FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
晋州 その7
ドイツ村の前に、ガーデニングのステキな別荘を見て歩いた。
(この別荘地帯へ入るには入場料が必要)

俳優が経営する喫茶店、有名な女優の写真を壁一面に掲げた別荘、凝った造りの建物などなかなか面白かった。
が、軽井沢のように庭が広いわけではないので、観光客が家の周りをうろつきさぞかし落ち着かないだろうにと気の毒になる。
別荘 s
この別荘見学が、また坂の上り下りで……。

夕方、晋州の街へ戻り、友達が予約してくれたホテルへ向かう。
疲れていたので、タクシーで行きたかったのだが、夫はバスを主張。

湖を臨むホテル。その響きだけでもロマンチック!
バスの終点から15分歩くと聞いたが、まぁそのくらいなら、湖の景色を楽しみながら散歩もいいかもと思ったのが間違いだった。

湖畔は、必ずしも平坦な道だとは限らない。
ちょっとした高低差ならまだしも、なんとホテルは湖を見下ろす高台にあったのだぁ!
湖 s

ニュージーランドで出会った友達が泊りに来るので、明日から数日、ブログを休みます。
韓国旅行もいよいよ終盤。
統営で、バスの運転手にどなられた失敗談や思いがけない出会い、また韓国人の友達に聞いた、ビックリ韓国教育現状など綴ります。どうぞお楽しみに!



スポンサーサイト
晋州 その6
最後に訪れたのは、ドイツ村。

日本にも、国の名前を冠した村が観光地としてあるが、そうした観光客目当てのテーマパークではないという。また村の中では英語しか使わないことで有名な教育プログラム英語村の関連でもないそうだ。さらにこの島にはアメリカ村もある。

昔、韓国が貧しかった時代に、ドイツへ出稼ぎに行っていた韓国人のために国が造った村だという。アメリカ村も同様。

しかし街並みをいくらドイツやアメリカに模して造り、彼らの苦労に報いようとしても、絵に描いた餅になってしまったという。

だからフランクフルトソーセージやドイツビールを出すレストランがあるわけでもドイツの土産物屋もない。
ドイツ村の坂
しかし坂の上から見える景色は、まさしく異国。傾斜がキツイ。

流石にこれで最後と思ったら……、まさかの展開が!

晋州 その5

カタクチイワシのチゲ定食(カタクチイワシ料理はこの地域特有とか。1人800円弱。12ケの小皿はすべて違う種類のおかずで、おかわり可能。くないおかずをおかわり!)

昼食を摂り、景観の美しい名所へと向かう。
しばらくすると、眼下に段々畑を見下ろす高台でバスは停まった。

段々畑 s


道路にはずらーりと観光客の車が並んでいる。
駐車場が整備されておらず、バスは停車し続けることができないそうで、私たちを降ろすと30分後に迎えにくると言い走り去った。

海岸までの散歩道。
しかし降りるということは、登らないとバスに戻れないということではないか!
  行きはヨイヨイ! 帰りは恐い!

軽快に、そう下りなので鼻歌まじりで降りながらも
『30分以内に上まで登りきるには、どこで引き返すべきか』を探っている私。
というのは、さっきの寺までの坂道でさえ、みんなのペースに付いて行けずフゥフゥヒーィヒィ言っていたからだ。
こんなこと考えながら歩くと、美しい景色が心に沁みてこない。


3分の2くらいまで一緒に降りたが、海岸の近くまで行くよう夫と友達を送り出し、休憩をとりながらゆっくり戻ることにした。もう坂道はこりごりと思いながら……。

ところがこの日の坂上りは、これが最後ではなかった


晋州 その4
KTX(韓国版新幹線)でやって来た友達と、駅前を9:30にスタートする現地ツアーに参加した。目的地は南海という海岸に面した段々畑の美しい島だ。値段は1人2700円くらい。島までの橋と晋州からの広い道路が通ったことで1時間ほどで行ける観光地として、最近注目され始めたところだという。また橋ができたことで島の経済が潤い、裕福な暮らしができるようになったそうだ。(韓国人の友達の通訳による)

バスは菩提庵という寺の駐車場で止まった。ここからは道が狭くすれ違えないので、シャトルバスに乗り換える。傾斜がきつい。降ろされた場所は、道の端に夕べの雪が残る高所だ。てっきり寺まで乗せてくれるものと思ったのに、そこから山道を20分も登る。たった20分というなかれ!

