FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
離乳 23 断乳した自分を責めるママたち
「卒乳」という言葉をあちこちで見聞きするのに、実際は意外と多い「断乳」。
気になるのは「断乳」したママたちの自責の言葉。

NHKの「すくすく子育て」に出演したママの話を紹介すると……

・1歳9か月のころ、噛みつかれてあまりの痛さに断乳を決意したけど、取り組んだ1週間、夜中は2時間おきにおっぱいをせがまれ、何度も『ママの仕事として痛みに耐えなくてはならないのではないか』と悩んだ。

・(やはり1歳9か月で断乳したという別の母親)身体のきつさに断乳したけれど、子どもにとってはどうだったのかと振り返る。

2人とも、母親の都合で卒乳でなく断乳を選んでしまったことを、子にすまなく思っている。

雑誌やサイトの投書欄には、「断乳」した自分は母親失格というママも。
そこまで自分を追い込むのはなぜなのか?
30年ほど前までは、断乳を終えると「よく頑張ったね」と褒められたのに……。

「卒乳」を推奨する言い方に、問題がある。

ピラカンサ ? s

ピラカンサ
スポンサーサイト



離乳22 NHKの番組でも
NHK『すくすく子育て どうする卒乳』(2010年2月19日放映)で、2歳6か月になる子の離乳の取り組みを3日間追った記録が放映された。

母親は「おっぱい、おっぱい」と泣き叫ぶ子どもを夜中に抱いてあやしたり、かわいそうという思いに負けて飲ませてしまったりと、まさに苦闘の「断乳」過程を辿っていた。

また出演している他の親子たちも断乳経験を語っていたが、タイトルは『どうする卒乳』で、アドヴァイザーが語る助言も卒乳を推奨したものだった。泣かせて乳離れする「断乳」だったにもかかわらず、短い期間でバトルが終われば「ハッピー卒乳」したことになっている。

これってなんだか変だよネ?

秋の実 2 s

離乳 21 これでも「卒乳」?
「カンガルーケア」に関する新聞記事掲載で横道にそれてしまいました。
話を「離乳」に戻しましょう!


育児雑誌は、毎年どこかで「離乳」をテーマに特集を組む。
その手のタイトルには「卒乳」という表現を使うことが多い。

でも体験談を読むと……

・子どもは3日3晩泣き通しだった。
・子どもがおっぱいと泣き叫んだけれど、頑張った。
・約1週間かけて卒乳しました。それまでは2時間おきに起きて泣いてた息子も、夜中にあまり起きなくなり、万年寝不足から解放されました。
・夜は泣き叫んで暴れ、3日間は大変でした。

これらは、すべて「卒乳体験」として紹介されていた。??「断乳」だと思うんだけどなぁ~。
なぜ「卒乳」という表現を使うのだろうか?

「卒乳」「カンガルーケア」……親心をくすぐる響き、う~ん?気になるなぁ…。

セイロン ライティア s
セイロン ライティア
カンガルーケア 22 理解できないチェック項目
朝日新聞(10/18朝刊)に、日本周産期・新生児医学会などが公表したカンガルーケア時の留意点についてこう書かれていた。

  出産直後は赤ちゃんの呼吸を注意深く観察するなど十分な管理が必要な時期だと強調し、母親に疲労がない、赤ちゃんの顔を横に向け呼吸を楽にできるようにするなどの条件や方法、呼吸や体温などのチェック項目を示した。

下線部の「母親に疲労がない」という留意点に目を疑った。出産して疲労を感じない母親がいるのか? いやはや、出産の労をどの程度に考えているのか? 

またこうある。

  新生児蘇生法の研修を受けたスタッフの常時配置も提言。

カンガルケアーが危険性をはらんでいると認めるから、こうした提言になるのであろう。また医療従事者の人員不足が深刻な問題になっているのに、このためゆえに増員が認められるのか???

そこまでして出産直後にカンガルーケア、否「早期母子接触」を推進する必要があるのか?

