FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
第二、第三の人生 モンテネグロ 1
モンテネグロへの旅について、いつもの「地球の歩き方Q&A」サイトで検索してみると、入国審査が厳しく、もし団体バスが数台並ぶと、3~4時間待たされることもあると書いてあった。
スムーズに行けば、ドゥブロブニクからコトールという街には2時間半くらいで着くはずなのだが。

宿は旧市街から数分歩いた、いわゆるアパートメントホテルに予約した。
そのオーナーから何時頃着く予定かとメールが入ったので、11時ドゥブロブニク発のバスで行くつもりだが、何時に着くか分からないと返信したら、2時には着くだろうと、またメールをくれた。
本当に?まさかぁ~。

クロアチア出国のゲートでは、バスから全員降ろされ、一人ずつ出国審査を受けた。しかし乗客が少なかったこともあり、15分ほどで終わった。そこから3分も走らないうちにモンテネグロの国境があった。

入国審査を受けるため、また降りるのかと思ったら、バスの運転手が、何やら審査官と話をしたあと、全員のパスポートを集め、手際よくスタンプが押されたそれを返却してくれた。乗客はバスの座席に座ったままだ。
こうしてたった30分程で、入出国を済ますことができた。

コトール行きのバスを待つ間、ドゥブロブニクの長距離バスステーションで、アメリカ人のご夫妻に話しかけられた。
日本人が2人でモンテネグロへバスで行く。やはり目立つようだ。

そのご夫妻は、アメリカ人でルイジアナ州からモンテネグロの別荘へ行くところなのだという。
ぜひ時間があれば、その別荘へいらっしゃいと誘ってくださった。
何というラッキー! 

しかしアメリカからわざわざモンテネグロに何故別荘を? もうこの段階で興味津々の私。
お互いのフェイスブックやメールアドレスを交換し、モンテネグロのバスターミナルに着いたところで別れた。

翌日、夕方6時発のバスでドゥブロブニクへ戻る予定なので、その前にお邪魔しようと私は決めていた。
シャイな夫に、いつどのタイミングで訪問を切り出すか、そこが一番の問題だ!
neko ことる





スポンサーサイト



第二、第三の人生 11 (クロアチア)
第二の人生

2回経由しドゥブロブニクに到着したのは、夜21時を回っていた。
シェラトンからの返信を、経由地の空港wifiで見た。

要約すると、

お客様は皆さんタクシーでいらっしゃいます。
空港から旧市街地にあるバスターミナルまで行くバスの停留所は、シェラトンの近くにはありません。
有料ですが、お迎えの車も手配できます。

やはりねぇ。みんなバスなんて使わないんだ。シェラトンに泊まる客だものね。

空港を出たら、夫が何か言い出す前にタクシー乗り場へ直行し、運転手にいくら位で着くか聞いてみた。
すると、運転手が壁を指さす。
そこには行き先別のタクシー運賃表が、老眼でもよく見えるよう?ぼったくりなんてしないよ!とばかりデカデカと貼ってあった。

タクシーで正解。歩ける距離じゃなかった。

その時間帯でチェックインした客は私たちだけ。
フロントのスタッフ二人が目を見合い交わした意味深な笑み。
「バス停はあるか?とメールで問い合わせた客が来たぞ!」と思われているような気がして恥ずかしかった。

それなのに、海が見える部屋にグレードアップしてくれたというではないか。
さすがシェラトン、どこもかしこも高級。
窓からの眼下には、プール、その向こう朝焼けのもとアドリア海が……。
シェラトン1

翌朝は、モンテネグロへ1泊で出かける予定。
大きな荷物を長距離バスステーションに近いホテルに預け、リュック一つでのバス旅行。

シェラトンでチェックアウトまでゆったり過ごしたかったなぁ。
モンテネグロへのバスは、ネットで検索すると、1日3本しかない。11時発を逃すわけにはいかない。
チケットも買わなければだし、次のホテルに荷物も預けなくてはならない。
それに、その長距離バスステーションへは、市内循環バスで行くのだから、ゆとりをもって早めにホテルを出なければ!

あぁ初シェラトンの滞在は、眠り込んでいる時間を除けば、3時間もなかったのでは?
シーズンoffで格安だったから、泊まれたのになぁ。残念!
シェラトン2

シェラトン3


第三の人生
すれ違った居住者の女性が和服だったり、どう見ても「奥様」と呼ばれるような上質の洋服やアクセサリーを身につけている人も。
白い帽子、いやハットの男性も、杖、いやスティックを突きつつも颯爽と歩いている。
場違いな服で来てしまったことを悔やむ私。

ここは、入居時には金額的な面で、入ってからは心理的な面で、かなり背伸びしなければならない「サービス付き高齢者住宅」のようだ。実際に、一番安い部屋でも、入所金が2千600万を超えている。3LDKになると5千600万以上。月々の費用も食費を入れて月約19万~約23万(部屋の広さで変わる)かかる。

二人で入居にすると、入居金が1LDKで4千600万以上。3LDKは6千400万以上。月々の経費は二人で約34万~36万。
入居金は、年齢に応じて償却期間が変わる。64歳までは144ヶ月。65~74歳までは120ヶ月と段々短くなる仕組み。

ネイルサロンまであり、もし介護が必要になっても、3階に介護付きの有料老人ホームへ優先的に移れるという。

こういう世界もあるのねぇ~!