昔は1日かけて寺まで登り、1日祈願し、また1日かけて降りたという。同行している韓国人ツアーたちは、ステッキを持ち、装いも登山スタイルだった。



菩薩像に祈願する人々。韓国式の祈祷は、地面にまさに額付き立ち上がるという拝礼を何度も何度も繰り返す。かなりの屈伸運動だ!

晋州 その3
おじさんに駅まで行くバス停留所を教えてもらいホテルを後にする。

停留所の掲示板で、駅を通るバスの番号を確認し乗車した…はずだった。

ところが川沿いを走り交差点で右折し橋を渡ると思いきや、左折するではないか。地図上では橋の向こう側に駅がある。そこで急ぎ運転手に確かめると、KTXの駅には行かないという。

慌ててバスを降りる。
夫は「あの橋を渡れば直ぐだ、20分も歩けば着く」と…。

が、嫌~な予感が走った。最近何度か、鋭かった夫の方向感覚に狂いがあったからだ。ここは安全策でタクシーで行くことにした。初乗り料金は280円くらい。2人以上、基本料金くらいの距離ならバスと同じだ。それでも『タクシーを使うのは金持ち。もったいない』と思っている夫の表情は重い。

しかし乗って大正解!
橋を渡るどころか、10数分も走り街中を抜けた先にKTXの駅はあったのだから。

晋州城から川を臨む
晋州 その2
友達との晋州駅待ち合わせ時間は9:30。バスで30分もあれば着くと踏んでいたが、念のため少し早目にホテルを出ることにした。それが幸いした。

チェックアウトしようとフロント、いやいやモーテルなので小窓のある事務室をノックするがシーンと静まり返っている。鍵がかかっており呼び出し鈴もない。もう9時前なのに誰もいないとは!


ホテルの窓から

オーナー夫婦がどこで寝泊まりしているのかも分からない。仕方なく部屋へ戻り、フロントやこのモーテルの電話番号にかけるが、どちらも全く応答なし。友達との待ち合わせ時間が気になる。こうなったら鍵を部屋に置いたまま出て行くしかないかと諦め掛けたとき、電話口で「ヨボセヨ(もしもし)」と声がした。

事務室から出てきたおじさんの髪はボサボサ。今起きたばかりという顔だ。
いくら朝は弱いと言ってもねぇ~
晋州 その1
一昨夜遅く無事帰国しました。春一番の所為で4時間も空港で過ごすことに。とほほ

続き……
重い雲に覆われ、智異山を仰ぐことすらできず、市外バスは山間をくねくねと辿りつつ晋州を目指す。

直通のバスは無く、途中ハドン(하동)で乗り換えだ。待ち時間を利用し昼食を摂ることにした。写真は、もともとは中国料理だったというジャージャー麺のタレを魚介入りの炒飯にかけたもの。辛い料理が続いたこともあり、甘目に味付けされたそれは、実に美味しい。見た目はまずそうだけど、魚介もタップリ入り、これで700円くらい。



晋州では2泊する。翌朝韓国人の友達と一緒に南海と晋州を旅する予定。1泊目は土曜日のせいかホテルが取れず、バスターミナルに近いモーテルで我慢。

モーテルを経営する夫婦は面倒見がよく、コインランドリーがないかと尋ねたところ、業務用を貸してくれ、乾燥機まで使って良いという。

6階の窓からは晋州市内を滔々と流れる川が見え、建物に入る時だけちょいっと勇気がいるが、部屋はホテルと同じで、NHKも映る大きなTVまであり満足!

ところが翌朝、「そりゃぁモーテルだもの!」ということを突きつけられようとは、その夜、思いもしなかった。
智異山温泉 その3
チムチルバンは初めてだが、韓国の温泉は何箇所か入ったことがある。どこも同じシステム。

お金を払うと番号が付いたチケットを渡される。靴箱とロッカーはその番号を使う。番号と一緒に渡された紙が、まさかサウナ(チムチルバン)チケットとは気付かず、クチャクチャにしてポイ。言うまでもなく専用服は貸してもらえず、そのまま浴場へ。露天風呂もチムチルバンへも行けず、何故服がもらえなかったのか分からずにその夜は終わってしまった。頭の中は「?」ばかり飛び交っている。

2泊したので翌日リベンジを図る。そこで前日ポイしたその紙が、サウナチケットだとようやく気付いたというわけ。人生、失敗しながら一歩前進、そんな大袈裟な!ってネ

雨の中、2日分を楽しむべく露天風呂へ入ったものの、冬の冷たい雨、湯に浸かっている間はいいが、上がると身体にベッタリくっ付く濡れた服のため、よけい寒い。

チムチルバンも、そう長居できるものじゃない。大きなサウナ室だけなのだから、私は数分が限界。垢すりは韓国語で洗身という。ゴシゴシ30分かけて頭から足の先まで洗ってくれる。終わった後はツルツル。ただし垢すりは別料金。2千円弱。男性は1500ウォン。