新聞には効果についてこう書かれている。
 
  母乳期間の延長、血糖値や体温の安定などの利点も指摘されており……

しかし、この血糖値や体温の安定への疑念については、すでに「カンガルーケア 14~16」で述べた通り。

効果があるのか? 必要があるのか?という疑問が、9月に開かれた「日本母乳哺育学会」でも会場にいた記者から出たが、「効果については、論文を読んで」という一言で流されたそうだ。

具体的に表面化していることは、日本全国で報告が出始めた「カンガルーケアによる障害」。赤ちゃんの死や障害の危険性を押してまで、出産直後に行わなければならない行為だとは到底思えない。

しゅうめい菊? s
カンガルーケア 21 掲載された2つの記事 1
今朝の朝日新聞に、「カンガルーケア」に関する2つの記事が掲載された。

1つは、17日に日本周産期・新生児医学会などが「カンガルーケア」を実施する場合の留意点を公表したというもの。

もう1つは、「カンガルーケア」が原因で長男が障害を負ったとして、自治医科大学付属さいたま医療センターと国を相手に損害賠償を求める起訴を地裁に起こしたというものだ。

明日、これらの記事を詳しく見てみよう。

カンガルーケア・完全母乳・長期母乳などの問題点については、『母乳指導の誤算』(青簡舎)をご覧ください。



新潟の田舎へ草抜きに出かけてきた。その帰り道、小さな蕎麦屋で見つけた書台?
読みかけの本、老眼鏡、そしてキセル。実にノスタルジック!

離乳 20 夜中の離乳に苦悩
ネットから拾った悩み。どちらも1歳7か月。

・断乳予定ですが、おっぱいが大好きで、すごく泣かれることが想像できます。現在、昼も夜も寝かしつけはおっぱいで、夜中も何回も起きては添い乳して寝かしつけている状態なので、どう寝かしつけてよいか悩んでいます。(補足:男の子)

・からし塗ったり、わさび塗ったり、絆創膏貼ったりしましたが、1才7か月だと、ウェットティッシュを自分で持ってきて拭いたり、絆創膏も2回目には、はがされました。……上の子は寝付きのおっぱいで「断乳」でしたが、30分×1週間でした。(補足:断乳するまでに30分ごとに起きては泣く子をなだめる夜が1週間続いたということか。性別は不明。)

YOMIURI ONLINE「発言小町」より

白い花 s
タマスダレ
離乳 19 平均授乳終了月齢
ベネッセコーポレーション関連会社発行の『ひよこクラブ』(2011年1月号)に、1歳6か月の子を持つママたちに調査した結果が出ていた。それによると、74%は1歳半までに「卒乳」しているという。

またNHKの番組『すくすく子育て どうする卒乳』(2011年2月19日放映)でも、50%の人が1歳半までに、80%の人が2歳までに「卒乳」していると説明していた。

ところが、雑誌の記事をよく読むと、自然と子どもから離れた「卒乳」ではなく、夜中おっぱいを求められ睡眠不足でつらく、何度も断乳を試みた末の「離乳」という人が多い。また『すくすく子育て どうする卒乳』で出演しているママたちの口から出た「卒乳」体験談は、絵に描いたそれとは大きく異なり、おっぱいを求めて泣き叫ぶ子との「闘い」だった。

なのに、それを「卒乳」という言葉で十把一絡げにして良いのだろうか?

ひがんばな 縮



離乳 18 長期母乳の落とし穴 4
「長期母乳の落とし穴」 に話を戻そう。

確かこんなことを書いたところで、旅に出てしまった……。

「子どもから離れるまで、母乳を続けた方が良い」という指導は、求めればいつでも与えられるという安心感を子どもに抱かすためだという。

しかし抱きしめることや手を繋ぐこと、子どもに優しいまなざしを向け話しかけることでも充分安心感を与えられるはず。それよりも「いつでも、どこでも、いつまでも」の指導によって、乳離れしようとする子どもの小さな変化に気づかない母親を産みだしているのではないか!

