FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
カンガルーケア 12 母乳との関係
推進派が挙げる効果は、すでに紹介した。

  母乳率の向上 母乳期間延長の有効性

Righardら(1990年)による出生直後の「カンガルーケア」を推奨する報告例として

出生直後から母親のおなかの上に児を抱かせて観察していると、児は平均20分後には自力で手足を動かして母親の乳房にむかって動き始め、出生後平均約50分後には乳房にたどり着いて乳首を吸っていた。

そんな馬鹿な! まぁ百歩譲って、世界にはそういう子もいるかもしれない、という程度では? もしどの子も出生後すぐにこうした行動を取るとしたら、TVや雑誌で紹介され大騒ぎのはず。

カンガルーケアすれば、母乳率が上がる?
2人の子を産んだ私の経験からしても、出産直後に母乳が出ることは稀。ただ出産前に出始める人もいるので、皆無ではない。しかしほとんどのママは、特に初産の場合、母乳が出始めるまでに歯を食いしばる程の痛みを経験する。

なのに「母乳率」とはどういうことなのか? カンガルケアー否定論の久保田医師の説明にも「完全母乳の問題点」とあった。

万座で
スポンサーサイト



テーマ:初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル:育児

カンガルーケア 11 低温による危険
カンガルーケア不要論の説明を続けよう。

胎児でいるとき、母親の子宮内は38度くらい。ところが分娩室は26度前後。この温度差で赤ちゃんは「寒冷刺激」を受ける。そしてこれが抹消血管を収縮させるという。

この「寒冷刺激」で肺の末梢血管が拡張しないと、肺高血圧症を引き起こし、チアノーゼや低酸素血症になるそうだ。

うん? 待てよ、確か推進派のコメントに( )付きでカンガルーケアには体温保持効果がある、と書いてあったのでは?

しかし元々カンガルーケアは、保育器も不足している後進国、しかも低体重児を対象としていた取り組みだったから、母親の肌と接触させることで体温を保持という説は、その条件なら理解できる。

ただ先進国の、空調が効きすぎている分娩室で肌と肌をすりあわせ時間をかけて温めるより、産湯で身体を温め、しっかり服を着せて、赤ちゃんにとって適度な室温の保育室で保護する方が良いと素人の私も思う。

また推進派は、カンガルーケアの効果に母乳率を挙げている。不要論派は、この完全母乳へのこだわりが危険だと述べる。

万座温泉で
カンガルーケア 10 不要論 1
今日から、カンガルケアーは危険!と警告している側の意見を紹介しよう。

福岡県の産婦人科医久保田史郎氏は、HP「カンガルーケアに注意」でその短所についてこう述べている。(要約)

・児の全身状態(呼吸・色・筋緊張度)の観察が出来ない。
・児の体位がうつ伏せ寝のため窒息を起こし易い。
・分娩室は寒いので、体温が下降し、血管が収縮、呼吸循環動態の不安定を促進する。
・長時間のカンガルーケアと完全母乳の組み合わせは、「低体温症⇔低血糖症」の悪循環を形成する。


お産で疲れ切り、分娩室で仰向けに寝ている母親の胸にうつぶせで置かれたら、窒息の可能性があることは素人の私にも理解できる。しかも1時間~2時間もじゃ母親とて緊張感が失せるのも当然。

また母親のお腹から出て来た赤ちゃんには、26~27度の室温ではさぞかし寒いだろう。しかも、子宮を早く元に戻すため母親のお腹にアイスノンを置く病院も多いとか。もし赤ちゃんに触れるようなことがあれば……おぉ恐い!

