FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
第二、第三の人生 モンテネグロ 8
コトルを出発した18時,すでに陽が沈み、暗くなっていた。
お客は、やはり2~30人くらい。

行き同様、イミグレでは、順番に一人ずつバスから降ろされ、全員がパスポートにハンコをもらうまでバスに乗車できない。
私はダウンを着込んで降りた。

モンテネグロの出国でも、他の人より時間がかかった青年が、クロアチアでの入国審査でも足止めを食っていた。
IS関係懸念なのだろうか?

それでも出国は、割とスムーズに終わり、バスに戻れた。
ところが、クロアチア入国で最後の一人、可愛い女の子、アジア系の旅行客?で、時間が止まった。
夫がカメラのシャッタをきった途端、審査官が走ってきて、削除しろと言った。
腰には拳銃。危ない、危ない。
コトル別荘の花

国境のイミグレーション窓口は、高速道路や有料道路の支払い窓口のような感じで設定されている。
10分ほど、その窓口でなにやらやりとりしているようだったが、突然審査官が彼女のパスポートを持って、建物の中へ入ってしまった。
残された女の子は、離れたところで待たされている私たちに向かって、両手を開き、お手上げ!のようなポーズ。

冷え込む。
バスの中へ夫の上着を取りに戻って良いかと運転手に聞くと、ダメだという。
皆、夜寒の中で震えている。
雨が降ろうが、北風が吹こうが、雪が降っても、こうして外で待たされるそうだ。

一つ学んだのは、掲示はないがトイレがあること。
何人もがトイレに駆け込んでいた。
トイレに入っている間に出発されてはたまらない。

結局何事もなく、女の子のパスポートは返され、ようやくバスに戻れたのは、30分以上経ってからだった。

スポンサーサイト



第二、第三の人生 モンテネグロ 7
別荘を買ったご夫妻。ご主人の年齢が70歳とか。お仕事は看護師さん。アメリカでは看護師の資格にレベルが幾段階かあり、そのトップでほとんど医師と変わりない仕事をしているそうだ。再来年の東京オリンピックには選手のサポートとして来日するという。

奥様の年齢は?だけど、小学校の先生をなさっておられたとか。バイオリンニストの息子さんが2年前にモンテネグロで結婚式を挙げ、この地の素晴らしさを知り、たった4日間で別荘を買うことを決めたそうだ。後ろの山の中腹まで、一軒の小さな家付きで日本円換算すると1200万だったとか。
モンテネグロの教会


トランプが大統領になり、何かとストレスを感じるそうで、モンテネグロの別荘でそれを癒やすのだという。
でも遠いよねぇ。いつもはトルコ航空を使い、初めてクロアチアのドゥブロブニクから入ったのだが、クロアチアは物価が高くて驚いたと言っておられた。

いやぁしかし、それにしても感覚、というか決断力というか、スケールが違うなぁ。

スケールの違いといえば、ザグレブからの飛行機出発待ちで出会ったアメリカ人は、このクロアチアへ船を買いに来たのだと言っていた。2~3年をかけて、世界を自分の船で旅するためだそうだ。ギリシャとかアドリア海沿いの街だと、船が安いらしい。まだ40代かと見受けられるその男性の仕事は、弁護士だとか。

18時発のバスでクロアチアのドゥブロブニクへ戻る。
行きはスムーズだったイミグレで……。


第二、第三の人生 モンテネグロ 6
ここからの景色
コトルゲストハウス
右前方に、コトルの旧市街地が見える。左の黒い柵のある家は、今製作中のゲストハウス。旧市街手前に見える階段を上がりきったところにも一部屋作るとか。できあがったらいつでも泊まりに来て良いよと言ってくださったが、ちょっと、いやかなり遠いなぁ~

コトル二人
テラスで、ゴムパチンコで木の実を落とすご主人。
コトル2
1階はリビングとキッチン、トイレのみ。 2階に寝室やバスルームがあるようだ。
コトル栗
薪ストーブで栗を焼いてくれた。
コトルカヌー
アメリカから担いできたというカヌーを見せてもらう。バラバラに分解して、持ってきたそうだ。


第二、第三の人生 モンテネグロ 5
クロアチアのドゥブロブニク、モンテネグロのコトル、ブドヴァ、3旧市街地はよく似ている。
規模は違うが、どこもアドリア海沿いに街が発展し、他国から山を越え侵入する敵を要塞で防いでいる。
日本の城壁は、城を囲むが、この辺りは、中国と同じように街全体を守る形態だ。
屋根の色もどこもオレンジなのは、屋根に使う土の関係だろうか?

コトルのバスターミナルでwifiがとんでいたので、そこからメールを送ったすると、近くのスーパーまで来れば、ご主人が迎えに来てくれるという。

行ってみると、確かに100段の階段が……。
別荘1

別荘への道
別荘へ続く道。石畳も花壇もすべて、その辺りにある石を並べて造ったのだという。

別荘

このテラスで、まずは眺望を愛でながら、お茶をいただいた。


第二、第三の人生 モンテネグロ 4
着いたブドヴァのバスターミナルの周囲は、建設ラッシュなのか、騒音が鳴り響いていた。
あちこちに工事の柵。行き交う大型トラック、ミキサー車。
既存の建物は、どれも現代的な四角いビルばかり。

なんだ、つまらない街に来ちゃったなぁ、コトルでゆっくりした方がマシだったかも、と思いながらもインフォメーションを探す。

日本を出発する前に調べてくればよかったのだが、今回は直前まで用事が色々あり、バタバタ状態のママ旅に出てしまった。ブドヴァへ行くことも、スマホで検索し決めた。

インフォメーションでもらった地図を頼りに旧市街へ向かう。

旧市街は、海辺を背景にぎゅっと建物がつまり、壁で囲まれていた。
ブドゥバ

コトルより城壁内は狭いが、観光地化されていない素朴な雰囲気が心地良い。
海に立つ像

ブドバ レストラン
シーズン中は全てのパラソルが開かれ賑やかなのだろう、海辺に面したレストランで、我が家にはちょっと豪華なシーフードパスタ。12ユーロ。
ブドバ ランチ

行きと帰りのバス代、なぜか違った。コトルからは、1人4ユーロ。帰りのブドヴァからコトルまでは、何と3.5ユーロ。
不思議なことがあるものだ。そういえばチェコでも、同じ区間でバス代が行きと帰りで違うことがあったなぁ~。