FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
烏賊蕎麦
八戸から三戸を経て奥入瀬へ向かう道でちょっと変わった蕎麦と出会った。



烏賊ソーメンと大根おろしがのった「烏賊蕎麦」。



「菊蕎麦」
菊の花の酢の物と大根おろし。

麺がちょっと太い。蕎麦だと「太い」場合、通常幅広。しかしここの麺は、ラーメン界でよく使う「太麺」。スパゲティのよう。


松雪庵
スポンサーサイト



星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル 後半
テレビは、あった。
それは、「ふつ~の庶民的な宿」と同じく床の間に鎮座していた。

小じゃれた装いのスタッフに、
「テレビ、置いてあるんですね?」
と聞く。

脈絡ない質問にキョトンとしている。
星野社長が「非日常の空間を大事にしたいためテレビは置いてない」と言い切った話を伝えると、
「あぁ、軽井沢のホテルには置いていませんが……」
というではないか。

え? つまりここは「非日常を演出するホテルではない」ということ??

星野リゾートの公式ホームページを見て納得。
全国に20か所以上ホテルがあり、軽井沢は、1泊素泊まりで1人2万2千円もする。もっと高いのは竹富島で、3万だって。泊まるだけでこの金額

そういえばラウンジでこんな光景を見た。
旗を持つガイドさんに率いられ観光バスから降りてきた団体客たちが、立ったままスタッフからホテルの説明を聞いていた。
軽井沢や竹富島ではありえないシーンなんだろうなぁ。
むろん竹富島に大型観光バスはないだろうけどネ

夫は、スタッフが部屋から出ていくや、リモコンを操り、我々の視覚も聴覚も「日常」へと押し流す。
こうして奥入瀬の夜は、自宅のそれと変わることなく更けていったのだった。

まぁ、いっか! 星野リゾートの「上質」は、夕食のビュッフェで満喫できたからネ
因みにここ「奥入瀬渓流ホテル」は、朝夕食付いて13300円。

満足度の沸点が低い我ら庶民には、日常と非日常の入り交ざったお手頃「星野リゾート」と言えるかも。
そうそう温泉は無色透明。シャトルバスで行く露天風呂がいいらしい。我々は雨で断念!

奥入瀬渓流 s
初星野リゾート 前半
今話題の星野リゾートに泊まった。
「奥入瀬渓流ホテル」
駐車していると、スタッフがカートを押して走り寄る。

星野リゾート ラウンジ縮

吹き抜けの玄関を入るや、ラウンジの壁一面を切り抜いた窓に広がる新緑、
そして暖炉にかかる巨大な岡本太郎作の煙突が目に飛び込んでくる。

最初のおもてなしは「リンゴ抹茶」。
やっぱ青森だねぇ。


岡本太郎作 縮

旅行前夜、たまたま星野リゾート社長がインタビューを受けている番組を見た。
「お客様には非日常を味わっていただきたい。」

このスタイリッシュなラウンジで、木々に包まれ、何をするでもなくまったりと時に身をゆだねる。
ジャズの調べが、また実にこの雰囲気にあうんだよねぇ~。
あぁ~これこそ非日常だぁ~!

ふと、星野社長の言葉を思い出す。
「だから、部屋にはテレビを置いていません。」

マズイ! 夫は大のテレビ好き。
お酒も飲まず、寡黙なタイプ。
テレビが友達なのに……。

おばあちゃんと3人、何をして夜を過ごせばいいんだ

ふつ~うの庶民的な宿の方が良かったかも

 
飯坂温泉 後半
小さな町に共同浴場が9軒も……。
しかも早朝から夜遅くまで営業。
今どきシャワーやカランもないのも珍しい。
が、ごくごくそれが当たり前のように、若い女性も浴槽からお湯を汲み、髪や身体を洗う。



公共の駐車場に掲示してあった街の地図を見ていたら、声をかけられた。
「どこかお探しですか?」
福島県の高校で教師を勤め、定年を迎えた女性だった。
家の近くにある共同浴場2か所と自宅の風呂を毎日交代で入るのだという。
自宅の風呂を使わないとボイラーが傷むので、仕方なく3日に1回は使うそうだ。

共同浴場通いは、地元の人々にとっては「日常のひとコマ」なのだろう。
しかし「飯坂」と名前に「坂」が付くだけあり、坂道や階段が多い。
冬は雪も積もる。
それでも湯の恵みに魅かれ、風呂屋の暖簾をくぐるに違いない。
飯坂温泉 前半
驚くことに、福島県の飯坂温泉には共同浴場が9か所もある。
どこも200円。朝の6時から夜の10時まで開いている。
その一つ、「鯖湖湯(さばこゆ)」に入ってきた。



