FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
オススメカフェ
小さな木戸を開けると、ウッドデッキの先には木立と川だけの別世界。
電線も人家も視界に入らず、豊かな自然とせせらぎの音が迎えてくれる。



カフェの建物は、オーナー家族が木組み、土壁、建具も6年かけ手作りで仕上げたとか。
日だまりのウッドデッキから見る景色、薪ストーブの暖かい火の揺らぎ、藁を塗り込めた土壁、天井高に太い梁、一つ一つがどれも絵になる。

昨日、TVで紹介されたそうで、今日は客が次から次へと押しかけてんやわんやの様子。テーブルがあくまで待つこと1時間半。頼んだものが全て出てくるまでにまた1時間。



でもテキパキとした対応を求めるなら、街のカフェへ。ここでは、むしろゆっくり自然の恩恵に包まれる時間をもらっていると感謝したい。



「カフェ日月堂」国道299号線、飯能から久保交差点を過ぎた左側。火・水休み。
スポンサーサイト



やはり
朝日新聞夕刊の「素粒子」(2012.11/26)にこう書いてあった。
 
 国防軍に交戦規定。胸騒ぎのする言葉が大きな声で語られる。ふと夜空を見上げ月が二つ出ていないか確かめる。

後半の「夜空を見上げ月二つ……」は、『1Q84』(村上春樹)を踏まえている? 
とするならば、素粒子の執筆者も、得体の知れぬ、問答無用で大衆を取り込んでいく某政治団体に脅威を感じているってことだよね? 



 
オススメの画廊
先日、友達と銀座へ行ってきた。
グループ展の案内状をもらったからだ。

ご存じだろうか? 銀座1丁目9-8の奧野ビル。



近代的なビルに挟まれたレトロな建物。
ネットによると1932年に建てられ、当時銀座の高級アパートメントだったとか。
その面影は、至る所で見られる。手動で開閉する二重扉の昔懐かしいエレベーター。
モダンな階段や隣のビルとの間にある不思議な小窓。

この各部屋をギャラリーにして様々な人が個展やグループ展を開いている。
日本画、油絵、ビーズアクセサリー、帽子などなど。

知り合いの出品作品だけでなく、こうした小部屋を覗いて歩き、芸術家たちの話を聞くのがまた楽しい。
ホテル西洋銀座とメルサギンザ2の間を2通り入ったところにある。
オススメです。
なぜ、独裁者に投票するのか?
著名な人に庶民の票が集まるのは、今に始まったことではない。
お茶の間バラエティ番組で顔を売っていた橋下が、初めて選挙に立候補したときは、賑やかな吉本のお囃子付き。大阪府民が、若く明るく元気な彼に期待したのも分かる気がする。

しかし権力を持った彼の口からは横暴な言葉が飛び出し、弁護士とは思えない行動をとる。
  「自分が納得する権限の行使はさせてもらう」(2009年4月)
  「我々が勝った場合に、一族郎党がどうなるか覚悟を決めておけ」(2010年12月)
自分の側に付かない者は容赦なく左遷し、組合活動や政治活動に関わっているかどうかの調査、果てはメールの内容まで極秘調査などなど……。

独裁者の顔が露わになっても、次の選挙で大阪市民はなぜまた投票したのか?
二宮厚美氏はこう言う。(『新自由主義からの脱出』から)

「大阪都構想・教育基本条例・職員基本条例」をセットにし「イエスかノー」かで迫ったことで、「独裁VS反独裁」の最大争点がぼかされてしまった。しかし村上憲郎氏(朝日新聞紙面審議会委員)は、「今の日本の政治に必要なのは独裁」と言い切った橋下を、「独裁でも大阪を変えてくれれば良し!」と、「独裁=悪」だと見なさなかった新しい世代が支持した結果だと捉えている。

二宮氏は、その期待感や依存意識の背景に、橋下府政により加速した大都市大阪の貧困化があるという。

とするならば、大阪、東京どころか日本全土が、デフレによる貧困スパイラルから抜け出せず藻掻いている今、候補者の本質を見抜けず、巧みな言葉にうっかり騙されそうだ。

12月の選挙に、不安を抱いているのは私だけ?
独裁者や武力で威圧する時代へ回帰させるような人だけは、絶対にごめんだ!
「反対!」「おかしい!」「間違っている!」と言えない社会、国防軍、軍事費増強ですって? 
そんなことを誰も望みやしない。 



  
慎太郎、橋下
解散で浮き足立つ2人。

なぜこの2人が選挙で勝ったのか? 言い換えるとなぜ都民は、慎太郎の独裁を、府民及び大阪市民は橋下の独裁を許したのか? ず~っと疑問に思っていた。

負債を抱えた都民銀行にあ~んなに巨額の税金をつぎ込んだのに、何で都民は怒らない?
尖閣諸島問題であ~んなに日中関係がこじれ、経済に大打撃を与えた張本人は誰?
他にもカジノだオリンピック招致だとあ~んなに引っかき回し大騒ぎしてポイ!
都知事選だって、途中で放り出すなら出なきゃいいでしょうに……。
都民よ、いい加減目を覚まして!

