FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
夢かうつつか その11
1か月もの旅、体調を崩さなかったのかと聞かれる。
実は最初の5日間ほどが最悪だった。
胃もたれし、そのせいか身体が重く食欲もない。さっぱりした日本食をどれほど恋しく思ったことか! 

たぶんローマに着いた夜に食べた生クリーム、チーズこってりのスパゲティが原因と思われる。
バターや生クリーム系、揚げ物類を体内に入れると胃もたれがする体質なので、普段からあまり食べないようにしている。なのに、旅に出てつい気が緩んでしまったのだ。

その辛さから、今回の旅ではピザやチーズなどの食材を避けることにした。もちろん本当はちょこっと食べたい。でも我慢!我慢!

また左足股関節の痛みが出て、歩くのがつらかった。
先天性股関節脱臼のため右足を24歳のときに手術している。手術のおかげで、運動もできるようになったし、結婚し子供を産むこともできた。が、いつからだろう? 手術をしていない左足ならまだしも右足まで、突然痛みだす時がある。短いと数日で解放されるが、長いときは数週間苦しみ、突如として痛みがおさまるという発作?を繰り返している。痛む理由は皆目分からない。

今回もそうだった。旅行2日目から痛み出した左をかばうように歩くから、右足や腰まで悲鳴を上げ出した。こうなると鎮痛剤で紛らわせるしかない。ところが、6日目あたりからパタッと痛みが出なくなった。憑き物が落ちたように。

もう半世紀以上も付き合ってきた身体なのに、わけ分からず翻弄される。
が、「ブレイキ踏んでゆっくり歩こうよ!」という声と受け止め、静かに身体の中の嵐がおさまるのを待つしかない。

これからも身体の声に耳を傾けながらゆっくり歩いていこう。

さぁ大掃除! おせち作り! 頑張りますかぁ!
みなさま、よい年をお迎えくださいねぇ~



スポンサーサイト



柚子の里
冬至の前日、柚子の里へ出掛けた。

いつもなら収穫を終え、緑の森に戻っている時期だが、まだあちこちで黄色い花が咲いていた。ほんわかとした優しい色、見ているだけで心温まる。

柚子や福ミカンを分けてもらうため、友達の知り合いの農家へ。78歳の元気なおばあちゃんは、枝ごと収穫するためのハシゴを自分で抱え斜面を登るという。慌てて手伝いに走る私たち。呑気な息子は、ハサミ一つ持って前を行く。

おっかなそうにハシゴを登る息子にビシバシ檄を飛ばすおばあちゃん。
大丈夫だ、押さえてんだから!
もっと右の、それだ!
あぁそれじゃ切れねぇ、
ハサミは斜めに入れるんだ!

楽しい長閑な時間はあっという間に過ぎる。

宝石のキラメキ! 遠く新宿まで見える。心満たされた一日だったなぁ~!
リースの蔓
旅行中のハプニング話の途中ですが、先日リースの蔓を採りに行ったので、その話を。



ササ竹に巻き付いているのは、蛇ではなく、蔓。何の蔓かは???

この、竹に絡みついている蔓を剥ぎ取る。できるだけ折らないように、できるだけ長く!蔓は、山の中でないと採取できないと思っていたが、案外里の身近なところにあった。



友達が編むと、綺麗な丸になるのに、私はせっかちで不器用なので、数は多いが歪む。

歪んだリースは、もう一度解いてやり直しだ!

今日はクリスマス!
世界中で幸せをシェアできますように!
夢かうつつか その10
ネットバンキングで返済したはずだった。ところが「振り込めず」というメールが届いていた。何らかの手違いがあったようだ。

ただそれに気付いたのが月曜の夕方だった。取り急ぎ入金し、再度確認の電話してみると、86円が不足という。1日分、つまり月曜日分の利息がその金額というわけだ。

エーデルワイス スイスで

厳密に言うと、500ユーロを借りた期間は約25日間だし、600スイスフランは22日間くらい、5000チェコクロネは約13日間で、イギリスの100ポンドは6日も借りてない。借りた時点でのレートも関係してくる。

まぁザックリ17万ほどで1日86円の利子を取られると考えてよいのか悪いのか分からないが、両替商や銀行での手数料よりは安いと思う。

ならば、ATMでキャッシングしお金を引き出したら、すぐにそのクレジット会社へ電話し、ネットバンキングで振り込めばよかったのではなかろうか? しかし国際電話代も高いからねぇ! スカイプの無料電話を使えればいいけれど、残念ながらクレジットカードにはスカイプの番号は書いてない。そうそうATMの使用手数料は1回210円かかることもお忘れなく!
夢かうつつか その9
お金を借りているくせに、被害者になった気でいる。始末が悪い。他人事のように言うな!って? 確かに

冷静に考えれば、だんまりを決め込むわけがない。貸したお金は利息をつけて請求するに決まっている。
クレジットの支払いと同じように2か月遅れだから、いくら旅行中に口座をネットで確認しても、請求額が出てなかっただけなのだ。

日本に戻ったらすぐカード会社に電話し、金額と振込口座を教えてもらい1日でも早く返済するのがポイントだと、キャッシングを勧めた彼は言っていた。

ところが日本に戻ったのは金曜日の夕方。早速、ネットバンキングで振り込んだが、入金確認は月曜しかできず、土日分の利息も含まれてしまった。

で、1日の利息はいくらかって? 

