FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
中国 鉄道
上海駅のチケット売り場には長蛇の列。予めホテルで、列車時刻と番号を調べてメモしておいたので、見せれば簡単に、上海ー杭州ー蘇州ー上海の3泊の鉄道チケットを買えると思っていたら、そうはいかなかった

先ず窓口はいくつもあるのに、英語を使えるのは1箇所のみ。幸いにしてその列に並んでいたので、違う窓口で、英語で話しかけ邪険に追い払われる外国人をお気の毒さまと見つつ、順番を待つ。やっと私の番になり、メモ用紙を見せながらクレジットカードで払いたいというと、あっさり違う番号の窓口で並び直せという。(クレジット専用窓口だ。中国では現金払いが基本だということを、ここでも実感!)
えぇ~? きっと手持ちの現金では足りないに違いない。悔しいが並び直すしかない。

突然隣の列で、言い争いが始まった。勤務時間が終わったのか、客が列を作って並んでいるのに、窓口を封鎖し、係員が席を立ってしまったのだ。直前で拒否された客は係に毒づき、並んでいた人々は怒りを爆発させながら、隣の列へ割り込む。割り込まれた客も、もちろん怒る。あちこちで怒鳴り合いだ。ワァ~これが中国!



ようやく順番が来て例の紙を見せると、明日のチケットしか買えないという。確かに巨大な電子掲示板には3日分の空席情報しか出てない。杭州で連泊しようと思っているので、帰りのチケットは買えないということか
しかも私たちには、現金でという。なぜ? クレジットカードで払うからこの列に並び直したので、現金で払うのなら、最初の列でとっくの昔にチケットを手にできていたはずだ。英語が使えない列なので、理由も聞けない。幸い、杭州までの料金分は持っていたので、何とかチケットはget!
アァ~ これで疲れが倍増した。

杭州で帰りのチケットを、また並んで買わなければならないのか

ところが杭州駅で、驚くべきミスに気づきすることになる。
スポンサーサイト



中国の子育て
今日は全州で連泊し、少しゆとりがあるので、中国旅行のことについて書きますね。

さすがに上海では見かけないが、 杭州や烏鎮で、時々写真のように股をわざわざ割いているズボンをはいている子がいた。オムツが取れたくらいの男の子。

もよおした時に抱え上げてやればズボンを下ろさずとも用が足せるというわけ。
しかしこのくらいの年齢の子は、すぐ尻もちをつく。
やわらかなお尻が傷つかないか、衛生的に問題はないのか、ついつい心配してしまう。




韓国 全州
10時45分麗川駅発のムグファで全州まで約1時間半。ホテルへ荷物を置き、有名な韓屋村へ行く。日曜日なので観光客が多い。2泊するので、人混みを避け明日でも良かったのだが、明日は雨らしいということで今日行くことにした。

ところが日曜ならではの催しが行われていた。
写真は 「武官学校」のテコンドー実演。何重にも観客が取り囲む中で、肩車されて持つ板が、見事に割れる。歓声の嵐だ。



慶基殿の前で、朝鮮時代の官服に身を包んだ警備員と記念撮影。恥ずかしいので、写真をクリックしてもあまり大きくなりません。悪しからず!



殿洞聖堂に入ると、背後2階から突然オルガンの音色とソプラノの透き通る声が聴こえ始めた。聖堂内に響くアベマリア。誰もが驚いて振り返り、声の主を探している。2曲目が始まるやオルガン奏者から指導が入ったので、どうも練習のようだ。しかしあまりの美声にしばし時を忘れ聴き入った。



結婚の記念アルバムのために撮影に来た新郎新婦。
式前に、色んな場所で写真を撮って回る慣習があると聞く。



全州といえば、ビビンバ発祥の地。紹介された店は改装中で行けなかったが、この「韓国館」もオススメ。順番待ちで並ぶほどの人気店。五色を使うのだが、他で食べたビビンバより、何種類もの野菜を使っており、付き合わせも美味しい。これで1人11000ウォン(約800円弱)。