橋下も然り!
勤務中ならまだしも、勤務外での選挙演説会に参加したか否かまで調査するという弁護士とは思えない行動や数々の暴言。そして原発問題発言や太陽の党に対してだって、相手? 状況? 私利?にあわせてコロコロと…。

二宮厚美氏は、橋下の論理を
「能力がある者、強い者が勝つ。勝ったものが正しい。だから弱い者は従え。従わないものは切る」だという。
そして上意下達、職務命令絶対主義、軍隊的規律、強権主義、懲罰主義、恐怖政治だと切り捨てる。

なぜこうした独裁者を都民や府民、大阪市民は認めたのか? 

『新自由主義からの脱出』(新日本出版社)で二宮厚美氏はこう指摘していた。(つづく)


先週友達と出かけた秩父の紅葉
火鉢
私たちが住んでいる地域の今日の最高気温は15度だとか。
さぶぅ~

年金暮らしの我が家。
「寒いよ~」「ストーブ付けようよ~」「風邪引きそうよ~」と言っても、夫は聞き流すだけ。
私は温暖な四国生まれ、夫は厳冬の新潟育ち。体感温度、いやいや耐寒温度が違うのだ。

仕方なく、日中は毛布にくるまり火鉢で暖をとる。



これは、夫の実家の片隅で眠っていた火鉢。
チロチロ、ドックンドックンと真っ赤に炭が息づく様子は見ているだけでも癒される。



ネットで購入した備長炭。扱いが難しい。
ガスコンロでようやく熾した炭を火鉢に移し、フゥフゥと風を送り込んで真っ赤にしても、気を抜くとすぐ消える。

実は「備長炭」と付いているが、ラオス産の最安値品。

しかし火鉢やこの「ラオス産炭」との付き合いも3回目の冬。
付き合い方に慣れ、夜や外出するときは、火種を消さないよう深く埋めてやるコツも掴んだ。

ただこれだけでは暖まらない。
そこで油避けパネルで暖気を集める工夫をしてみた。



横の椅子に座っていれば、ほこほこと暖まる。
今日の午後はここで読書タイム!
むろん耐寒強い夫には暖気をやらず、独り占め!

寄席
20数年ぶりに夫婦で新宿末廣亭の寄席を楽しんで来た。
昼の部は12時に始まると聞き、平日でも混むかもと早めに出かけた。

11時過ぎに着くと、既に数人並んでいる。
もぎりの小父さんの話では11:40に開場だという。
夫に並んでもらい、私はお弁当を買いに伊勢丹の地下へ。



お弁当やお茶を買い求め35分頃走り戻るが、夫の後ろには……あれ?たった数人だけ

良い席を取ろうと並ぶ必要など全く無かったようだ
が~らがらの末廣亭。

木戸銭は確か2800円と書いてあったなぁ。
お弁当の漬け物をボリボリかじりながら、頭の中では2800円、かけることの…えぇ~と何人いるんだっけと振り返ってみると……に~の、し~の…13人かぁ、いやいや私たちはタダ券だから、実質11人?……30800円かぁ。今日の出演者は18組で、それにもぎりの小父さんや売店のお姉さん、お囃子集、座布団出し…。余計なお世話だけどついつい『この人数でやっていけるのかなぁ?』と心配してしまう。BGMは若者前座の落語だ。

プロに失礼な言い方だけど、それは温泉場の余興じゃないの?と思うご年配お二人の奇術や、ちっとも笑えない若手の落語に、4時間半も耐えられるか?と、不安がよぎる。

桟敷席、提灯、狭い売店。あぁそう言えば昔は長椅子に座布団で、お尻が痛くなったなぁと、懐かしく思い出しているうちに、やっと落語家が入れ替わった。あと何人いるのかなぁ? えぇと、9人も……。隣からは夫の寝息。前の客も舟を漕いでいる。やっぱあと何人と数えながら座っているっていうのは、これ何だか違うよなぁ~ 

私が知っていた落語家は、桂米丸師匠のみ。御年87歳とか。いやいや米丸師匠の落語を聴けただけ、待った甲斐があったというもの! 静かに、スローで、時に無言。でもしっかり笑いを取る。さすがです!師匠。

その笑いの声が大合唱。驚き振り返ると満席ではないか!

