FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
アイスランド 18
翌朝、塩抜き肉のサンドイッチを持って、国立公園へドライブ。

前日の好天気と打って変わり、強風に曇天。

前後左右見渡せど、360度自然のみ。北極圏の海と氷河が削った崖、凍った道。


車から降り立つのも緊張。まず風が強く、ドアを開け閉めに一苦労。降り立つ地面はどこもアイスバーン。
ツルッと滑って骨折でもしたら大変。

一番息子が見たかったという半島の山は、雲に覆われ姿を現さず。
きっと冬以外の季節なら、良い景色なんだろうなぁ~。

半島をぐるりと270度周り、峠を越えて帰る予定だったが、吹雪で断念。
遠回りして海抜の低い峠を何とか抜け、ホテルへ戻った。

この夜も湿布を貼ったことは言うまでも無い。
何でこんなに肩がこるのやら……はぁ

そうそうドライブ中、とても心配だったトイレ。
視界を遮るモノは何もなく、あったとしても、この寒さと強風、男性なら何とかなっても、女性は無理。
ようやく見つけた公共トイレは閉鎖していたし……。
ただ国立公園の真ん中辺りにインフォメーションがあり、そこは真冬でも営業していた。
そこ1箇所だけでは、6時間以上のドライブは厳しい。
途中で見つけた小さな集落の、某会社のトイレも拝借!

無事アイスランドから戻ったコペンハーゲンは、雪に覆われていた。
公園でソリ遊びを楽しんでいる姉妹に、いつ雪が降ったの?と声をかけてみた。

すると、一緒にソリ遊びをしようと誘ってくれるではないか。
60才になろうとする見知らぬアジア人のおばさんを。
ウン十年ぶりに、公園の坂を子供たちと駆け上がり、ソリ遊びを楽しんだ。

こうしたちょっとした触れあいによる温かさやアイスバーンの緊張感、そして開放感が、心のひだに染み込む。
スポンサーサイト



アイスランド 17
口に入れた途端、あまりの塩辛さに吐きだした。

白い泡の正体は、塩だった。
袋の表記を確認すると、塩漬けマトンと書いてある。

つまり保存食用の塩漬け肉に、私は塩を塗り込んで焼いたということになる。

白い泡に気を取られ、うっかりスパゲッティも茹で過ぎ、こちらもハッキリ言ってとてもマズイ。
夫も息子も私に気を遣って、マズイとは言わないものだから、2人の思いを代弁し
「マズッ! こりゃぁ食べられないわ。スパゲッティも美味しくないし、今日の夕飯は最低だね」
黙々と伸びたスパゲッティを口に運ぶ2人。「マズッ!」と何度も繰り返す私。

冷蔵庫に残していた肉と焼いた肉を一緒に鍋に入れて、4~5回煮こぼし、ようやく食べられる塩加減になった。
あぁこれが、塩梅(あんばい)かぁ。
とは、夫。

なおインターネットで調べてみたら、塩抜きは火を通す前に、塩漬けより濃度の低い塩水で行うのだとか。
火を通すと逆に塩が中に閉じ込められるのだそうだ。しかも煮こぼすことで、旨味をすべて洗い流してしまったらしい。
身をもってアイスランドの食文化を知った。


ようやく食べられるようになった肉。添えてあるのは、ポテトサラダ。


アイスランド 16 
レイキャビックの大型ショッピングセンターで、大袋に入った肉を買い込んだ。
スライスされた肉をグラム指定で買うこともできたが、息子と私は、なぜかその大袋をカートに入れてしまった。
2泊3日分の食料をここで調達するのがベストと判断したからだ。

アイスランド入りしてからすでに3日目、町から出ると、店どころか凍った山と雪に覆われた大地しかない国であることが分かったのだ。

が、その肉、なんと1.8キロもあった。3人なので1人600グラムずつ。いくら2泊3日分でも多すぎた。
袋を開けてみると、骨付き、しかもひとかたまりの厚さが7~8㎝もあるラム肉だった。

骨付きなので、切るわけにもいかず、フライパンで焼くには厚すぎる。
オーブンでじっくり焼くことにした。
念入りに塩、こしょうし、ニンニクのスライスと一緒にオーブンへ。

10分ほどすると、何だか白い泡が出始めた。
泡? なぜに? 不審だが焼き続けるしかない。
しっかり火を通さねば!
気になりながら、スパゲッティをゆで、ツナ缶とトマト水煮缶やタマネギでソースを作る。

食べた瞬間、その白い泡の正体が判明した。


アイスランド 15
それは、コペンハーゲンやアイスランドのレイキャビク4つ星アパートメントホテルには無かった。アイロンも室内用の物干しもあったのに。

それとは、洗濯機だ。

街のコインランドリーまで出かけるしか無かった。

それが田舎の小さな街のホテルにはあった。感激!しかも無料。

食器洗い機はどこにでもあったので、その便利さも実感。

ただ、ここでの初日の夕食で大失敗を(・_・;


リビングから見える保育園?幼稚園?到着したときは、子供たちが遊んでいたのに、アッという間に暗くなった。日の出は10時半、日の入りは4時前?
アイスランド 14
3箇所目もアパートメントスタイル。2つの寝室とリビング、ダイニングキッチン付き。1人6千円。インターネットで探し予約して。

数十軒しかない田舎の港町。事務所の二階がホテルらしいが、受付らしい場所も無いし、誰もいない。オーナーに電話すると、さして待つことなく車で夫婦揃って駆けつけてくれた。

何となく、そう何となくだけど、どんな客なのか確認?されたような気がする。何せ、二泊三日その建物には、私たちしかいないのだから、オーナーにしてみたら気にもなるのだろう。

奥さんと自己紹介やハグし合って、どうも合格したらしい。帰るときは、つまりチェックアウトのときは、鍵を二階の入り口のドアに挿したままでいいよ!と言ってくれた。その場での現金払い。

このアパートメントホテル、今迄の2つのホテルには無かったものが据え付けられていた。やったぁ! なぜ無かったのか、不思議だった。それは...。


有名な間欠泉。