FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
ミルフォード
テ アナウから現地ツアー参加し、ミルフォードへ行ってきた。前回書いたことを訂正しないといけない。そこには滝もトンネルもあった



泊まっているYHまでの送迎付き、運河での約2時間クルーズもついて165ドル。ちょっと高いが大正解。しかも日本語のガイド。英語でも同料金だそうだ。つまりそれだけ日本人観光客が多いということなのだろう。実際には欧米人、中国人、日本人がほぼ同人数。

日本語での解説は実にありがたい。天敵になる動物や爬虫類、鷹や鷲などがいないから、羊たちを放牧したままでも問題ないことや、トンネルは非常に数が少ないこと、ブナの木が日本のそれとどう違うのか、ススキに似た草は
トイトイというなど、ニュージーランドのイロハを知ることができた。

自分たちで運転しても行けるが、天井までガラスのバスだから、視界のスケールが違う。

ただ日本人たちの(有名なLook…という)ツアー客にはお弁当がついていた。それも幕の内弁当。私たちは手作りサラダとハムで即席サンドイッチ。
白米が恋し~い。そうだ今夜はご飯を炊こう!


スポンサーサイト



Mt Cook
テカポを9時半に出て、Mt Cook アオラキ国立公園に寄り、クイーンズタウンへ行く。ニュージーランドにはトンネルがないらしい。ひたすら起伏がない谷沿いの道を走る。脇道もほとんど無いので、ほぼ一本道。羊や鹿、牛たちが食べ尽くした山肌は、寒々としている。



広い湖が切れた後も道は延々と続き、残雪を頂き聳え立つMt cook になかなか近づけない。時速100kmで走ること3時間、ようやく麓の村に到着する。



ホテルのレストランで羊のスネ肉を煮込んだ料理とサラダ、サンドイッチを食べる。こんなに奥地なのに、これで28ドルほど。安くて美味しい!



絶景を存分に胸に刻み込み、クイーンズタウンに向けてアクセルを踏む。

今夜の宿はYHだ。湖の畔。さすが観光地、ニュージーランドで初めて見る賑わい。湖に沿ってホテルやモーテルが並び、水遊びに興じる家族や畔の公園でバーベキューを楽しむ若者たち。



このコンロは電気で、しかも無料、事前の予約も不要だという。
テカポ
クライストチャーチにコンビニやユニクロはない。郊外へ出てみると、小さな街には病院も交番も消防署も工場も商店すらほとんどない。もしかして住んでいるのは、羊、馬や牛だけ?

どこまでもどこまでも草原と山と牧場ばかり。信号は街に数機のみ。街と街は100キロは離れている。公共トイレの表示を見落とすと、100キロ先までない。もちろんガソリンスタンドもない。



ランチは公園でサンドイッチ。ハムとサラダは小さな街で見つけたスーパーの量り売りで買った。



テカポの湖の色をなんと表現すればいいのだろう。ターコイズブルーというのだそうだ。エメラルドグリーンにミルクを溶かし入れたような色だ。広いテカポ湖の対岸は、どこまでもどこまでも続く緩やかな丘陵と森林のみ。家族や若者が水遊びに興じ、老夫婦が水辺で憩う。



羊飼いの教会に足を踏み入れると、祭壇の背景に息を飲む。真っ正面に切られた窓に、湖と美しい山並みがあたかも絵画のようにはめ込まれている。




ニュージーランド
B&Bのホテルは上海から来た中国人一家が経営していた。芝生がどこまでも広がり白バラが咲き乱れる。客は、私たち以外にふた組の夫婦と男性客が2人。1組はアメリカから、もう1組はなんと大阪からの老夫婦だった。冬は毎年ニュージーランドで過ごしているのだという。キッチンもオーナーとシェアし、一日60ドルだとか。普通に泊まれば倍の値段。ゴルフとテニス三昧。地震の前まではアパートを借りていたが、今はここを利用しているとか。そういう日本人は何人もいるそうで、ぜひ仲間にと盛んに誘ってくれる。