雨に白いものが混じり始め、いつしか山は雪化粧。


智異山温泉 その2
智異山温泉は、街路樹や畑、山肌までマンサクの花が埋め尽くす里という。

22日からのマンサク祭りに向け、道路を広げたり街路樹にマンサクを植えたり、イベント会場を設置したりと、今まさに里造りの真っ最中。あと3年くらい経てば木々が育ち、黄色く染まる美しい村になるだろう。

村の教会

予約したのは「智異山温泉ランドホテル」。名前もだが、外装がまるでテーマパーク。部屋の窓から見ると滝や露天風呂?池?が見える。湯浴み服を着ての男女混浴だ。


日本と違い、温泉に入るには入場料がいる。宿泊者は半額の6000ウォン(チムチルバンを含む)だが、日本のように、夕飯前、寝る前、朝風呂もと、気軽には入るわけにはいかない。

チムチルバンとは専用の服を着て入る男女共有のサウナのことで、飲み物や軽食を持ち込んで数時間ゆっくり過ごすらしい。実は8回も韓国に来ているのに、チムチルバンは初体験。ところが……。
智異山温泉 その1
駅前は閑散としていた。日本の新幹線にあたるKTXの新しい駅は、街外れに造られていることが多い。有名な慶州も、今回使った求禮口や晋州も駅の周りは山や畑ばかり。

バス停留所はあるが、智異山温泉行きがない。ハタ、どうしたものか?

こういう時は聞くしかないのだが、構内にも外にも観光案内所がなく駅員も奥にいるのか姿が見えない。見回すと3人しかいない。1番優しそうなおじさんに声をかける。


チャガルチ市場で活きたヒラメを刺身に


味噌やキムチと一緒にサニーレタスで包み食べる。

ところが返ってきたしゃべりの速いこと。それにこの地方の方言や訛りもあり80%以上聴き取れない。

私は日本人で韓国語はよく分からないと言っても、「イエイ、イエイ」と頷きながら立て板に水でしゃべりまくる。

どうやらバスターミナルまで行き、乗り換えるらしい。どういう話の展開でそうなったのか分からないのだが、タクシーだと3万ウォンだと言いながら、お金を出し始めた。

韓国人はサービス精神に溢れている人が多い。韓国人の友達に言わせると「お節介焼きなのだ」と辛口だ。

慌てて「バスで行きたい、バスカードもあるのでご心配なく」と止める。

そんなやり取りをしているとバスが左からやって来た。傘を指す間もなく、キャリーバックを抱え雨の中へ飛び出す。しかし私たちに気付かなかったのか、バスが停留所を通過して行くではないか。雨に濡れながら追いかける私たち3人。何せ逃すと1時間待ちだ。

必死の形相でわめきながら走る私たちを、バックミラーで捉えたのだろう、急停車してくれ危うくセーフ!


S-train
S-trainが1日1本しか出ないのは、観光用の特別車両だからで、韓国全土でも数本しか走っていないらしい。

普通座席は2両のみ。座敷スタイルの食堂車、カフェ車両、イベントが開催できる車両の全部で5両。椿をモチーフにした座席カバーや鳳凰が舞う天井画など、内装も観光用だけに派手だ。




乗り込んでみると、触れ込みと大きく異なり乗客はチラホラ……。
その上、空調から冷気が……。早春どころかまだ冬、しかも今日は雨模様で昨日より寒い。なのに他の乗客は気にしていない様子。

車掌さんたちが行ったり来たり、2時間近く空調操作を試みたものの変化なく、最終的には他の車両に移ることに。


そうこうするうちに乗り換え駅「順天 숝천」に到着。ここからムグファ(急行列車)で「求禮口駅」に行き、そこからはバス、とまでは予め調べ分かっていた。が、まさか…とは。
潜水艦と遊覧船
バスを降りると、遊覧船の客引きが声をかけてくる。
ワゴン車で船着場まで行き、半島を遊覧船で回るのだろう。

「太宗台」…「台」だから……まぁ少し登れば半島の先端に着くに違いない。
違いないは、願いでもある。
しかし期待通りにことが運ぶとは限らない。
そういうことの方が多いのが世の常。

