FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!
2019年10月から27日間 ネパールへ友達夫婦との4人旅
2019年9月 女友達と3人でソウルへ
2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
離乳 14 「完全母乳」を整理し考えると‥
「日本母乳の会」の、授乳を通して育児力を引き出しサポートするという理念は、間違ってない。

ただ「今の子どもたちの社会現象を含めて」と言われると、母親が完全母乳で長く与え続けば、今ある子ども達の問題は起きないと捉えているようにも聞こえてしまう。母親の責任が重大だと押しつけられているようだ。

医療関係者が「完全母乳」という言葉を使っているのは、下記の2段階だと思う。

1、出生直後 
 これは、カンガルーケアの時にも書いたが、衛生状況の悪い国で汚染された水を使う危険性を回避するには、何としても母乳だけで育てることが必須だからユニセフやWHOが提唱しているわけで、日本でそれに固執する必要はない。生まれてすぐ糖水を与えると母乳を飲まなくなるわけでもなかろうに。まして低血糖症になる可能性もあるとも聞くと、この時点で母乳だけに拘る意味が分からない。母親の責任感を引き出すために、完全母乳?? 


2、出生後4~5か月頃まで (4~5か月としたのは、諸外国の指導例による)
 助産師さんたちの母乳指導で母乳が出るようになれば、完全母乳を目指して頑張りたい。でも頑張りたくとも出ないママもいる。人工乳の品質は格段に良くなっていると聞く。引け目を感じることなく医療関係者に相談しながら使えばよい。ミルクを飲ませている間、児を愛おしく抱き話しかけてあげれば、それで母子の愛着は十分。

「完全母乳率」という数値に拘らず、理念の通り、母子の育ちを授乳(ミルクも含めた)を通しうまく引き出す援助活動をぜひお願いしたい。

スポンサーサイト