FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
夢かうつつか その5
今回の被害者は夫だが、私はなんと3回も掏られた経験を持つ。お恥ずかしいことに国内で2度、フランスで1度。

あれは6年前、パリのサン・ラザール駅でのこと。スリを警戒し、地下鉄の改札バーを通過するとき、たすき掛けにしたバックのチャック部分を左手で握りしめていた。ところが開くはずのバーが動かない。つい両手でバーを押した、その瞬間掏られた。バーが動いたので視線をバックにやると、口が開いているではないか。

大声で「財布を盗まれた!」と叫んだ。それを聞き、前を歩いていた夫がバーを飛び越え、犯人を追いかけ、たまたま地下街にいた私服警官と取り押さえ逮捕。

財布は書類を作成しなければ返却できないということで、犯人を護送するパトカーに同乗し、地下鉄の警察本部まで行くことになった。サイレンを鳴らしながら、カーチェイサーよろしくパリ市内を走り抜ける経験は、一生忘れられない思い出だ。

スピードを出し信号も無視。すれ違う車や横断歩道の人と接触しそうで、つい私が「キャー」と声をあげる度、パトカーの中はヤンヤヤンヤの喝采だ。警官たちは明らかに楽しんでいた。


スイス ベルン

これらの経験を踏まえ、危ないと思う地域では、誰が見ても財布とは見えない袋に、カードや紙幣を入れている。小銭は別の袋に入れ、盗まれても致し方なしと割り切る。むろん、カードや紙幣は数か所に分けて保存する。が、どこに入れたか忘れるのが難だけど…

実は今回の旅でも、閉めておいたはずのバックが全開になっていたことが1度ある。列車の乗り降りでキャリーバックに気を取られていたときだった。しかしスリもどれが財布か分からなかったのだろう。被害は無し。
スポンサーサイト



夢かうつつか その4
警察署へ被害届を出しに行った。

大使館でもらった地図を見なければ、その建物が警察署だと気付かなかっただろう。入口に警官が立っているわけでもなく、パトカーが横付けされているわけでもない。入口のドアには鍵がかかっており、横の詰所で用事を伝え、開錠してもらわないと中に入ることができない。

重いドアを押し開け、さして広くもない階段を3階まで上る。1900年代を描いた映画に出てくるような瀟洒な白壁の建物だ。コツコツという靴の音が反響する。

3階の踊り場から続く小部屋には、一人掛け用のお洒落な椅子数個と丸テーブルのセットがあり、その奥に広々とした執務室があった。磨かれた床、白壁に映える観葉植物の鉢、そして大きな机がデンと部屋の真ん中に一つ。

その机で、これまた映画に出てきそうなちょっと小太りの長官らしき人が何やら書類に目を通している。事務員らしき人もいない。長官?も、制服ではなくスーツ姿だ。日本の警察署や役所の被害受付窓口イメージとはかけ離れている。

長官から直々に書類を渡され、書き込むよう言われる。何のことはない。説明はすべて日本語で書いてある。日本人の被害ってやはり多いのかぁ。でもこの部屋にたどり着くまで、掃除婦以外誰も見かけなかったし、被害者は私たちだけだったんだよねぇ~。

(ドイツ ミュンヘン)
夢かうつつか その3
地図を確認すると、降りた駅から数分のところに日本大使館があった。パスポートが盗まれたわけでもないのに、総額5万くらいの被害で大使館へ行くのは大袈裟かも……と思いつつ立派な門をくぐる。

入口の警備室には屈強そうな門番とイタリア人の男性ばかり。
日本人が「どうしたの?」と迎えてくれるわけがない。
仕方なく拙い英語で状況を説明すると、大使館のずっ……と奥にいるであろう日本人に電話で取り次いでくれた。

カード会社の電話番号一覧表が電話線の向こう側に貼っているんじゃないかと思うほど、スラスラと教えてくれる。それだけ被害が多いということだろう。夫は受話器を握りしめながら、姿が見えない日本人大使館員にペコペコお辞儀をしている。必要な情報を伝え後は自分で対応をと、電話は数分で切れた。

そこで携帯電話からクレジット会社へ電話を入れた。
「そこで」は接続詞でもあるけど、場所もかけている。そこ、つまり警備員室の前で。それが幸いした。

日本のクレジット会社のお姉さんは、コレクトコールでないと受け付けないという。警備員にまたまた拙い英語でイタリアのコレクトコールサービス会社の電話番号を調べてもらい電話する。が、何度電話してもつながらない。

そのことをまた警備員に伝える。すると他の警備員も呼んできて何やらイタリア語でしゃべり、彼ら自身の携帯電話でも試したりしているうちに、どうも携帯電話ではコレクトコール会社につながらないことが判明した。
最後には、面倒だと思ったのか、大使館の電話を使えと言う。

