FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
離乳 17 長期母乳の落とし穴 3
「子どもから離れるまで、いつまでも、どこでも、いつでも」と言われると、長期戦でもあり、どうしても反射的・受動的になる。だから、子どもの変化に気づきにくい。

というのは、2004年に翻訳された『月別の産後一年間子育て事典』 (Arlene Eisenberg, Heidi E Murkoff,Sandee E Hathaway)によると、子どもが離乳しようとする時期は「ある」そうだ。そのタイミングを見逃さず、子どもの背中を押してやると、すんなり離乳できるという。それは生後9か月~12か月で、18か月を超えると子どもから離乳することは難しいそうだ。

ところが前にも書いたように、多くの母乳指導は「2歳以降も続けていいと、ユニセフやWHOは言っているよ!」だ。
こう言われると、生後9か月~12か月頃は、ただただ求められれば与えるという無意識行為真っ最中。子どもの変化を見落すのも無理はない。

カンガルーケア・完全母乳・長期母乳などの問題点、および子どもが離乳しようとするときの気配、様子については、『母乳指導の誤算』(青簡舎)をご覧ください。

コスモス s


明日から1週間、また「離乳」はお休みします。小旅行で中部・北陸を回ってきます。何か面白い情報があれば、お知らせしますね。
スポンサーサイト



離乳 長期母乳の落とし穴 2
長期母乳…「子どもが欲しがれば、いつでも、どこでも、いつまでも」という指導。

いつでも…昼間も夜中も食前も食後も関係なく
どこでも…家の中ならまだしも、公園でも電車の中でも、人前でも関係なく
いつまでも…2歳でも5歳でも10歳でも、子どもが自分から離れるときまで

求めればいつでも与えられるということで、子どもは安心感を持つのだという。

しかし母乳?いやおっぱいをくわえさせなくても、しっかり抱きしめてあげれば、十分安心感は与えられるはず。

この長期母乳指導には、子どもを躾けるという視点がなく、母親として育つ機会も失わせ、ややもすれば子に隷属する母親を生みかねない。

リンク誰にでもわかる赤ちゃん大好きのブロガーさんも書いているように、産婦人科で躾けられた授乳と睡眠のリズムを守れば、赤ちゃんは自ずと学習する。いつでもどこでも欲しがって、ママたちを睡眠不足にしたり、人前で恥ずかしい思いをさせたりはしない。子育ては、ママの我慢と努力を毎日毎晩いつもいつも必要とするわけではない。
離乳 長期母乳の落とし穴 1
子どもから離れるまでという長期母乳が、なぜこれほど指示されるのか? 

「だってユニセフやWHOがそれを推奨しているんだもの」という。

確かに「カンガルーケア」や「完全母乳」でも触れたように、2002年に世界保健総会で「2年以上の母乳育児の継続」を提唱した。それを引き合いに出している本や雑誌、ネットでのQ&Aをよく見かける。

しかしそれが後進国に向けた提唱であることには触れていない。

前にも書いたが、衛生状況の悪い地域では、汚染された水を使わず母乳を続けることで児を感染症から守ることができ、そしてコンドームが行き渡らない所での多産も防げるという利点がある。つまり後進国では、子も母も長期母乳育児によって守ることができるわけだ。

では先進国日本ではどうなのか? 上記の理由を挙げても誰も賛同しない。だからユニセフやWHOの名前と「2年以上……」の文言は出すけど、「母子愛着」という点で、長期母乳育児を推奨している。

う~ん、どうもねじれている。
本当に長期母乳育児が、母と子に良いのか? いやいや長期母乳育児で苦しんでいる母子は少なくない。

離乳 14 「完全母乳」を整理し考えると‥
「日本母乳の会」の、授乳を通して育児力を引き出しサポートするという理念は、間違ってない。

ただ「今の子どもたちの社会現象を含めて」と言われると、母親が完全母乳で長く与え続けば、今ある子ども達の問題は起きないと捉えているようにも聞こえてしまう。母親の責任が重大だと押しつけられているようだ。

医療関係者が「完全母乳」という言葉を使っているのは、下記の2段階だと思う。

1、出生直後 
 これは、カンガルーケアの時にも書いたが、衛生状況の悪い国で汚染された水を使う危険性を回避するには、何としても母乳だけで育てることが必須だからユニセフやWHOが提唱しているわけで、日本でそれに固執する必要はない。生まれてすぐ糖水を与えると母乳を飲まなくなるわけでもなかろうに。まして低血糖症になる可能性もあるとも聞くと、この時点で母乳だけに拘る意味が分からない。母親の責任感を引き出すために、完全母乳?? 


