FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
虫がわいたぁ~!
米を洗った水に何やら浮かんでいる。
ぎゃぁ~虫だ!

数年前の悪夢がよみがえり、ぞっとした。
あれは、墓参りの帰り、住職からもらった米だった。

糸を引いているし、あちこちに蜘蛛の巣のような塊もあった。
ベランダに敷いた新聞紙に米を広げてみると、虫がモジョモジョ、ウジョウジョ。
尺取虫のように小さな体を縮めては伸ばす。
突然太陽に晒され、逃げ出そうと彼らも必死だったのだろう。

虫を取り除き、米だけ集めて袋に入れていく作業は、とてつもなく長い時間がかかる地味で悲しい作業だった。

このまま捨ててしまえばどんなに楽だろうと何度も思った。



しかしそんなことはできない。
私は戦後生まれだが、父を早くに亡くし母親の細腕で養われた。
また父方の実家が農家だったこともあり、米を捨てるという選択肢はない。

悪夢は、この辛かった作業だけではなかった。
お日様に干したせいで、米が不味くなった。
炊き立てなのに、飲み込むようにしないと食べられなかった。
そういうときは、米の減りも遅い。

あの時のことを思い出したのだ。

しかし湧いたものは仕方がない。
覚悟を決め、今朝は6時過ぎから虫と格闘することにした。
天の助けか、酷暑の夏だというのに、今朝は曇り空で秋のような涼しさだった。
今回は退職した夫と2人での作業。
10キロの米から虫を取り除くのに、それでも2時間かかった。

太陽にさらすこともなく終わったので、質はそれほど落ちてはいまいと思うのだが、
なぜか、虫を見つける前と同じ味とは思えないんだなぁ~。

夫よ! お願いだから安い米を大量に買い込むのだけはやめて~!



今年収穫した唐辛子を入れて。
スポンサーサイト



木登りかぼちゃの収穫
捨てた種から芽を出したカボチャが、こんなに大きくなった。

かぼちゃ2


月桂樹を這い登り、お日さまの光を受けながらゆらゆら揺れる様は面白くもあるけれど、最近の雷雨や突風は心臓によくない。隣家のガレージに穴を開けては、エライことになる。
そろそろ降ろしてやらねば!

ネットで調べると、収穫してから1週間から10日ほど風通しのよいところに置くと、甘みが増すらしい。
まさに自然の恵み。楽しみだ!
恐るべし!放射能の影響
先日、根津で二人展を開いた櫻井満氏のブログをぜひ見てほしい。
「陶芸などなど」(青字をクリックすると、訪問できます。右のリンクでもOK)

放射能の影響と思われる奇怪な草花について報告されている。
櫻井さん家族が暮らす栃木県の、小さな子供たちが戯れる草むらに、放射能の魔の手が伸びているという。

なぜ原発を推進する政党に、票があれほど集まったのだろう。
世界に誇る平和憲法を崩そうとする動きに、危機感はないのだろうか。

「戦争になんてならないよ、今どき」
「大丈夫!大丈夫!そんな恐いこと起きないよ!」
そんな風に思っている?

しかしそれはあまりに楽観的すぎる。
気付いたときには、深みに足を突っ込んでいた!となる。

だって福島の原発事故で初めて、日本中にこんなにたくさんの原発が建設されていたことを知ったのでは?
活断層の上に原発が建設されていたことが分かったのも、大震災での原発事故があったからでは?

選挙結果が出た翌日、放射能が海へ流出していることを発表。2ヶ月も前から分かっていたというのに。この事実をどう考える?

巨大政党が、我が意を得たりと暴走しないよう、耳をそばだて、目を見開き、声をあげねば!




ラベンダー
家具 完成!
いよいよ色付け。



何度塗り直したやら。
塗ってみると明る過ぎ。もう少しダークブラウンの方がいいと、ペンキを買いに走り塗り直し。塗っては乾かし、翌日また重ね塗り。もちろん家からヨイショヨイショと二人掛かりで出したり入れたり。ペンキ塗りが終わると、上薬。これも3回、つまりペンキと上薬で一週間はかかっている。

その間には、突然の雨も。暗雲が垂れ込めてきたら予想がつくので、空が泣き出す前に、ヨイショと家の中へ片付ければ問題ない。が、意表を突くパラ雨、天気雨が困る。

2度襲われた。一度は、「オーイ!早く早く」の叫び声で呼ばれ、青いシートを傘代わりに掲げ持ち、雨雲が過ぎるのを待った。シートは棚の大きさしかないので、我々はずぶ濡れ。ほぼ上薬が乾いた段階での雨だったので、この被害は無しに等しい。

