FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
ソウル 7 ラスト
私たちが乗る前後の飛行機はキャンセル。ANAも。
空港地上係員が、対応に追われている。

飛ばないと、宿泊代や食事代、空港とホテル間の交通費も確か出るはず。

ならば、空港側のロッテホテル泊もいいけれど、ソウルへ戻り、5ツ星ホテルに泊まり、またまた美味しいカルビをと、夢は膨らむ。
「台風よ来い来い!」
と、浮かれる気持ち半分、飛んでくれぇと祈る気持ち半分。

不思議なことに、台風は私たちが搭乗する前にソウルを通過したらしい。

定刻に金浦国際空港を飛び立ち、予定通り羽田に着陸した。ほとんど揺れもせず。

かくして、かしましおばちゃん3人組の旅は、台風のおかげで忘れられない旅となった。

PJホテルのトリプルルーム
シャワーと湯船が別で部屋も広々。
朝食付きで、1泊1人6千円ちょい!
おススメです。

スポンサーサイト



ソウル 6
翌日も雨のはずが、一日中傘を必要とせず終わった。
なので、前日は取りやめになった景福宮の衛兵交代式を見たり、伝統的な韓国の家屋が残る「北村」を散策し、その一つ、中庭があるカフェに立ち寄ったり。

fc2blog_201909061730552a7.jpg

233914-05.jpg

そして〆は、夕食の骨付きカルビ!

満足しながらも、気になって仕方がないのは台風13号の動き。
ホテルに戻り、テレビをつけるが、どのチャンネルもいつもと同じドラマやお笑い、歌ばかり。

日本なら必ず画面の一部に台風情報が入るが、それがない。
ニュースの番組では、済州島を襲う暴風雨にアナウンサーが吹き飛ばされそうになりながら、木が根ごと倒れている映像を中継している。天気予想図では台風がソウルを翌日直撃と……。

それなのに、もうすぐ韓国のチュソクというお盆が始まるため商店街が掲げた幟や横断幕を片付ける姿を見ない。
(日本を批判する横断幕は、一度も目にしていない)
もうそこまで台風が来ているというのに、なんとまぁ呑気なことかと、ヤキモキするのは私たち日本人ばかり。

翌日は19時20分の便なので、丸々1日観光できるはずだったが、どうも落ち着かない。
飛行機は飛ぶのか? 

翌朝になり、風が出始めた。さすがに横断幕や旗を片付け始めている。
しかしテレビ放送は変わらず、台風情報を探すのに苦労する。

もし飛行機が飛ばなくても、遅延対応の保険に入っているので、空港近くのロッテホテルあたりに泊まっても出費はない。
友達も休みを1日余分にとってあるので、問題ないという。

あとは空港で飛ばなかったという証明書だけもらえばいいのだが、友達二人は早く空港まで行き情報を得たいという。
金浦空港にはロッテデパートやロッテマートもあるので、そこでお土産を買ったりと時間はつぶせる。
12時のチェックアウト後、空港へ向かう。
風が強くなっている。やはり台風はソウルへ向かっているのだ。

空港の電子パネル板を見て驚いた。
ほとんどがキャンセルの赤か白の「遅延」。
私たちが乗るJALのところだけ、何も書かれていない。



まず東京を飛び立ち金浦空港に無事到着してくれること、そして飛び立つ頃、台風の影響がないことが条件となろう。
ネットで調べると、東京を飛び立ったとある。しかし「引き返す可能性もある」と条件付き。

大きく切られた窓の外では、大木が倒れるかと思うほどに揺れている。
これでも着陸できるのだろうか?











ソウル 5
景福宮を出るころには、雨も上がっていた。
ホテルへ戻ろうと地下鉄を降り、行きと同じ8番出口から地上にあがってみたら、あれれ景色がまるで違う。
スターバックスがあるはずなのに……。

どうも、うっかり地下鉄の駅を一つ間違えたようだ。
ホテルは、間違った駅からも降りるべきだった駅からもほぼ同じ距離の場所にある。
どちらの駅でもいいんだ!と地図で確認し駅名をin putしておいたのが災いした。
朝4時に家を出てきた疲れもあって、思考に支障をきたしている。

幸いパトカーを発見。しかも路上駐車している前は交番だ。
交番の中に警官がいるのはわかるけれど、ドアが頑丈で動かない。
これはやはりパトカーの警官に聞くようかな?と思って振り返ると、以心伝心?
警官がパトカーから降りてきて、交番のドアを押し開け、丁寧に道を教えてくれた。

やれやれ。


台風が近づいているというのに、ほんのり夕焼け空。
明日も雨の予報なのだけれど……。


ソウル 4
着いた日は荷物をホテルに預け、景福宮へ。
2時からの衛兵交代式を見学したあと、宮の庭を無料日本語ガイド付きでまわる予定。
ところが、ぽつぽつ降りだした雨が、本降りに。
これでは、衛兵交代式は催されない。
明日も、雨の予報なので、2時半からの無料ガイドの宮廷散策へは出かけることに。
それまで雨宿りをかねて、カフェでお茶とお菓子を。

数年ぶりに訪れてみたら、チマチョゴリに身を包んだ女性や時代劇の若様衣装の男性もちらほら。
「京都や川越の街を着物や浴衣で歩いてみよう!」的な。

どのチマチョゴリも、実に美しい。
刺繍といい、色合いといい、ヘアもセットし髪飾りまでつけた人は、そのままドラマに使えそう。

写真を撮ってこなかったのが悔やまれる。
素敵な日本人母娘さんにお聞きすると、髪セットとチマチョゴリで5千円とか。
レンタル時間でも変わるそうな。
また髪飾りの種類やチマ、つまりスカートの下に丸く膨らむようなペチュコートをつけると、数千円アップ。
商売ですからねぇ。そこは……。

もちろん色々な国の人がチマチョゴリで装っていましたよ。
なお、チマチョゴリを着ていると入場料が無料だそうです。
ソウル 3
日韓関係が悪化を極める中、初韓国の友達二人に、知人友人ご親戚ご家族は、一様に「やめた方がいいのでは?」と言ったそうな。
二人の口からも「やめようか?」という言葉が出た。

決め手は、エアーチケットやホテルを探し予約するとき、必ず3人の同意を得て、一番安いキャンセル不可の値段でパソコンのクリックを押したことかな? つまり行かない選択をしても、1円も戻ってこない。
それにネットで調べてみたら、今はウォン安になっていて、政治問題と民間交流は違うともあった。
また韓国在住の友達二人にメールで聞くと、「問題何もないよ、むしろ今がチャンスでは?」

その一言が背中を押し、決行することに。

確かに実際行ってみると、日本を批判するような横断幕や日本製不買運動のシールなどない。
韓国の人々は、誰もが優しく親切に道を教えてくれたり、声をかけてくれた。

友達二人も言っていたけれど、日本の報道がいかに偏っているものか、現地にきてよくわかった。
行かなきゃ分からないこと、行けば見えてくる日本の問題点。
そういう意味でも考えさせられた旅になった。