランド南島をレンタカーで周り、あれはダニーデンからクライストチャーチへ戻る道での出来事だった。

ニュージーランドもオーストラリアも、郊外に出ると、どこまでも一本道という場合が多く制限速度は110キロとなる。街が近づくと、80キロから60キロへ、そして学校附近は40キロと道路標識が変わる。つまり高速道路には日本のような柵がなく、自転車も人も通るし、交差点もある。極々普通の道が、郊外では高速道路(free way)と呼ばれているだけなのだ。

まっすぐな道 

今までにも書いてきたように、地平線まで続くまっすぐな道、360度見渡す限り草原、ほとんど行き交う車もない。しかしあの時は、たまたま道路工事のため速度が50キロに制限されていた。もし110キロ制限のままだったら……と思うと、ぞっとする。

夫と交替しハンドルを握っていた私の車の前には赤い乗用車が、後ろには白い車が走っていた。と、左前方から散水車がこの道に右折し入ろうとするのが見えた。当然、赤い車も私もブレーキを踏み速度を落とす。近づくにつれ停止するためさらに踏み込んで、バックミラーを確認した。すると、後ろの白い車が私たちの停止に気づかず、突っ込んでくるではないか。まるで映画のシーンのように。

若い高校生くらいの男の子2人組だった。取り乱しているのが分かる。この2人もだけど私も初体験。しかもここは外国、車はレンターカー、明日にはニュージーランドを出てオーストラリアの旅が3週間あまり残っている。航空チケットはキャンセルか? むち打ちは大丈夫か? 警察は? 保険会社は? 頭の中を色んなことが駆け回る。

「あの車が見えなかったはずはないでしょ!」と言っているつもりだけど、英文法はメチャクチャだ。「警察をすぐ呼んで! この車はレンタカーだから事故証明がいるのよ!」と、これも実際は単語を並べただけの英語。

運転していた男の子が、あちこちに電話している。もう1人の男の子が、「ここは危ないから、散水車が右折してきたあの道まで車を移動しよう。僕の後に付いてきて」と言ってきた。当然、、道の端に車を寄せている。工事中の砂利道だし道幅も広い。『そこまでする必要があるか? もしかして逃げるつもり?』と疑い、携帯のカメラで、相手の車のナンバーを撮影した。その男の子がナンバーを隠すように車の前へ回ったが、シャッターを切る音の方が速い。観念したのか、移動しようと言わなくなった。

運転していた子の母親も駆けつけてきた。しかし私たちには何も言わず、しばし様子を見ていたかと思うと帰って行った。

やってきた警察官は、アメリカ映画の「ダーティハリー」を演じたクリント・イーストウッドに似ていた。何故かそれだけで、ほっとする。

C・イーストウッドは、当事者双方の言い分を聞き、私に名刺を渡し、こう言った。「あなたじゃ、この状況をレンタカー会社で説明できないでしょう? 今日クライストチャーチへこのまま運転して戻ったら、レンタカー会社へ行き、この名刺を見せなさい。ここへ電話すれば、私が説明しますよ。」と。

確かに、この事故現場の位置すら分からない。正直なところ、ニュージーランドで警察を呼ぶ電話番号すら知らない。レンタカー会社で渡された「事故のときの連絡先」と書かれた番号へ何度も携帯電話からかけるが、何故かつながらない。無い無い尽くしで、ますます焦っていた。

「このままドライブを続けていいよ。あなたは悪くないよ」というC・イーストウッドの言葉を信じるしかない。でも確か日本で事故した場合、現場に保険会社も立ち会い、写真を撮ったりするんだよなぁ~。面倒なことになったものだ。

暗い気持ちでハンドルを握り、レンタカー会社へ。事故と聞き会社のスタッフも顔を曇らせる。しかし、例の携帯で撮った相手のナンバーも見せ、C・イーストウッドとも連絡がつき、私の無罪が証明されたらしい。スタッフは「あなたに落ち度はない」と手書きで書き加えた事故書類を渡し、予定通り、トランクがへしゃげた事故車で旅行を続け、明日空港で返却すればそれで良いというではないか! 何と簡単な事故処理。

事故後の車 s


むち打ち? 夫は逆に矯正されスッキリしたという。私はバックミラーで見えていたので自然と構えていたのだろう、何ともない。

もう一つ、あわや車ごと潰されていたかもしれない出来事があった。

ニュージーランドで、あれ?まぁ!
ニュージーランドで見つけた珍百景や不思議に思ったこと

スーパーや駐車場、いやいや道でも裸足で歩く人をどの街でも見かけた。子どもに限らず大人も。素敵なドレスを着ていても手にサンダルを持ち裸足。不思議な習慣だ。



郊外の道路を走っていると、休憩所の看板が数十キロ置きに立っている。そこには車を停めるスペースと大きな木、そしてその下に机と椅子が置いてある。心地よい草原を吹き抜ける風の中で食べると、パンと果物だけでも充分満足。不思議だったのは蟻がいないことだ。寄ってくるのは鳥やばかり。毎食時、意識して辺りを探したが、地面を這う生き物を見なかった。だから裸足でもokなのかなぁ?