えぇ? いいのぉ~? 高~い国際電話代が大使館もちになるんだけど……。
むろん、ありがた~く使わせていただいた(つづく)

たまげたって? (スイスツェルマット)
夢かうつつか その2
今回、まさに出鼻をくじかれた旅だった。
(前回のオーストラリアでは出国前から色々ありハラハラした。詳しくは1月頃のブログ参照)

被害に遭ったのは、ローマに着いた翌朝のこと。
魔の手が伸びていようとも知らず、私たちは、バチカン市国へ向かうべく地下鉄に乗った。

この時点での「私たち」には、娘も入っている。(夏休みをこの時期に取り一緒にローマ、ベネチアを旅行。)

朝9時半を過ぎているというのに、ホームは通勤客で溢れかえっていた。私と娘は、バックを両手で抱え、ドアに貼りつくようにして地下鉄に乗り込んだ。夫は?と確認すると、奥に押しやられている。
『大丈夫だろうか? リュックは抱えた方がいいのに』
と不安がよぎったものの、声をかけるにはちょっと遠い。

2駅目で乗客がドドッと降り少しゆとりができたので、再度夫を振り返ると、明らかに様子がおかしい。驚愕している。声をかけると「財布がない」と言うではないか!

次の駅で降り、被害を確認するが、動転している夫の記憶は定かではない。あろうことか、「ポケットに入れたと思う」という。スリからすれば、「カモがネギをポケットに入れて日本から飛んできた」ってことじゃない!


僕はハト!(ローマ コロッセオ)

イタリアはスリが多いから気を付けなきゃねとあれほど言ったのに、なぜポケットに? と傷口に塩を擦り込もうとする私に対し、娘は実に冷静だった。起きたことは仕方がないから、対処法を考えようねと優しく諭す。ありゃりゃ親子逆転だ!

被害は、クレジットカード2枚と銀行のキャッシュカード1枚、免許証、スイカカード、日本円などで、総額5万円ほど(スイカやEdyなどのチャージ分を含む)。

すぐにカードを止めないと! そのためにはカード会社の電話番号を調べなければならない。この状況を説明するには日本語が使える場所がいい。(つづく)
夢かうつつか
帰国し、気付けばもうすぐ2週間……。

数日前まで、深い眠りからうつつへ戻るとき、「ここはどこだっけ?」「今日は移動日?」と、ぼーっとした頭で探っていた。やはり強行軍だったということだろう。1か月で6ヶ国、13都市。確かに移動が多すぎた。


サンタンジェロ城で

それでも今回は、出国前に旅程もホテルもほぼ決めて出たので、旅をしながら次の行き先やホテルの心配をする苦労は無いに等しかった。しかし考えてみれば、旅の面白さとは、先が見えないことや予想外の出来事に遭遇すること。そういう意味では、ちょっと面白味に欠ける旅だったともいえよう。

デジカメ、iphoneと、撮った写真の枚数も多く、実はまだ全てを見終わっていない。写真の整理をしながら、この旅を少し振り返ってみたい。

先ずはあの、予期しない事件から! 
ロンドン
いよいよ最後の旅行地ロンドンへ。

プラハからのブリティッシュエアーズを降機後、バスに乗り換え空港内へ。ゲートが端だったのか、ひたすら歩く。ようやく入国審査に辿り着いたと思ったら、長蛇の列。そういえばJALが停まっていたなぁと思い出す。私たちの前には品川から来たという修学旅行高校生集団が、テンション高く並んでいる。待つこと1時間。こんなに並んだのは初めての経験。

空港から地下鉄の駅までが、またえらく遠い。またまた、ひたすら歩く。

地下鉄は弱者に厳しい。電車とホームの間に、車椅子はもちろんのことベビーカーも難しい段差や隙間がある。また乗り換えであちこちの駅を通ったが、駅構内にはどこも階段があった。エスカレーターやエレベーターが設置されているのが当たり前になっている国から来ると、ここは先進国じゃなかったっけ?と聞きたくなる。イタリア、スイス、ドイツ、オーストリア、チェコではベビーカーや車椅子の人を地下鉄内で見かけたものだが‥‥。

2日目、朝から雨。一日傘を手に観光するのは、この旅では初めてかも。霧のロンドンというくらいだから、雨もまた良し!


