FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
コペンハーゲン 6
見る見るうちに雪が降り積む。多くの家は夜になっても、カーテンを閉めない。

闇の中に浮き出すどの家も、さぁ見て!と言わんばかりに美しい。壁の装飾、間接照明、クリスマスモードにデコルテされた窓際。


マルメの街で。

川底に沈む携帯を笑った罰、それは夫が引き起こした。

トイレで用を足そうとして思いっきりベルトを引き抜いたら、ボッチャンという音が・・・。一瞬何が落ちたのか理解できずにいたそうだ。我に返って大急ぎで引き上げたが、ベルトに付けていたカメラは、カバーだけでなく中まで濡れてしまっていた。

冷たい風の吹きつける中撮ったコペンハーゲンやスウェーデンの写真データは? せっかくオーロラ撮影のため持ってきた重い三脚は、一度も日の目を見ずに持ち帰るのか? 本番はこれからなのになぁ。あぁ・・・。
スポンサーサイト
コペンハーゲン 4
アイスランドを去る3日前に、アイスランドエアーから帰りのフライト時間のチェンジメールが入り、予定より早くコペンハーゲンに着くことにしたので、アイスランド入りする前を合わせて、丸々2日半の時間があった。

1日半はコペンハーゲンの街歩き、もう1日は足をのばしてスウェーデンの田舎町ルンド、マルメへ行ってきた。

コペンハーゲンからは橋を通り30分くらい。EU加盟国なので、行き来は自由。


桜。枝垂れる良さをカット?

のはずだった。たった1週間前までは。
コペンハーゲン中央駅で、ルンドまでの列車の時間を調べていたら、どこにもスウェーデン行きが掲示されてない。
そこで、駅員らしき人に聞いてみた。すると・・・

1/4以降、空港駅からしかスウェーデンに入ることができなくなった、しかもそこでIDチェックを受けるように

と、駅員はいう。難民、テロ対策なのだろう。

基本的に改札は無い。が、スウェーデン行きのホームには、簡易的な入り口が設けてあり、そこに係員が数人立っていた。客が示すパスポートなどを1枚ずつ携帯カメラで写真撮影する。
列車に乗ると、警察がIDチェックに、車掌はチケット確認に回ってきた。

世界が国境を越えて一つになる方向に向かっていたはずなのに、逆行している。

ところが逆にスウェーデンからデンマークに戻る時は、何一つチェックされなかった。この温度差が、今の混沌とした時代をあらわしている。

コペンハーゲン名物、オープンサンド。下にパンが敷いてある。

コペンハーゲン  3
コペンハーゲンの空港からは、メトロ、鉄道、バスと公共交通システムが整っていて、市内まで20分もあれば入れる。そのチケットを買うために長い列ができていたが、券売機でクレジットカードを使えば簡単に手に入る。

もちろん最初はチケットの買い方がわからずウロウロ。長い列に並ぼうともしたが、親切なコペンハーゲン人が、買い方を教えてくれた。

メトロはホームはもちろん地下鉄内も無人。つまり運転手も車掌もいない。完全にオートメ化されていた。

観光客のための24時間券や48.72時間券もある。このチケットがあれば、水上バスや市内バス、メトロ、鉄道も乗り放題。私たちは市内全域で24時間使えるチケットを買ったので、1人80クローネ。空港からメトロの終点のアパートまで1人片道36クローネなので、3回以上使えば十分。因みに博物館などの入場券優待もついたコペンハーゲンチケットとは違うので、ご注意を!


毎月1回土曜日に、あちこちから市庁舎前に集まって一緒に散歩するそうだ。
コペンハーゲン  2
目的地は、アイスランド。日本からエアーチケットを取る際に、経由地までの往復と経由地からアイスランド往復を別に取る方が安いと聞いた。



早速あれこれ捜す。アプリskyscanneは実に便利だ。すべての会社のエアースケジュールと料金が数分で検索できる。

息子は羽田から深夜発、ドーハ経由で、私たちは成田からモスクワ経由で行くことにした。ドーハは、ちょっと現情勢を考えると不安。羽田発着は便利だけど、帰りが深夜の羽田におろされてもなぁと。

コペンハーゲンのアパートメントホテルで待ち合わせることに。

このアパートメントホテル、大正解だった。オーナーの住む二階を丸ごとレンタルにしている。寝室、もう一つの寝室はロフト、リビング、ダイニングと広い。そして暖炉。薪も着火剤も揃っている。



2泊のつもりだったが、3泊に延長。しかも最終日、アイスランドへの飛行が夜だったので、夕方4時まで居させてもらえたのもラッキー。


二世帯住宅の二階を貸している。駅から5分くらいなのに、とても静か。コペンハーゲンの中心まででも15分くらい。とても便利。

ラッキーといえば、息子はドーハからダブルブッキングで、ビジネスクラス、フルフラットで寝てきたそうだ。

アパートに着くと、温かい夕飯を作ってくれていた。

コペンハーゲン  1
今回の旅、最初はケニアへという誘いだった。

孫も帰り寒々とした家から暖かい所への脱出は嬉しいが、ケニアは遠いし、暖かいを通り越し暑過ぎる。それにケニアで10日間も何をする?

ケニアにいれば、いつでもライオンやキリンなど野生動物を観ることができるなんてことはなく、むしろ人間が居住する地域の方が制限され狭い。

調べてみると、野生動物生息地域に近いホテルもあるが、そこまで行くのも国立公園へ入るのも、サファリツアーに参加するのも、べらぼうに高い。ケニアまでのエアーチケット代や物価は安いのだろうが、ケニア野生動物を間近でというのは、マニアックなまたは金持ちの遊びということが判明。

むろん年金暮らしの私たちレベルでは選択の余地なしで、却下。

コペンハーゲンではアパートメントホテルに3連泊。近くのスーパーで、16本1束300円もしないのにびっくり。物価は高いのに花は安い。こんな真冬なのに。