FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
第二、第三の人生 クロアチア ザグレブからの帰路 ラスト
まさかの大凶は、自宅で待ち構えていた。

翌日、羽田から自宅へ戻ったものの、旅の疲れかトラブル疲れか、何もする気がおきずダラダラと……。

夫がハマり撮り溜めていた韓流ドラマを数本見終え、ようやく重い腰を上げる気になったのが、午後4時頃。
夕飯準備の前に、まずお風呂の詮をし、蓋を閉めておこうと、浴室のドアを開けビックリ

窓が全開しているではないか!
えぇ~? 旅行中、ずぅ~~と開けっ放しで出かけていたとは、なんという愚かな私たち。

と、自戒しながら窓を閉め、もう一度ビックリ

窓ガラスのカギのところが三角にきれいにカットされていた。


泥棒だぁ!

前日、フランクフルト空港でドイツ警官に、まさかその数時間後に日本の警察にお世話になろうとは。
被害は、机の上に置いてあった財布の中から抜かれた数千円のみ。

警察官や鑑識らがキビキビ動く様子に、旅行疲れは一気に吹っ飛んだ。

被害の少なさゆえか、荒らされた跡がないせいか、ついつい鑑識の仕事に興味津々の私。
3時間ほどの仕事を終えたあと、警官や鑑識の皆さんと食卓を囲みお茶を飲み、最近の泥棒事情について伺う。

プロは、現金と宝石、金を狙い、通帳やカード類は、足が付くので持っていかないそうだ。
夜、2階に家人たちが寝ている間に盗みに入るプロもいるとか。
目につくところに、いくばくかのお金を入れた財布を置いておくのも被害を最小限にとどめる手らしい。

凶は後を引きずった。
晩秋から初冬へと寒さを感じ始めたというのに、窓ガラスの修理が1か月以上かかったのだ。
ペアガラスは、注文してから製作するそうで、2週間はかかると聞いたが、2週間過ぎても何とも言ってこないので、連絡したら、ナントガラス屋が注文を受けたものの忘れていたというではないか。
さんざんな目に遭った泥棒騒ぎだった。

火災保険で、ガラス修繕費用はほぼカバーされたものの、この1か月のガラス修繕待ちイライラ被害の方が大きかったことは言うまでもない。
モンテネグロの猫 2匹
次回以降、サービス付き高齢者住宅に住み始めた母の変化や、高齢者住宅事情様子を少し書いてみようと思っています。

スポンサーサイト



第二、第三の人生 クロアチア ザグレブからの帰路 3
しびれを切らした頃、ようやく警察官の男女二人が、ドアを押し開け姿を現した。
豊かな身体を左右に揺らせながらゆっくり歩いてくる。

部屋の隅にあるドアからだから、そんなペースだと、ここまで着くのに数分かかる。
「走って来いよ!」
どなりたくなるのを抑え
「早く来てぇ~ プリーズ!」とお願いする。
が、完全無視するポリスたち。
ムカッ!

夫の、トイレ行きたいよぉ足踏みが早くなっている。
私も、飛行機の出発時間までに、あと何分残っているか判断できないパニック状態。

ようやくやってきた警察官が、空港職員と何やら言葉を交わし、夫の手荷物をひっくり返し見て、
「OK!」
と、軽く手を挙げ、長く苛ついた時間は突如終わった。

カメラの部品の何かがひっかかったらしい。
そう「らしい」でしかない。
何の説明もないのだから。
当然のように謝罪の言葉はない。

そこからが地獄だった。
手荷物検査の場所は、Aゲートの2階。
日本行きの搭乗ゲートは、何とZ
広いフランクフルト空港の端から端へ、私たちは全力で走った。

夜間なので免税店は閉まっているし、どのゲートも灯りを落とし静まりかえっている。
客もいないから、走りやすい。
全力で走る経験をいつしたか? 記憶にない。
しかも、こんなに長い距離。

トイレに走り込んだ夫が、追い越していく。

私は、息切れし、足がもつれそうになったり、もうぶっ倒れそうだ。

もし間に合わなかったら、荷物だけ先に日本に着き、私たちは空港に取り残される???
先を行く夫が、飛行機の出発をとめてくれる? 
……なはずはない。

走るしかない。走らねば。
何としても間に合わなきゃ!

ヘロヘロでたどり着いたゲートでCAが、笑いを押し殺した表情で
「走って来てくれてありがとう」
と言った。

機内に乗り込むと、ファーストクラスやビジネスクラス客用に、グラスにジュースを注いでいた。
そのジュースで喉をうるおし、ようやく一息!