飯坂温泉で一番古い湯場だそうで、芭蕉も入ったとか。
ただ平成5年に、明治時代の共同浴場を再現し改築されている。
中に入ると、御影石の湯船のみ。
シャワーもカランもない。




先に入っていた人が
「ホースで水を入れながらでないと、とてもじゃないけど入れないよ」
と教えてくれる。

酸ヶ湯温泉の比ではない熱さだった。
58度もあるという。
湯は、無色透明。
酸ヶ湯温泉 後半
「よし!」とばかりに扉を開け、足を踏み出してみると、階下の浴場、いや湯船の中まで簡易衝立が張り巡らせてあるではないか。案ずることはなかった。

ところが何枚もつないでいる衝立ごとにちょっと空いている。
この隙間が、心に小さなさざ波を起こす。

例えばこんな風に。
 ガラッと扉が開く音で、意識はおのずとそこから出てくる女体にいく。
 わずかな隙間を通り過ぎるその瞬時に神経を集中させ……。

(気の毒なことに、私たちも含めて女人たちは、白髪が混ざっている年齢ばかり)

隙間がないように一部を重ねて仕切ることも、本格的に壁を作ることも可能だろう。
しかし、そうしないところに混浴風呂ならではの「興」がある。
飴色と化した衝立は、300年の時が作る雰囲気に溶け込み違和感がない。
その上女人の恥じらいと、男性陣の期待にも応えている。
絶妙な設えだ。

湯船のへりに座り込んでいる先客たちが、
「見えへんから、安心して中の方まで行きよし。」
と声をかけてくれた。
なるほど濃い白濁の湯に身を浸せば、首から下は全く見えない。

連泊しながら、7泊かけ東北の温泉を回っている姉妹夫婦だった。
「どこから来はったん?」
「明日はどこへおいやすの?」
矢継ぎ早の質問。母も話好きときている。
話に花が咲き過ぎて、折るタイミングが掴めない。
が、ここは心を鬼にしてストップをかけないと大変なことになる。
なんせ湯が熱すぎるのだ。


酸ヶ湯温泉 前半
母を連れ、東北の温泉を5か所まわってきた。
一番のオススメは青森の酸ヶ湯温泉。

酸ヶ湯温泉

八甲田の山麓、新緑のブナ林を縫うように車を進める。
あちこちに残雪が見られ、水辺には水芭蕉が可憐な花を咲かせていた。
1か月、時が逆戻りしたようだ。

十和田八幡平にあるこの温泉は300年も前に掘られたという。
酸ヶ湯と書いて「すかゆ」と読む。
写真は、男女混浴の千人風呂。
男女別の風呂もあるそうだが、宿の番頭さんらしき小父さんは
「せっかくはるばるこんな奥地まで来たのだから、やっぱり千人風呂でしょう!」
と強く勧める。
私たちのような中老年に、誰も興味を示すまいえい!やっ!と、腹を決めた。

街の銭湯のような番台が入口にあり、右と左に男女別の脱衣所がある。
浴場は、昔むか~しの小学校にあった講堂のような感じ。広さも雰囲気も。
湯は濃い白濁。

そこで京都からの旅人たちに出会った。つづく

かすみ草
お友達から両手に抱えきれないほどのかすみ草をいただいた。畑で摘んできたばかりだとか。幸せ~
私…否、女…いや、人は花で十分癒されるのよねぇ~。



ちょっとピンボケねぇ。やっぱり私は下手だなぁ。

かすみソウ

夫が撮るとばっちり。
「ようだ」の域を超えず
巣ごもりを始めたように見えたけど……。

おとといは、全く見かけなかった。
コヤツ、やめたのか?と思っていたら、
昨日、座っているのを見かけた。
でも数分? いや数十秒? 

気まぐれ?
それとも私を警戒して?
もしかしたらまだ卵もないのかも?

巣の形状がつぼ型なので、中が見えない。
どうにも気になって仕方がない。

そこで今朝、主が近くにいないのを確認した上で、足台を用意し、覗きこんでみた。

無かった。何も。



昨年のこぼれ種から咲いたサフィニア。
巣篭もり
いよいよ始めたようだ。

始めたよう、としか言えない。
確信が持てないのだ。
何せいない時間の方が長い。
鳩より、いい加減な気がする。

あの目は、270度見えるのだろうか?
カメラを向けると、さっといなくなる。なかなか手強い。



上手く撮れなかったけど分かる?写真をクリックすると、少しは見やすくなるよ