バッキンガム宮殿前の衛兵交替式は、この時期は1日毎。偶数日か奇数日かは宮殿次第で変化するらしい。

フェンスに張り付く傘の列。11:15分からと聞き、待つが来ない。「雨でキャンセルになったようだ」と言いながら列から離れる傘も出始める。半分諦めかけた頃、歩行隊列が、その数分後に騎馬隊が雨の中をやって来た。


明日は晴れとか。日中市内を観光し、夜には帰路の機上にいる予定。

実は前回のニュージーランド旅行同様、笑えない事件があった。その件については帰国後に!
チェスキークルムロフ その3
もう一つは、バスの話。
プラハのバスターミナルで買ったのは、往復チケット。だが、なぜか帰りの方が15コルナ(75円ほど)安い。チケットをよくみると、復路の到着地が、地図上ではプラハ街外れのバスターミナルになっている。距離の差が値段の差かなと?と思っていた。

帰りのバス

ところが「サプライズ」は、帰りのバスに乗り込む時から始まった。
まず美人の車掌さんが付いて来る。
「付いてくる」というのは、グリコのおまけのようで変だが、受け止めた気持ちはそれに似ている。

次に、往路(雨漏りバス)では、トランクルームに預けた大きな荷物1個につき、20コロナ(約100円)を運転手から請求されたが、復路は不要だった。

そういえば、支払いを請求するボードは、運転手の手作りっぽかったし、途中のバス停から乗り込む客たちに、払っていた様子は見えなかった。ムム‥‥あれは運転手のポケットに入ったのかぁ?

3つ目、バスのデラックスさ。まるで小型飛行機。各座席に液晶パネルがあり、映画や音楽、ゲーム、ニュースが楽しめる。


4つ目、美人車掌さんがイヤホンや新聞を配り、珈琲やお茶の無料サービスまでしてくれた。

5つ目、3~4箇所停まったくらいだったので、行きより20分も早く着いた。しかも街外れに見えたバスターミナルにも地下鉄が隣接し、市の中心部へ数分もかからなかった。

ボヘミア地方の絵のような車窓を、熱いお茶を飲みながら、BGMのジャズの調べに酔いしれた約2時間40分は、あっと言う間だった。

なぜ往路とこれほど待遇が違うのか未だに謎。まぁ、この差を経験するのも面白い。が、一つ言えるのは、あの雨漏りしたバスが復路じゃなくて良かったってこと。

そういえば行きはガラガラ、帰りは満車。チェコ共和国にも資本主義が入り、競争社会になりつつあるってことか?
チェスキークルムロフ その2
チェスキークルムロフ城の塔の上へ、ようやく辿り着こうとした時だった。何やら小太鼓や笛の音が聴こえてくる。太ももが「限界だぁ」と喚いているが、音の正体を突き止めたい気持ちが勝つ。螺旋階段を一気に上がり、下を覗くとパレードが橋を渡ってくるのが見える。


この塔に登るのは有料だし、街を見下ろす眺望も最高によい。なのに、 「ほら、早く降りてこないとパレードが行っちゃうよ」と音に催促され、必死に登った階段を駆け下りる。一体何分そこに留まっていたろう?




ホテルのスタッフに聞くと、シーズンの終わりに行っているフェスティバルだとか。




踊りや剣の闘い、旗のパフォーマンスなどを楽しませてもらった。この日は風が冷たく、貴婦人たちや子役たちは寒そう。でも伝統衣装に身を包んだ彼らの表情が、誇らしげで、寒さも厭わず楽しそう。




もう一つ、面白い経験をした。
チェスキークルムロフ その1
雨が降る中、9:30発の長距離バスに乗りチェスキークルムロフへ行くため、バスターミナルへ地下鉄で向う。昨日、チケットを買いがてら下見をしているので余裕のはずだった。

ところが地上へ上がって見ると景色が違う。列車の駅と間違えたようだ。地下へ降りるべく気が急くが、この駅のエスカレーターは世界一長いそうで、ホームは遥か遠い。

ようやくホームに立ったものの、電車はいつ来るのか分からない。日本、オーストリア、ドイツのように「何分後に列車が来ます」という電子掲示板どころか時刻表もない。たぶん10分毎に走っているのだろうが、こういう時は格別長く感じる。

何とか出発5分前にバスに乗り込んだ。約3時間の旅程で指定席。乗り心地もなかなか良い。なのに、1人約1000円。チェコは物価が安い。

高速道路に入ると雨脚が強くなった。しばらくするとポタッと何やら水が落ちてくるではないか。雨漏りだ。天窓のようなものが天井にある。そこから雨が漏れてくる。隣の人も避難。なかなか無い経験だ!