ネットがつながりにくいため、翌日の行程やホテルを予約するためインフォメーションを探しに街に出る。
バスのフリーチケットかレンタカーを予約するつもりだ。

地震により崩れた家や瓦礫の山、塔を失った大聖堂。出入り禁止の柵の中は廃墟と化した街。そのエリアは想像以上に広い。

インフォメーションの優しいお姉さんと相談しながら、結局レンタカーを借りることにする。部屋もレイクテカポ、クインズタウンまで予約する。wifi環境が悪いので、予約できるときに取るに限る。
バックパッカズの宿も泊まってみたくて予約したのはいいが、実際に泊まってみるとなかなか私達の年齢には厳しい。しかし、もう5泊もとっちゃった。あぁ……。





泊まったB&B


クライストチャーチ
わぁ、最初からこんなに
旅は始まりからハプニング続出だった。
まず、日暮里へ向かうべく山手線に乗ろうと階段に足をかけると、5分ほど前に品川駅で人身事故というアナウンス。全線運休。
地下鉄を乗り継ぎ成田空港へ。早目に出て良かったねとカンタス航空のカウンターへ行くと長蛇の列。
ようやく私たちの番、ところがETAが未申請だという。あぁそう言えばそういうのが必要だと聞いた‥‥ような覚えが‥‥ある。アメリカとオーストラリアだけ入国に必要なのだとか。

慌てない慌てない!時間はあると言い聞かせiPadで申請を試みる。何せそばで地上スタッフのjalのお姉さんが教えてくれる。

ところが何度、きれいなお姉さんがやっても申請が許可されない。結局、近くのjalの旅行代理店カウンターへ案内され、プロが申請しギリギリ間に合った。危ない!危ない!

まだハプニングは続く。フライトは5:50。つまり夜間飛行。なのに私達の周りだけほとんどのライトが付かない。片方の窓際だけついているので、食事したり移動するくらいは問題ないが、本や新聞が読めない。さらに隣の人の座席はリクライニングの度に座席を外しボルトを調節する。座面を男性スタッフが力任せに外し、ボルトで締めたり緩めたり。ビデオも壊れて見えない。

いやはやこんなに壊れている飛行機は初めてだ。心なしか揺れも大きいような

いろいろあったけど、無事旅は始まった。
wifi環境が悪く、なかなかつながらないのが難点!

バタバタと
出発前日なのに、スーパーのちらしを見ながら「おい! 豚こまと竹輪が安いぞ、買ってくるか?」という夫にイラッ 

今朝になって、泥棒対策のため窓が開かないよう何やらやり始めた夫にイラッ
ご近所で昨年末2軒も空き巣に入られ、何度も対策をと頼んでいたのに、動き出したのは当日

昨夜から、ちょっと風邪気味の私。

ホテルもまだ9軒しか予約していない。残りの24日分は未定。ニュージーランドの予定も全く未定。ブリスベンからメルボルン、アデレードの動きも未定。パース滞在の6日間も未定。

色々不安材料満載だが、積雪予報が外れ、晴天での出発。
まぁ何とかなるだろう! 予定がない旅の面白さを味わってくるか!

現地からも、wifiが使えれば珍道中をお届けしますね。



春近しですね。水仙が咲き始めました。
エアーズロックへ
エアーズロックへ行く方法は、2つ。

1 陸路の場合、アリススプリングスまで行き、そこから500キロ約6時間かけてバスかレンタカーかで入る。
または
2 エアーズロック近くのコネラン空港へ飛ぶ。

帰りは、2の逆を、つまりコネラン空港からパースへ飛ぶ予定でチケットもおさえている。

1 取りあえずアリススプリングスへ!
 寝台列車「The GAN」 
 あれこれ調べ、直接列車会社へメールを送ったところ、この時期その列車は週に1回しか走っていないことが判明。しかも私たちの予定する旅行日と全く合わない。よってボツ
 
 飛行機 
 アデレードからアリススプリングス空港まで209ドル。
 寝台列車だと493ドル(ユースホステルの会員価格)だから飛行機の方が格段に安い。
 
 で決まりだな! 
 次なる難題は、アリススプリングスからのエアーズロックエリアへの500キロをどうするか??