2、出生後4~5か月頃まで (4~5か月としたのは、諸外国の指導例による)
 助産師さんたちの母乳指導で母乳が出るようになれば、完全母乳を目指して頑張りたい。でも頑張りたくとも出ないママもいる。人工乳の品質は格段に良くなっていると聞く。引け目を感じることなく医療関係者に相談しながら使えばよい。ミルクを飲ませている間、児を愛おしく抱き話しかけてあげれば、それで母子の愛着は十分。

「完全母乳率」という数値に拘らず、理念の通り、母子の育ちを授乳(ミルクも含めた)を通しうまく引き出す援助活動をぜひお願いしたい。

離乳 13 日本母乳の会の矛盾 続き
2006年11月に開かれた厚生労働省の「授乳と離乳の支援ガイド」策定に関する研究会にも「日本母乳の会」の運営委員が参加し、こう意見を述べている。

最初は特に感染症で亡くなる子どもを助けようということから母乳育児の啓蒙が進められたのですけれども、わが国では少し様相が違って、今の子どもたちの社会現象なども含めて、育児を重要視しています。

授乳を通して母親のエンパワーメント、いわゆる育児力を引き出し、サポートしていこうということが一つの大きなポイントです。

さらに、母乳で育てられない母親ももちろんおられますから、こういう人たちをも含めて、どう育児力をサポートしていくかも大きな目的にしています。


これを読んでも、WHOやユニセフの活動趣旨と衛生面での問題を抱えていない日本の状況を明確に捉えていると言える。しかしながら、あちこちでWHOやユニセフの文言を使って、完全母乳や長期母乳を呼びかけているのも事実。「今の子どもたちの社会現象なども含めて」「育児力を引き出す」ために……。

これ、ねじれてると思うんだけど……。

離乳 12 「日本母乳の会」の矛盾点
「日本母乳の会」という一般社団法人は、そのHPでこう記している。

本来、WHO・ユニセフが発展途上国での乳児死亡率減少や栄養失調の改善を目的に開始した運動であるので、母乳のもつ免疫学的、栄養学的な視点が主体でありました。しかし日本母乳の会では、当初から母子や家族関係の構築を基本にした育児支援の視点から取り組んでおります。母乳育児こそ育児の根底であり、母子や家族の関係構築の基本になると思うからであります。

これを読むと、WHO・ユニセフが後進国を対象として児の生命保持のために活動していることを理解した上で、それとは異なる目的で母乳育児を勧めようとしている団体ということが分かる。

ところが同会の『卒乳 おっぱいはいつまで』の冊子 には、世界の傾向として次の文章を掲載している。

2002年第55回世界保健総会では「乳幼児の栄養に関する世界的な運動戦略」が採択され「6か月の完全母乳の推進と2年以上の母乳育児の継続」がすすめられています。

これでは、WHOが後進国に限らず長期母乳育児を勧めているのだと、誤解を与えかねない。

紫式部
離乳 11 離乳食の開始が遅れた理由
8/6に「離乳 10 離乳食の開始時期」を書いてから、はや40日以上も経過してしまった。(青字をクリックすると、その記事に飛べる) この20年間で離乳食の開始時期が遅くなったというところで、カンガルーケアに話題を移してしまったせいだ。話を戻し進めよう。

実は、これにもWHO・ユニセフによる「母乳育児を成功させるための十か条」の
  6 医学的に必要がない限り、新生児には母乳以外の栄養や水分を与えないようにしましょう
が影響している。

さらに2008年10月のWHO・ユニセフのGeneva報告書には
  「子どもの生存と成長・発達を考えると、特に生後6か月間、母親の母乳だけで乳児を育てることが最良であること、そして2歳以上も続ける方がよい」
と記載されている。
 
注意したいのは、1989年の「母乳育児を成功させるための十か条」では、「新生児には母乳だけで」という記述が、2008年の報告書には「生後6カ月間」「2歳以上も続ける方がよい」と拡大している点だ。なお新生児期とは、WHOの定義によると、生後4週間までを言う。

こうしたWHO・ユニセフの活動が後進国に向けられたものであることは、前にも紹介した。

しかしWHO・ユニセフの「母乳だけで6か月まで」「2歳以上も続ける方がよい」という提言は、その言葉だけで独り歩きしていく。

この「母乳育児を成功させるための十か条」の第6条を全面に打ち出し、完全母乳や長期母乳を推奨している記述を、あちこちで目にする。これが離乳食開始時期の遅れにつながっている。

