FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
冬時間に
「今何時?」寝ぼけ眼で問うた。
「8時だよ」の声。
良く寝たなぁ。昨日はお城へ行き疲れたからだなぁと一人納得。
ところがふとiPhoneを見ると7時とある。

「冬時間になったようだ」と夫。
アナログ時計は8時だが、iPadも1時間早まっている。
ユースホステルのスタッフに聞くと、今朝3時に冬時間に変わったのだという。ミュンヘンの街中でも、1時間遅い時計を発見。

ヴィッテルバッハ家の夏の離宮だったニンフェンブルク城の、とてつもなく広大な庭を散策した後、トラムで市内へ入る。


今日は日曜。ミュンヘンの街中にあるミヒァエル教会を12時頃訪れたときのことだった。ミサは午前中に終わっているだろうと踏み、戸を押し開ける。


広い堂内を信者たちが埋め尽くしていた。数百人はいたであろう。通路に立っているのは、私たちと同じ観光客と思われる。高い天井に響き渡る聖歌隊の歌声。鳥肌が立つのを覚えた。

明日はオーストリアのザルツブルグへ向かう。
スポンサーサイト



ノイシュヴァーンシュタイン城
バイエルンチケット(2人で28ユーロ)で、ロマンチック街道終点にあるノイシュヴァーンシュタイン城へ出かけてきた。ディズニーランドのシンデレラ城のモデルになった城だそうだ。


片道麓の街まで列車で2時間。そこからバスで10分。ここまではバイエルンチケットが使える。

お城はもっと山の上。ここからはバス(往復で2.5ユーロ)か、馬車(片道3ユーロ)、もしくは徒歩。「下りは歩くから片道だけでいい」と言う夫を説得し往復のバスチケットを買う。

ヤレヤレと思いきや、バスが着いた場所からお城までは下り坂。しかも軽く7~8分は歩いた。こんなに下るということは、帰りのバスに乗るためには、この長い坂を登らなければならないのか! いっそうのこと帰りはバスチケットを放棄し歩いて下った方が楽なんじゃないか!

お城では、麓の街で買ったチケットの番号が掲示され、その番号の集団が一緒に城に入る仕組みになっている。英語やドイツ語はガイドが付き肉声で案内しながら廻る。その他の言語は、オーディオ機器が貸し出され、それを聴きながらガイドに従って部屋を廻る。

私たちのグループは中国人のツァー客がほとんど。撮影禁止なのに、ガイドの目を盗んではシャッターを切り騒ぎ、ガイドに叱られていた。

まず螺旋階段を一気に3階分ほど登らされ、狭い部屋に身動きできないほど詰め込まれ、やっと出たかと思うと、さらに螺旋階段を2階ほど上がる。窓からの景色や装飾品は、きっと心と身体にゆとりがあれば楽しめるのだろうが、心にちっとも染みてこない。


この城は19世紀にルードリッヒ2世が、ヴェルサイユ宮殿や中世に憧れて建築したという。102日間しか利用されず、その数日後軟禁され、変死を遂げたルードリッヒ2世。客人が訪れ賑やかな晩餐や舞踏会が開かれることもなかったという広間。孤独な王は、すでに近代化へと進む時代の中で、窓外の静かな景色を見ながら何を考えていたのだろうか。(王はエレベーターも取り付けている)
ミュンヘンへ
ベルンからスイス鉄道SBBでバーゼルへ、そこからドイツ鉄道DBでマーンハイム乗り換えでミュンヘンへ到着。6時間半かかった。

スイスと違い、丘陵地には葡萄畑、平地は野菜畑が広がり、木々は色付いているのに、菜の花畑のような黄色の絨毯も見える。谷底をくねりながら高速鉄道ICEは錦秋の中をミュンヘンへと走る。

ミュンヘンのホテルはユースホステルにした。4泊で300ユーロ。朝食付き、浴室もある個室で1人1泊5000円強。 キッチンはない。ここの朝食が充実している。


ミュンヘン市内の全区間、トラム、バス、地下鉄乗り放題3日間が、2~5人まで行動を一緒で26ユーロ。ただし、ここでは4日目の朝6時がリミット。72時間ではないので注意!

街角の奏者。


化粧を始めるピエロ。