末廣亭は健在だぁ。
紅葉 
母と妹、女3人で温泉へ行ってきた。
湯田中温泉の露天風呂が忘れられず、真っ赤に染まった紅葉の下で……と出かけてきたのだ。

ところが街路樹や陽当たりの良いところは美しく染まっているのに、露天風呂のもみぢはまだ青々としているではないか。思い描いたようにはいかないものだ。

それでも満足げな母の表情に心癒される。

さて、どのルートで帰るか?
志賀高原を抜けるか、来たときと同じ上信越道の高速で戻るか? 
温泉街の住人に聞くと、山を見て、「今日は大丈夫だろう」という。

その言葉に背中を押され、ハンドルを切る。

中腹の紅葉は真っ盛り。赤や黄色に色づく木々に映える白樺。
しかし渋峠の道路端には既に雪があり、山は冬枯れていた。

DSCN3087.jpg
DSCN3089 s
冬枯れ 山

山の天気は変わりやすい。さっきまで青空だったのに、雲が広がり始め、一時は私たちの車も包み込まれた。雪でも降ろうものなら死活問題だ。何せノーマルタイヤなのだから。

母たちに「きれいねぇ~」と応じつつも、正直なところ、紅葉を楽しむゆとりもなく車を走らせた。早く降りねば!

志賀高原の渋峠が積雪で通行止めになったとラジオのニュースで聞いたのは、その翌日だった。

離乳 25 悩まず背負わず
「自然卒乳」という言葉が使われ、奨励され出してからまだ約30年弱。
それまでは、1歳前後から「断乳」するよう母親は指導され、心を鬼にして実行してきた。
昔昔からそうしてきた。つまり「断乳」の歴史の方がずぅ~とずぅ~と長い。
昭和、大正、明治も江戸時代もその前も……。

親に拒否されたと心病んでいる子ばかりと問題になったことがあるだろうか?
30年前までは、母子関係が育まれなかったと言えるだろうか?

私は、離乳17「長期母乳の落とし穴」で紹介したように、9か月~12か月に乳離れをしようとする子どもの変化に気づいたら、思い切って断乳するのが1番良いと思う。その変化を見極められなくても、1歳半までに断乳に踏み切る。子どもが知恵を付ける前に終える方が、子もそして母親も苦しみは少ないはず。

それも逃してしまったら、子どもによ~く言い聞かせ、段々遠ざけていくのが良いのでは? それは「自然卒乳」ではなく、母親が子を導く「離乳」。

「離乳」という行為は、子と向き合い母になっていくステップの1つ。

自然卒乳推進者は「子どもが欲しがればいつでもおっぱいを与えていれば、いつかは子どもから離れていく」という。だからあまり深刻に考えず、携帯の画面を見ながらでもそのうち離乳できるって?
そんなに子育ては甘くないよ~。それに、何よりも日に日に変化する子育て時期を楽しまないのは、もったいないと思うんだよねぇ。携帯の画面じゃなく、子どもの顔を見つめてあげてネ! 

萩 s

離乳 24 卒乳推奨の文言
「断乳」より「卒乳」をすすめる理由は、大まかにいうと下記の2点のようだ。

・ おっぱいは、子どもの精神的安定剤。いつでも受け入れてくれるという安心感を得て、子どもは外へ向け足を踏み出せる。言うなれば、子どもの心の成長と母子の絆に重要な役割。

・ 断乳は、おっぱいを「取り上げる」「拒絶する」ことで、子どもの心に傷をのこす。

そして例のユニセフ、WHOが後進国向けの母乳奨励を引き合いに出す助言。
・ 生後半年までは完全母乳。2歳以降も、できるだけ長く!

そう言われても……
いつになったら朝まで熟睡できる日が来るのか? 
毎晩毎晩何度も起こされ身体が悲鳴をあげている…。
『あぁ~子どもが自ら卒乳するまで待てず、自分を優先する私は悪い母なのねぇ~』

誰でも、子どもの心を盾に取られて推奨されたら、こんな心境になるに違いない。

そんなに自分を責めないで! 
出産後、何百日もかけて築いた母子の絆が、たった数日の「断乳」行為で断ち切れるわけがない
物心ついてからの悲しい出来事は記憶に残っても、1歳や1歳半の出来事を覚えているわけがない

「断乳」とは断ち切ることではなく、子どもの成長を助ける、促す行為と考えよう。

シオン? s

シオン