FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
自分を犠牲にしても子育て
ベネッセ教育研究開発センターは色々アンケート調査をしている。
http://benesse.jp/berd/center/open/report/kosodate/2008_youji/hon/index.html

そのうちの2つを見てみよう。
まず1997年から5年毎に行っている子育て生活調査。
対象は基本的に首都圏に住む幼稚園児の保護者。

この調査によると「子どものためには自分が犠牲になるのは仕方がない」と考えている人が、1997年は24.2%だけど、2008年は41.8%と大幅に増加していた。

子どもを車の中に置いたままパチンコして熱中症で死なせたとか、餓死させるまでほったらかしで遊び歩いたとかという悲惨なニュースを目にするけれど、ほとんどのママたちは自分を犠牲にしても子どものためにと考え育児をしている。そういうママたちが大幅に増えているってことだ。

もう一つデータを見てみよう。
2006年11月に行われた妊娠期から2歳までの子を持つ親対象の調査。

ママたちが「イライラ」を感じるのはどんな時かというと……。
第1位 夜泣きがひどいとき 60.5%
第2位 子どもに文句や不平を言われたり、ダダをこねられたとき 56%
第3位 住居が狭く子育てをしづらく感じるとき 55.3%

追記:自分の時間が持てないというのは、第4位で55.2%

やっぱり「夜泣き」と「ダダこね」かぁ~ でもこれだって、昔からあるものでは?

と思うけれど、どうも 質? 度合い? ともかく何か違うようだ。
まずは「夜泣き」から考えてみようかな?!

紫陽花 2

今朝の写真は大きすぎたので、サイズを落とし入れ替えました。
スポンサーサイト



少産時代育ちだから?
昨日の続き……
1980年頃に比べて、20年後のママたちが子育てイライラするのは、核家族のせいやママたち自身が少産少子化時代に育ったからだという人がいる。(厚生労働書の白書にそうまとめてあった!)

本当にそうだろうか?

1980年の出産率(正確には合計特殊出生率)は1.75で、2000年は1.36だ。
因みに2011年は1.39。ちょっと持ち直しているけど、少子化はなかなか解消されそうにないね。初産の平均年齢はついに30.1歳にもなったそうだもの。(厚生労働省2012年6月発表)

話を戻すと、1980年に出産したママ達の年齢を仮に25歳とし、1955年の出産率を見ると2.37。この値は2人きょうだいの家がほとんどってこと。これじゃぁ多産時代に育ったママとは言えないよね? 兄弟姉妹が5人も6人もいた時代と比べるなら分かるけど。1980年頃のママも2000年頃のママも同じ「少産少子化時代育ち」のはず!

なら「核家族」に原因があるのかな?

でも「核家族化」という言葉が流行ったのは1963年のこと。1980年頃はバブル期で、パパは朝早くから夜遅くまで働き、育児援助なんて考えられなかったはず。むしろ男女共同参画事業や男性の育児休暇、「イクメン」という言葉が取り上げられるようになり、育児が楽になっているんじゃないかなぁ。

じゃぁ、何でイライラするんだろう
その前にママたちの気持ちを見てみよう

__.jpg
庭で見つけた「忘れな草」
イライラするママが増えている
子育てイライラ、虐待 という言葉を時々見かける。
「虐待」に走ることはないけど、子育てしてれば、いらつくことは誰にでもある。
ただ昔と比べて3倍も増えていると聞くと、ビックリでは

ちょっと古いけど、大阪府で1歳半検診の時に全母親対象に行った調査結果がある。
それによると1981年調査では「子どもといるとイライラすることが多い」と答えた母親は10.8%なのに、2000年には30.1%にも増えている。(平成15年版白書「子どもをとりまく現状・課題」厚生労働省)

1980年頃ってどんな時代なんだろう? ちょっと調べてみた。
紙オムツが出始めたのが、まさにこの頃。我が家でも布オムツと紙オムツを使い分けたものだ。外出時や夜間だけの使用が、コストダウンとともに布オムツと取ってかわるようになる。

電子レンジや全自動洗濯機が日本の各家庭に普及し出したのは、1980年代後半。
全自動洗濯機を使い始めた同僚(男性)が、「画期的だぁ!」と大騒ぎしていたことを思い出す。(確か、料理は奥さん、洗濯・掃除は彼の分担と言っていた)

家事労働は20年間で格段に楽になったのに、なぜママのイライラが3倍も増えたのだろう?

あれこれ調べてみると、えぇ~と驚く育児の指導があった。

たんぽぽ?

タンポポに似ていませんか? 済州島で見つけた花ですが、やっぱり名前が分かりません。