FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
きゅうり
昨年1本の苗から毎日のように1、2本ずつ収穫でき、夏中重宝した。

今年は、愛情を込め、牛糞や油粕、腐葉土を混ぜ込んだ土へ植えてやった。
ところがこの数日元気がない。
水もやっているし、日当たりも十分だ。
ついに一昨日、ヘロヘロになってしまった。

ふとある助言を思い出した。

「肥料のやりすぎが苗をダメにする」

大急ぎで、苗をあまり手をかけていない場所に移した。
今朝、ちょっと持ち直したように見える。



子育てもそうなんだよねぇ。
あれもこれも、子にいいはず!と与えすぎるとダメなんだよねぇ。
NO!と言えず、与えられるというか押し付けられるまま受けるしかなく、アップアップしてしまう。

足りないくらいが、成長にはいいみたい。植物も子育ても。
下記は、ほとんど手をかけてない鉢。勝手に成長し謳歌している。


スポンサーサイト



豆腐料理
日高市で偶然見つけた『豆腐厨房』さん。
15号線を猿田の交差点から巾着田の方へ向かうと左側にある。

下記は、時間制限無しの大豆ビュッフェ。980円。



おからを使ったサラダやコロッケ、がんもどきや大豆のから揚げ、豆乳とキーウィのムース。豆腐?おから?で作ったカレーも美味しかったなぁ。30種類以上あったと思う。

ヘルシーかつどれも美味しくって、再訪をと思ったら、なんと大豆ビュッフェは10月頃までお休みするそうだ。
でもカフェと豆腐などの販売は、行っているとのこと。
トマトの豆腐というのも売っていた。塩で食べると美味しいとか。次回はそれを買ってみよう!
ウド
今春、友達からたくさんのウドをもらった。あちこちにおすそ分けしてもまだ何本も残る。早速、天ぷら、酢味噌和えや木の芽和えと春の香りを存分に楽しんだ。

そして溜め込んだウドの皮で、きんぴらを作った。


レシピに「厚く剥いた皮はきんぴらに」というのをよく見るが、いつもこう思っていた。
「高いから1~2本が関の山。きんぴら作れるほどの皮は残らないよ(-。-;」

しかし今回は家族みんなで味わえる量のきんぴらができた。大満足(^ ^)

もう1つ、葉っぱの料理を友達に教えてもらった。椎茸や人参、油揚げと炒めて煮つけた葉っぱのまぁ美味いこと!。オススメです(^-^)/
崖の湯温泉 秩父の桜
長野からの帰途、塩尻や松本市街地やアルプスの山並みを一望できる露天風呂を楽しんで来た。崖の湯温泉「薬師平茜宿」さん。

崖の湯温泉 縮

男風呂。はもちろん夫。

ドライブしながら、iPhoneで検索し見つけた温泉。移築した合掌造りの古民家で食べた蕎麦も、眺望が素晴らしい露天風呂も最高のご馳走となった。

下記は、山梨から秩父へ抜けたとき撮影した桜。白久駅のそば。

信州松本
今年はどこで母に桜を……と、探していたところ、
ネット検索で、ハイクラスホテルの期間限定割引を見つけた。

信州松本、美ヶ原温泉の「秀峰」さん。

桜の開花予想は4月9日。
この日に予約を入れたのは、3月。

ところが間違い、つまり開花と満開は違うのだと気付いたのが、4月に入ってから。
相変わらずのおっちょこちょい。
この歳になっても早合点してしまう私、トホホ……。

そうだよねぇ、いくら平日だからって、桜が満開の時期に格安にするはずがないよねぇ~。

そこで山梨の桃源郷を目玉にすり替えたのに、出かけてみると既に遅かりしの感。

80歳の母に「桃、桜、温泉を楽しもうね」と期待を持たせた旅、
信濃路へ向かう私の心は、ブルー。

ところがところが、どうしたことか、歓迎すべき予想はずれ。
まさに満開の桜が、私たちを迎えてくれたのだ!

松本城縮

松本城 堀の桜 縮
難といえば曇り空だったこと。
初ヒッチハイク
先週、山梨県、長野県へ花を求めて出掛けてきた。これは途中の笛吹川周辺の桃源郷。



桃の実を付けるために、花を摘むそうだ。もう少し早いと、一面ピンクの絨毯だったかも。

昇仙峡へは、無料駐車場から緩やかな坂道が続く。80歳の母とゆっくり登り出したが、歩き出して数分もしないのに、母が音をあげた。

とはいえ、何もない道端に母だけ残して行くわけにはいかない。そこでヒッチハイクを試みることにした。

平日でもあり、行き交う車はほとんどない。土産物屋へ行く業者の車を狙おうと思ったが、立てた親指で止まってくれたのは、観光客らしき家族が乗っている乗用車だった。すでに満席だ。しかし、

「母だけ乗せてもらえませんか。よろしくお願いします!」

と頭を下げると、運転をしていた父親らしき人が、

「Please in English !」

というではないか。
何と、シンガポールから来た旅行者だそうだ(^.^)。
驚き戸惑う母のお尻を押し、乗せてもらう。外国人の車に母だけというわけにはいかないので、私も乗り込む。2人分の座席に4人。しかし嫌な顔せず、大学生らしき若者2人はギュギュッと席を空けてくれた。

いやぁ、シンガポール人は優しいなぁ~! 感謝!感謝!
うどん県
先月、故郷の香川県へ出かけたとき、バス停でこんな標識を見つけた。(写真をクリックすると、拡大できます!)





香川県には650軒を超すほどうどん屋がある。うどんを食べ歩きたい、でも回るには車がないと不便という観光客の要望に応えた企画なんだろうか。

確かに突然有名になった小さな店に、わんさか車で来られたら、ご近所も迷惑に違いない。

しかし生存競争が激しいのに、特定の店だけというのは問題あるだろうなぁ。秘策があるのかな?

ところで高松市は、いち早く貸し自転車の有効利用事業に着手している。フランスのパリでやっているように、拠点となる市内の数カ所にターミナルを作っている。そこに置かれた自転車を、低料金で、時間内に戻せば何度でも使えるシステムだ。戻すのはどこのターミナルでも良い。

例えば駅で借り、病院近くで返し、診察が終わったらまた借り市役所に行く。用事が終われば、近くのターミナルへ返す、というような。同じ自転車を借りるという発想を取っ払ったところがいい。

駅前も市内も放置自転車がなくなり、すっきり。道路もこんなふうに整備されている。

これなら安全! あぁそういえば 先日東京の山手通りを走ったとき、同じような自転車道を見たなぁ~。最近は埼玉県の川越市でも導入を始めたと聞く。