もう一回、パラ雨にやられたことをほぼ出来上がってから私は知った。

お日様に透かすと、天板にうっすら水滴の跡が模様を付けたように残っていたからだ。

夫に聞くと、色付けする前にほんのパラッと降った雨の所為だろうという。もちろん拭いて塗ったのだが、水分が木に沁み抜けてないところに色付けしたため、木の吸水度に差が出た。だから何度重ね塗っても水玉模様が消えないのだとか。

幸い、据え付けの棚板の下に置く家具(棚)なので、天板部分は暗くその水玉模様を見ることはない。







お皿や花瓶を置いた棚は、元々あったもの。手間の丸いテーブルは火鉢。その上の蓋も夫の作。
家具作り その4
天敵は雨だった。

雨が続く肌寒い頃、4畳しかない狭い作業場でコツコツ、コツコツと切込み作業。
切込みが終わったパーツは、所狭しと壁に立てかけられたまま。
そしてまたしばらくほったらかし。

ところがエンジンがかかると早かった。
梅雨明け宣言があった日、そう、朝から友達と根津へ出かけた日だ。
夕方、戻ってみると、棚が組みあがっていた。
もちろん玄関先の青空天井の下で。

2メートルもある。
やすりがけの埃が半端じゃない。
言うまでもなく作業は外で、となる。
ご想像の通り、家の中から2人でヨイショと入れたり出したり。
突然、雨が降ろうものなら、「オ~イ!」の声で呼ばれ、またヨイショと中へ運び入れる。

しかし雨で汚点を残すことになろうとは、アマチュア家具職人は、この時まだ知らなかった。



棚をひっくり返し、電動サンダーをかける夫。
真夏の作業は、蚊との闘いでもある。ネット付の帽子と長袖、長ズボン防塵マスクも必需品。
家具作り その3
私から見ればすご~く無駄に見える「何もしない時間」が、
実は重要だということに、夫のつぶやきで知った。
(基本、夫婦間で会話はあまりない。夫に話しかけても返事どころか相槌も返ってこない。自ずと会話の少ない関係に……。)

「時間を置いて見直すと、線の引き間違いに気づくことがあるんだ」

確かに!。
このブログも勢いで書いた文章を後から読み直すと、文意のねじれや誤字脱字が……
また句読点の打ち方ひとつで、伝えたいことが変わることに気付くこともある。

文章は書きなおせばいい。しかし木にノコギリをあてた後では大変だ。
また遠路はるばる大きな木を運ぶことになる。

思い出したように時々設計図と線を引いた木を眺めては、またTVの前でゴロゴロ。
部屋のあちこちに片付かないスケールや鉛筆が転がっているのには、ちょっとイラだけど、少し夫を温かく見守ることができるようになった。


強度を高めるための工夫
家具作り その2
35日間の長期旅行から戻ったのが、2月27日。
「疲れが取れるのに日にちがかかったでしょ!」って?
いやいや、夫は
「疲れ? べつに~。平気だよ」
と、帰国翌日から冷蔵庫を食材で埋めるべく自転車でスーパーの梯子。
が、材木は旅行前日に切ったまま、ほったらかし。

半分にしたとはいえ、家の中に置かれた2メートルもある木は、はっきり言って邪魔。
早く作ってくれればいいのにと思っている私の心など気付く風もなく、TVの前でゴロンゴロン。
月日だけが過ぎていく。

考えてみれば、2メートルの木を扱うには場所が必要だ。
しかし夫の木工部屋は、たったの4畳。
所狭しと大工道具やこの30年間にたまった木切れが置かれ、作業するスペースもない。

玄関先では、通行人の眼もある。
トンカチや電動ノコギリの音は、ご近所迷惑。
そう考えると、テンションも上がるまい。

だけど早く取り掛からないと梅雨に入るのになぁ~と、私はひとりでやきもき。

ようやく木に切込み線を引く作業を始めたのが、5月の連休明け。
引き終わったら、またしばらくほったらかし。

せっかち、いい加減、大ざっぱな性格の私に対し、夫は、慎重、丁寧、周到な……ブツブツ
取り掛かったら、ちゃっちゃっと仕上げちゃえばいいのに、何もしない日が何日もある


天井まで届く材木。
根津 陶芸展
先週の根津歩きは、陶芸二人展が目的だった。
友達の義従兄、櫻井満氏は、以前埼玉県の飯能市に窯を持っていたが、今は栃木県佐野市でろくろを回しているという。

背丈があり髭を蓄えたイケメンの櫻井氏は、陶芸家というよりも俳優のよう。
特異なオーラを放っていた。



わら灰釉薬を使い、独自な工法で作品を作っていると聞いた。
ブログに載せることを考え、作品をもっと撮ってくれば良かったなぁ。
ダンディな櫻井氏の写真も!