行けども登れども海の香すらしない。

1時間半ほど歩いた頃、ようやく木々の隙間から蒼い海が見えてきた。

目を凝らすと、釜山港の手前から潜水艦、それに続いて軍艦が波線を曳き滑るように洋上へと出て行く。



コンテナを満載した貨物船、点のようにしか見えない漁舟たち、そこへ右手から大音響で演歌を流しながら観光遊覧船が……。キラキラと光る波を背景に何十羽ものカモメが船を囲み群れ飛ぶ様は、長閑な「とき」を演出する。と、頭上を轟音と共に空軍機が空を切り裂いていく。韓国版「とらさん」の世界と北朝鮮や日本との緊迫した状況が混在する、それが今の韓半島だ。

ガイドブックに載ってないS-トレイン
智異山へはバスでとハルモニたちから聞いたが、思うところがあり駅のインフォメーションへ。

S-trainが釜山から麗水まで走っていると韓国人の友達から聞いていたのだ。昨年12月から運行が開始され、1日1本なのもあり人気が高いとも。ネットで確認すると、12日の空席があるようだ。

デコダンプみたい

9:19分発。順天でムグファに乗り換え12:41には智異山温泉最寄り駅求禮口に着く。料金は1人12150ウォン(約1600円)。交通費はホントに安い。韓国にも外国人向けのレールパス(乗り放題)もあるが、平日ならパスより安い場合が多い。長距離でKTX(韓国版新幹線)に乗る場合はパスが良い。

温泉のホテルは電話予約のみとなっていたので、インフォメーションのお姉さんにお願いする。できればマンサクの咲く山歩きをしようと2泊。本当は入金を先にすれば10%安くなるそうだが、必ず行くということで、お姉さんがその値段に交渉してくれた。

翌日の足と宿を確保し、市内バス88番に乗り太宗台へ向かう。
半島の先端から見える景色が美しいと聞く。


釜山 2014
釜山から南の田舎町を旅しています。JALのキャンペーンで通常の半分のマイレージで往復が可能と知り、急遽行くことにしました。因みに半分で7500マイレージです。

20時半釜山金海空港へ到着。
一昨年は、バスで釜山市内へ入ったので、今回は電車で。

Tmoneyカード(スイカのようにチャージして使う)が釜山でも使えるようになっていた。が、残高を覚えていない。21時の改札口には駅員もいなければ、乗客もまだら。恐る恐る改札口にタッチしてみる。4800ウォン。おぉセーフか?
日本円にすると480円。足りるかなぁ~?
それにしてもウォン高になったものだ。一昨年は1.3倍だったのに。

乗り換え2回。釜山駅まで約1時間。釜山の地下鉄はまだ階段が主流なので乗り換えはきつい。結論として、釜山ではバスの方が楽ということが判明。

地下鉄1号線は立っている乗客も多いのに、優先席はガラガラ。必要とする人のために席はいつも空けておくものと、皆、心得ているようだ。

イヤに熱い視線を感じるなと思い、横を向くとハルモニ(お婆さん)が話しかけたいオーラを放ちながらニコニコ私を見つめている。

視線が合うや
ハルモニ「どこから来たの?」
私「日本です」

その「日本」に、私たちに背中を向けていたアジュマ(おばさん)が反応した。
振り向き私たちのそばまで寄って来る。

ハルモニ「どこへ行くの?」
アジュマ「今夜寝るところはあるの?」
私「ええ、釜山へ。駅のそばの東横インに予約しています」
ハルモニ「東横イン?」
アジュマ「日本系のホテルですよ」
ハルモニ「あぁ、日本系の。釜山の後はどこへ行くの?」
私「智異山温泉へ行こうかと思っています」
アジュマ「智異山?どうやって行けばいいかしら?」
ハルモニ「バスだなぁ。行ったことがある」
アジュマ「高速バスは沙上駅で乗ればいいよ」
等々。

アジュマの息子さんが別府で暮らしているとのこと。道理で……。
そうそう、ハルモニとアジュマは知り合いではありません。

お二人のお蔭で釜山駅まであっという間だった。


東横インは安い!
朝食がついて、1人4千円弱。


ニンニクの保存 手抜き家事
6月前後になると新ニンニクが出始める。
その時期まで古ニンニクとどう付き合うか!
毎年の悩みだった。

健康維持のため、できるだけ料理に使うようにしている。
が、うっかりすると、芽が出たり、カビが生えたり、フニョフニョになったり。

先だって、我が家に泊った韓国人の友達に聞いてみた。
すると、皮を剥いて潰し冷凍するのだそうだ。
使うだけポキッと凍ったそれを割ればいいのだと。

早速、実行!


これ忙しいときに、実に便利。
免疫力を高めるアリシンは、潰したり切ったして数日置く方がより効果が出るのだと、TVの番組で見たことがある。
オススメです!