FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
キンカンジャム
1997年に漬け込んだキンカン酒が床下から出てきた。

夫は「漢方薬酒みたいだなぁ」という。
ほろ苦く、匂いが薬っぽい。

早々と取り出すべきだった実が、どうしようもない程マズイ。

どうしようもない程…だが、食べ物を捨てる勇気が出ず、どうにかならないものかと、この数週間思案にくれていた。

そんなある日、訪ねた友の家で梅酒の実のジャムをご馳走になった。

これだ!
早速作り方を教えてもらい実践。

軟らかくなるまで煮る。


裏ごしをして、種と皮を除く。



小さな種がいっぱい!

砂糖を入れペースト状に煮詰める。


どうにもならないと諦めかけたキンカンジャムの出来上がり。



スポンサーサイト



火災保険が使える雪災害
火災保険ってネーミングが思考を止めていた。

火事だけでなく、雪、風、雨の被害で家屋などが壊れた場合にも使えるって知ってましたか?
昨日、友達に聞きびっくり。しかも家屋本体だけでなく、ガレージや門扉などにも適応されるそうだ。

早速、保険会社へ電話してみると、それはそれは優しい声で、

 大変でしたね。お怪我はありませんでしたか?

こういう言葉掛けがうれしい。

ガレージの場合、20万以上の損害という条件が付くが、被害の写真と修理の見積もり書を申請書に付けて出せばよいとのこと。

やれやれ


大雪被害
先週のサラサラ雪と違い、水分を含んだ重い雪。
昨夜、ガレージの屋根の雪下ろしをする夫。



その甲斐なく……



深夜に降り積もった雪と雨の重さに耐えられなかったようだ。
あららら……。車はぎりぎりセイフ!
根津美術館
2月16日まで開催中の「和歌を愛でる」へ出かけて来た。



中でも「扇面歌意画巻」が面白かった。
何がかというと、描かれている絵が必ずしも和歌の内容にマッチしていると言い切れないところだ。

ニ首ずつ上下に扇絵が描かれているのだが、絵と和歌が明らかに逆だったり、和歌では「…をとめこ(乙女子)」なのに、田植えをしている2人ともおじさんにしか見えなかったり……。一枚一枚よく見ると、ツッコミどころ満載なのだ。

きっと1人で訪れたら、さらっと見て「キレイ!」「ステキ!」「上手!」で終わったに違いない。誘ってくれた友に感謝。

根津美術館の庭がまた味わい深い。南青山にこんな素敵な空間があるとは!

遣水や築山、茶室もだが、さりげなくそこここに置かれている石像が、朝鮮時代のものだったりする。


残雪に紅梅
しもやけ
左手の甲に、しもやけの跡がある。
子供のころ、赤く腫れた皮膚がぐじゅぐじゅに潰れ、まるで火傷のように遺った。
四国育ちなのに……。

大人になると、手は患わなくなったが、足だけは12月ころから春先まで悩まされている。
足の指が薄赤く腫れ、痒くなる程度。でもやはり辛い。

ところが、だ!。
この冬は、まだ罹ってない!

毎日できるだけ実践していることは2つ。
・生姜を食べる。
 料理に入れたり、新生姜が出たときに甘酢に漬けたガリや生のままを、ちょこっとかじったり。
・入浴のとき、水と湯に交互に足を浸す。
 たった1回。

あぁもう1つあった!
足が冷えて仕方がないときは、足踏みして身体の血流を良くする。
お困りの方、ぜひお試しあれ! 


雪がうれしくて公園まで散歩に!
国内格安航空チケット その5
母のおかげで、機内の席も

ネットで予約した際、17番の2席を指定したはずなのに、カウンターのお姉さんが気を利かしてくれたようだ。
チケットには2番とある。2番、改めて言うまでもなく前から2番目の席。
確か、ここはプラスの金額を払わなくては取れない席のはず。
帰りも4番。因みに私がネット上で指定したのは22番。

LCCの機体は、左右に3席ずつ、180人ほどの客席の大きさ。
高松空港ではタラップではなく、デッキに横付けだった。

席の横幅は普通のようだ。前の座席との間が少し狭い気がするが、短い時間の飛行なら何でもない。
サービスは、すべて有料。コーヒー、煎茶、紅茶は200円。
伊藤園の緑黄色野菜ジュースなどは250円。350mlのビールが450円。
相場の2倍かな?

前にも書いたが、1200円追加の予約変更可能チケットは、さらに500円(前に400円と書いたのは間違い)の買い物が機内でできる。その分をJALのマイレージに溜めることもできるが当日は無理。

紅茶とサンドイッチを頼んでみた。食べれなければ持ち帰ればいい。どうせ工場で作りパックされたものだろうと。
ところがCAは、ただいまお作りし、後ほどお持ちしますという。
ええっ? 作る? 座席しかないような小さい機内のどこで???

5分も待たなかったと思う。
ふわふわのパンに挟まれた、卵とツナのサンドイッチが運ばれてきた。
まぁその美味しいこと!
オススメです!


でも変更の可能性が低いなら、1200円の追加料金は不要だと思う。
LCCで地方へ気軽に旅立てる。
国内格安航空チケット その4
初国内線LCC。

成田国際空港第2ターミナルの、正面入り口から見て右奥に、国内線乗り場がある。
鉄道だと、一番奥になる。

2階の国際線カウンターが並ぶ前を素通りし、エスカレーターで階下へ降りると、ジェットスターのカウンターはすぐ見つかった。

母をエスカレーターそばの椅子に座らせ、車いすを借りにカウンターまで行くと、
目視で本人確認をしないと、貸せないのだという。

このシステム、利用側にすれば、えぇっそんな…じゃない?
母はまだ歩ける方だけど、もっと重度な人には酷な話。
そういう人には、空港到着からカウンターまでの車いす利用方法が別にあるのかなぁ?

ま、致し方ない。母に車いすを借りることにしたので、できるだけ辛そうにカウンターまで歩くように言う。
そんな猿芝居しなくても、見るからにヨボヨボとしているし、考えてみれば、車いすを利用したい人は腰が痛い人ばかりではないのだけど…。

むろん母は、歩けるよ、大丈夫だよと言った。
が、車いすにちょこんと座わると、ありがたい、助かったとご満悦。

この母のおかげで、VIP待遇だった。
至る所でスタッフが声をかけてくれるし、ゲートからバスに乗り込むときも座れるよう配慮してくれた。
なのに、母はバスを降りるや、タラップをすっすっと登っていく。
耳が遠いので、まさか大きな声で、車いす利用者らしく登ってよ!とも言えず……あはぁ~

続く

瀬戸内海
国内格安航空チケット その3
安いのはいいけど、成田国際空港まで遠い。
乗り換えしながらじゃ母にはきつかろう。
なにせ母の腰は爆弾もの。いつ痛みが強まるか分からない。

すると夫が、空港まで車で送迎してくれるという。
ありがたい!

以前TVでLCC発足過程のドキュメンタリーを見たことがあるが、
空港のず~っと端っこに、そのゲートが設置されていた。
あの広い空港内を歩くのも、辛かろう。

そこで母のプライドが許さないかもしれないが、車いすを借りることにした。
ジェットスターのウェブサイトで、チケット購入の手続きを進める中で、
車いすの貸し出しサービスに気づいたのだ。

初の格安国内航空、楽しみ!
戻ってきたら、報告しますネ 


森の中のレストラン埼玉県滑川町「ヒルトップファーム」で。暖炉の火がチロチロと。