FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
ウィーンでオペラ
ウィーンと言えば音楽の都。街角には音が流れているものと思っていた。が、4日間で逢ったのは、公園の中でバイオリンニスト、駅の出口でフルートを奏でる人、地下鉄の中でのアコーディン奏者、とたったの3人。パリやベルリン、ミラノ、ベルン、シドニーなどでは、どこからともなく生演奏の音楽が聴こえてきただけに、ちょっと意外。

ミュンヘンのユースホステルで知り合った日本人女性から、オペラ座でオペラをたった3ユーロで見る方法を教えてもらった。立ち見席が、開演1~2時間前から売り出されるという。


ミラノ座中央階段

今日の演目は、ガエターノ・ドニゼッティが作曲した全2幕からなるオペラ・コミック『連隊の娘』(La fille du régiment)。全く予備知識はない。

たまたま祭日ということもあり、今日は4時から開演という。2時に売り場へ行くと、すでに50人以上並んでいる。

私たちの後ろに並んだ人が、私に「何時にチケットを売り出すのか?」と聞く。明らかにここの住人の可能性が低い異人の私になぜ質問するのか疑問に思っていると、彼ら親娘もまたロシアからの旅人だった。

待つこと約1時間、お互い拙い英語で会話すると、同じ職種だったことや娘さんのピアノコンテスト参加のために来たことなどが分かった。どうも娘さんのガッカリした様子や彼の言葉から、コンテストの結果はあまり良くなかったようだ。

娘さんはロシアで「ヒロコ」という日本人ピアニストに習っていたり、彼は空手を趣味でやっているなど、日本を身近に感じるという。それもあって私に話しかけてきたのかもしれない。

たった3ユーロ。さぞかし若者ばかりと思いきや、白髪の紳士や女性が多い。オペラは、有名な歌手が出演していたのか、満席だった。テノールのソロには5分間も拍手が鳴り止まない。

コミカルなのは分かるが、歌詞が理解できないので笑いについていけない。が、十二分にオペラ座の雰囲気を楽しみ、ソプラノやテノールの歌声に酔いしれることができた。3ユーロと思うから、なおさらだったかも。
スポンサーサイト



ウィーンの交通ルール
ウィーンカードを、昨日駅に着いた時に19.9ユーロで購入。公共の交通機関が72時間利用可能、施設によっては入館料の割引などがある。

今日は王宮へ出掛けた。王宮内や王室の食器類が時代と共にどう変化したのか、エリザベート王妃(愛称シシー)の半生をオーディオガイドを聴きながら約2時間かけてゆっくり廻った。エリザベートが見染められ王室に入ってから、どれほど自由に焦がれ苦しんだか……。皇太子妃雅子さんの心中が慮られる。


バスを待っている間、人や車の動きを観察していて、あることに気付いた。

バス停

横断歩道付近に人がいると、自家用車はもちろんバスも必ず止まる。1~2m離れていても止まる。渡るのかどうか怪しい場合でも止まる。

無論、日本の教習所でもそう習ったが、守られないことの方が多い。渡る意思を見せてもなかなか止まってくれない。

驚いたのは、人の動きだ。横断歩道では、左右を確認しない。向こう側に停まっているバスに乗ろうとして、大人も子供も道路に飛び出す。車は止まるものと信じているようだ。横断歩道で、右見て左見て、もう一度右見て渡る人なんか誰もいない。
格安私鉄列車
これが私鉄列車。


国鉄より、座席や通路そしてトイレも掃除がよく行き届き快適。
もう一つ大きく違うのは、駅に着くたびに車掌がチケット確認に回ってくること。
そりゃぁこれだけ格安にしてるのだから、しっかり徴収しないと、自分たちの給料に反映するものね。

写真はチケット。停車する駅名、値段の違いなど説明も付いているからこの長さになったのかな?

ボールペンの3倍はある。紙はレシート用紙。

ウィーンは初冬。雨は上がっていたが、襟を立てて足早に歩きたくなる。3泊の予定。

街角の花屋。ハロウィン用?


3週間ぶりの日本食。カップの中はフリーズドライの野菜を入れた味噌汁。お寿司もメチャ美味しかったぁ!
国鉄チケットをキャンセル
ザルツブルグからウィーンまでのオーストリア鉄道チケット(2人で95ユーロ)をキャンセルして、私鉄のチケットを買い直した。手数料に6ユーロかかったが、約半額になった。内訳としては、60歳を超えている夫が15.99ユーロで私は25ユーロ。

列車は面白いことに、オーストリア鉄道と同じホーム、つまりレールも一緒。日本でも、異なる私鉄が同じ路線を走ることはあるが、こんな値段差は見たことない。私鉄のチケットはネット、もしくは直接車内で、または煙草屋でも買える。

下記の写真は、アグスティナブロイの店内。


自分でビールジョッキー(大、中)をまず選ぶ。


この蛇口でジョッキを洗う。


お金を払ったあと、ビールを注いでもらう。


つまみは各店でチョイス。



これで21ユーロ。