完全母乳、低体温症、低血糖症とはどういうことか? 
もう少し引用してみよう。

またピンボケですみません。万座温泉で見つけた花。
カンガルーケア 9 産湯がなくなった
ただ母子関係を築くためというのでは不足と考えたのか、いくつかその効果が挙げられている。

児の啼泣時間の短縮効果 母乳率の向上 母乳期間延長の有効性 

その後に、下記のように(  )に入れ書かれていた
(その他、児の血糖の安定化や体温保持効果、児の啼泣時間の短縮効果、呼吸・循環が比較的安定など)

しかし素人にはよく分からない。

・「母乳率」がなぜ突然出てくるのか? 
・泣く時間の短縮、保温保持……、確かに、36.5度もあるお腹から、室温26度に裸で飛び出せば、寒いに違いない。だから温かい産湯で…と思うが、今のお産には産湯は使わないらしい。拭くだけだそうだ。 

満開のベルフラワー
カンガルーケア 8 正期産の場合
日本で、出産直後のカンガルーケアが正期産母子に広がったのは、2000年以降だという。
「カンガルーケア・ガイドラインワーキンググループ」が作成したガイドラインには、こう書いてある。

日本ではカンガルーケアは救命のために必須のものではありません。目的が母子関係の強化、確立である以上、児にとって安全であることが何よりも求められます。私たちはカンガルーケアが多くの実りをもたらしてくれることを実感しており、この素晴らしいケアを大切に育てていきたいと考えています。

母子関係の強化・確立……そうなんだ! やはり低体重児と目的は同じ。
ならば、出産直後に行う必要性はないのでは? 

バジルの花。どうも私が撮影するとピンぼけになるなぁ。
カンガルーケア 7 そこまでして継続する?
昨日の続き……

カンガルーケア中の母親が睡魔に襲われても、児の急変に対処できるよう、機械によるモニタリングをしつつ、スタッフが目視による観察をしそれを観察票に書き込むのがよい。

と話合われたという。

しかも、新生児室のカンガルーケアと区別するために、正期産児へのケアについては「早期母子接触」と名称を変更することが同ワークショップで提案されたとか。

あぁ、それで8/13の新聞報道「カンガルーケアと呼ばないで」なのかぁ。

しかし他の妊婦が産気づき、お産が重なり医療スタッフがバタバタということもあろうに、それでも誰かスタッフがずっと付き添っているの? 1時間も2時間も? ただでさえ医療スタッフが不足していると問題になっているのに???

なぜそこまでして正期産児にカンガルーケアを続けるのだろう? 

これは、昨日撮影したかすみ草。でも7/13のブログでも掲載しました。つまり1か月以上咲き続けているんです。春のイメージがあり、暑さに弱い花と思っていましたが、見かけによらず強いですねぇ!
カンガルーケア 6 そんなに長時間も?
完全母乳・カンガルーケアのため脳障害を受けた患者・家族の会のHPに、7/8~10埼玉県で開かれた第48回日本周産期・新生児医学会の記事が掲載されている。

出生直後の母子接触についてのワークショップ「Skin to Skin ケア」の報告である。

富山県立中央病院小児科の山口由美氏らが、自院で、出産直後から最大120分までの母子接触の観察を457組行ったところ、最後までケア継続できたのは442組いたとのこと。なお出生平均体重は3001㌘。

母親の覚醒状態を調べると、ケア開始30分までは95%以上が覚醒していたが、60分時点で傾眠傾向が増加し始め、90分時点では15%近い母親がうとうと、または睡眠状態になった。

出生後60~120分の時間帯はより注意が必要だ。

と書かれていた。

正直なところ驚きを通り越して、唖然とした。
出産直後のカンガルーケアって、数分間じゃないんだ

そりゃぁ~眠たくもなるでしょう。体力も気力もすべて使い果たすのですもの。



日々草
カンガルーケア 5 低体重児だから…
 昨日紹介した文章を「論文」と記載しましたが、「論文」じゃないですね。説明に使われた資料というところでしょうか。失礼しました。(既に訂正しました)

その鈴木俊治氏のカンガルーケアの説明資料によると、

途上国では…… 
母親の体温による極低体重児の救命効果が大きい。

先進国では……
高度医療技術により、極低体重児と母親が切り離されることでの分離感や不満足感を軽減し、親子の愛着形成を促進させる意味合いで実施しはじめた。

という。

これなら理解できる。

しかし、体重が低いわけでもない赤ちゃんに、しかも出産直後の疲れ果てた母子に、カンガルーケアの必要があるのだろうか。

だって効果ありの極低体重児だって、生まれたらまず保育器で生命保持し、安定してからカンガルーケアで母子の愛着形成を図るってこと……でしょ? 


