FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
巣は出来たようだけど
いつの間にか、巣が完成?していた。



主を写真に撮ろうとするが、警戒心が強く、カメラを向けるとすぐ飛びたってしまう。灰色で雀やメジロより大きく、嘴が長い。何て名前だろう??

完成したものの、籠る様子はない。
スポンサーサイト
新たな巣
もう鳩は来ないのだと思っても、花の水やりのたびについ覗いてしまう

ところが昨日、クロモジの木に小さな巣を発見。
主は誰?と、注意深く一日観察するが、姿を見せない。

なんだ、過去の巣? それとも鳩と同じでやめちゃった?
ちょっとあきらめかけていた今朝、巣が少し大きくなっている気がする。


白いヒモはビニールテープ。こんなものまで使うのかぁ。

どんな鳥なんだろう?
残念な報告
卵が無い。
跡形もなく消えていました。

鳩も、もうやってきません。
毎日何度も巣をのぞいていただけに、無性に寂しく感じます。

でもキュウリに花がつきました。
今度こそは育ちそう!


た・たまごが
今日、親鳩が留守のときに巣をのぞいてみたら、卵が1つなくなっていた。
巣の下を探したが、落としたわけではなさそうだ。

と、丸々と太った猫がどこからか現れた。
「お前か?」と睨み付けるが、私をチラ見しただけで、悠然と庭を横切っていく。
あまりの貫録に負けてしまった。

その様子を見る限りでは、巣にすら気付いていないようだ。

そういえば最近カラスが姦しい。
低空飛行しているカラスよ、お前が盗んだのか??


鳩 その3
鳩が卵を温め始めて約1週間。
ところが最近の彼らは、子育て放棄か?と思うほど外出ばかりしている。

鳥って、どの親も同じ?
卵って、ずっ~と温めていなくても孵るの?


こぼれ種から芽を出したビオラ。
キュウリが枯れたわけ
先日移植して持ち直したかに見えたキュウリが、突然枯れてしまった。瀕死の状態だ

そこで苗屋で話を聞いてきた。さすがプロ。明瞭な説明。

原因は霜と強風だそうだ。特にスイカ、キュウリなど瓜科の苗は霜に弱いとのこと。また大風に揺すられると根が動き、定着しないらしい。だから早く植える場合は、霜除けと風除けをするのがコツだそうだ。納得!

1本苗を買って来た。今度は上手く育つかな?

そうそう鳩の件。
どうも食事に出かけていたらしい。
今日も4時頃不在だった。


スズラン
鳩 その2
昨日は初夏の陽気、今日は初春。冷たい北風が月桂樹を揺する。

しかし朝、鳩は強風など物ともせず座り込んでいた。さすが母は強し。おっといけない、今卵を温めているのは父かもしれないんだった。

ところが夕方覗いて見ると、もぬけの殻。どこへ行ったのやら姿が見えない。

今日は午後から家の前で水道管の交換工事があり音もうるさかったし、地面もドドドドと揺れ続けたからかなぁ? それにしてもこの寒さの中、卵をほったらかして、果たして無事ヒナにかえるのだろうか?
あれ?卵が2個に増えている。


この連休、司馬遼太郎の『燃えよ剣』に、はまっている。
むろん拙庭でである。
頭の中が司馬遼の文体だ。

と、BGMに鳩の鳴き声が……。番いの呼応だ。電線上の雄の呼びかけに低い声が月桂樹の繁みから応じる。覗き込むと目が合った。微動だにせず座している。

時折雄が枝を咥えてやってくる。実に微笑ましい。鳩は一生どちらかが死ぬまで相手をかえないそうだ。

それにしてもこんなに低い場所で巣篭もりして狙われはしまいか? 何も食べずにずっと卵を温め続けるのか? 雌だけが頑張るのか?と興味津々。

そうだ!ブログにとカメラを向けシャッターを切ろうとした瞬間、バサバサと大きな音を立て雌が巣から出ていった。焦ってどこかに身体をぶつけたような鈍い音までした。

なんてことをしてしまったんだろう、かわいそうなことをしてしまったと自責、自己嫌悪の嵐。

待てど暮らせど鳩は戻って来ない。
これが5日の子供の日だったので、なおさら気が咎めた。



ところが今朝、あの鳩の鳴き声が聞こえてくるではないか。中で私を避けるように鳩が尾を向けて座っていた やれやれ。

因みに卵は雄と雌が交代で温めるそうだ。雛の声が聞こえてくるのはいつになるのか? 楽しみが一つ増えた
庭リビング
清々しい五月晴れ。
毎年この時期、狭い庭にキャンプ用の椅子を出し、シャラの木陰で本を読む。

視界に時折ひらひらと舞い込む蝶や足元を横切るトカゲ、葉擦れの風の音やメジロの高い鳴き声、レモングラスの香、すべてが好ましい。

自然のBGMだけなら最高だが、何せ狭い庭、通行人の声や車の雑音も入る。しかしそれらマイナス要素を差し引いても、このひと月程は庭で過ごす時間が楽しい。

珈琲を飲みながらの読書。最近読んだオススメは、松家仁之『火山のふもとで』。

電波障害
東京タワーからスカイツリーへ、5月にTVの電波が移行されるはず……だったのでは?
今日から5月だというのに、そんな気配はない。

去年の秋からかなぁ~、我が家のTVが砂嵐状態や中継状態になるのは。
半分以上のチャンネルで、画像が突然止まる、切れる、画面が激しく乱れる……。
まるで宇宙飛行士が、メッセージを送っているときのように。

ニュースもこんな感じ。
…地方で、本日…ガガガ…の……ガガガガッ…でした。

これじゃちっとも分からん。

サッカーの試合で、ゴール前選手入り乱れ、一本入るか!と盛り上がっているときに、画面が停止状態に入るとTVを蹴りたくなる。


さらにたちが悪いのは、雨が降ったらとか大風のときとか、何か必然的な理由があれば対処できるのに、乱れ時期や程度が全く予想不可能なことだ。

もちろん東京スカイツリー移行推進センターがやっている「受信確認テスト」の間は、どのチャンネルも静か、鮮明、つまり問題なし!

どこの家でも、スカイツリーに移行終えるまでの我慢!と忍耐の日々かと思ったら、どうも我が家だけらしい。
なぜ??? 地デジ移行のとき、自分で部品を買いそろえてアンテナを立てたから? 

「プロに任せればよかったのに!」と家族から責められる夫。 電波よ、早く飛んでくれ~!

近所で見つけたサクランボ。ピンボケだなぁ