FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
とんだイスタンブール 10
ポリスを呼んでくると店を飛び出したが、そんな気はさらさら無かった。
短時間で決着を付けねばならない。ポリスを探す時間が惜しい。

そこで、あの店員より背丈があり恰幅がよく実直そうな、そして英語が分かる男性を探し、値札の写真を見せ、「これはターキッシュリラか?」と聞いた。
(実は、店員たちの写真を撮ったとき、値札も撮っておいた)

当然「yes!」という。

ユーロではないことを再確認するや、私はその男性に「店へ一緒に来て助けてくれ」とだけ言い、詳しい説明もせず、有無も言わせず、腕をつかみ引っ張るように店の中へ連れ込み、値札を差して
「これはターキッシュリラか? 彼(店員)はユーロだというのだが?」
と問うた。
そのとき、店員の顔がグニャッと崩れた。苦笑い、敗北の顔だった。

そのあとの展開は速かった。オーナーと呼ばれていた男は、何の弁解も説明もせず直ぐに100ユーロを私たちに渡し、お釣り30ユーロと品物が入った袋を受け取った。

あくどい店

私たちは意気揚々と、この店を後にした。勝利感に包まれて。
数分も経たなかったと思う。オーナーがわざわざ追いかけてきて、私たちに、こう叫んだ。
「you are stupid!」
むろん私は、その男を指さし、同じ言葉をゆっくり区切りながらぶつけ愚弄した。

この旅でトルコ人から受けた数々の親切や出会い、心温まる思い出が、一瞬で吹き飛んだ、「とんだイスタンブール」事件も、こうして今思い起こすと懐かしく、面白かった旅のひとコマに過ぎない。

さて次は、熟女4人でのメルボルン旅行を記そうかな……


スポンサーサイト



とんだイスタンブール 9
解決のカギはユーロにあり!とひらめいた。

そこで写真の値札を指さし、「これは140ユーロなのか?」と、店員たちに再度確認した。
140トルコリラ s

すると、当然とばかりに「Yes、140ユーロ」という。

確かに「」とトルコリラの「」は似ている。でも、そんなことで騙されるものか!。

「よし!ポリスを呼んでくる」と言い残し、私は店を飛び出した。

ipadで確認すると、トルコリラが表示されず◻︎になっていますね。写真を見てください。小文字のtに、横棒がもう1本入っています。
とんだイスタンブール 8
香辛料などが入った袋と釣りの30ユーロは従兄の手に、100ユーロ札は既に引き出しの中。

頭の中で計算機が空回りしている。円換算するといくらになるんだっけ? いや待て待て、「ユーロ」と言うこと自体がそもそもおかしい。

騙されていると気づいた従兄姉たちも「取引はやめだ!金を返せ!」と怒りを露わにして怒鳴っている。
結婚してから初めて聞いた夫の怒鳴り声。
「ポリスだ!ポリスを呼べぇ~!」

それでも店員の方が強気だ。既に品物も釣りも渡してあるのだから。ニコニコ顔で私たちを店から追い出そうとする。私がこの騒動中にカメラを向けると、笑顔で写真に収まることからして、奴らは勝ちを確信していたに違いない。

押し問答は続く。しかし「ポリス」「ユーロ」「ターキッシュリラ」しか単語は通じていない……かも?!



基本的に個人情報は本人の了解を得てないときは、ブログに載せないようにしてきたが、この2人は別。皆様、イスタンブールに行ったら、香辛料店のこの2人にはご注意を!

このままでは埒があかない。違う手を考えないと!
そこで……。
とんだイスタンブール 7
70ユーロですって?
ユーロ?

1トルコリラは約50円。(2014/11/21現在、円安で53円)
1ユーロは約138円(2014/11/21現在148円)
トルコリラとユーロじゃ2.78倍にもなる。
ドライフルーツも買った従姉と合わせての値段だが、1万もするはずがない。
怪しいと、待ったをかける私。

栗売りの親子

あれこれ味見をしたり、何度も計り直したりする妻2人の買い物をじりじり待っていた夫たちが、何やらごちゃごちゃ言い合っている私の異変に気づいた。

が、現金が足りないと勘違いした従兄が
「ワシが100ユーロ持っているから、出しておくよ」と言いながら、財布からお札を抜き出した。すかさず従兄の手からお札を取り、30ユーロのお釣りを渡す店員。

「待って! そうじゃない。おかしいのよ!」と声をかけるが、間に合わなかった。
ここから闘いが始まった。

とんだイスタンブール 6
薪ストーブの店、台所小物用品の店、鍋の店など問屋街には、様々な専門店が軒を並べている。

アヤソフィア

香辛料が山盛りになっている店で足を止めると、店員が種類はもっとあるよと奥の路地へ誘った。路地を折れたところにある店には、ナツメグやターメリック、パプリカや胡椒など日本でも買えるもの以外に、魚料理、肉料理それぞれに合わせてアレンジされた塩やサラダに振りかけると美味しいという香辛料など珍しいものが色々並べてあった。


少しずつ味見をさせてもらい、数種類買おうと思った。問屋だけあって、1キロ単位での値段が付けられていたが、少しでも分けてくれるという。ビニールに好きなだけ入れ、秤でgを計りながら、3種類ほど選ぶ。

その間に、チャイというトルコのお茶を夫たちにもサービスしてくれる。にこやかな笑顔で。従姉もいくつか選び、勘定をお願いすると、
「70ユーロ」と答えるではないか。
耳を疑った。