それそれ、私も気になっていた。あぁ~あ、電話で聞けばよかったぁ。
ところが思わぬ事態でその金額が明らかに……。

公道を走行する戦車。スイス、ブリークからツエルマットへ向かう列車から撮影。
夢かうつつか その8
「キャッシング」。
1か月の旅行を続けるには、それしか方法がなかった。

全てクレジットカードで支払うというわけにはいかない。実際にミュンヘン近郊の町まで列車のチケットを駅の窓口で購入した時も、安いバイエルンチケットはクレジットが使えなかった。

ATMでの初めてのキャッシング。私のクレジットカードで、イタリア、スイス、チェコ、イギリスの4か所で現地通貨を引き出した。1か月間で、総額17万円ほど。

毎日のようにドキドキしながらネットバンキングで口座を確認する。何度見ても返済期限や返済方法が書いていない。一体いくら利息を取られるのか? いつ口座から引き下ろされるのか? システムがまるで分からない。貸した側にしてみれば、返済が1日でも遅い方が儲かるわけだから、だんまりを決め込もうってかぁ! 何と悪どい!と独り言つ。

柱を彩どるステンドグラス。ミラノの大聖堂で。
夢かうつつか その7
ここ数年、海外での現地通貨は、夫の新生銀行カードを使い、ATMから引き出していた。
しかしそのカードもろとも盗まれたのだから青ざめた。泥棒が引き出すかも!という不安ではなく、ユーロやスイスフラン、イギリスのポンドなど現地通貨をどうやって手に入れるか?という問題の方が大きい。1か月の旅は始まったばかりなのに、日本円は3人合わせて5万強くらいしかない。

ふと思い出したのが、以前ニュージーランドのユースホステルで出会った男性から聞いた話。1番手数料がかからないのは、クレジットカードでの「キャッシング」だという。

どうも「キャッシング」には良いイメージがない。高金利だし、何だか悪の匂いがする。
夢かうつつか その6
1週間ぶりに、豆を挽き、珈琲を入れました。
油を使った料理をしたのも1週間ぶり。

風邪ではなく、胃?食道?膵臓? まぁその辺りをやられたようです。
症状が、ローマやベネチアを回っていたときと同じで、いやぁ~しんどい1週間でした。

あっ、まだこの話はしていませんでしたね。

「ウソォ~! 旅行2日目に財布をスラられるなんて」だけでなく、実は体調も崩していたのです。
その話の前に、スリの話を片付けてしまいましょう。


トマト
夏に植えたミニトマト、1ヶ月の長旅から戻ってきたら、すごいことになっていた。大風が吹いたのか、横倒しになったまま小さな花壇を覆いつくしている。しかも11月中旬というのに、真っ青な実を鈴なりに付けて。



季節は冬に向かっており、トマトを色付ける太陽は期待できない。とはいえこんなに一生懸命に実を付けたのに、かわいそうで捨てられない。そこで大きな実だけ摘んで、ビニール袋に入れ、お日様が当たる窓辺に吊っておいた。

トマトは水を切らすくらいの方が甘くなると聞いた。バナナも真っ青な時に収穫し、徐々に黄色くなる。

予想通り、次々と赤くなる。甘さもまぁまぁ。収穫から3週間、さすがにシワがより始めた。そういえば乾燥トマトをもらったことがあったっけ。腐るか?はたまた乾燥トマトと化すか? 最後まで付き合ってみよう!

クリスマスリース
旅の話、食事や旅行経費についてもう少し続けようと思うが、ちょっと別の話題をいくつか!

毎年、適当にクリスマスリースを作り飾ってきた。庭に植わっている蔓性の植物を輪にし、リボンを付けて終わり。30分もあればできる。
今年は友達に教えてもらいながら作ってみた!どう?




すべて材料は山や河原、庭で収集したもの。もちろん私じゃなく、友達が!

リース作りは1日仕事という意味が分かった。何種類もある木の実を組み合わせ、彩り、バランスを考えモミの木葉っぱに付けていく。子供の頃に戻ったワクワク感。


来年は自分で木の実を集めるところから始めたい。



玄関は、オブジェ風にしてみた。