FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
第二、第三の人生 ハンガリー 8
ちょっと話を列車に乗る前に戻します。

人間、いや私の思考回路は単純。
6時間もかかり、しかも国境を越え走る列車。
日本の旅行業者がサイトにupしていた値段1万6400円(2等)から想像するに、そこそこ良質の車両に違いないと期待していた。
食堂車も付いているらしいし……。

夫が電光掲示板で出発ホームを確認している間に、残ったハンガリー通貨(フォリント)の小銭で念のためパンと飲み物を買う。
IMG_5533.jpg

出発5分前、指定されたホームに停車する列車を見て、『えぇ客車がたった3両だけ?』と、正直なところ期待外れにガッカリ!
IMG_5558.jpg

中に乗り込むと、座席も粗末。二等車だから? たった9ユーロだからこの程度なの?と思いながら指定席を探すが、数字と車両のアルファベットがチケットに印字されたものと全く合わない。

そこで乗客に、切符を見せ尋ねると、変な顔をして、この列車はザグレブ行きではないというではないか!

慌てて、飛び降り電光掲示板へと走る。
見間違えていたのか、はたまたホームが変更されたのか、真実は藪の中だが、発車直前ギリギリ間に合い、ほっ!
よくよく考えれば、3両に一等車両や食堂車が付くはずがない。

日本の特急列車なみの乗り心地で、一等車両を探検してみたら6人掛けの個室になっていた。
残念ながら、食堂車両を示す方向に行ってみたが、売店すら無かった。
パンを買っておいて良かったぁ。何せザグレブに着くのは、夜の8時59分なのだから。





スポンサーサイト
第二、第三の人生 ハンガリー7
列車情報URL
上記をクリックすると、ブダペストからザグレブまで片道1人、15:42発の直行便で2等で6500円と出ている。
因みに、今日の値段。

これは「RAIL EUROPE」というサイト。
あちこちの国を旅し、チケットをどうすれば安く買えるか国によって異なることを知った。
上記のURLは、日本語表記で便利だ。目安になる。
日本出国前に某ブログで得た情報と比べれば、半額以下の値段だ。
が、それでも直接窓口で確認することをお勧めしたい。
旅行業者のサイトだと、必ずマージンが含まれている。

ブダペスト駅のインフォメーションで聞くと、何と、「9ユーロ」というではないか?
耳を疑った。

「90」ではなく「19」でもなく、ただの「9」ユーロ。しかも指定席。

IMG_4531.jpg
これがチケット。右下に18ユーロと書いてある。2人分だ。

1ユーロ135円で計算すると、1215円。
まさか? 再度確認した。やっぱり「9ユーロ」。
夫と顔を見合わせ、「9」に間違いないネ!とアイコンタクト。
案内所なのに、チケットも買えるというので、列車で帰ることに即決。

時間も予定通り。
単線のせいか何度も停止し待たされたり、ハンガリー出国やクロアチア入国のため、車内で審査があったり。
時間が掛かるはずだわ。
車内はガラガラ。指定席だけど、隣に誰も来なかったので、ボックス席を占領し、ゆったり列車旅行を楽しめた。

列車の話、続きます。
ザグレブでは、またまた出会いが。
そして魔の帰国日、まさか4つもダメ出しがあろうとは……。






第二、第三の人生 ハンガリー 6
ブダペストからクロアチアのザグレブまでのバスの便は、下記で調べられる。
バス  ←左の「バス」をクリックするとURLが出ます。
直行便は朝の8時発 39.8ユーロ。または夕方の16時発の34ユーロ。5時間10分かかる。

鉄道の情報は、日本を出発する前にみた某ブログから得ていた。
14:45発、20:59ザグレブ着。乗り換え無しで6時間14分もかかる。1等22200円、2等16400円

バスより鉄道の方が1時間も余計にかかる?なぜ?値段も高いし……。

ストレートに夫に話をしたら、バス即決となっちまう。
しかしバスで5時間はきついなぁ。
IMG_4380.jpg

バスの情報は、バス会社のサイトで調べたので間違いないだろうが、鉄道はブログ情報だから確認する必要がある。そこで、鉄道の駅で直接聞いてみることにした。地下鉄で駅へ向かう。ブダペストのどこの駅も、必ず切符をチェックする人が仁王立ちでいた。

結構どこの国もトラムや地下鉄、また列車も、抜き打ちでチェックすることはあっても、ブダペストのように出入り口で取り締まっているようなことはなかった。あまり気分がよいものではない。
budapesuto 駅
列車の中央駅案内所で聞いてみたところ……



第二、第三の人生 ハンガリー 5
明けましておめでとうございます!
皆様にとり幸多き年でありますように。

市場へ出かけてみると、偶然にも「日本」をテーマにしたイベントを開催していた。
IMG_5521.jpg
オペラ歌手だろうか? 日本語の歌声が広い場内に響き渡っていた。演奏はバイオリンとチェロ。
ちょっと残念だったのは、晩秋に近いのに、浴衣だったこと。声は熱いが、見た目が寒い。

IMG_4470.jpg
日本の浴衣をつり下げ、扇子や日本人形を売っていた。
IMG_4476.jpg
ドラえもんのお菓子も。
IMG_4477.jpg
囲碁や将棋をするコーナーもあった。
将棋盤の向きが逆だったので、直して差し上げた。

酔い覚ましをしたあと、息子たちはスロベニアのポストイナ鍾乳洞やオーストリアのウィーンへ寄ったあと、ベネチアでレンタカーを返却すべく出発。私たちは、ブダペストでもう1泊することにした。

帰国の便をクロアチアのザグレブから予約しているので、そこへどうやって行こうか?
列車? はたまた長距離バス? 悩んだ。



第二、第三の人生 ハンガリー 4
ハンガリーならではの食を求めて、評判の店へ。
前夜、予約でいっぱいだといわれ、その場で翌日のランチの予約をした店だ。
ブダペストのレストラン

明るい店内は、どの席も予約済みの札が。

ブダペスト レストランで1
前菜? 
ブダペスト レストランで2
アヒルだったような? 下に敷いてあるのは紫のキャベツ

さすが予約で埋まるはず。どれも実に美味しい。
ブタペストスープレシピ
ブダペストの郷土料理レシピ冊子はお土産に。
最後に、とても強いお酒がぐい飲みサイズで出た。

ディジェスティフ(仏: digestif)というそうだ。食前酒は知っていたが、食後酒?
食後の胃酸分泌を促すとか。
酒に強い息子も、その一口で真っ赤に。
この後、イタリアへ向けて息子達は出発する予定だったが、酔い覚ましのため、市場へ出かけることにした。
そこで、まさかのイベントが!

今年も残すところあと2時間弱。
拙いブログの訪問をありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。
世界中に平和が訪れますように。

この旅の記事、もう少し続きます。
出会いやハプニングをお楽しみに。
では良い年をお迎えください。