到着20分前まで大粒の雨だったが、降りてみると不思議なことに上がっている。

バスターミナル付近は、その辺りのチェコの街と変わらない。ところが、路地へ踏み込むこと数分、中世にタイムスリップした世界がそこにあった。そしてサプライズな出来事が‥‥。






観光客のいない夜がまた魅力!
1等車
ウィーン9:32発でプラハへ向う。14:21着なので約5時間の長旅だ。それもあり、ちょっと奮発し1等車にした。ディスカウトで69ユーロ(2等は49ユーロ)。

ただ指定席料を倹約した。が、土曜だし1等車は2車両しかないし、座れなかったら悲しいと後悔し始め、30分も前にホームに立つが、始発じゃないことが判明。


乗り込んでみると、1等車はガラガラ。
6人用の個室を2人で独占。ガラスの仕切りがあり、椅子は170度傾くので横にもなれる。

約1時間後、たぶんチェコとオースリアの国境の駅なのだろう、30分の停車。乗務員が交代し、赤い帽子の車掌がまた検札に回って来た。

また列車はガタガタと動き出す。地平線まで続く緩やかな丘陵。道路に沿って立つ電柱が、チェコでは畑の真ん中に設置されている。木の電柱もまだ健在だ。少し時代が遡ったように感じるのは、時々視野に入る建物せいだろうか。壁や屋根が傷んだ粗末な家々の煙突から白い煙が上る。屋根が崩れ、壁に穴が空いた廃墟が時代に取り残されたかのようにいくつもある。


チェコ本駅に、15分も遅れで到着。道路に水たまりができている。雨が降ったようだ。
ウィーンでオペラ
ウィーンと言えば音楽の都。街角には音が流れているものと思っていた。が、4日間で逢ったのは、公園の中でバイオリンニスト、駅の出口でフルートを奏でる人、地下鉄の中でのアコーディン奏者、とたったの3人。パリやベルリン、ミラノ、ベルン、シドニーなどでは、どこからともなく生演奏の音楽が聴こえてきただけに、ちょっと意外。

ミュンヘンのユースホステルで知り合った日本人女性から、オペラ座でオペラをたった3ユーロで見る方法を教えてもらった。立ち見席が、開演1~2時間前から売り出されるという。


ミラノ座中央階段

今日の演目は、ガエターノ・ドニゼッティが作曲した全2幕からなるオペラ・コミック『連隊の娘』(La fille du régiment)。全く予備知識はない。

たまたま祭日ということもあり、今日は4時から開演という。2時に売り場へ行くと、すでに50人以上並んでいる。

私たちの後ろに並んだ人が、私に「何時にチケットを売り出すのか?」と聞く。明らかにここの住人の可能性が低い異人の私になぜ質問するのか疑問に思っていると、彼ら親娘もまたロシアからの旅人だった。

待つこと約1時間、お互い拙い英語で会話すると、同じ職種だったことや娘さんのピアノコンテスト参加のために来たことなどが分かった。どうも娘さんのガッカリした様子や彼の言葉から、コンテストの結果はあまり良くなかったようだ。

娘さんはロシアで「ヒロコ」という日本人ピアニストに習っていたり、彼は空手を趣味でやっているなど、日本を身近に感じるという。それもあって私に話しかけてきたのかもしれない。

たった3ユーロ。さぞかし若者ばかりと思いきや、白髪の紳士や女性が多い。オペラは、有名な歌手が出演していたのか、満席だった。テノールのソロには5分間も拍手が鳴り止まない。

コミカルなのは分かるが、歌詞が理解できないので笑いについていけない。が、十二分にオペラ座の雰囲気を楽しみ、ソプラノやテノールの歌声に酔いしれることができた。3ユーロと思うから、なおさらだったかも。
ウィーンの交通ルール
ウィーンカードを、昨日駅に着いた時に19.9ユーロで購入。公共の交通機関が72時間利用可能、施設によっては入館料の割引などがある。

今日は王宮へ出掛けた。王宮内や王室の食器類が時代と共にどう変化したのか、エリザベート王妃(愛称シシー)の半生をオーディオガイドを聴きながら約2時間かけてゆっくり廻った。エリザベートが見染められ王室に入ってから、どれほど自由に焦がれ苦しんだか……。皇太子妃雅子さんの心中が慮られる。


バスを待っている間、人や車の動きを観察していて、あることに気付いた。

バス停

横断歩道付近に人がいると、自家用車はもちろんバスも必ず止まる。1~2m離れていても止まる。渡るのかどうか怪しい場合でも止まる。

無論、日本の教習所でもそう習ったが、守られないことの方が多い。渡る意思を見せてもなかなか止まってくれない。

驚いたのは、人の動きだ。横断歩道では、左右を確認しない。向こう側に停まっているバスに乗ろうとして、大人も子供も道路に飛び出す。車は止まるものと信じているようだ。横断歩道で、右見て左見て、もう一度右見て渡る人なんか誰もいない。