FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
国内格安航空チケット その2
母の健康状態を確認し、明後日出発のチケットを買った。

格安航空で東京から香川県の高松空港まで、最安値は3990円。
便は2本しかない。朝6:55発か夕方17:30発。
最安値は言うまでもなく朝の便。
しかし早朝の便は何曜日でも安いかというとそうとも言い切れない。例えば土曜日の値段だと、6290円。

むろんそんな朝早い飛行機には乗れないので、夕方の便とした。
基本の値段は日曜出発で8590円。

基本の…というところがミソだ。
もし日にち変更可能なチケット(400円までの飲み物などを買える)を望めば1200円追加。
広めの席にしたければ980円、前の方の席にしたければ650円追加。(ただし機種によってこの値段も変わるらしい。)手荷物を預けるには、チケット予約と同時なら1100円から可能。(むろん重くなれば値段が追加、チケット予約後に申請すると少しまた追加料金がかかり、当日になって預けるともっと高くなる)。
さらにクレジット決算にすると、手数料として一人600円もかかる。

母の健康状態次第で日にち変更もあるかもだし、母の荷物を私のキャリーバッグに詰め込むので、カウンターで預けるしかなく、支払いはネットでのクレジット決算…と何だかんだと追加料金が加算されていく。

幸い復路の基本料金が5390円と安かったこともあり、結局往復で18080円で収まった。

それでも片道9040円は安い!
が、安いには理由がある。
なんと発着が成田国際空港なのだ! (続く)


友達家のモモチャン
スポンサーサイト



国内格安航空チケット その1
香川県へ、80歳を過ぎた母をつれ帰省することになった。

さて、どうやって行くか? 
出発まで1週間~10日あるなら、いわゆるホテルが1泊付いたツアー航空チケットで1人21800円というのも売り出されている。が、数日後には行かねばならない。しかも母の体調変化は予測不能。いつ風邪をひきキャンセルになるか分からない。なので、できるだけ出発間近にチケットを買いたい。

調べると往復割引チケットでも片道約2万4千円もする。
新幹線だと片道17000円ほど。でも腰が痛い母に長時間の列車移動は厳しい。

諦めかけたとき、偶然ジェットスターの広告を見た。
なんと、片道数千円。安いと4000円以下というのもある。

今流行りのLCC、格安航空だ。
むろん安いなりの理由があった。(続く)


蠟梅
春を先取り
パソコンに向かっている間に夜になり、一歩も外に出なかったという日が続いていた。

日中、春のような陽だまりで読書というシチュエーションは最高だけど、パソコンに向かう場所は真冬。

でも、不思議なもので、冬の初めには室温が18度を切ると我慢できなかったのに、今は、16度でもなんとかやり過ごせる。環境に順応する身体に、心もついていくようだ。

久々に庭に出てみると、水仙や椿が「今が盛り!見逃さないで」とばかり花を付けていた。



早速、玄関やリビング、トイレ、キッチンに。



通るたびに、春の香りが頬を撫で、花の周りにはやわらかい春色が漂う。
は~るよ来い! は~やく来い!
トマト
秋、花壇で鈴なりだった真っ青なミニトマトたち、
陽の当たる窓際(家の中)に吊るしていたら、9割以上赤く甘くなった。

カレーやスープに入れ、これが最後。
腐らず、しわがよった乾燥トマト。


明けましておめでとうございます
年賀状が、お届け人不明で戻ってきた。
昨年、秘密保護法の強行採決のときに書いたので、まぁ激しい!

原発再稼働、特定秘密保護法、国定教科書、共謀罪と、いつ暴風雨になるやらで……。
「思考停止が悪を生む」(ハンナ・アーレント)。目を光らせ耳を研ぎ澄ませ、
次世代のためにどうあるべきかを考え、行動する1年としたいと思っています!


岩波ホールで観た映画「ハンナ・アーレント」の影響もあり、
ナチスによって思考停止させられた一市民にならぬよう、声をあげ阻止しよう!という呼びかけの意味も込め書いた。

が、いただいた年賀状はほとんど、穏やかな内容のものばかり。
そりゃぁ年明け早々だものねぇ。
ひとり突っ走ってしまった感は否めない。

歳は取っているのに、相変わらず血の気が多い私。
果たして、私にできる「行動」があるのか?
いや、こうしてブログに書くことも小さな「行動」の一つ……かな?

本年も拙文ブログ、お付き合いのほどよろしくお願い致します。