FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
チェスキークルムロフ その3
もう一つは、バスの話。
プラハのバスターミナルで買ったのは、往復チケット。だが、なぜか帰りの方が15コルナ(75円ほど)安い。チケットをよくみると、復路の到着地が、地図上ではプラハ街外れのバスターミナルになっている。距離の差が値段の差かなと?と思っていた。

帰りのバス

ところが「サプライズ」は、帰りのバスに乗り込む時から始まった。
まず美人の車掌さんが付いて来る。
「付いてくる」というのは、グリコのおまけのようで変だが、受け止めた気持ちはそれに似ている。

次に、往路(雨漏りバス)では、トランクルームに預けた大きな荷物1個につき、20コロナ(約100円)を運転手から請求されたが、復路は不要だった。

そういえば、支払いを請求するボードは、運転手の手作りっぽかったし、途中のバス停から乗り込む客たちに、払っていた様子は見えなかった。ムム‥‥あれは運転手のポケットに入ったのかぁ?

3つ目、バスのデラックスさ。まるで小型飛行機。各座席に液晶パネルがあり、映画や音楽、ゲーム、ニュースが楽しめる。


4つ目、美人車掌さんがイヤホンや新聞を配り、珈琲やお茶の無料サービスまでしてくれた。

5つ目、3~4箇所停まったくらいだったので、行きより20分も早く着いた。しかも街外れに見えたバスターミナルにも地下鉄が隣接し、市の中心部へ数分もかからなかった。

ボヘミア地方の絵のような車窓を、熱いお茶を飲みながら、BGMのジャズの調べに酔いしれた約2時間40分は、あっと言う間だった。

なぜ往路とこれほど待遇が違うのか未だに謎。まぁ、この差を経験するのも面白い。が、一つ言えるのは、あの雨漏りしたバスが復路じゃなくて良かったってこと。

そういえば行きはガラガラ、帰りは満車。チェコ共和国にも資本主義が入り、競争社会になりつつあるってことか?
スポンサーサイト



チェスキークルムロフ その2
チェスキークルムロフ城の塔の上へ、ようやく辿り着こうとした時だった。何やら小太鼓や笛の音が聴こえてくる。太ももが「限界だぁ」と喚いているが、音の正体を突き止めたい気持ちが勝つ。螺旋階段を一気に上がり、下を覗くとパレードが橋を渡ってくるのが見える。


この塔に登るのは有料だし、街を見下ろす眺望も最高によい。なのに、 「ほら、早く降りてこないとパレードが行っちゃうよ」と音に催促され、必死に登った階段を駆け下りる。一体何分そこに留まっていたろう?




ホテルのスタッフに聞くと、シーズンの終わりに行っているフェスティバルだとか。




踊りや剣の闘い、旗のパフォーマンスなどを楽しませてもらった。この日は風が冷たく、貴婦人たちや子役たちは寒そう。でも伝統衣装に身を包んだ彼らの表情が、誇らしげで、寒さも厭わず楽しそう。




もう一つ、面白い経験をした。
チェスキークルムロフ その1
雨が降る中、9:30発の長距離バスに乗りチェスキークルムロフへ行くため、バスターミナルへ地下鉄で向う。昨日、チケットを買いがてら下見をしているので余裕のはずだった。

ところが地上へ上がって見ると景色が違う。列車の駅と間違えたようだ。地下へ降りるべく気が急くが、この駅のエスカレーターは世界一長いそうで、ホームは遥か遠い。

ようやくホームに立ったものの、電車はいつ来るのか分からない。日本、オーストリア、ドイツのように「何分後に列車が来ます」という電子掲示板どころか時刻表もない。たぶん10分毎に走っているのだろうが、こういう時は格別長く感じる。

何とか出発5分前にバスに乗り込んだ。約3時間の旅程で指定席。乗り心地もなかなか良い。なのに、1人約1000円。チェコは物価が安い。

高速道路に入ると雨脚が強くなった。しばらくするとポタッと何やら水が落ちてくるではないか。雨漏りだ。天窓のようなものが天井にある。そこから雨が漏れてくる。隣の人も避難。なかなか無い経験だ!

到着20分前まで大粒の雨だったが、降りてみると不思議なことに上がっている。

バスターミナル付近は、その辺りのチェコの街と変わらない。ところが、路地へ踏み込むこと数分、中世にタイムスリップした世界がそこにあった。そしてサプライズな出来事が‥‥。






観光客のいない夜がまた魅力!
1等車
ウィーン9:32発でプラハへ向う。14:21着なので約5時間の長旅だ。それもあり、ちょっと奮発し1等車にした。ディスカウトで69ユーロ(2等は49ユーロ)。

ただ指定席料を倹約した。が、土曜だし1等車は2車両しかないし、座れなかったら悲しいと後悔し始め、30分も前にホームに立つが、始発じゃないことが判明。


乗り込んでみると、1等車はガラガラ。
6人用の個室を2人で独占。ガラスの仕切りがあり、椅子は170度傾くので横にもなれる。

約1時間後、たぶんチェコとオースリアの国境の駅なのだろう、30分の停車。乗務員が交代し、赤い帽子の車掌がまた検札に回って来た。

また列車はガタガタと動き出す。地平線まで続く緩やかな丘陵。道路に沿って立つ電柱が、チェコでは畑の真ん中に設置されている。木の電柱もまだ健在だ。少し時代が遡ったように感じるのは、時々視野に入る建物せいだろうか。壁や屋根が傷んだ粗末な家々の煙突から白い煙が上る。屋根が崩れ、壁に穴が空いた廃墟が時代に取り残されたかのようにいくつもある。


チェコ本駅に、15分も遅れで到着。道路に水たまりができている。雨が降ったようだ。