FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
お節
今年の新メニューは、豚肉の紅茶煮とローストビーフ、伊達巻きの3点。
どれも友達に教えてもらったもの。
しかもすご~く簡単。

もう一つ新しい試みを。
それは友達2人とお節作りを分担したこと。
私は、肉団子と菊花かぶら、紅白なますを担当。
友達は、栗きんとんと昆布巻き、黒豆。

お重に詰めるのは、ほんの僅かだから、いつもより少し多めに作りお裾分け。
これで格段に楽になり、しかもバラエティに富んだお重になった。



拙文ブログにご訪問くださり、ありがとうございました。

1月は、オーストラリアやニュージーランドへの旅を計画しています。
海外ならではの珍道中や失敗編にご期待くださいねぇ

核や銃の脅威を覚えない平和が世界中に訪れますように。

スポンサーサイト



柚子を使い切る
今年は昨年以上に、なりが悪かった。
毎年、家の前に「どうぞご自由にお持ちください」という札と一緒に、柚子を山ほどかごに入れてきたのに、去年も今年も提供できなかった。



今日からお節料理を作り始めた。
柚子を収穫し、皮、汁で紅白なますや菊花かぶらを作る。
母から種を焼酎に漬けると、化粧水になると聞き、空き瓶に入れマッコリの残りを入れる。
う~ん、瓶が大きすぎる。いやいや種と焼酎が少なすぎ……る



皮も汁も種も使い切った後は、布袋に入れて湯船へ。

冬になると炭を熾し楽しんでいることは、既に「火鉢」で書いた。
その灰で鍋を磨くと、焦げや汚れが良く落ちると友達が教えてくれた。

早速実践!
磨く前 汚いなぁ~


磨いた後


昔は、囲炉裏や火鉢の灰をこうして利用していたのかぁ~。
あまり力を入れずともよく落ちる。クレンザーのようだ。
当然手も荒れない。何という素晴らしいエコ!

換気扇や油落としの掃除には、生協で売っている米ぬか洗剤を使っている。
これも手が荒れず、しかもよく落ちる。

今年も残すところ、あと数日。
重曹や米ぬか、そして灰。
自然の力を借りて大掃除、さぁ頑張りましょうか!

エネルギーも、我を張らず自然の恩恵にあずかればいいものを……
人間は自然に勝てると思っているんだろうなぁ~霞ヶ関や○○電力会社は。
右翼政党も政治的判斷
韓国・中国に対し強硬姿勢で!と訴え続け右からの票を集めてきたが、現実的に向き合うとなると、さすがにトーンダウンしたようで、少しほっとした。ここは大人の外交手腕で切り抜けて貰いたい。

しかし火種はいくらでもまだ燻っている。平和的外交模索より、周囲に有無を言わせない強い軍事力持つ方が良いと考える輩が多いことは、今度の選挙を通してもよく見えたからだ。

強硬路線に踏み込むための足固めをされないよう、注意していなくてはならない。
あの大震災で気づくまで、活断層の上に平然と日本中に原子力発電所を建ててしまう党なのだから。

高橋源一郎氏が、論壇時評(12/20朝日新聞朝刊)でこう記している。


今度、首相になるらしい安倍晋三さんも最高顧問を務める憲法改正推進本部が作ったやつ(「日本国憲法改正草案」)…略…、第12条にわざわざ「国民の責務」というタイトルがつけられ、「自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し、常に公益及び公の秩序に反してはならない」とある。…略…え?たとえば、この論壇時評で政府批判をしたら「公の秩序」に反することになって禁止されるわけ?

でも「表現の自由」があるから大丈夫…と思っていたら、さあたいへん。この「草案」では「表現の自由」はなくなっています。正確にいうと「第21条、集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は保障する。」に続いて新しい項目が登場してる。「2,前項の規定にかかわらず、公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない」……略……どう考えても「アート」にちがいない。人びとの覚醒を促すために、わざと反感をかうような表現をとったに決まってる!

恐ろしや。経済の活性化でごまかされないよう、しっかり注視していかなくては!