 調べてみると、日帰りツアーから2泊3日寝袋、野炊ツアーやら、ホテル滞在豪華ツアーまで色々ある。しかしホテルはもう予約してあるのでツアーでなくてよい。

 エアーズロックエリアにはホテルが4軒しかないので、11月中に、つまり円高だったときに既に2泊おさえておいたのだ。行ったはいいけど、泊まる所が満員なんて最悪だからね。
 4軒しかないので、ホテル代はすご~く高い! ほかの地域の2倍。高嶺の花の高級ホテルは、4倍。もちろん私たちは下から数えて2番目のホテル。(一番下は2段ベッドの雑居コテッジ。若ければそれも楽しいんだろうけどね

 だからアリススプリングスからエアーズロックまでの単純移動のバスでいいのだが、これがなかなか見つからない。一番安いので140ドルもする。レンターカーもあれこれ検索し考えたが、エアーズロック内で2日間借りるのが値段的にも効率的にもベストのようだ。

 で、結論としては。しかも2の直接エアーズロックエリアの空港まで飛ぶことにした。
なんだ、最初からその線で考えればいいじゃないか!と思われる方も多いだろう。でもせっかくの旅行。いろいろ経験したい。本当は寝台列車や長距離バスのしんどさだって味わってみたい。が、なんといってもリーズナブルでなくてはならないのだ。つまりが一番だったわけだ。それでも高い!

 しかし飛行機の便も思うようにはいかない。アリススプリングスはハブになっているようで、便数も多いのだが、エアーズロックエリアのコネラン空港は、どれも「帯に短し、たすきに長し」だ。結局、メルボルン発、シドニ経由で308ドルを予約した。

あぁ~ようやくこれでエアーズロックエリアまでのルート、ホテルが確定した。
しかし登れるか否か? それが最大の問題だ。
誰かのサイトに、
「空港に降り立った瞬間、猛暑とあまりの乾燥で倒れるかと思った」
とあった。

最高気温が40度を超える、3時間は登る、鎖場もある……。

出発前から、すでに気持ちがなえ始めている
オーストラリア旅行計画
来週、出発予定なんだけど、1/18 20:19現在で1ドル94.32円。
円安よ、止まってくれ~

昨年の11月頃、大筋の旅程を立て、1ドル82円頃に航空チケットを買っておいたから、まだマシだが、ほとんどのホテルは旅行しながら取るつもりなので、円安直撃だぁ

しかも、日本にいるオーストラリア人の友達に、メルボルンからエアーズロックまでレンタカーで行くべきだと薦められ、すっかりその気になっていたら、これがとんでもない無謀な冒険だということに、昨日気づき、今朝から格安航空券を調べたり、列車をチェックしたり……。

「地球の歩き方」という本をご存じだろうか? その旅行雑誌のネットサイトにQ&Aがある。
海外旅行に行くとき、不安なことをここに質問で出しておくと、現地に住んでいる人や旅行した人が色々具体的なアドバイスを寄せてくれる。本当にありがたいサイトだ。

気軽に、初国際免許でドライブするつもりだと書き込んだら、「本気で?」「危険すぎる」「真夏の砂漠を1500キロなんて無理!」と異口同音にNO!と。

オーストラリア人の青年は、「道はまっすぐで分かりやすいし、良い道だから大丈夫!」そう言ったんだけどなぁ~。

しかし、確かに無謀かも。しかも帰りは飛行機でパースへ飛ぶ予定なので、乗り捨てることに。1500キロだから無理かもなぁ。でも何かで乗り捨てOK!というのを見たんだけどなぁ。

さぁて、どうするかなぁ。
夫にさっき夕飯食べながら「飛行機にする? それとも寝台列車?」と聞いたら、なんと「長距離バスは?」と言うではないか。はぁ~?1500キロ、バスで? それこそありえない! 

はじめてのおつかい
昨夜、「はじめてのおつかい」を観た。大好きな番組だ。
3歳の女の子が、意気軒昂に独りでお使いに出たものの1時間も道に迷う。
そのとき彼女が口ずさんだ自作の歌詞にビックリ。本当に3歳?
なにもかも、いやになり……
そりゃぁ、1時間もひたすら歩き続けた道が行き止まり、間違えたことに気づけば、大人だって嫌になる。
それでも泣かずに今歩いた道を戻り、見知らぬ八百屋のおばちゃんに「私の家はどこ?」と尋ねる。