韓国 麗水という港町
私達が泊まっていた東横inは、朝食付いて、1泊1部屋約7万ウォン(2人で5000円強)。
もう1泊釜山に泊まり、対馬の疲れを取ろうと思ったのに満室。然もありなん。
今日は土曜日で、しかも日本のゴールデンウィークの初日。日本からの格安ツアーの常宿になっているようだ。
釜山の街は日本人でごった返している。

そこで長距離バスで、麗水という街まで来た。
勿論、対馬の二の舞を踏まぬよう、ネットでバスターミナルの時刻表を調べ
本数があることを確認しチケットを買ったのだが、バスに乗ると満席。
席は28しかなく(3列なのでゆとりたっぷり)、危なく乗り損ねるところだった。
乗れずとも勿論次のバスはある。

ここは、対馬のように入江が美しい。


ところが万国博覧会が5月12日からということで、市内ではあちこちで道路や歩道橋を突貫工事している。間に合うのだろうか?

万博はまだ始まってないのだから、ホテルも空いているだろうと安易に来てみたら、市内のホテルはどこも満室。
ようやくEXPOのある街から少し離れたところに取れ、ほっ!
ホテルは海岸沿いにあり、潮の香りが懐かしい。
ただここは予算オーバー。1泊15万ウォン。なので、明日は全州に移動し連泊することに。

KTX(高速鉄道)の新しい駅ができ、その前にEXPOの会場が作られていた。





プレでいくつか会館がオープンしているのか、お客さんもいっぱい。
対馬 2日目
朝、7時に朝食を済ませ、7時半に頼んでおいたタクシーに乗り込み烏帽子岳へ向かう。360度見渡せる景観に絶句。



4年前、この景色に圧倒され、でき得るなら再度この場に立ちたいと願って来た。

人為の及ばない深い森林が眼下に広がり、その合間を入り江が縫っている。島民の数より多いという野性の鹿や猪そして山猫達の王国。風もなく、鶯の声だけが峰を渡って行く。

心を吸い取られ20分は経過しただろうか。バスの時間は9時50分。それまでに山を降り、4kmの道を歩いて戻らなければならない。心を残しながら足を運ぶ。





「わたつみ神社」は潮の満ち引きで、3つある鳥居が海に洗われたり、その全姿を見せたりと、景観の変容もまた魅力のところだ。今日は、潮が満ちており、鳥居まで足を踏み入れることは出来なかった。
釜山から対馬へ
平日だし、2社が船を出しており、600人以上乗れるのだから当日券で大丈夫だろうと考えたのが甘かった。

朝、釜山港国際ターミナルへ行くと、1社は完売。もう1社もあわや!

島の北にある港、比田勝へ行く高速船しかなく、しかも翌日は南島の港から戻るのだが、それでも良いか?とスタッフは心配そうに聞く。

まぁレンターカーを乗り捨てればよいかと、乗船。これがまた甘かった!

高速船は初体験。船で酔ったことのない私ですら、気持ち悪くなる。トイレではみんなゲロゲロ。 あとで聞くと今日は、漁船も出ない高波だったとか。

1時間15分で到着。入国審査を終え、レンタカーの会社で、手続きをする段階で、免許証を忘れたことに気づく。路線バスは1日4本のみ。しかも北端から南端の港まで、バス代は1人3150円もする(*^^*) エェ

対馬の見所は、バスでは行けないところが多い。

困り果てた私たちに同情したのか、いやいやそれも甘い考え。実は1人で来たという韓国女性を、借りるはずだったレンタカーに誘っていたのだが、この子が女優のような可愛い人だったことが幸いしたに違いない。

なんとレンタカー屋のご主人が、近くを案内してくれるという。日帰りで来た韓国女性の船が出るまでの約3時間、景観の良い山の上や浜辺、韓国展望所を巡りながら、島の事情など色々聞かせてくれたのです(^_^)




