FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
北海道 27 自然の中でランチ 後編

キタキツネ 
夏は痩せているから可愛くないそうだ。
フラフラと道路へ。
車の怖さを知らないのだろう。近寄ってくる。

熊に遭遇したことがあると、帯広八千代ユースホステルのオーナーが言った。
ビックリし、尻餅をつき、逃げたそうだ。
オーナーはもちろん熊も。両者ともたまげて必死に逃げた……。
熊のような風貌のせい?
強烈な臭さが印象的だったと聞いた。

帯広を走り抜けているとき、パン屋で買った美味しそうなパンをどこで食べようかと探すが、なかなか良い場所がない。
あの日は夏のように暑かった。
木陰、かつ景色の良いところを探すが、そう簡単には見つからない。
時間ばかり過ぎるので、また「そこに小道があるから曲がって!」と、夫に号サイン!

斜面、景色も良くない。でも木陰があるし、車も来ない。
妥協点満載だが、珈琲の湯を沸かし始めた。
キャンプ用の椅子を出し、どこに陣取ろうかと探す。
と、異様な匂い。嗅いだことのない臭さ。
見渡すが、匂いの原因となるものは見当たらない。

熊!? 

むろん食事も早々に逃げるように立ち去った。



熊の爪跡?
スポンサーサイト
北海道 26 自然の中でランチ 前編
大自然の中で、珈琲をたて、ランチ。
至福の時間。

わざわざフェリーに自家用車を乗せて来たのには、キャンプ道具やらを積み、できれば満点の星の下で眠りたいという思いもあった。が、野生動物や夜の冷え込みもあり断念。せめてランチくらいは外でと、何度か試みた。

地元の美味しいパン屋が見つかれば最高!だけど、漁村や高原の中には無いことも。
スーパーで買った工場製造パンでも、ロケーションがよければ、それも良し!

そうロケーションが良ければ……。
しかし、絵のように美しい自然満載の北海道なのに、なかなか絵に描いたようにはいかない!







これは長万部で海を見ながら……。
が、ここを決める前にさんざん車の中でケンカ。
ハンドルを握る夫は、どこにしようかと躊躇して決められない。その間に、海岸線が途切れそうになる。
業を煮やした私が、「そこに海岸へ入る小道がある、入って!」の号を出す。
ところが入ってみれば、誰かが花火を楽しんだ跡が散らかったまま。
それを片付けるところから始めなければならなかった……。


北海道 25 チーズに開眼!
帯広辺りを旅しているとき、友達の知り合いの牧場を訪問した。
ハンダ
ピザやケーキ、チーズなどを食せるカフェも併設されている。
広尾郡大樹町下大樹198  TEL:01558-6-3182
半田ファーム(青字をクリック!)

友達が事前にオーナーに電話してくれていたこともあり、歓待してくださった。
ピザもソフトクリームも絶品!

チーズ造りで日本の高級レストランだけでなく、世界からも注目されているとか。
研修生が海外からもやってくるそうだ。

いろいろなチーズを食べさせてもらった。
チーズ
味噌やワインかす漬けも美味しかった。

ピザ

実はスイスやニュージーランド、どこでも、チーズを避けて旅行してきた。
チーズやグラタン、生クリームケーキなどを食べると胸焼けや下痢する体質……なので。

おずおず食べた。が、どれも後味が残らないことに、まずビックリ!
モッツレラチーズとトマトのサラダもドンと出してくださり、正直食べきれるかと不安になったが、完食。
胃もたれはもちろんのこと、体調の異変も全く出なかった。

新鮮さゆえだと聞いた。
電話などで注文すると、冷蔵保存で切り立てを100グラムから送ってくれる。

チーズの固定概念がガラガラと崩れていく。
チーズって、こんなにおいし~いものだとは!


北海道 24 面白言 
美瑛は世界から観光客が集まる美しい街。
某観光地のトイレに書かれた言葉。
「日本ではドアを閉めて使用します」
丁寧に和式トイレの使い方を順番に絵で説明したトイレもあった。



帰りのフェリーの中で聞いたアナウンス。
「下着姿で廊下やフロアに出ないようお願いします。」


北海道23 温泉6 ニセコ3
イケメンスタッフが教えてくれた「ホテル甘露の森」。



上記は女性風呂。ヒルトンほど視界は開けないが、まさに森の中で湯を楽しむ趣。男性風呂は壺のような浴槽だったとか。

ペンションで泊まった翌朝、ホテルの日帰り入浴可能時間まで30分ほどあった。
そこでたまたま立ち寄った小さな公園に「甘露水」が湧いていた。
ホテルの名はこれに由来するらしい。


次々と車が訪れては、水をボトルやタンクに汲んでいく。



写真の車の主は札幌から2か月ごとに来ているとか。(主に許可を得て撮影)
1年は持つそうだ。
しかしこの人のおかげで30分以上待たされた人もいたなぁ。
譲り合いが大事だと思うんだけどなぁ~。

むろん私たちもありったけのペットボトルに水を汲み自宅まで持ち帰り、ウィスキーの水割りやコーヒーをたて楽しんだ。
ありったけ、と言ってもたかが数本だけどね……。