元々の自然生帯に戻すため、入国の際に厳しくチェックし、種はもちろんのこと例え加工し乾燥させた卵食品ですら禁止しているそうだ。野良猫も2匹しか見ていない。野良犬はゼロ。

ニュージーランドといえば、「キーウィ」という名の果物と飛べない鳥が有名だが、残念ながら、どちらも見なかった。もちろん果物の方はスーパーでも売っている。1キロ2~3ドルくらい。この地に14年住んでいるという日本人に出会ったので聞いてみると、栽培地が限られているそうだ。てっきり山梨の勝沼ぶどう郷のようにキーウィ畑が丘を覆っていると思ったんだけどなぁ

クライストチャーチで…
復興工事中の危険地域を限定し回るツアーバスが走っていた。私たちが入れない柵の中を、赤いバスは悠々と回っている。



震災後に造られたのであろうコンテナショップ。クールなセンスに脱帽だ。

このブログやメールにコメントをくださった方々へ

ありがとうございます。
コメントのお礼が書けずすみません。
wifi環境 今ひとつです。YHやモーテルで無料で使えても、切れたりつながったりブリスベンのYHは有料。電車の中や公園の中は無料なのに。今鳥のさえずりをBGMにブログを打っています。ブリスベンは大都会です。
晴天続き
どうも雨雲から逃げるように車を走らせたらしい。晴天率30%のミルフォードもスチュアート島も私たちが訪れた時は快晴。ニュージーランド最終日の今日、クライストチャーチを回っているときに、通り雨があったくらい。ホント夫婦だ。



ダニーデンは、大きな街だった。見所もいっぱいある。今日は日曜日だったので、教会のミサにほんの少し参加させてもらった。教会の中は生花が至る所に飾ってある。パイプオルガンや聖歌隊の音響が心に染みる。



途中で見かけた牛歩

ダニーデンで半島の先端にはペンギンがいると聞き出掛けたが、ガス欠になりかけ、慌てて引き返してきた。途中に一箇所くらいガソリンスタンドがあるだろうと思ったのが間違いだった。行けば行くほど街は小さくなり、GPSで近くのガソリンスタンドを探しても、引き返せというばかり。危ない!危ない! 羊しかいない場所で干上がったらおしまいだ。

昨日クライストチャーチに戻って来て思うのは、ここは都会だということだ。10日間の旅で印象が大きく変わった。高層ビル(高くても10階くらい)は少ないが、家の数も車の量も格段に多く賑わっている。

今からオーストラリア、真夏のブリスベンへ飛ぶ。

ブリスベンからメルボルンまで半年有効の列車パスチケットを取っているが、どうも本数が極端に少ないらしい 不安。

ニュージーランドでは、実はバカな失敗も、ちょっとした事故もあった。その話はまたそのうちに
泊まるならモーテル
ニュージーランド10泊中、バックパッカズホテル2箇所、ユースホステル(YH)2箇所、モーテル2箇所、B&B1箇所を経験した。1部屋80ドル前後のところばかり。1番高かったのはB&B。使い勝手がよく広くて快適だったのは、断トツでモーテル。キッチン、ランドリーも付いている。これはダニーデン。





ただ、車で移動するという旅でないと不便な場所にあるのが、最大の難点。

バックパッカズやYHのユーザーは、とてもマナーが良く感心した。使った後は、キッチンもシャワールームもトイレもきれいにする習慣がみんな付いている。他者の行動を見て自ずと学ぶようだ。我が子供たちにもバックパッカズの旅を学生時代に経験させるべきだったなぁ 友達もできるし、色んな情報は入るし。

私たちもそこで知り合った日本人の素敵な女性と昔そうだっただろう男性と一緒にワインを飲んだ。長くバックパッカズをやっていると危険な目にも色々あったとか。夜長話に花が咲いたの言うまでもない。

スチュアート島で。巨大チェス