左側の方が村岡自動車JINレンターカーの大山さんです 。感謝! 感謝! 真ん中の方が美人韓国女性。
もし比田勝港にで着いた時は 是非JINレンタカー(0920-86-4309 または 090-5741-0393)に連絡してくださいね。厳原や空港までの乗り捨てにも相談に乗ってくれますよ

韓国女性と別れたあとは、路線バスの旅の始まり。これもまた味があった。夏はマムシが出るから来ない方が良いと私たちに言う小父さんに、小母さんは鹿や猪がマムシ食うからいないと。いゃ、俺は見たんだ! と小父さん。突然運転手が、左に見えるのは、対馬で1番大きな家だと説明してくれたり

路線バスに乗る観光客は少ないのだろう。地元民は1月5000円、韓国からの観光客は乗り放題1000円だそうだ。それだけ韓国からの観光客が多いということだ。
韓国 安東 河回村の春


直接私たちには関係ありませんが、チョット素敵な情景が撮れたら、時々こうして挟んでも良いでしょうか?
この写真は、安東の河回村で見かけた家族です。
無事上海から釜山に戻りました。ブログ再開です。
何故なのか、中国からはブログが開けず、全く記事を書くことができませんでした。
私、何かヤバイこと書いていたのかしら? それで中国公安にひっかかり、シャットアウトされたのかなぁ?
「カルチャーショック」という言葉が刺激しちゃったかな?
その言葉までは入力できているのですからね。

上海を拠点に、杭州、蘇州、烏鎮、周荘を1週間かけて旅してきました。
列車のチケットひとつ買うにも驚きの連続。

その旅のあれこれを少しずつ紹介していきます。お楽しみに。

今日の釜山は雨です。
明日、このホテル(東横イン 釜山)の近くの港から、長崎県の対馬に
渡ってみようと思っています。

今、洗濯機が止まるのを待ちながら、フロント前のパソコンで打っています。

隣のコンビニでビールを買ったので、一杯飲んで、今日はもう寝ます。




周荘
中国1番のオススメ周荘です。




静かに昔のままの時を刻んでいる街でした。
釜山から上海へ
上海でカルチャーショックの洪水に昨日は翻弄されました
小学校の遠足
釜山タワーで見かけた、小学校の遠足ランチ風景。


子供たちが、売店でアイスやお菓子を買って食べるのはok。日本だと、あり得な~い!

赤いシャツが制服のようです。赤を使うのも日本ではなかなか無いですよね?
襟が男女で違うのですが、男の子も赤でした。

こちらで.高校と中学で日本語を教えている友達から、面白い話を聞きました。
授業中の教室へ、突然宅配業者が、ある女子生徒のためにバースデーケーキを届けにノックして入って来たというのです。付き合っている彼からのサプライズだとか。
マンガかドラマか?と思うでしょうが、本当の話です。花束が届いたこともあったそうです。

コメントに感謝!
コメントを寄せて下さった方々へ

ありがとうございます。
コメントを戴いた時にお礼をどう入れるか、まだよく分からず失礼して申し訳ありません。

何か質問がある時は、遠慮なくコメントに書き込んで下さいね〜。
分かる範囲でお答えします。

さっきカルビの値段を0ひとつ多くつけていることに気付きました。すみませんでした。ゼロひとつ違うとえらい差ですよね〜笑青字で大きくし、訂正しておきました。

今日は釜山に移動してきました。急行列車で約2時間弱。運賃は、7200ウォン。500円位です。韓国は交通費が本当に安いんです。東横イン釜山のホテル代も一部屋5700円。1人2850円で、しかも朝食も付いて!wifi環境もよいので、つい夜更かし‥…。そろそろ寝なくっちゃ!
韓食
大邱で友達にご馳走になった韓食
一つひとつ美しく盛り付けられていました
何種類出たか 覚えてないほどです。味ももちろんどれもマシッスムニダ美味しかったです




カボチャのチヂミ

安東
朝7時50分安東駅発のバス で村まで約40分 、 1200ウォンです。バスは安東駅前の道路を渡り、2分くらいのところにあるバス停から、46番です。
駅前のインフォメーションで、時刻表のコピーをくれます。とてもコンパクトに必要なことのみが書かれています。