先月の7/8~10に開かれた「第48回日本周産期・新生児医学会」での報告が興味深い。

ベルフラワー
カンガルーケア 4 低体重児を対象とする理由
なぜ低体重児に対し有益なのか調べているうちに、ある資料を見つけた。今年の1月18日日本産婦人科医会で発表された「出生直後におこなう『カンガルーケア』について」だ。日本産婦人科医会幹事(葛飾赤十字産院副院長)鈴木俊治氏が、非常に分かりやすくまとめている。PDFだがネットでタイトルを入力すれば、検索は可能だ。

長いので要約しながら紹介するが、ぜひ実際の論文を見て欲しい。

カンガルーケアの歴史
始めたのは、1979年、南米コロンビア、年間11.000分娩を扱う首都ボゴタ最大の産科病院。当時経済経済危機のため、新生児医療予算がなく、新生児治療室は常に定員オーバー、器材不足、スタッフ不足の状態で、1つの保育器に2~3人の新生児を同時に収容することも珍しくなかった。そのため交差感染の頻度が高く、感染による新生児死亡が多数という状況にあった。またこれらの患者は、早期の母子分離によって母子の愛着形成ができず、養育遺棄の頻度が高かった。

ところが……
・出生体重1500g未満の極低出生体重児を数日間保育器に収容。
・酸素投与が不要で一般状態が改善したところ(おおよそ修正週数32週)で、オムツを1枚つけただけの格好で、母親の乳房の間に立位で抱かせ、その上から衣服を着せて、保温と母乳哺育を行うケアに移行した。
• 児の状態が安定すれば、体重に関係なく退院させ院内感染から隔離した。
• 原則、母乳栄養のみ(不足時はグアバジュースで補う)。
• ユニセフの援助によって平日午前中のクリニックを開設し、退院直後は週2回健診し、成長と共に受診回数を減らしていった(母親が心配なときは何時でも受診可)。
• 2ヶ月目に、百日咳、ジフテリア、破傷風、ポリオワクチンを接種した。

上記の対応をしたところ、低出生体重児の死亡率の低下と養育遺棄が減少した。

しかし、Whitelaw A, Sleath K: Lancet 1985の結論は

 カンガルーケアは、先進国の極低出生体重児の死亡率や感染率の改善には寄与しないであろう。

とある。

確かに、先に挙げた対応を見れば、死亡率や感染率の低下はカンガルーケアだけに因るものでないことは明らかだ。

それでも先進国でカンガルーケアは広まっていった。
なぜなら、カンガルーケアによって極低出生体重児の体温は安定し、母親と児はとてもリラックスした状態となり、NICU環境でストレスの多かった家族においての愛着形成に有効であると考えられたからだ。
 
睡蓮とハスは違うよと、友達が教えてくれました。ブログに掲載した3枚は全て睡蓮でした。茎が水面から高く伸びているのがハスだそうです。
カンガルケアー 3 事故例
倉敷中央病院の渡部晋一医師は、NICU(新生児集中治療室)に緊急搬送されてきたカンガルーケア中に急変した赤ちゃんを、2005年以降3回経験したと、カンガルーケアって危ないの?というサイトに書かれている。そのうち2人は、命は助かったが(2010年現在で)呼びかけに反応がないままだという。(2010年4月4日更新記事)

記憶に新しいところでは、昨年10月26日に名古屋大学医学部付属病院が、2009年8月に起きたカンガルーケアでの事故を発表し、新聞やテレビで報道された。

生まれたばかりの赤ちゃんを母親の胸に肌を密着させ抱かせるカンガルーケアは、1970年代に南米コロンビアで、低出生体重児に対する保育器不足に対して開始されたという。その後1980年代頃から欧米、日本では1990年代より新生児集中治療室(NICU)の中で行われるようになったそうだ。