冴える評
12/18付けの朝日新聞夕刊「素粒子」

・祇園精舎の鐘の声、永田町に鳴り響き。おごれる者は久しからずというものの。気がつけば衆院の9割は改憲派。
・隅々に張り巡らされた古パイプが再稼働。久々にお金が流れる期待高まる。しびれが解けてほおが緩む人もあり。
・伝統の村祭りも復活か。早くも聞こえる笛太鼓。回れ踊れゴミなど気にせず。廃村寸前の原子力ムラ息吹き返す。


辛淑玉さんの講演会
在日問題、慰安婦問題、竹島をめぐる日韓問題、在日3世の視点でどう語るのかと楽しみに出かけてきた。
しかし今回は、東日本大震災によってあぶり出された、現場に出向かないと見えない、知り得ないこと、「人」が壊れるということについて語ってくれた。


・被災後、早々と命を落としていったのは、耳が聞こえなかったり目が見えない障害のある人々だった。
・被災地域内の外国籍9万人のうち、死亡確認は23人のみ。在日韓国人の60世帯、中国人100人以上が不明。
・中国人や朝鮮人が警察官を殺しているというデマが流れた。

・避難所に女性専用の小部屋を用意すると「女性だけ優遇だ!」と憤る。
・自治体の職員や教員、税金で養われている公務員には何をぶつけても良いと思っている。弱い立場、逆らわないと思っている人には強く出る。

・多動の障害を持つ子の母親は、周りの批判に耐えきれず子どもを柱に縛り付けた。
・母親が身心弱っていると感じた5歳の子が「僕を養護施設へ入れて、お母さんを病院へ連れて行って」と頼むのだという。たった5歳の子が。

・汚染地域への立ち入り禁止フェンスで任務に就いている28歳の警察官が、何度も何度も「あなたは誰ですか」と詰問する。その異様さに「恐いのですね?」と問いかけると、「恐いんです。僕はもう子どもを作れません」とつぶやいた。
・助かって良かったと抱き合って喜んだはずなのに、避難所生活のしんどさやショックで痴呆症になってしまった親を「あのとき死んでいてくれたら」と思ってしまう。
・仙台の道路で、匍匐前進をする自衛隊員を見た。


3.11の大震災後、人が、心が、壊れていった。
マスコミは、あれほどの悲惨な状況下でも、日本人たちがどんなに辛抱強く助け合い生きてきたかを繰り返し繰り返し伝えた。むろんそうやってメディアで励まし、あの危機的な状況を何とか乗り越えてほしかったからだ。
それでも人は脆く、弱く、壊れていった。その、できうるならば見たくない、認めたくない人の弱さは、やはりあちこちで露呈していたのだ。

そして辛淑玉さんは警告する。死ぬまで、心が壊れるまで公に尽くすことを美化する刷り込みは、ある意味「暴力」であると。

女子高生から「辛淑玉さんにとって、生きるとはどういうことですか?」という質問が出た。
彼女は、こう答えた。


人は必ず死ぬ。死に向かって、一生懸命生きること。死に向かう時間をどう使うか、自分が嫌だと思ったことを、他者にはさせないようにするにはどうするべきか、そう考えながら、今を生きることに意味がある。強い者に頼り、弱い者をたたくことがないよう、自分をしっかり持って生きること。

不安と失望と
どこへ投票して良いか分からないからといって、どうして自民党へ入れるかなぁ? 

あぁ……
単独政党化した自民党によって、原発再稼働へと大きくハンドルが切られ、中国や韓国との関係は悪化し、自虐的なという表現で歴史をゆがめては世界から失笑を買い、教育で愛国心を煽り、国防軍となり軍事費は増強、軍人が不足しそのうち徴兵制が始まり、反対意見も大っぴらに言えなくなる。世界のニュースが日本の右翼化をトップで伝えている。なのに渦中にいる日本人は、深く考えず……。

一般人の我々は、自民党の改憲案に退役軍人なら政権を担えることにする一項があることにも気づかない。今後、自民党の暴走を止められるのだろうか?




選挙
どの政党も期待できず……という現れなのか、期日前投票率が前回の09年選挙の時より下回っているという。

1票を決して無駄にしてはいけない。必ず白票でも意思を示してほしい。

さてどの政党に、誰に1票を投じるか。引き算で考えてみよう!

・ヒロシマ・ナガサキを経験した国なのに、ようやく世界が核縮小に向かっているのに、核抑止論を掲げる人は絶対にNO! 
・こんなに経済が破綻し、国民が疲弊しているのに、軍事費を増強させようとしている党もNO! 軍事費より福祉、東北の復興に回すべきだ!
・中国との摩擦を過激化させ、経済を、また文化的交流を混乱させようとする党はNO!