村の入口でシャトルバスに乗り換えて中まで入るらしいのですが、まだ早いので、「乗ったままで」と、降りようとする私達の袖を引いてくれる人がいました 。おかげで入村料も要らず、乗り換える手間もなく、一番奥まで行くことが出来ました。朝早く行くと観光客もほとんどいないし、オススメです。


河回村の全景。
この写真は対岸の山の上から撮っています。舟で川を渡り、山を登って…。おかげで今ひどい筋肉痛です。


御神木です。




初めまして! チョット恥ずかしいのですが、 ブログの拙文を綴っている 私です

写真をクリックすると、大きくなりますが、私のは小さいままです。モザイクをかけたいくらいなので、ご容赦を!
カルビ


安東駅近くの店でカルビを食べました。何と1人分が200gのを3人分も。
でもたった14000ウォン。 1100円位です。。肉は軟らかいし、味も良くしみて美味しかったです。

ところがホテルへの帰り道、500mlとツマミを買ったら、ナント8000ウォン
ツマミって、コンビニサイズのピーナッツですよ

フェスティバル

色とりどりのチマチョゴリを着て演奏する子どもたち。



普門湖のほとりの公園で、フェスティバルが開催されていました。審査員もいますし、TV局の撮影スタッフもスタンバイしています。大会のようです。昨日の雨がウソのような陽気に子どもたちの澄んだ声が響き渡ります。
仏国寺の春







昨日の雨でが散り始め、土曜日ということもあり、続々行楽客がやってきます。
私達は朝早く出てきたので、仏国寺に着いた時には、まだひっそりしていました。
慶州をサイクリング

昨日サイクリングで市内を周りました。今日は午後から雨。さっきパソコンからアップしたばかりですが、iphoneでwifiをキャッチできたので急ぎ、写真をupします。
慶州の桜
wifi環境が、日本よりずっと進んでいると聞いていたのですが、
慶州ではあまり‥のようで 写真をなぜかupできません。

今、ホテルのPCから書いています。

慶州は予想通り、桜が満開でした。何キロも並木が続きます。しかも縦横に。
場所によっては、3列。中央分離帯にも
のみが、慶州の街を延々淡いピンク色で行けども行けども包んでいるのです。
もちろん韓国でもを愛で、車を路上駐車して、写真を撮る人を多く見かけます。
しかし提灯も花見で座り込む人もいません。

一見の価値あり!おすすめです。


ソウルで初民宿体験
fc2blog_20120411152020bc6.jpg
羽田国際空港から無事韓国へ着きました。
fc2blog_20120411215754016.jpg

ちょっと写真、ぼけちゃいました。私の撮影です。
右手に灯りがついている部屋がそれぞれの個室です。
トイレとシャワーは共同。コの字型に部屋があり、真中にコミュニティの場があります。
とても素敵
フレンドハウス 続き

とても味わいのある民宿なのですが、トイレとシャワーが狭い一部屋にあるんです。
確かにホテルも同じなのですが、カーテンがあってシャワーの水はトイレの床をぬらさないようになっていますが、ここはシャワーを使うと、便座も床もぐしょぐしょになってしまうんです。

オンドルの効いた部屋でのちょっと薄めの敷布団も思ったより、快適でしたし、
また機会があれば、利用したいような、でもちょっとトイレとシャワーが‥‥。


時計 
春から社会人になった愚息の部屋に、大きな目覚まし時計がありました。
買ったのか…、いや?この大きさなので、誰かからのかもしれません。

譎りィ・convert_20120407084243

「早く、起きなさい!」「あと5分よ!」「遅れるわよ!」」「早くしなさい!」
もしかしたら、小言のNo1は、これでしょうか?
返ってくる言葉は、「うるさいなぁ~」「分かってるよ!