なぜ低出生体重児に対して開始されたのか。そこに推進派の根拠があるにちがいない。

蓮 紫 縮小

紫のスイレン 
カンガルーケア2  被害者の家族会が発足
仕事がようやく小休止できそうなので、ブログ再開です! 離乳について書いている途中ですが、先に「カンガルーケアの危険性」のことをまとめておこうと思います。

昨年の11月26日に福岡で「出産直後のカンガルーケア・完全母乳等のため脳障害を受けた新生児を抱える『患者・家族の会』」が発足した。会が発足すると聞き、私も同席させてもらうべく福岡へ飛んだ。

参加したのは長崎・福岡・宮崎・大阪・愛媛で出産した6家族。遠くは神奈川からも脳障害を負ったお子さんと共に参加していたご夫婦や闘病の果てに亡くなった「こうたろう」君のご両親の姿もあった。詳しくは『がんばれ こうたろう』のホームページを参照してほしい。青字をクリックするとHPに飛ぶことができます

4家族が病院に対し損害賠償を提訴をし、そのうち1家族は国の指導に問題ありと国相手に闘っている。

先日の新聞記事の通り、ようやく国が動き出したようだが、なぜカンガルーケアがこれほどまでに広がり、被害が出ているのに放置されてきたのか。背景に離乳問題と同じ考えがあることが原因の1つと思われる。

それは……

 母が子とできるだけ長く接触すれば、母性が培われ、子は母の愛情をたっぷり得てまっすぐに育つはず!

ということだ。母が子を抱く。母が子に母乳を与える。勿論そこに何ら問題はない。しかし子が命を落とす、また脳障害を起こす危険性があるにも関わらず、生まれてすぐの子を母親に抱かせ続ける必要性があるのか? 

カンガルーケアを推進してきた理由や背景などについて、また危険性を訴え続けてきた医師の考えを紹介していこう。




ハスではなく、睡蓮
カンガルーケアの危険性
8月13日(月曜)の朝日新聞1面に次の記事が出ていた。この件については、前にも書いたように、離乳の話が終わったら、少し丁寧に書きたいと思っている。

赤ちゃんを出産直後に母親が抱っこする「カンガルーケア」について、日本周産期・新生児医学会は、呼び方を「早期母子接触」に変えるとの案をまとめた。事故も起きており、「安全」とのイメージをふっしょくするためだ。ケア中は赤ちゃんに異常がないか、医療者がモニターなどで観察し、リスクも事前に説明、同意を得ることも、お産現場に提案していく。

 カンガルーケアは国内では1990年代、母子関係を深めるために、早産などで新生児集中治療室(NICU)に入院中の赤ちゃんで始まった。最近は、早産でなくても、出産直後の赤ちゃんに広まった。ただ、生まれた直後は体調が急変しやすく、ケアの有無にかかわらず、脳障害や死亡につながることもある。

 国立成育医療研究センターの久保隆彦さんらの調査(2010年)では、お産ができる全国585施設の6割がケアを行い、21件の急変例が報告された。急変を早期発見できるよう、赤ちゃんの酸素濃度などを観察している施設は半数以下だった。



ごめんなさい!
今ちょっと仕事が忙しくて。1週間ほど休みます。卒乳、断乳の話はまだ入口です。

離乳 10 離乳食の開始時期
第1回「授乳と離乳の支援ガイド」策定会議では、完全母乳が望ましい期間をどう指導しているか、先進国の推進運動期間の例がいくつか紹介されている。

   イギリス 生後6か月間
   カナダ  生後4か月間
   アメリカ 生後4か月間
   カナダ  生後4か月間

しかし終了時期についてはどの国も記していないと報告されている。完全母乳ということなので、離乳食が始まる時期ということだろうか。

では日本の離乳食は平均して何か月くらいからなのか、厚生労働省が10年毎に行っている調査結果(2006年公表)をもとに棒グラフを作ってみた。グラフで明らかなように生後4か月から始まっていた離乳食が、20年の間に1か月遅くなっている。

離乳食開始時期

離乳 9 長期母乳のリスク その2
2006年8月4日付けの共同通信記事に、長期母乳によるリスクについて研究報告が出ている。

 生後6か月までの赤ちゃんに対する母乳育児は、ぜんそくやアトピー性皮膚炎などのアレルギー予防に効果があるとされるが、それ以上長期にわたると、逆効果になる傾向があることが、フィンランドの専門病院の研究で分かった。