この「子どもからの離乳」を「卒乳」と表現し、雑誌や育児書でそれを推奨する言葉が目に付く。

だが「卒乳」を目指しつつも、「断乳」しているのが実態だ。しかもその道のりは決して、「楽」なものではない。悩み、寝不足と闘い……、その実態を追ってみる。

小花弁の日々草 白 s


宿泊費を安くあげる方法
今回は5泊。宿泊費だけ計算すると、2人で56200円。大体1人1泊5500円強。60歳以上の割引料金2人で7000円や、高山の天然温泉付きスパホテルアルピナのように開業?周年記念料金2人で9900円など、割引があるホテルを極力利用した。(うち2泊は朝・夕付き。素泊まりも2泊)

初挑戦では、ポンパレという共同クーポン購入サイトの利用。これで金沢のちょっと古いホテルだけど12階の展望レストランでの優雅な朝食までついて7200円(勿論2人分)。1番高かったのは、湯田中温泉のよろづや。しかしここもアネックスという別館に泊まったので、朝夕ついた直前割引で9300円(但しここは1人分の値段)。

1泊くらいなら、ちょっと奮発してもいいけど、何日も旅を続けたいと思うと、宿泊費をできるだけ安くあげないと庶民には厳しい。といって若者のように他人と同室で2段ベッドというのは、この年齢では。外国のようにせめて素泊まりは1部屋いくらという値段にしてくれると、旅に出やすくなるのになぁ……。

しかしそう言えば、金沢で出会ったアメリカ人の女性は、私たちと同世代だったけど、1泊2800円のところに泊まっていた。長期の旅行を楽しむには、やはり宿泊費がネックだわねぇ~。

能登半島最北端 灯台s
能登半島最北端
旅で出会った小景
マンホールの絵の画家
この可愛いきょうだい画家が、マンホールの蓋にチョークで着色。魚がふっくらと見える。 
マンホール蓋 魚絵s


金沢の尾山神社で見かけた黄色い帽子と制服姿の小学生たち。校外学習なのだろうが、話をしているのは、先生ではなくボロボロの服をまとった浮浪者のようだった。どんな話を聞けたのだろう。 
金澤 尾山神社 s
この神社、観光名所としてあまり知られていないようだが、ステンドグラスの塔も庭園もオススメ!

湯田中温泉
湯田中温泉「よろづや」で1泊。登録有形文化財に指定されている純木造伽藍造りのお風呂も、蒸し風呂も広い見事な庭園露天風呂にも重厚な歴史を感じる。「よろづや」さんの食事やお風呂も申し分なかったが、もう一つ面白い経験をした。

地元の人たちが利用している浴場の1つ「大湯」に入ることができたのだ。「共同浴場」は温泉街には付き物。しかし、いわゆるお金を払って入るそれとはシステムが違った。「よろづや」で貸してもらった鍵で入る「共同浴場」、つまり素性の分からない「行きずり」には利用できないシステムになっている。

なかは、湯船の前にすのこを敷いた洗い場と脱衣棚があるだけのシンプルな造り。子どもを連れた若いママたちに「家のお風呂よりこの温泉に入る方が多いの?」と聞くと、「この辺りの家にお風呂は無いんですよ」という。月に数百円ずつ払い、掃除などの管理も地域みんなでやっているとのこと。老いも若きも裸の付き合いで懇親が深まる温泉街。身も心も温かくなった。


志賀高原のナナカマド
石川県 千里浜
漁師たちが総出で、網を巻きあげていた。浜辺には餌を求め、何十羽もの烏とカモメたちの闘争が。

永平寺
飛騨高山で、親友夫婦と飲み、今日は福井県の永平寺へ。


立ち寄った蕎麦屋で、一人旅をしているアメリカ人女性と出会った。私たち夫婦と同世代。一緒に東尋坊へ寄り、金沢へ。彼女は明日高山へ行くつもりとか。東京での再会を約束して別れる。

6週間かけて日本を回るそうな。心理療法士の仕事を休み、高校生のお子さんや仕事が忙しいご主人も置いて、母のひとり旅。思い立ったら行動!日本人の母たちには、なかなか出来ない行動

私たちは明日、能登半島へドライブ 宿を探さねば!