とすると、このやりとりをしなくても良くなれば、親も楽ですよねぇ~。

そこで、我が家では至る所に時計を置き、時間の管理を本人に任せることにしました。
トイレ、洗面所、玄関、廊下、ともかく「今何時だろう?」と思うとき、振り返れば時計がある!

「楽に子育て」するコツは、小言を少なくするため、工夫する!」ということじゃないかなぁ

「起きなくて大丈夫なの?」と声かけると、
「わぁ~、大変。起こしてくれてありがとう!」と感謝されると、うれしいですよ~。

この、自分で起きるように仕向ける工夫については、またそのうちにご紹介しますね
出かける前から、もうミスとは! 
なんと!「フレンドハウスⅠ」の予約を、1月に取っていたことが判明。というのは、あのの後、1週間前ということで予約確認メールが届いたのです。

ところがそこには、1部屋7万ウォンとある。 
え? 待てよ! アジョッシは確かに9万ウォンと言った……どうなってんだぁ

分からないとき、不安なときは すぐ確認

すると、アジョッシ曰く、「うちはフレンドハウスホテルだよ、ホ・テ・ル」 

ホテルですって? 泊まりたかったのは民宿……。ということは……。

危ない!危ない! もし確認メールが届かなければ、来週、ソウルの街を右往左往するところだった

やはりは恐いねぇ~。
いつもホテルを取るときは、agoda や booking.com ソウルナビ などのサイトから予約しています。確認書が送信されてくるので、住所なども確認でき、今までこんな間違いをしたことはありませんでした。

初民宿ということでを使ったのが失敗でした。

え? がまずかったのではなく、電話番号を間違った私が悪いですって?
確かに!慎重の上にも慎重を期さないとねぇ。何せおっちょこちょいの性格ですからね。
以後気をつけます! はい
韓国のホテルを予約
来週の水曜日に韓国へ出発するのに、まだ1泊目のホテルを押さえていないことが判明。

「近づいたらもう一度電話してね」と言った民宿のアジュモニ(おばちゃん)の声を鮮明に覚えているのに、電話してみたら、アジョッシ(おじさん)が、予約してないよって。えぇそんなぁ~

ソウル市内の民宿で、人気が高い「フレンズハウスⅠ」。ダメか!と思いきや、幸い1泊なら空いているということで、になり、ほっ!(笑)。 

翌朝は、桜が満開のはずの慶州へ。ここは桜の名所なので、2月のうちにホテルを取りました。ちょっと高いけど、まぁ時期的に仕方ありません。湖畔の「コモドホテル」です。

旅の最後はソウルで4泊する予定です。連泊ということもあり、今日、念のためレジデンスも予約しました。地下鉄新村駅1分の「新村カサビルレジデンス」です。1泊2人で7200円。キッチンも洗濯機も付いてます。

ちなみに、電話での予約は、もちろん日本語ですよ~。

飲み物
定年退職ということで、皆様方からお花や日本酒やウィスキーなど、数々のプレゼントをいただきました。
ありがたいことです。


昔の復刻酒 縮小

写真は群馬の永井酒造さんのお酒で、説明書きに

「昭和中期のひと昔前に、一級酒、二級酒の更に上質なお酒に特級酒というランクがございました。これは、その当時大吟醸造りの酒と普通酒を巧妙にブレンドされ出荷していました。年間数量に限りがあり…略…」

とあります。ながいので、この後を簡単に言いますと、平成元年に出荷できなくなっていたものを復刻したものだそうです。味わいながらいただきます! 感謝!感謝!

ところで先日飲み会の席で、こんな話を聞きました。

 大人は料理に合わせてワインやお酒を飲み、食べ物以外に飲む楽しみも味わうけど、子どもはで十分! 
 美味しい物はまず大人が。子ども達には「自分で稼ぐようになれば、こんな悦楽を得られるのよ!」 と躾けてきた、と。

その場にいた人たちからは、「あぁ~!もっと早く聞きたかったぁ。子育て終わっちゃったもの」と、同感とため息の入り交じった声が……。

「ハングリーな気持ち」を、どうやって持たせるか! これもコツの一つですよね