右のフリーエリアに、拙著『母性教育の歪み』と『母乳指導の誤算』「韓国語漢字でGO!語!」アプリを恥ずかしながら掲載致しました。これで、この拙文の書き主の名も素性もすっかりばれちゃいますね。美人芸能人と名前は同音ですが、漢字が違い、感じも年齢もあらゆる面で全く違います

あるとき最近のママさんたちが2歳児くらいまでの子育てで必要以上の苦労をしていることを知り、あれこれ調べたことを本にしました。ここに、ブログのネタがあるので、こうして書き続けられるのです。でもブログでは詳しく説明できません。本は
青簡舎へ直接申し込まれても、amazonnでもお求めになることができます。『母乳指導の誤算』の方が、読みやすいです。『母性教育の歪み』は、アンケート分析データを入れたので、かなりカタ~イ内容になっています。興味のある方は、本もお読みいただけるとありがたいです
カンガルーケア 20
久保隆彦医長(国立成育医療研究センター産科)が、7月に開かれた第48回学会学術集会で発表した内容を、先週の母乳哺育学会でも報告している。少し紹介しよう。詳しくは、7月の学会内容を報告した「医療ニュース」で軸丸靖子氏(医療ライター)がまとめている『万全からはほど遠い実施体制』を見て欲しい。

2010年に1180施設を対象に実施したアンケート結果(回答は585施設)だと、STS(skin to skin)は65.4%の施設で実施。
・実施前の妊婦への十分な説明と同意取得率は48.2%。
・STS実施中の医療従事者の常駐率は74.8%だが、児の全身状態の記録率は28.3%。
・各種モニタリング率は49.9%。
・児の急変経験施設率は4.2%で、急変発症率は138.534例中21例。


6割以上で実施しているのに、その半分では十分な説明をしていない。安全に実施できているとは確かに言えない調査結果だ。つまり医療従事者にも、母子にも無理がある行為ってことでは? 昨日紹介した、このSTSを強く奨励している堀内氏だって「この母子の行為はあくまでも医療行為ではなく、ケアに属するものであるため、生体監視という考えでおこなわれるべきものではない」と言っている。ならば、子の命に関わることでもあるのだから無理はしない。これに限る。と私は思う。

20回にわたり、「カンガルーケア」について書いてきました。低体重児ゆえ、離ればなれにならざるを得ない母子の愛着を深めるための「カンガルーケア」。なのに正期出産でも行う意図が、あれこれ調べてもいまだに理解できません。

出産直後の母子接触の有無が、10年後や20年後にどう影響するのかを追跡調査しない限り分からないのでは?
……でも子の育ちは、母親の関わり方、母親の愛情次第ってだけじゃないですからねぇ。何だか出産直後から、母親に押しつけられている感じがするのは、私だけでしょうか? 出産翌日からゆっくり母親だけでなく、家族の深まりを深めていけばいいことで、母乳とて、出るようになるまでに数日かかるのですから、焦らず、じっくり! 医療行為ではなく、ケアなのですから。
 

この、母親が育児を抱え込む現象が、実際に見えるのです。次回からは、また「離乳」に戻ります。


コスモス オレンジ 縮

カンガルーケア 19  強気の母乳哺育学会
先週の土日、昭和医大で第27回「日本母乳哺育学会」が開かれた。
「early skin to skin contact-誤解と混乱-」をテーマに堀内 勁(聖マリアンナ医科大名誉教授)が講演している。当日のパンフレットから抜粋してみよう。

カンガルーケアの3要素として、①愛と②ぬくもりと③母乳を赤ちゃんに与えるという定義がある。この3要素を提供することで赤ちゃんの成長・発達を安全に支えることが本来の意義である。

したがって着衣のままの抱っこや、母親の脇に寝かせることやBreast Crawlingの完遂がないものはカンガルーケアと呼ぶべきではないと考えている。


着衣のまま抱っこしたのでは、愛・ぬくもりは無い? 赤ちゃんの成長・発達を支えられない? えぇ~???
Breast Crawlingつまり赤ちゃんがママの胸を這うという行為が完遂しないとカンガルーケアではない? 

