FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
NO 安倍
昨日、国会前へ足を運んできた。

台風の影響で、薄陽が射してきたかと思うと大粒の雨に襲われたり、日本の政情を思わせる異様な天候だった。

丸ノ内線で国会議事堂前駅で降りると、改札を出たところから規制がかかった。

議事堂から遠い出口へとはき出され、階段を上がると、そこでもすり抜けを許さないとばかりに、横一列に歩道を塞ぐ警察官たち。左へ折れれば、近いはずなのに、右へ行けという。

ぐるりと国会議事堂の背後を遠回りさせられ、ようやく正面へ出るかと思いきや、道路を横断し、向こうへ行け!と遠ざけられる。幅広の片側2車線の道路を挟んでの抗議デモ。しかもその歩道も半分以上は警察官や機動隊ように占領されていた。

もうあちらも、抗議デモには慣れたもの。「安保法案反対」「9条を守れ」「戦争反対」等のかけ声は、もはや彼らには耳慣れし、何ら刺激を与えなくなっているのではないか?

だから「NO 安倍」「NO 自民」と、ストレートに現政権批判の言葉をぶつけようではないか! 国民の声を無視した安倍や与党独裁路線を許してはならない。



スポンサーサイト
ベトナム 20 
あのハラハラドキドキしていた救急車の中で、夫が何をしていたか?

助手席から何と、ビデオを回していたのだ!
サイレンの音が鳴り響き、フロントガラスの前をバイクが占領し走る様を延々と。

あ・き・れ・て・物が言えない
しかし、なかなか撮れない動画だなぁと感心するもう一人の私がいる。

従兄弟も、ハノイの病院ベッドの上で、写真を撮っておいてくれと懇願していた。
似たもの4人組の旅、次回はどこへ? 

ベトナム 19
保険支払いの入金を確認した。

明細から、支払いの線引きが見えて面白い。

航空券
最初から手配していた往復のエアチケット代金は、全額対象にならなかった。
ただし医師が出した「横になって移動が必要」という診断書をもとに変更したビジネスクラス費用と日にちと時間の変更料金は、適応になり、今度はゼロの数も正確にレート換算され、支払われている。

ホテル
最初から予約していたホテルは、保険適用にならない。
発症以降、新たに予約し泊まったホテル代のみ対象。

予定
1日目 ハノイ〇〇ホテル
2日目 ハロン湾のホテル
3日目 ハノイ〇〇ホテル
4~6日目 フエのホテル3連泊
7日目以降 ホイアン、ダナン、カンボジアなど

実際は、初日にハノイの病院に入院したので、私たち夫婦は3日間同じ〇〇ホテル泊。
〇〇ホテルに4泊目から空きがなかったので、△△ホテルへ移動し連泊。
退院した従兄弟夫妻と泊まったのは、3日目の〇〇ホテルと4・5日目の△△ホテル。

予定に書いたように、ハロン湾からハノイに戻り泊まる予定だったので、3日目の〇〇ホテル代金は対象外。
つまり保険金が支払われたのは、予定外に2日目も泊まった〇〇ホテル代と、4日目以降に連泊した△△ホテルのみ。
ハロン湾のホテルなど100%キャンセル料金がかかったところでも、支払い対象外。

ちょっと意外だったのは、成田エクスプレス代と自宅までの乗車料金代が出たことだ。
領収書のない現地タクシー代金も出ている。ただタクシー代は市内で数分走るだけなら200円くらいだけど……。

夫と2人旅だと、絶対利用しない成田エクスプレスに初めて乗れただけで妙に得した気分!しかも保険会社持ち。
あっ、今ブログを書きながら気づいたのだが、4・5泊目のホテル代が出るのなら、5つ星にすれば良かったのかな?!
つい分相応なホテルを選んでしまった!


ハノイ地方料理 ブンチャ
ベトナム 18
医者の診断書に、横になって帰る必要性があると書かれていれば、ビジネスクラスへの変更も出るはず。
ビジネスクラス変更料金だけでも263,709円もしている。なのに支払い総額が8万数千円は、おかしいでしょう!

一つ一つチェックすると、やはり桁違いでの間違いを発見!

前にも書いたように2,000ドンは約10円。ベトナムドンは桁数が大きい。

よりによってビジネスクラス変更料金のゼロの数を間違えていたとは。ビジネス料金がそんなに安いわけない。ちょっと考えれば気付くミス!(因みに26万を260円で計上していた

従兄弟の娘がしっかりとチェックし、保険会社に文句を言い修正させたという。
いくら振り込まれたかな?と、毎日のように口座を覗くが、いっこうに預金残額は変わらない。

う……ん
ベトナム 17
従兄弟夫妻は、夫婦割引という1人3千数百円の保険に入っていた。
某大手三井〇△保険会社で、すべての項目に補償が付いているセットプラン。

「救援者費用」、これが物を言った。
病気になった本人以外の3人まで、発症以降のホテル代、交通費などが支払われるという。

前回のブログで書いたが、私たち夫婦の個人プランでは削除した項目だ。
もし夫ないし私が発症していたら、治療費以外は丸々全額負担になっていた。
あぁ恐ろしや。

エアーチケットの変更料金はもちろん、タクシー代も出ると聞き、乗るたびに領収書を求めたのだが、車によっては領収書を出さないところもあった。それはメモでも大丈夫だという。
さらに医者の診断書に「飛行機内では横になる必要性がある」と書いてもらえば、ビジネスクラス代金も出る。

ベトナム地方都市のホテルをキャンセルし滞在したハノイのホテル代金は出た。
医療費はもちろん、入院に必要なパジャマ代金なども出るらしい。
とりあえず大事に持って帰ったレシートをもとに、あれもこれも請求してみた。

先週、支払額が決まったというので、ワクワクしながら値段を聞くと、桁が違うでしょ?と唖然とした。
8万数千円という。
そりゃぁ保険会社側は、できるだけ支払額を抑えたいに違いない。
でもこの金額は少なすぎる。
そこで……。