FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
スイスのホテル
すみません。山の名前を間違えました。ユングフラウではなくアイガーでした。

朝 7時半、アイガーはまだ暗闇に沈んでいる。写真は前日の夕方。

今日はベルンへの移動日。ちょっと早目にホテルの食堂へ降りる。昨日の朝もガラガラだったし、夕べは一昨夜より静かだったから、閑古鳥が鳴いているものと思って部屋に入ると、満席だった。こんなに泊まっていたとは!

が、驚きはもう一つ。食堂の入口に立つや、ほとんどの客から「あなたは誰?」とでも問いたげな表情で見つめられた。30人以上から注目を浴びると、足がすくむんだなぁ。

しかも何とそこにいた全員が、有名な「旅○○」のツァー客だった。つまりメンバーでない日本人夫婦が突然現れたので、皆さんとしてもビックリされたようだ。

「日本の気温はどうやろうか?」「このハム美味しいねぇ」日本語が飛び交う。懐かし~い! ホカホカの炊きたてご飯が恋しくなる。


ミューレンの朝食。スイカもオムレツも美味しかった!

ホテルを決める時は、出来るだけ地の利が良いところを選ぶことにしているが、景観を優先したいときもある。そういう時は、念入りに色々なサイトでそのホテルに関する口コミを読む。そこで有益なアドヴァイスを拾えることがあるからだ。

グリーンデルワルトの駅まではずっと登り坂。徒歩で15分ほど続く。昨日のうちにホテルのスタッフに駅まで送ってほしいと頼んでおいたので、列車の時間に合わせてホテルを出ればよい。これも口コミサイトで知った情報。

因みにミューレンのホテルは駅からホテルまでが登り坂だったので、前日にメールで、迎えに来てくれると嬉しいと、列車の到着時間を添えて送っておいた。もちろん笑顔で出迎えてくれた。


ツェルマットのB&Bの朝食

スイスでは、1泊朝食込みで1部屋130スイスフランを基本にホテルを決めた。日本円にすると14000円弱(1人7000円ほど)。ツェルマットのB&Bは120スイスフラン、ミューレン(3つ星)は130、グリーデルワルト(3つ星)は140、何とベルンは朝食無しのバックパッカーズホテルなのに、1番高くて144。しかしここが最もくつろげた。部屋も広いし、シャワー付きの個室。ランドリーで洗濯し共用キッチンで料理もできた。

スーパーで買った野菜とソーセージのスープ。
スポンサーサイト



グリーンデルワルト ハイキング
終日雨に降り込められホテルで休養するつもりだった。だから昨日、夕飯を食べに出た折、coop(スーパー)に寄り、パンやビール、ハム、バナナなどを買い込んできた。ホテルは朝食のみだし周辺のレストランもシーズンオフを理由に閉まっている。

ところが朝になってみると、曇り空だけど薄日も射し、これは絶好のピクニック日和。そこで約3時間、高原や山道、牧草地を歩いて来た。






山の上の方までロッジやホテルが点在する。が、閉まっているところが多い。夏はさぞかし窓辺を花が飾り、色を添えていたことだろう。


グリーンデルワルトのホテルは三つ星。3泊したツェルマットは冗談好きなお爺さんオーナーが経営するB&Bだった。しかし部屋に浴槽もトイレもあったし、何よりも挽きたての珈琲や紅茶が飲み放題だった。が、今日のホテルは、部屋で温かいお茶でも飲もうと白湯をもらいにいくと、2スイスフランだという。日本の「おもてなし」が懐かしい。
ユングフラウ 自然の峡谷より深いのは‥
ミューレンからグリーンデルワルトへ移動するルートは2つ?ある。安いのは、谷底を行くスイス国鉄。もう一つは景観が素晴らしい山肌を縫うように走る登山列車の旅。しかもKleine Scheideggで、途中下車しユングフラウヨッホの展望台へも行くことが出来る。




そのKleine Scheideggからの往復料金の高さに、夫は「ツェルマットで登ったし、どうせ頂上はガスってるよ、上まではトンネルばかりだし」と否定的。

財布を握っているのも、チケットを買うのも私。しかも「スイス半額チケット」がここでも使え、1人往復60スイスフラン。

いざ登山鉄道に乗り込んでみると、確かにほとんどがトンネルの中。途中2箇所休憩場所で5分停車し、岩壁をくり抜いた窓から景色を楽しめる。よくぞ頂上まで掘ったものだと関心する。頂上の駅の名は「Top of Europe」。文字通り、ヨーロッパで1番高所にある駅だそうだ。