他にも「いやだ! できない!」と泣いて泣いて、もうお使いは無理かな?と思った子が、ちゃんとやり遂げたり。
「子どもだから無理」「まだ3歳だからできない」と侮ってはいけないなぁって、毎回教えられる。

途中で転んだり、泣いたり、道端や店の人混みの中で居眠りしたり……。
あぁそういえば、いつの番組だったか、道の真ん中で突然横になり寝始めた子もいたっけ。
あちこちで失敗しながらも、色んな人に助けられ、最後には家に戻ってくる。
たった3~4歳の子が見せる人生の縮図。

お母さんたちもえらい!。きっと我が子はやり遂げるはずと、帰ってくるのをじっと待つ。
子どもの力を信じて、背中を押してやる。
子育ての極意だねぇ。

う~ん!実にいい番組だ


アトピーから小児喘息へ
3~4歳頃から気管支炎をおこすことが多くなった。
最初はよく風邪をひく子だなぁと思っていた。
それがアトピー・アレルギーから移行した「気管支喘息」と明示してくれたのは、やはり新橋のアレルギー研究所だ。アレルゲンは、カビと猫の毛だった。

新潟へ帰郷すると、毎回小児科で吸入、真夜中には救急で点滴。盆と正月、恒例の駆け込み治療だ。
お世話になった小児科の赤ひげ先生に毎回のように言われたものだ。
「こんなに空気がきれいなところに来て喘息起こす子は、汚い都会へ帰れ!」と。
空気の汚さや温度変化じゃなく、畳や壁で培養されている「カビ」が原因なんだよねぇ。
だって畳替えした年に、発作が出なかったことがそれを証明しているもの。
それでも息子が喘息起こすから、盆暮れに帰郷したくないとは言えなかったなぁ。
孫が来るのを義父母は楽しみに待っていただろうからねぇ。
せめて息子が「喘息出るから行きたくない」と泣いてくれりゃ言い訳もできたのに。

深夜に県立病院の救急へヒィーヒィー言う息子を抱えて何度行ったことか。
みんなが寝静まった真っ暗な凍てつく部屋で、息子の背中をさすりながら布団にくるまり座り込んでいると、
近くを走る信越線の汽笛が、寂しく夜のしじまに響くんだよねぇ。
咳が止まるように、切った大根に蜂蜜をかけ滲み出た汁を飲ませたり、胸にシップを貼ったり……。
あぁ~思い出してもしんどい数年間だったなぁ。

勿論、身体を鍛えるために、4歳~5歳ころからスイミングに通わせたし、本人の希望もあり、小学校3年生頃から剣道も始めた。剣道は高校卒業するまで続け、年齢とともに、発作の回数は徐々に減っていき、20歳を過ぎた頃には、もう薬もインタールの吸入も必要なくなっていた。

喘息の子を持つ親御さんへ
今は喘息の研究も進み、良い治療薬もできている。医科学の進歩を信じ、子どもの身体の成長を信じ、乗り切って!


アトピー・アレルギー
何でも食べることができるが、食べてはいけないものが下の子にはあった。

生まれてしばらくすると、肌ががさつきブツブツと吹き出物が出て、顔にひっかき傷を付けるようになった。
病院で教えてもらったのか、パソコンで検索したのか思い出さないが、新橋に「アレルギー研究所」があることを知り、生まれて数ヶ月の子を抱き出かけた。

血液検査やパッチテストなどの結果、アレルゲンは卵と判明した。
そこで母乳の源、私の食から卵を断ち、カステラやパン、ちくわなど徹底的に排除した。

すると、面白いように息子の肌はツルツルになった。
生後1年で職場復帰したので、保育園(公立の空きが出るまでお願いした私立保育所と公立保育園)へ協力をお願いしに行ったところ、卵の入ってない代用食を、しかも他の子と差がないよう見かけまで工夫して出してくださった。今思い出しても、感謝の気持ちで胸が熱くなる。

こうして息子は、アトピー特有のかゆさに悩まされることなく育つことができた。
しかも徐々に卵アレルギー反応が出なくなり、小学校へ上がる頃には、卵そのものを食べることができるようになっていた。

うちの子はアトピーかな?と思う親御さんへ

卵かな? 蕎麦かな? 花粉かな?と素人判断ではなく、検査ができる病院でしっかりアレルゲンを特定しましょう。アレルゲンを医科学的にとらえ対処することで、子どもの負担を減らせ、親子ともに夜ぐっすり眠れ、笑顔で過ごせますよ。

