FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
チケットを持たず列車に
ミラノから朝11時25分発でスイスBrigへ向かう。出発の10分前頃まで何番ホームか分からない。皆、パネルを見上げながら立って待っている。見渡してもベンチが極端に少ない。ローマの駅でもそうだった。老人にはきついなぁ。

ミラノ駅

ローマからヴェネチアまでのチケットを予約した時に、一緒にミラノからBrigまでもサイトから購入した。その時、ヴェネチアまでチケットはメールの添付ファイルで送られてきたが、なぜかBrigまでのそれは予約確認書だけだった。

何故かなぁ? 大丈夫かなぁ?と、不安はあったが、ローマからの列車内での検札で、車掌さんが端末機でチェックしていたので、予約確認番号があれば大丈夫あろうと踏んだ。席も指定されているし、支払いも終わっていることだし、と。

列車はミラノ駅を定刻に離れた。Brigまで2時間弱。

ちょっとイタリア親父風の車掌さんが、検札用のスタンプ一つ持って回って来た。あれ?ネット検索できる端末機を持っていないではないか。ちょっと嫌な予感がした。

案の定、確認ができず「これはチケットではない」というばかり。「どうすりゃいいの?」と聞くと「ミラノ駅で、チケットに替えなければダメだったのだよ」という。

そう言われても、もうミラノへ引き返すことはできないし、お金は払っているわけだし……。何度も「チケットじゃない」と言われつつも、「1時間後にBrigに着いたら駅で確認するね」と、うやむやにやり過ごすことにした。

Brigの駅で、チケットに交換したか? まさか。だってもう過去の話だし、イタリア鉄道に何も迷惑はかけてないはず。


ミラノからの列車に犬のお客も。
スポンサーサイト



ミラノでの大失敗
ミラノでは24時間パスチケット(4.5ユーロ)を買うと地下鉄、トラム、バスが乗り放題になる。翌朝、ホテルからセントラル駅までの足も、これが使えて便利だった。確か東京都内の一日パス券は夜中の0時で切れるのではなかったかなぁ?

長旅なので、朝はゆっくりのことが多い。この日も10時頃ホテルを出て、有名なドゥーモ(大聖堂)には11時頃着いた。地下鉄の階段を上がると目の前に大聖堂が聳え立つ。ドイツのケルン大聖堂と似ているが、大きさとしてはミラノが勝つらしい。

ところが夫は太陽をチラッと見て「まだ2時間早いなぁ」とつぶやく。彫刻の陰影が美しく出てないという。

仕方なく1時間かけてゆっくり大聖堂の中を見学し、ブランド店が並ぶ通りを散策し、2時間後、再度ドゥーモの前に立つ。

しかし太陽と足元の影を見ては「まだだなぁ。あと15分かなぁ」と夫。えぇ?もうドゥーデモいいじゃんと私は思うが、カメラ撮影にこだわりがある夫は納得しない。「もう5分」「もうちょっと」。

結局待つこと2時間半。確かに、塑像が浮き出て見える。シャッターを満足気に何枚も切る夫。この旅初の三脚まで取り出し、夫婦で撮影。正直なところちょっと恥ずかしい。

あぁそれなのに、その夜、とんでもない失敗をしでかしてしまった。

カメラのカードから画像をiPadへ取り込む途中で、うっかり20枚ほど削除してしまったのだ。よりによって、あれほど拘って撮ったその写真をそっくり。あぁ何という不覚。iPadの画面でシュルシュルと瞬間に吸い取られるように消えていった画像たち。側で呆然としていた夫の表情が忘れられない。
何であの時赤い削除ボタンをクリックしちゃったのか???。
おっちょこちょいの私で本当にごめんなさ~い!


因みにこの写真は、iphoneで私が撮影したもの。腕が違いますが、ご容赦を。翌朝はスイスへ向かう。そこでも思い込みで動いてしまったことで……。
ヴェネチアの小景
エレベーターがないから滑車で荷を運び入れる職人たち。


グニャッと曲げた街灯


丸いカプセルは、橋を渡るためのエレベーターのようなもの。


ブライダルアルバムの撮影
ウエディングドレスの下はジーンズ

ヴェネチア
イタリア高速鉄道でベネチアへ向かう。机付きのボックス席。
約4時間後、両側に海が広がる中を列車はサンタルチア駅に滑り込む。

ここでの足、水上バス「ヴァポレット」は1回7ユーロ。この地を去るまでの時間を計算し、48時間パスのチケット(1人30ユーロ)を買う。乗る時、機械にチケットをかざすシステムだが、難民船のような状態もままあり、チケットを持たずに乗り込む人もいるようだ。3日間の滞在で一度抜き打ち検査があり、チケットを持たずに乗った家族が強制下船させられていた。



ホテルは、この旅1番の高価格(それでも4つ星)。ローマも2部屋ある4つ星だったが、値段はローマの3倍ほどする。期待しない方がおかしい。

ところが着いて驚いた。まぁ場所柄エレベーターがないのは分かっていたが、まさか4階だとは。数えると73段もあった。ボーイが「運動だと思って」と笑顔でいうが、正直キツイ。街へ繰り出したら、ちょっと休憩と部屋に戻る気にならない。真新しい広い部屋で、設備もバッチリだが、wifiは一つのデバイスしか使えないし、窓の外は隣の壁。



狭い運河をいくつものゴンドラが行き来する。アコーディオンの奏でる音色にのせて、舳先でオ~ソ~レミオ♪と歌声を響かせるイカしたゴンドリエーレ。



朝が明け始めた景観も魅力的。



満ち潮になると、海水が浸入し始めるサン・マルコ広場。
サン・ピエトロ寺院で迷子
バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂も人気の観光地。



約7ヶ月前、新法王フランシスコ1世が誕生した瞬間はいかほどだったであろうか。そんな感慨から目覚め、ふと見渡すと、野球場ほどもある広場の外周を既に長い列ができている。並ぼうという気力を打ち砕く列の長さだ。

並んでいる人に聞いてみると、30分待っているという人もいれば、1時間半待ったという人もいる。ガイドブックによると、2時過ぎが狙い目らしいが、まだ11時。午後は他を観光したい。ここは30分を信じ並ぶことにする。


水は美味しい!

いざ並んでみると、サクサク列は進み、幸い20分そこそこで入場することができた。

ドイツやフランスの教会や宮殿をいくつか見て歩いたが、比較にならぬ荘厳さ、まさに息を飲むという表現に相応しい装飾の数々をつい魅入っている間に、夫とはぐれてしまった。

私は、出口で合流できるはずと考えた。だから後ろを振り返りながらも前へと歩を進める。夫ははぐれた場所で待っていれば、戻ってくると思ったらしい。う~ん、考え方の違い? 30年以上も夫婦やっているのに、いまだに私の性格が分かってないってこと?

2013101603430032e.jpg
衛兵はスイス人の独身でなければならないそうな。