そこまで言い切る? そんなに影響ある? カンガルーケア無しで育ってきた子の方が多いというのに。

たちあおい 縮


全然「カンガルーケア」や「子育て」と関係ないのですが、韓国語に興味を持ち、韓国語を覚えるためのアプリケーションソフトを作りました。なんと、本日リリース!。

韓国語のほぼ50%は漢字語といって、漢字で表される言葉です。歌や価、可などは「가」。「공기」は「空気」。この漢字語だけを扱っているアプリなので、漢字を知っている日本人は韓国語の単語をたやすく増やすことができるのです。ぜひダウンロードしてみてください。無料版、有料は2800語収録版170円 4800語版は300円です。 

タイトルは『韓国語 漢字で GO! 語!
今回はアンドロイドのスマホのみですが、iphoneも10月にはリリースの予定です。
(青字のタイトルをクリックすると、アプリの見本を見ることができます。)
カンガルーケア 18 赤ちゃんはママの付属物扱い
「赤ちゃんにやさしい病院」では、カンガルーケアをし、母子同室が原則。

意外と気づかないのは、赤ちゃん、つまり新生児は病人ではなく、母親の附属扱いであること。

入院患者7に対し1という看護師の数は、病院の大きさ?などによっても違うそうだが、少なくともそこには赤ちゃんの数は入っていない。

カンガルーケアの事故を減らすには、目視と機械によるチェックが必要だと念押しされていたが、ただでさえ、看護師、助産婦不足が叫ばれているのに、現実問題としてずっと側についているなんて無理では? 

とすると、カンガルーケア中にしろ、病室に戻ってからにしろ、母親が赤ちゃんをみればよいという考えなのか?

「赤ちゃんにやさしい病院」と冠がつけば、妊婦さんたちが集まり病院は繁盛する。繁盛すれば、助産師さんや看護師さんの待遇もよくなり、自然に集まってくる。そういう構図になっている??

いじわるな見方だろうか? 

十字草?
カンガルーケア 17
さっき日本テレビの「おしゃれイズム」で松嶋尚美が、自分の出産を語っていた。

「カンガルーケアを希望したんだけど、出産を終えるとこんな感じで(疲れ切って、ぐったりを身体で表現)、胸の上にへその緒がついた赤ちゃんをのっけてくれるんだど、あぁ、はぁって感じで……」

と、赤ちゃん抱く気力なんてない様子を、リアルに語っていた。
まさにその通り! 

カンガルーケアを希望した ということは、少なくとも松嶋尚美が出産した病院は、カンガルーケアについてリスクも含めて説明し、希望するか否かを選択させた、ということだ。

当然といえば当然。ただ妊娠も出産も初めてで、医療従事者から母子の愛着が深まると言われると、「良いこと」に決まっていると思うよね。出産があれほど大変で、疲れた体に赤ちゃんを長時間預けられる……というしんどさまでは頭が回らずに。

「赤ちゃんに優しい病院」これは、「母乳育児を成功させるための10カ条」を長期にわたって尊守し、実践していると、ユニセフとWHOが認定するというもの。病院を選ぶとき、「赤ちゃんに優しい病院」と付くところの方が良いような気がするのも、とても分かる。もしかしてこの効果を……って、勘ぐりすぎ??


カンガルーケア 16 黄疸
福岡の産婦人科医師 久保田史郎氏は、低体温、低血糖に加え、母乳以外を全く与えないと固執すれば、重症黄疸になると指摘している。下記はHPより引用。

 日本では、新生児の黄疸は出て当たり前と考えられているが、治療を要する重症黄疸のほとんどは生後数日間の栄養不足が原因である。その根拠は、基礎代謝量に見合うカロリーを出生初日から人工ミルクで補うと治療を要する重症黄疸は出ないからである。

生まれたら、まず産湯で赤ちゃんの身体を洗い充分温め、糖水を飲ませ、低血糖や低温の危険から守る。母親はお産の疲れを取り、母乳のマッサージや指導を受け、赤ちゃんに母乳を飲ませる。

これでいいんじゃないのかなぁ? これだと母乳率が下がるわけ? もちろん生まれた直後の赤ちゃんを胸に抱きたいけれど、数分で充分だと思うなぁ。

ユニセフのHPを紹介したときにタイトルとしてあげた「赤ちゃんにやさしい病院」という呼称。
このネーミングに、安心感や信頼を寄せてしまうが、裏事情もあるようだ。


これも名前が分からない。東京の大塚を歩いているとき、見かけた花。
カンガルーケア 15 完全母乳の危険
もう3年も前の記事だが……
2000年頃から欧米では母乳だけで育てられた子どもに「高ナトリウム血症性脱水」が増えており、日本でも低血糖症例が報告されているという。