 3日付けの英科学誌「ニューサイエンティスト」が伝えた。同誌によると、ヘルシンキの病院が新生児の母親200人にできるだけ長く母乳育児を継続するよう依頼。母乳を与えた期間と子どものアレルギーの関連性を20年間にわたり調査した。

 その結果、生後9か月以上母乳だけを与えられた子どもはアレルギーを持つ傾向が高いことが判明。アレルギーの家系の子どもを5歳の時点で比較すると、9か月以上母乳で育った子どもの56%がアレルギーを持っていたのに対し、2~6か月間母乳育児された子どもは20%にとどまった。


この翌年2007年3/14に『授乳・離乳の支援ガイド』が厚生労働省から出ている。長期母乳を勧める文言は無い。


ぼけてる~ 中国韓国旅行以降、シャッターを切っているのは私です。
撮影は万座温泉で。花の名前は??

離乳 8 長期母乳のリスク
2007年「授乳と離乳の支援ガイド」策定第3回研究会(厚生労働省)で、小児科医師(委員)がこう発言している。

 母乳をいつまで続けるかは非常に議論されるところで、……省略……開発途上国ではできるだけ長く続けるということですが、日本や欧米も含め、ある程度栄養が足りて衛生状態もいい国ではどこまで続けるのかということはまだ結論が出ていない。

 栄養の面でのオピニオンリーダーであるイギリスのアラン・ルーカスのスタディが2003年に出ていますけれども、実は母乳栄養を長く続けた方が20歳の時点での動脈硬化指数は高いのです。これはかなりショッキングな話です。動物実験でも似たようなデータがあります。4か月から5か月頃までの推奨はいろいろな面でいいのですが、その後どこまで続けるかというのは、先進国と開発途上国とを分けて考えなければならず、さらに今ご紹介したようなデータもあるということです。


 「開発途上国」で、できるだけ長く母乳授乳を続けた方がよいという理由については、そのうちまとめようと思っている。その前にもう一つ長期母乳による逆効果の研究報告(フィンランド)を、2006年の共同通信に見つけたので、紹介しよう。

万座温泉で
離乳 7 フランスからの情報
1週間ほど空いてしまいました。どんな話だったかというと……

30年近く前は、離乳には厳しい指導が普通だった。

  2歳すぎてもお乳をしゃぶっているというのは、スキンシップの悪い面が
  あらわれて、親子関係がウェットになってしまっているのではないか。

                           (1978年『ベビー エイジ』)

ところが2002年「母子手帳」から離乳という字が消え……

  Q 平成14年からは、母子手帳からも「断乳」という言葉が消えました。
これはなぜ?
  A 2才近くなってもおっぱいが取れない子、これまでにもたくさんいました。
   そういう現実が公に認められたということ。とつぜん‘2才まではおっぱい
   吸っている方がいい’という説が出て来たわけではないんですよ。
   まだおっぱいを吸っていてもはずかしいことじゃないって、口に出して言える
   時代になったということですね。

       (「gooベビー」http://baby.goo.ne.jp/member/ikuji/milk/4/02.html)

というように、流れが大きく変わった。しかしこのサイトで回答しているように、「公に認められた」と言い切っていいのかな~?

厚生労働省が出している「授乳と離乳の支援ガイド」には、「離乳完了時期は12か月から18か月」とある。
このガイド作成過程の会議録は、なかなか興味深い。抜粋して紹介しよう!

PS 先日フランスからメールが届きました。ネットを見ると、「1歳になるのに、まだ卒乳できない」と悩んでいる投書があり、フランスでは6か月から1歳が卒乳の目安ではないか、というのです。フムフム……


万座で見かけたコマクサ
万座温泉
韓国から友達が来日し、我が家に3泊。草津経由して、万座温泉へ行って来ました。草津は観光客でいっぱいでしたが、万座はガラガラ。気温も22度。雄大な景色を見ながらの露天風呂は最高!オススメです。