FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
手抜き工夫
高温多湿な時期は、カビの繁殖をどう最小限におさえるか!
しかもできるだけ手をかけずに。

まな板
重力で下へ流れる水が1箇所へ集まりシンクの中へ落ちるよう、傾斜をつけて立てて置く。
包丁
磁石で貼り付け、先から滴る水はシンクの中へ。

スポンジ
半世紀とは言わないが、数十年もの間、ずっとどうすれば一番衛生的かと思案していた。
で、やはり他のものとの接点をできるだけ少なくシンクの中へ水が落ちるには、吊すことではないかと思い至った。
紐が付いたスポンジを使ったことがあるが、シンクとの接面が広く満足できなかった。

で、今はこのスタイル。魚の目に引っかけるだけ。
スポンサーサイト



焼きお握り 野良遊び
教えてもらった通り、やってみた。
油もなし。ただ熱した鉄製のフライパンにお握りを乗せるだけ。



ここ数日、毎日余ったご飯で握り、冷蔵庫に保存しておいた。
くっつかず焼けるのかなぁ~、真っ黒になるんじゃないかなぁ~と不安。


ところがジャジャーン。色がついてきた。結構な強火。

焦げ目がついたお握りに醤油をまぶすと、表面がかたくなっているせいか、中まで染み込まず、良い感じに。


味もバッチリ。冷めても美味しい。


焼きおにぎりの作り方
野良遊びのたびに、焼きおにぎりを作るが、なかなか上手に焼けない。
美味しい臭いがして食べ頃なのに、網から離れず、力尽くで引き離すと、美味しい焦げは網に張り付いたまま。
焦げが剥がれたそれは、「焼きお握り」の名からはかけ離れ、見るからに哀れ。

先日、野良遊び友達に作り方を教わった。
・ご飯が余ったら、温かいうちに塩もつけず、小さめに握り、冷蔵庫に保存しておく。
・食べたいとき、熱したフライパンに乗せ、両面に焦げがつくまで弱火でしっかり焼く。
・焼き上がったら、醤油をまぶす。

コツは、火が通り易いように小さく握る
十分に熱したフライパンで焼く。
醤油や味噌は焼き上がってから

皆さんもどうぞお試しあれ!

手抜き家事
先日書くと言ったままになっている「エノキ」の話。友達に教えてもらったので、ご紹介!
ご存じの方も多いと思いますが……。

工場で育てられたエノキは、袋の上から根元の部分を包丁で切り落とす。
袋から出しても洗わず、お好きな長さにザクザクと切り、そのまま冷凍用の袋へ。
使うときは、凍ったままのエノキをバラバラと好きなだけ鍋へ入れる。
確か、去年椎茸で紹介したのに、エノキにも応用できることに気づかない私

ここ数日、毎朝庭のスズランを摘む。
敷地の北隅なので、雨水しかもらえず、太陽の恵みもなく、肥料など全くない土地なのに、毎年静かに密やかに小さな白い鈴をつける。

手抜き家事
1食作るときは、次の、できればその次の食事の準備も一緒にしてしまう。
例えば、もやしを一袋買ってきたら、全部茹で、昼のラーメンにのせた残りを明日のお浸し用にとっておく。
菜っ葉物も同じ。1回で全部茹で、3回分くらいに使い分ける。茹でれば冷凍も可能。

今日は、夏日だったので冷たいうどんにしようと思い、冷蔵庫を開けた。
うどんのつけ汁は、先週作ったのがまだある。うどんは冷凍が簡単で良い。
讃岐出身としては100点は付けられないが、まぁ許せる美味しさ。

夫がどこで買ってきたのか、エノキの、しかも大きめの袋が4つ、なめこ3袋、しめじが2袋冷蔵庫を占拠していた。
まぁ豆腐で埋まるよりはいいか!と思いつつ、調理にかかる。

エノキ一袋を残し、すべて2~3センチに切り、鍋の中へ。


みりん、酒、醤油を同分量入れ、煮る。水や出汁は入れなくてOK!
ぶくぶく泡が出てくるので、掬い取り捨てる。


味を見て、甘目、辛め、お好きなように醤油とみりんで調整してね。



熱湯消毒した瓶に詰め、蓋をした後、熱湯に逆さにして数分漬けこみ真空にすれば保存もバッチリ。
キノコ煮でうどんを食べると、これまた美味い!

残ったエノキ1袋の話、次回に。