第二、第三の人生 10
第二の人生
やっぱりお天気夫婦のようだ。
台風一過の青空、孫も熱が下がり保育園へ行った。

今朝から旅の準備を始めた。
明日のホテルは、ドゥブロブニクのシェラトン。
(そう明日の早朝に家を出るのに、今日から準備とは!)
ホテルは、5つ星のあのシェラトン。
とはいっても観光シーズンが終わっているので半額の値段。
朝食ついて、一人税込み7千円。
夜遅く着くので、空港に近いこともありシェラトンに決めた。

昨夜、孫守から解放され、ガイドブックを読むと、空港からのシャトルバスは旧市街のバスターミナル行きとか。
シェラトン近くにバス停はあるのかしら? シェラトンに泊まるような人はみんなタクシーなんだろうなぁ。
でも夫はタクシーに乗るなら歩くと言い出しかねない。夜の10時に着こうが、お構いなく歩き出しそうだ。

そこでシェラトンに直接メールで問い合わせた。バス停は近くにあるのか? バス停の名前を教えて!と。
今、あちらは深夜。返事、くるかなぁ?

第三の人生
エントランスに入ると、高級ホテルのような広いフロントカウンターがあり、若くて美人のスタッフが3人もいる。
その一人は、和服の男性と何やら話をしている。どうも切手を貼って手紙を出す手伝いをしているようだ。
宅配物や郵便物もフロントで手配できるそうだ。
男性は、ことを終えると、エレベーターの方へ去って行く。
和服は普段着のようだった。着慣れている。

聞くと、エレベーターは施錠されており、最近のホテルのように、上がるには解除しないと動き出さない仕組だとか。
その解除をフロントが行っているという。

外から戻った居住者に「お帰りなさいませ」と、フロントから声をかける。
スタッフは、居住者がエレベーターにたどり着く時間を見計らって、解除するのだという。
つまりすべての居住者の顔を覚え、その居住者の歩行時間も把握しているということだ。
スタスタ歩ける人、ゆっくり歩く人、ちょっとポストに寄ってから行く人など、その人その人にあわせてるのだ。

「セキュリティは万全です!」
説明や案内してくれたスタッフは胸をはって言い切った。
コスモスうすいピンク

このシリーズ続きますが、明日からクロアチアへ出かけるので、しばらくお休みします。
もしかしたら旅先から書くかも??








第二、第三の人生 9
第二の人生
一昨日の夜、突然飛び込んできた娘からのSOS。
孫が熱を出したので、孫守を頼みたいと。
そのうえ、一昨日段階では、台風が来週早々日本に近づくという予報。
出発前に、この事態。
果たしてどうなるやら?

第三の人生
この間まで某テレビ局で放映されていた「やすらぎの郷」という昼ドラに出てくる、豪華な高級サ高住も見学した。
まさか高所得者向けの施設とも知らず、某冊子の宣伝で見たそこに、母の数少ない友だちがどうも入居を考えているらしいという情報を得て、アポ無しで飛び込んだ。

周りは畑ばかりだし、駅からも遠い。10階建てのマンション。1階の一部にディサービスや、皮膚科、内科などが入っている。2階には「○○サロン」という何だか高級そうな喫茶店も入っている。ロビーのフロントへ入って驚いた。5つ星ホテルのような広さ、高級そうな調度品、ソファーも高級そう……。

あちこち回ると、出されるスリッパの質で施設の格差が分かった。
この豪華サ高住はなんと土足だった。


白菜2
巻き込み始めた白菜。何もしていないのに、自分で形になっていく。もち無農薬。
第二、第三の人生 8
第二の人生
クロアチアだけではなく、スロベニアやモンテネグロ、ハンガリーも回ってこようかと思っている。できれば1ヶ月は行きたいところだが、今回は母のこともあり2週間弱で我慢! 先日の数十年ぶりの私の風邪や夫の突然の結石など、ちょっと自信も失い欠けていることも理由のひとつ。

しかし、日本に居てもどこに居ても病気にもなれば、怪我もする。その時はそのときのこと。どう対処するか、それも旅の思い出になるとも思うが……。実際、今までの海外旅行でも病気や事故、事件、いろいろあった。景色の美しさよりそちらの方が思い出深い。
おくら
おくらの赤ちゃんたち。でもそろそろ終わりかなぁ。

第三の人生
3つめの施設は、洒落た外観や内装にほれぼれする。住まう楽しみを感じた。
いわゆるここも「サ高住」だ。各部屋にキッチンもあれば昨日も書いたように、みんなで食卓を囲み、歓談できる吹き抜けのリビングもある。毎朝、そこでラジオ体操をするそうだ。

また1週間に2度、サービスで近くのスーパーまで買物に連れて行ってくれるし、月5回まで個人的に病院や銀行などへも車を出して送迎してくれるのだという。

ただ、ここも難があった。
まず食事は手作りだが、同列の他の「サ高住」の大きな厨房で作り、配送し温めて提供ということだった。しかも昼食と夜食のみ。
朝はご自分でどうぞ、ということらしい。

近くに散歩に良さそうな大きな公園や桜並木の川沿いの道があるが、そのためか地面から嵩上げし、エントランスまでが階段とスロープになっている。これも老いてくると厳しい。リハビリと思えばよいのだろうが、足を痛めたりするとお手上げだ。

各部屋毎に、電気と水道のメータがついていて光熱費は各自別料金という。照明やテレビ、冷暖房を付けたまま寝込む母の光熱費は恐ろしい金額になりそうだ。

またやはり夜にはスタッフが帰り、警備会社に頼むという。これも不安材料。
ということで、ここもボツ!

3箇所見て、「サ高住」の限界を感じたものの、もう一箇所寄ってみることにした。
そこは各家庭のポストに投函される冊子に掲載していたところだ。
母の数少ない友だちが通っているディサービスも併設されているところかもしれない。