壁かけの花器。

櫻井満氏と荻野善史の「響きあり 陶芸二人展」は、
今月15日まで下記のギャラリーで開かれている。

文京区根津2-24-3ギャラリー「汐花」
電話 03-5815-8280
(根津駅から歩いて5分。14.15日は櫻井氏在廊だとか)


相方の荻野氏の作品
家具作り その1
タイトルを「作り」とすべきか迷った。
ここは夫への敬意を込め、「家具」としておこう。

昨年、リビングの内壁を珪藻土にしたとき、オーディオ機器などを雑然と置いていた場所を整理した。
そこにお洒落な家具をと、あちこち捜し歩いたが、見つからない。

渋い飛騨家具や北海道家具、古い和箪笥などもなかなか良い味。
が、我が家は年金暮らし。
懐具合もある。
しかも置く場所は中途半端な広さ。

そこで木工仕事が好きな夫に依頼したのが、昨年の春。
定年退職し、お昼寝と韓国ドラマ漬けなのだから、すぐにでも取り掛かるかと思っていたら、
「あぁ、そのうちな」と言うばかり。

何度も尻を叩いて、ようやく設計図をひき始めたのは秋も深まった頃だった。

ネットで材木を注文したよと聞いたのが、12月初旬。
届いたのは1月下旬。
はるばる高知県から届いた材木を見て、
あきれた
長さ4メートル、幅60センチもある。
必要なのは、縦横ともに約半分。

オーストラリアへ長期旅行に出かける前日、
玄関先で棚作り、いや家具作りが始まった。
裁断しないことには家の中へ入れることもできないからだ。



1本の苗から毎日1~2本のキュウリを収穫!
根津
根津、千駄木をちょっと歩いた。
そう、ちょっとだけ。
梅雨明けし、急速に上がった気温で歩き回る気力を失ったからだ。

不忍通り沿いで見つけた「山田紙袋封筒店」。そこで買った一筆箋と封筒。
どれも手作り。10枚入って50円。



この方が作り手。
「ブログに載せてもいいですか?」と了解を得て撮影。
おじさんの後ろにひな壇のようなものが見えるでしょ?
それは、今、おじさんが制作中の一筆箋を置く棚。



「製品化し、余った紙で作ったものだから50円でいいんだよ。絵はパソコンでプリントしたんだ」
とおじさん。

さて誰に書こうかな?
木登りカボチャ
カボチャの生命力たるや凄まじい。



天を衝く勢いだ。
月桂樹の先に見えるのはカボチャのつる。



花壇のサフィニアはカボチャに押され、見る影もない。
秋まで美しく彩るはずだったのに。
もう一つのつるは芝生を横切り、ハナミズキをよじ登り始めている。
コンポストで熟成させた堆肥に、種が混ざっていたのだ。

あまりに傍若無人な……「人じゃない!」って? 確かに 
ともかく、伸びたい方向へ他の植物の領域などお構いなしに侵食し続けていく。

よし、カボチャよ、お前に遠慮というものがないのなら、つるを根本から切ってやる!
と鋏を持ち出し、たまげた!

やっこさん、実を、よりによってつるの先に付けているではないか。



「どうだ? これでも絶つのか?」と言わんばかりに。
咲く花のほとんどが雄花だというのに、ちょこんとつるの先の方に雌花。
人の心まで読んでの種の保存。
あっぱれ!

イメージチェンジ
肩まであった髪をショートにした。

家族、友人、知人の反応で失敗かどうか分かる。

飲んで帰った息子は、気付いたはずなのにその夜一言も発さなかった。
何と声をかけてよいか迷ったのだろう。
正直なヤツだ。

で、次に会ったとき、
「髪、切ったんだ。おしゃれな髪形にしたね」
「おしゃれな」のところが、うわずっていた。
何と分かりやすい

夫は
「若作りしたもんだ」
本人は、ほめているつもりらしい

友人、知人は
「あらぁ、誰かと思ったわ」
「失恋したの?」
このあたりは、失敗だなぁと思っている場合も、そうでないときでも使う常套句。

「似合っているよ」
まぁ、私も逆の立場ならそう言うね。

「肩で揺れている髪形、似合っていたのに」
「短い方が楽だからって、楽な方に流されちゃダメよ」
率直でありがたいコメント。

丸顔なので、ますますボールのようになってしまった。
自分の写真を見て、「やっぱりなぁ~」とため息。

もう一つため息。
「髪をこんなに短くしたのは、ホント子供のとき以来なのよ~」
と言いつつ、指折り数えてびっくり。
何と50年ぶりだった。
「ご・ごじゅう、50年……? えぇそんな歳?」と否定したくとも、現実なんだよね~