全乗客の視線を浴びながら、席を探す。
前に書いたが、その席も、窓がなかった。

さすがにこれで全ての不運が尽きただろうと思ったのに、まさか……!
IMG_5569.jpg
ザグレブの市場


第二、第三の人生 クロアチア ザグレブからの帰路 2
クロアチアエアーの小さな飛行機が、闇に浮かび上がったフランクフルト空港の滑走路に到着した。
小さい旅客機は冷遇されるのか、ここでもバスでのゲート移動。

前にも書いたが、30分遅れている。しかし乗り換えに十分な時間はまだあった。

IMG_5567.jpg

クロアチアエアーから別の国への便に乗り換える人は少なかった。
しかも夜10時をまわっており、イミグレもほとんど人がおらずスイスイ。
身体検査や手荷物検査も無事通過し、あとは飛行機に乗り込むだけと安堵しながら振り返ると、夫が手荷物で引っかかっているではないか。夫の横を次々乗客がOKをもらい抜けていく。

他の検査レーンは片付けをしだし、数分後には私たち夫婦と検査官数名だけとなった。
何がひっかかったのか?と聞いても、検査官は何も説明してくれない。
この後どうなるのか?と尋ねると、
「外から来る警察官が、判断する。待つしかない。」
というではないか。
待てど暮らせど、警察官らしき人どころか、誰もこない。

飛行機の出発時間が迫っているので、早くしてほしいと頼んだが、一向に急ぐ気配は見えない。
時間は刻々と過ぎていく。

と、夫が足踏みを始めた。あっこれは、トイレに行きたいときの仕草。
トイレはどこか? 行ってよいか?と尋ねても、「NO」と冷たい返事。

おばちゃん係員が気の毒そうな表情で私たちを見つめている。




第二、第三の人生 クロアチア ザグレブからの帰路 1
帰りは、クロアチアのザグレブからドイツのフランクフルトで乗り換えて羽田へ戻るコース。
乗り換え待ちが1時間程度の、とてもスムーズな便を取った。
IMG_5579.jpg
ザグレブの街で 日時計?

まず、ザグレブ出発が30分ほど遅れた。
まぁその分、待ち時間ももっと短くなりラクチンのはず!
と、そのときは単純に喜んだ。
それが、まさかあんなことに影響するとは思いもせずに……。

そして悪運の第二弾……
非常口でもないのに、窓がない席だった。

フランクフルトへの航路では、機首に向かって右側一番奥の二人席。
一番奥だからもちろん後ろは、壁。
右にあるはずの窓はなく、壁。
たちまち閉塞感に襲われる。

ところが通路を挟み反対側、つまり機首に向かい左側の一番奥の席には窓があった。
これに気づいた瞬間、凶のくじを引いた気分になった。

しかし、『この区間は2時間ほどだから、まぁいいか! お隣さんは新婚そうだし、窓がある方がお二人で良かった。
会話のない私ら老いた夫婦には、壁の席が似合っている。』と、自らそう慰めたものの、ここまではまだ良かった。

まさかの2連発をくらうとは。
そう、フランクフルトから羽田までの長時間飛行での席も、窓がない席にあたったのだ。
非常口が右後ろ側にある席。

ipadを持参していくときは、帰りの一日前頃に、サイトからチェックインし席も自分で選ぶようにしている。
今回、ipadを持って行かなかった。iphoneでも可能だが、小さいので面倒に思い、早めに空港に着けば問題なかろうと踏んでいた。

ところがザグレブからもフランクフルトからの飛行機もほぼ満席で、選べる状態ではなかったらしい。
お任せで、いざ乗り込んでみたら、窓のない席2連チャンとは!

しかし、こんなのは序の口というか、大した問題ではなかった。寝れば窓があろうとなかろうと関係ない。
凶のくじは、別件だったのだ。



第二、第三の人生 クロアチア ザグレブ 2
5~6人くらいしか入れないスペースに、日本の肉屋さんのように背の高いガラスのショーケースを一つ置いただけの小さいパン屋だった。人気なのか、時間が遅いこともあって残っているパンは数個だけ。

パンを買う私たちに、店の隅で店主と話をしていた男性が、日本のサッカー選手の名前やアニメについて話かけてきた。
夫が、サッカー選手の名前に反応すると、それは嬉しそうにし、店主に紙コップを2個求めた。
コップに酒をつぎ、私たちに勧めてくれるではないか。

IMG_4522.jpg
さっぱりして、果実酒のようなちょっと甘めの美味しいお酒だった。
3人で紙コップの酒を飲みながら、分かるような分からないような話(正直、アニメもサッカー選手もまるで分からない)をしながら、更けたザグレブの街を歩いたのも、思い出のひとつ。