FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
世界ゴールド2018 24
昨夜、BS1でドキュメンタリー番組『喜劇 病は気から 高齢者700名の挑戦』の放送があった。

稽古外の時間を使い、ノゾエさんやスタッフが、常にどうすれば、より伝えやすくなるか、より良い芝居を創り上げていけるか格闘していることを稽古中いつも感じていた。

また参加者の方々がそれぞれ色々な苦労をされ、いや今も現在進行形で病や介護や仕事を抱えながら稽古へ通っておられることも、聞き伝えで少しは知っていた。

しかしあのドキュメンタリーを観て、ノゾエさんの深い、深い思い、とてつもない時間をかけて役を割り振る作業、そして参加者の方々の実生活を知った。

想像を超えていた!

いうまでもなく昨夜はラインが鳴り響いた。
誰もが、「感動したね。涙が出たね。そんな舞台に立たせてもらっていることに感謝だね」と綴る。
そのことにまたまた私は感動した。

あの人数、私を見つけるのは無理とあきらめていた。
ところが友達が、ビデオデーターから写真に落とし送ってくれた。
最後の最後、字幕スーパーが流れる前の一瞬ですけど~。
IMG_7951.jpg

メガネの男性の左隣ですぅ~!



スポンサーサイト



世界ゴールド2018 23
二つ目は、「ラブレター」という設定。
夫、恋人、親、友、孫誰宛でもよいのだという。書くのは女性全員。
書いたラブレターを紙飛行機に折り、「この思い飛んでいけ!」と一斉に飛ばす。

舞台上に落ちたそれを2~3人の男性がランダムに拾いあげ音読する。
男性たちも、その日たまたまスタッフに声をかけられた人。

だからすべては偶然のなせるわざ。

Rチームバトルシーン
NHKBS1公式HPより転載

どのラブレターも経験に基づく赤裸々な思いが熱くつづられていた。
観客はもちろんのこと舞台上にいる私たちも引き込まれる。
長年の経験から生み出す文章は、琴線にふれる。

飛ばすラブレターの数は、女性全員だから200通は超える。

あの日も、間違っても拾われないようにと祈りながら狙いをつけて手から放した。
すると、私の飛行機の上に他の人の飛行機が乗り上げた状態で着陸。
『よしよし、今日も安心!』
肩の荷を下ろした気分で、他の人のラブレター内容に聞きほれ、次は誰かしら?とお気楽にいたら、なんだか聞き覚えのある出だしが……。

間違いなく私のソレだった。
後ろの方に落とし、その上半分埋もれていたはずなのに。何故?
私のラブレターを読んだ男性も全く見知らぬ人。

誰に書いたラブレターかって? 夫宛ではないことだけ、ここに記しておこう。

本番中なのに気もそぞろになってしまったのは言うまでもない。



お知らせ!

NHK-BS1 BS1スペシャル『喜劇 病は気から~高齢者700名の挑戦~』
11月17日(土)19:00~

番組公式ホームページは、http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-11-17/11/33564/2381049/


世界ゴールド祭2018 22
言うまでもなく、舞台に立った一人ひとりには、様々な人生経験がある。
喜びや幸せの日々もあれば、辛く苦しい経験もあろう。
ノゾエ氏は、それを各人から二つの場面で引き出した。

一つは、全員が舞台に集まった場面で、ランダムにスタッフがマイクを差し出し、「結婚にまつわる話」を尋ねるという設定。

今も仲睦まじく暮らす人、伴侶を亡くし失意の底から這いあがった人。
面白おかしく夫婦の上下関係を語る人もいて、どの話も聞きごたえがあった。

みんな話がうまいなぁと感心する。

と、まさかの展開が……。

そうマイクが目の前に差し出されたのだ。
頭が真っ白になった。
100%、いや200%私にマイクが向けられることはないと踏んでいた。
私より人生経験が長い人が、ほとんど。
スポットライトを浴びるのはそういう方々であるべき。
そう思い込んでいた。
だから完璧に油断していた。

不覚にも「えぇ~?わ・わ・私?」の言葉が口をついて出る。
大きなスクリーンに私の顔が映し出されている。

貴重な舞台稽古の時間に、私ごときのために時間を割いては申し訳ない。
まず頭に浮かんだのはそのこと。

「病気やらいろいろありましたが、おかげさまで何とか暮らしております。」
涙も笑いも感動も何もない、実にお粗末だった。
稽古中でよかったぁ。本番じゃ申し訳なさすぎる。


お知らせ!

NHK-BS1 BS1スペシャル『喜劇 病は気から~高齢者700名の挑戦~』
11月17日(土)19:00~

番組公式ホームページは、http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-11-17/11/33564/2381049/


世界ゴールド祭2018 21
舞台を観た人たちの「涙がでた」「泣けた」という声を多く聞いた。
ツイッター一つ検索しても、舞台を観てくれた人がそう書いている。

しかしあれは喜劇で、笑いを誘いこそすれ泣かせるセリフはない。しかもジジババ素人役者が間違えたり、セリフを飛ばすので、失笑まで起きる。

それなのに、「涙が出た」という。

お世辞?
笑いすぎて涙が滲んだ?
それとも、あんな老人がうら若き男女に扮してと、同情の涙?
マイケルジャクソンの踊りを、不器用ながらも一生懸命踊ったねと、称賛の涙?

そうではない。
私も舞台に立っていて、実は思わずウルっと来てしまったことがあった。
それは、ノゾエ氏の演出がもたらしたもの。
ダンス
Twitter記事より転載  舞台稽古


世界ゴールド2018 20
先日、NHK「ひるまえほっと」関東版で、74歳の岸宣忠さんに密着取材した内容で、ゴールド・アーツ・クラブの芝居『病は気から』(太陽組)を紹介する放送があった。

ダンスシーンsknZIQyZ
Twitter記事より転載

岸さんは、普段、消費生活相談員として市民の苦情を受け付けたり、仲間と分かりやすい芝居仕立てにして詐欺被害防止を呼び掛けたりしているそうだ。

言うまでもなく、あの舞台にたったゴールド(シニア)メンバーは役者を生業としていない。(劇団に登録して、エキストラやCMに出ている方もおられるが、それで食べているわけではない)
皆が、千穐楽後それぞれ普段の生活に戻っている。親や身内の介護、孫守り、仕事に汗を流す人もいよう。

誰もが、何らかの苦労や一言では表しようのない人生を背負ってきた、いや今は「老い」まで加わって足や腰やあちこちまで悲鳴を上げている。そういえば……
「立っているのもやっとなんです」
と、おっしゃる方もいた。
それでもノゾエ氏やスタッフのもとでゴールドに輝くために、健気に必死に稽古していたことを、あの番組を見て再確認した。

「たんぼで僕も歌ってたよ」
「それぞれ日常を背負って舞台に向かっていたんですよね」
パキンパキンとLINEが鳴る。
(続く)