関西医科大学教授金子一成氏は「完全母乳児は、高ナトリウム血症になるリスクが高い。母乳不足にもかかわらず、完全母乳に過度に固執した結果と考えられる」と解説。

都立墨東病院新生児科部長渡辺とよ子氏は「(完全母乳を目指すあまりに)母乳以外の糖水やミルクを与えることはすごく悪いことのように捉えるのは危険ではないか」と意見。

                     『朝日新聞』「『完全母乳』に落とし穴」(2009年9/26)


「母乳以外の糖水やミルクを与えることはすごく悪いことのように捉える」

この背景には、あの後進国向けのユニセフ・WHOの「母乳育児を成功させるための10か条」の4条

  4.医学的な必要がないのに、母乳以外のもの水分、糖水、人工乳を与えないこと

があることは否めない。

セージ
カンガルーケア 14 出産直後に母乳は出ない
下記は、久保田史郎医師のHP 完全母乳哺育の短所(危険) よりの引用。

生命維持に必要な最低限の熱量のことを基礎代謝量というが、新生児の基礎代謝量は50kcal/kg/dayと教科書にある。つまり、3Kgの新生児は150kcal/dayの熱量が必要となる。母乳の熱量は20mlで約13kcalであることから、3Kgの赤ちゃんは約220ml/dayの母乳を必要とする。

しかし、初産婦で基礎代謝量に相当する母乳が出るのは、早くても3~5日目位からである。出生当日の母乳分泌は殆んど出ていないか、出ても滲む程度であることから、母乳からの栄養(カロリー)摂取だけでは、児は真に飢餓状態にある。…略…

分娩室や母子同室中の寒い部屋で、新生児の低体温症を防ぐための体温管理(保温)を怠ると、児は熱産生に多くのエネルギー(糖分)を消費するため、飢餓状態の赤ちゃんはいつ低血糖症に陥っても不思議ではない。


他にも完全母乳へのこだわりで引き起こす症状があるという。

カンガルーケア 13
なぜ出産直後に「母乳率」が関係するのか?
それを説明するには、21年前に遡らなければならない。
1991年にWHOとユニセフが「母乳育児を成功させるための10カ条」を共同宣言で出した。
下記がその内容。

産科医療機関と新生児のためのケアを提供するすべての施設は
1.母乳育児の方針を全ての医療に関わっている人に、常に知らせること
2.全ての医療従事者に母乳育児をするために必要な知識と技術を教えること
3.全ての妊婦に母乳育児の良い点とその方法を良く知らせること
4.母親が分娩後30分以内に母乳を飲ませられるように援助をすること
5.母親に授乳の指導を充分にし、もし、赤ちゃんから離れることがあっても母乳の分泌を維持する方法を教えてあげること
6.医学的な必要がないのに母乳以外のもの水分、糖水、人工乳を与えないこと
7.母子同室にすること。赤ちゃんと母親が1日中24時間、一緒にいられるようにすること
8.赤ちゃんが欲しがるときは、欲しがるままの授乳をすすめること
9.母乳を飲んでいる赤ちゃんにゴムの乳首やおしゃぶりを与えないこと
10.母乳育児のための支援グル-プ作って援助し、退院する母親に、このようなグル-プを紹介すること

ユニセフは、HP赤ちゃんにやさしい病院イニシアティブの冒頭で、こうコメントしている。

今世界では、およそ3秒に1人の割合で、5歳になる前の幼い命が失われています。
「その大きな要因の一つが、適切な新生児ケアの不在です」

いわゆる「粉ミルク」などの人工乳は、先進国のみならず、今では多くの途上国でも、お金さえあれば、容易に手に入るようになりました。しかし、清潔で安全な飲料水を入手できる人の数はまだまだ限られています。また、多くが1日1ドル未満の生活を余儀なくされている状況の中で、そうした人工乳を買い続けることは容易なことではありません。


だから母乳を!という10か条の意図は、誰でも理解できる。そしてそれが後進国に向けてであることも。
ところが出産時に関わる4・6・7を、日本の出産現場でも行っている病院が多いという。

後進国対象だろうが、先進国だろうが、母乳の方が良いに決まっている。
ただ命を救うための10か条が、逆に障害を引き起こすことになっているのも、現実のようだ。
産婦人科医師久保田氏の説明を続けよう。

テーマ:初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル:育児