・長年政権を握っていたことで、企業や団体などとの癒着があった。原発事故の人災もそこに原因の一端がある。3年前には戻るべきではない。
・原発再稼働への圧力に屈してしまう党も信じられない。

選挙結果次第で、日本が大揺れしそうだ。憲法改悪、徴兵制(自衛隊が国防軍となるだけ? いやいやそんなに甘くない)恐ろしい。杞憂であると良いのだが。

リースを飾りました。万両の実がクリスマスまでもてばよいのですが。
「1日30品目食べよう」じゃないんだ!
和え物で、きゅうり、油揚げ、タコ、ワカメ、ごま。豚汁の中には、ゴボウ、人参、油揚げ、大根、里芋、豚肉……と、ご飯を食べながら食材をいくつ使ったか数える。特に「我が子の成長や健康を支えているのは私だ!」と自負していた頃は、毎日のように30品目を意識して料理したものだ。

ところが先日「1日30品目食べよう」というスローガンが下ろされていることを新聞で知った。
厚生労働省は「主食、主菜、副菜を基本にバランスを」と2000年に改訂したとある。30という数字を絶対化して摂取しすぎ、肥満傾向が強まったからだそうだ。しかし色んな食材を摂取しよう思えば、料理も工夫するし、なかなか有効な指針だと思うんだけどなぁ。ただ何でも数字成果主義に走りすぎる今の風潮にはだけど。

が今は、子ども達が自立して家を離れ、夫婦2人の生活。わざわざ数える必要もないほど質素な夕食。
こんな食材じゃぁ肥満はありえないけど、ただでさえ老いた肌に艶までなくなるかもと、別の心配が……。


韓国語の学習アプリ iphone版
9月13日にアンドロイド版でリリースした『韓国語 漢字でGO!語!』アプリ。
ios版(アイフォン)でもようやく使えるようになりました。この青字のところをクリックするとアプリの宣伝画面に飛びます。ぜひちょっと覗いてみてください。宣伝画面だけなら、どなたでもクリック一つでご覧になれます。

アンドロイドでは、無料版(お試し用)と有料版(2800語を収録した170円と4800語の300円)の3種類をリリースしているのですが、アイフォンの方は今のところ4800語の1本だけです。というのは、3種類で審査申請を何度も出したのですが許可されず、結局4800語の1本だけに絞ったところ、拍子抜けするほどすんなり通ったからです。ただ値段を300円には設定できず350円になりました。アンドロイドは1円から設定できるのに、アイフォンでは250円や350円……と定額になっているのです。

開発会社の話では、そのうち無料版も何とかしてリリースするそうなので、そのときはぜひお試しください。
勿論、韓国語に興味をお持ちでしたら有料版をお買い求めくだされば幸いです。

オススメ の本
歳を重ねる毎に魅力的になっていく人がいる。それは男女を問わず、長年の経験に裏打ちされた内面から滲み出る輝きなのだろう。アウンサンスーチー氏も、失礼ながらそのお一人だと思う。若い頃の写真と比べても、数段に今の方が魅力的だ。

アウンサンスーチー 愛と使命』(明石書店)を読み、どれほどの苛酷な試練が彼女の精神を研ぎ澄まし、あの凛とした美へと変貌させたのか、ようやく謎が解けた気がする。己の欲を捨て去り、他者のために生きようとする人が持つ顔だ。

180度違う世界で生活していた彼女が、ビルマに引き寄せられていく数奇な運命。平穏な人生の歩みや家族とのぬくもりをも全て自ら断ち、生すら脅かされる状況の中で、果敢にそして冷静に毅然とした態度で独裁武力政権に挑む強さ。

独裁政権の続く北朝鮮や中東の国々、チベット特別区などが、今後どんな人々の手によって民主化へと開かれていくのか。出来うるならば血を見ることなく、平和裏に解決してほしい。ページをめくりながらそんな思いに強く駆られた。


寒さの中で蕾を付けていた薔薇
都会のオススメカフェ
都会の喧噪に一息つきたいなら、GOOD MORNING CAFEがいい。
今年4月に開園した中野四季の森公園の前、というかフェンスがないので、まさに公園はCafeのためにあるよう!

オススメは野菜ランチ。
ニンジン、ゴボウ、レンコン、サツマイモなど根菜類もそれぞれ違う味付け。初秋に行ったときは生のエノキダケを使っていて、新鮮だと生でも食べられるんだと知った。たっぷりの野菜と温かいスープ、パンで900円は大満足。

笑顔の素敵なスタッフたちのキビキビした動きも、スタイリッシュな店の雰囲気もステキ!

東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス1F
中野駅北口から徒歩5分というのもいいネ!

GOOD MORNING CAFE