ただ息子の場合、アレルギーは卵から喘息へと移行していたんだよねぇ。 つづく


さくら草
偏食の無い子に育てるには
久々に「子育て」について……

毎食「残さず食べなさい」「好き嫌い言わず、何でも食べなさい」と叱るのは避けたいもの。
調理のたびに、『あぁ、○○子はピーマンが嫌いだから…』などと考えるのもしんどい。

365日、毎日3回の食事を5年間続ければ5475回。
小学校にあがれば、1日2食に減るので、6歳から18歳までの12年間を単純計算すると、8760回。
1歳から6歳までの5年間を入れると、14235回。

この回数、食事の度に頭を悩ますのも、食べない子どもにイライラするのも非常に辛い子育てだ。

解決策は言うまでもなく、何でも食べる子にすればいい。

ではどうすれば良いか。経験からコツは3つだと思う。
コツ1 せめて1日に1食は色々な食材を使うよう心がける。特に離乳食からの2~3年間くらいは、意識して頑張る。 
  「頑張る」とは書いたけど、例えば味噌汁一品に色んな野菜を入れちゃえば、それでいい。ニンジンを花形に切ったりとか、そんな手間をかけなくても大丈夫。

コツ2 この子は○○が苦手(嫌い)なんだなぁと決めつけない。
 味覚は変化する。嫌いだったものでも食べるようになる。口から押し出しても、めげずにまた料理する。私も最初の子のとき、「子どもってネギは嫌うんだろうなぁ」と思い、わざわざ避けて食べさせていた。当然、嫌いになった。二人目の子には、その反省から何でも与えた。当然同じ料理を並べるので、そのうち上の子も食べるようになった。嫌いなのだそうだ。でも食べる。勿論、叱らなくても食べる。毎回のように出していれば食べるようになる。

コツ3 お腹を空かせた状態で、食卓に向かうようにする。
 今「おしん」というドラマが再放送されているそうだ。貧しい農家に育ったおしんが、奉公先で苦労するシーンは涙無しでは見られない。おしんが生きていた世界は、まさに生きるための食だった。子どもも思いっきり遊びお腹がペコペコに減れば、何でも食べる。

この3つのコツを意識しながら子育てをちょっと頑張れば、その後はずぅ~っと子どもは勿論のこと、親も食で嫌な思いをしないで済む。健康も保てる。良いことだらけ! 「頑張る」期間は短く、「楽らく」は長く!


人生100年の計
1/4の日経新聞夕刊に掲載されていた岡本和久氏の説(要約)

いまや人生100年の時代。長い人生は大きく3つの期間に分けられる。30代前半までの「学びの時代」、セカンドエイジは言うまでもなく「働きの時代」。そしてサードエイジは一般に定年退職後の時代。それまでに形成してきた金融資産を活用し、自分が本当にやりたいことをして、それが世の中のためになる「遊びの時代」。いわば「生きざまを形成する時代」といえる。
 「学びの時代」の若い人たちに「私もあんなふうに生きたい」という生き方を見せてあげることで、次世代の人的資産形成に資するのだ。人生は、自分の一生だけでなく、次の世代につながってゆくものなのだ。

「遊びの時代」「生きざまを形成する時代」かぁ。良い響きだ! しかも遊ぶことが次世代の人的資産形成に役立つとは。
日経新聞に掲載する原稿だけあって、「金融」「資産」「運用」の言葉を使いこなす。最後はこう締めくくっている。 


金融資産に着目すれば、現役時代が資産形成、退職後が資産活用になります。人生100年の計は「いま」にあり。まず、第一歩を踏み出すことが大切です。

どんな一歩を今年は踏み出そうかなぁ? うん? あなたはまだ「遊びの時代」には早いって? いや~確かに 


万両。鳥がついばみ実は僅か。
謹賀新年
明けましておめでとうございます。

関東地方は、この2日とも穏やかな晴天でした。
しかし日本海側や東北では吹雪。
御苦労が察せられます。

今年こそ、地震も大きな災害も国同士の諍いも無く、皆様にとって良い年でありますように。

本年もよろしくお願い致します。