FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
第二、第三の人生 スロベニア 3 
Maribor(マリボル)は、ソロベニア第二の都市のはず。
ところが繁華街と思われる場所まで出かけたが、夜8時にもなると、どこも店じまい。
ようやく「もう閉めるんだけど……」というちょっと迷惑そうな顔で、何とか受け入れてくれたレストランへ。
スロベニア モルベル レストラン

スロベニアのスープやメインディッシュの肉料理をオーダー。
スープは、丼より大きなスープカップにたっぷりと注がれ登場した。
見たときは感動した。
白い湯気が、テーブルの蝋燭の灯りをぼやけさせる。
心も身体も温まりそうだ。

ところが口にした途端、
『うっ、どうすりゃいいの? この量!』
と。
塩辛かった。
塩梅を間違えたのか?それともスープ鍋で煮詰まったのか?
アイスランドで、塩漬け肉に苦難したことを思い出した。
写真を撮る気さえ失せてしまった。

翌日、訪れたハンガリーは、錦秋に染まっていた。
錦秋のハンガリー



スポンサーサイト
第二、第三の人生 スロベニア 2
スロベニア 橋
三本橋 

スロベニア 水面
川面に揺れるレストランの灯り

コーヒーやココアで温まったあと、街を散策し、今日のホテルがあるMaribor(マリボル)の街へ移動。
スロベニアで一番大きい街は、首都のリュブリャナで、第二の都市がマリボルという。

到着したのが、夜8時前。むろん皆帰宅し辺りは真っ暗。
住所の場所にホテルらしきものは見あたらない。
線路、集合住宅、壁面に落書きされたジャンクな建物ばかり。

しかし息子は、この辺りで間違いないという。
ぐるぐるその辺りを周り、やはり落書きされているその建物だろうということに。
入り口からは、薄暗い中にエレベーターと階段しか見えない。人影もない。
灯りもついてない。

嫁は「恐い!怖い!」を連発。
私も言葉には出さなかったけれど不安。

車を停め、歩いて入り口に近づくと、灯りが点った。
自動認識し点灯したのだ。

前夜、皆が寝静まったあと、酒に酔った息子がここのホテルを探し予約をいれたという。
誰も胸中で
『ここ、泊まれるの? ホテル?』
と思ったはず。

と、そのとき、壁にユースホステルのマークを見つけた。
なんだぁ、ユースホステルかぁ!
一瞬で全ての疑念や不安が解消された。
私たち夫婦は、何度も海外のユースホステルに泊まった経験がある。
「ユースなら大丈夫よ。きれいだし、安心だし、問題は無いよ」と、声をかける。

なんと、家族用の、2ベッドルームにプライベートシャワルームやミニキッチンがついた部屋を用意してくれた。
荷物を置き、安心したところで夕食を摂りに街へ繰り出した。
さぁこの国も名物料理を食べよう!と。
ところが……

スロベニア 落書き
猫の落書きは可愛いけれど。

第二、第三の人生 スロベニア 1
飛ばしてきたのに、悲しいことに間に合わず、ポストイナ鍾乳洞入り口でまさに門前払い。
そこでスロベニアの首都リュブリアナへ寄ることに。
スロベニア 首都1
スロベニアの国土は、日本の四国と同じくらいだと聞く。

川沿いに街が開けている。
スロベニア 首都2
旧ユーゴスラビアのせいか、建物の色使いや形状がクロアチアとは違い、欧州、それも北欧、ロシアに近い気がする。
暮れゆく街、川を遡る船を眺めながらの珈琲タイム。
夫と二人旅なら、ホテルに直行、間違いなし。なんと豊かな時間。

この夜の宿泊は、スロベニアのマルボルという街で。
さてこの夜は、どんなホテル?
優雅な気持ちは、この時までとは、まさか思わなかった……。