3454mの展望台は、ツェルマットととは比較にならぬほど近代的な施設。パノラマ画像を見せるコーナー、氷壁のトンネル、工事の苦労を紹介するコーナー、雪原を楽しめる場所など矢印に従って進むようになっている。しかも動く歩道まであり、まるでテーマパーク。


麓の町まで大型観光バスで乗り付け、登山鉄道で頂上へ。どんな強風でも外に出ずとも建物の中から眼下の展望を楽しめる。だからまぁ観光ツァーの多いこと! それもこの日はアジア系のツァーばかり。あちこちから中国語、韓国語が聞こえてくる。日本人には会えなかったが、こんな懐かしいものが。


下山する列車に発車間際に飛び乗ったら満席。大きな旅行カバンを抱え列車の入り口に立ちぼう然とする私たちに「日本人ですか? 荷物をここに置き、そこの席が空いているから座って」と、片言の日本語で話しかけてくれる女性がいた。

車両全員が中国人と思っていたら、その女性は「私たちは台湾人。中国人とは全然違う!」と、周りの中国人を睨みつけるではないか!。日本語はアニメを見て覚えたそうだ。両国の深い溝を垣間見た。
ミューレン
4回乗り換え、その途中15分ほどもかかる長いトンネルを抜け、ロープウェイにも乗りようやく着いた宿泊地は、ツェルマットとほぼ同じ高度にあるミューレンという小さな田舎町。

500m以上はあろう谷の向こう側には、岩場に貼り付く青白い氷河が空を狭め、こちら側には急な傾斜地に牧草地が広がる。草を食む牛たちの首に付けた鈴が、カランコロンと山に響く。


犬を連れたハイカーたちとはロープウェイと一両しかない列車で一緒だった。


3時頃から6時頃まで本降りの雨。
ホテルのテラスから刻々と景観が変化していった。




ミューレンで見つけた窓や壁の飾り。









富士山より高い場所
朝9時過ぎにホテルを出てゴンドラでグレッシャーパラダイスを目指す。途中2度乗り換え、3800m強まで一気に登る。100人くらい乗り込んだ大型ゴンドラの中でスキー客でないのは数えるばかり。土曜日ということもあり、子連れも多い。

靴を直した夫は、スノーボードやスキーヤーたちと一緒にゴンドラから降りるやゲレンデへ軽快に走り出す。足元もだが、高山病が心配。何せ富士山より高いところに20分そこそこで登って来たわけだから。ちょっとフラフラする私は用心し、出口付近で景色を堪能。



氷河の中へ入るチケットも合わせて買った。が、係り員は誰もいないし、日本のように「ここが入り口ですよ」的な派手な看板が出てないので、うっかりすると見落とす。

中はまさに氷のトンネル。キラキラと光る氷の結晶。この上をスキーヤーたちが滑走しているわけだが、このトンネルと地上の間に、数千?数万? いや数億年?の時を眠る氷があると思うと不思議だ。


最後のエレベーターを出た山頂グレッシャーパラダイスは、高度3883mで、マッターホルンに一番近づける展望台。




真っ青な空に幾重にも連なる雪山が360度取り囲む。遥かフランスからオーストリアまでが一望だ。ここまで来ると、マッターホルンさえ近すぎて存在感がない。木も見えず、小鳥のさえずりもなく、ヒューヒューという風を切る音のみ。そこに十字架が一本立つ。神が創りたもうた自然界を、我が意にせんと足掻くものの、己の無力さを知り神の前に許しを乞う。そんな心境になる。


本によれば、モンブランも見えるそうだ。「…そうだ」というのは、あまりの壮大な展望に心が鷲掴みされたのと、寒さでどれがそれかなどと考えるゆとりを完璧に失っていたからだ。

カメラのシャッターを切るために手袋を脱ぐと凍傷になるかと思うほど風が冷たい。エレベーターを降りてからも身体の震えがしばらく収まらない。それでもツェルマットへ訪れる機会があれば、ぜひここへ足を運ぶことを強くお勧めする。

因みにこのエレベーターも見つけにくい。

明日はミューレンヘ向かう。チケットを買った時の説明では、4回も乗り換えるそうだ。その乗り換えメモもプリントし渡してくれたので、何とかなるかな?