FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
新潟で撮影した桜。田んぼの真ん中に小さな御堂と一本の桜。
背景には雪を戴いた仁王寺山と飯豊山。4/20撮影

新潟 桜s

会津若松城には1000本の桜が植わっているとか。4/21撮影

会津若松城 s
若松城 s

飯盛山、さざえ堂の桜。4/21撮影

サザエ堂 s

ところで、4月21日upした三春の桜の写真(正面から)を、夫が撮影したものと入れ替えましたので、1ぺーじ戻ってご覧くださいね。幟がいい味出してますよ。





スポンサーサイト



三春の桜
新潟の実家跡地の草刈りをした後、三春の滝桜を見に福島へ車を走らせた。

滝桜正面 s



無料シャトルバスで桜に近づくのが、渋滞に巻き込まれない最善の策。バスは専用道路を走るのでスムーズ。そのバス乗り場や専用駐車場は、三春の桜から少し離れたところにあるが、急がば回れ、矢印に沿って素直に車を進めるべし!

手抜き家事 椎茸の保存方法
夏日だった先日、日帰りバスツアーで秩父へ出かけて来た。

鶯色に萌え出した山に薄紅色の桜が混ざった晩春の彩りは、心を優しく包む。





長瀞のライン下りの後は椎茸狩り。ツアー代金に200gまでの持ち帰り料金が入っているという。

ハウスに入る前に、椎茸の効用と保存方法の講釈を受ける。なんと洗わず切って冷凍、使うときは凍ったまま味噌汁などへ入れるだけでOKという。

天日でレチニオンやビタミンDがUPする干し椎茸もいいが、薄切り冷凍はすぐ使えていいかも。保存できるなら200gと言わず、もう少し買おうかなぁーと心が動く。

そこへ

100gオーバーする毎に200円だけど、今日はサービスで800gで1000円でいいよとおじさんが笑顔で言う。

そう言われても家族2人だし800gも要らないかな?と思いつつハウス内へ。

中に入ると室温が高く、ゆっくり選ぶ気にならない。

原木の間には秤が置いてある。
200gは最初の計量ですでに軽くオーバー。ならば、800gを目指すしかない。しかしその線は超えたくない。慎重に摘み取っては測るの繰り返し。ピッタリ800gに大満足!

おばさん心鷲掴みの商売上手に完敗だ。出口で、みんな1000円札を置いていく……!






蕎麦屋で見つけた素敵なストーブ
花冷えとか梅雨寒の日もあるから、まだ使ってるかなぁ?なかなかいい味だしているストーブたち。





埼玉県川島町の蕎麦屋「鷹や」
tel 0492902890 月曜 第2,4火曜休み


古家を数年前に改装し始めたとか。


鬼おろし蕎麦。
韓国のホワイトデー
一緒に晋州を旅した友達は中学校の教師。ちょうどホワイトデーの翌日に会ったこともあり、それに関する話をいくつか。

バレンタインデーにはチョコレート、ホワイトデーには飴を生徒たちにプレゼントされることがある。が、それとは別に「先生の日」を年間行事の一つとして設定し、生徒たちや親が先生に花などを贈り感謝を示すのだとか。昔はお金を包んできたこともあったそうな。でも全国的に最近は「先生の日」を廃止する方向らしい。

話を聞いてビックリしたのは、授業中に生徒が飴を食わえていることもあるとか、というのも「生徒たちが先生へ飴をプレゼント!」だけではなく、その逆も。つまり教師が飴を常備しておき、挙手して発言した子に褒美として与えるそうな。
ちょっと前までは、親や教師が躾けや罰として竹定規のような鞭で子供達のふくらはぎを叩いたと聞く。まさに「飴と鞭」!





韓国の公園に設置しているのは、大人用の運動器具ばかり。子供用の滑り台やブランコなどは見かけない。

軍事訓練
韓国では有事に備えて、軍事訓練を毎月15日の2時から20分間行なう。ただ土日に15日が重なると直前の金曜に実施される。

これに行きあったのは2度目。前回は10年ほど前にソウル東大門市場で、今回は晋州で市内バスに乗車中だった。

突然、全ての車や人の動きが止められる。交差点や地下鉄の出口に係りが立ち、信号に関係なくストップをかけるのだ。皆、20分が過ぎるのをただただ待つ。

それだけ。

何か特別に軍関連の行動があるわけではない。ただ全国民の動きを止めるだけ。係りの人は、見るからに町内会の役員という感じの普通のおじさんたちだった。



昌原の街で見かけたレンターサイクル。一年間で3万ウォンだそうだ。約3千円弱。
昌原
統営のゲストハウスで2泊し、釜山の金海空港から帰国するつもりだった。ところが空港までのバスを調べてもらったところ、早朝しかないとのこと。そこで急遽、空港に近い昌原で1泊することにした。

昌原は、今、開発中の街。公園や工業団地が幅広い道路沿いに広がっている。ホテルの周りは色んな商店や大型スーパーが店を構え賑やかだ。韓国では有名なスーパー「ロッテマート」で見つけたのが、このメニュー。こんなに盛りだくさんで11800ウォン(約1100円)。カツ、カルボナーラスパゲッティ、チャーハン、ラーメン、サラダ、スープなど。



こちらにはオムライスがドンと付いて10200ウォン。
さすがに老いた我々には無理。
カツ好きな夫が選んだのはこれ。

蕎麦、ライス、カツ。なかなか日本では見ない組み合わせ!

統営 その5
韓国の土産は「ちりめんじゃこ」と決めていた。

釜山のチャガルチ市場で見たが、観光客目当てと思しき代物ばかりで、値段も高いような気がする。

きっと港町の統営なら、質の良い品が安く買えるのでは?と期待しつつ市場へ。狙い通りだった。最高の品が2.5kgで4万ウォン。約4千円。ただし箱買い。釜山だと、5万5千ウォンはする。友達や親戚、娘への土産は、韓国海苔かちりめんじゃこ。キムチ入りチョコより喜ばれる。

海産物 s

同じような店はあちこちにある。味見しながら値段を聞いて回り品定め。塩辛いものもあるので、味見は必須です!
統営 その4
釜山からバスで約2時間の統営(トンヨン)は、島が点在する入江が美しい港町。
私たちが泊まったゲストハウスも、橋や海底トンネルで繋がった島の中にあった。

眼下に閑麗水道国立公園が見渡せる458mの弥勒山へは、ロープウェイで登る。日曜だと、乗るのに1時間待ちという人気スポットだそうだ。駐車場を広げる工事をしていたり、家にあった2009年刊行の韓国ガイドブックには掲載されてないところを見ると、最近開設されたと思われる。



ただロープウェイを降りたところから山頂まで、さらに嫌ほど階段が続いていたのには参った。足腰の弱いお年寄りが手摺りに身体を預けながら登っている姿を見ると、気の毒になる。スイスのように、もっと頂上近くにロープウェイの駅を作れば良いのに……。

振り返ってみると、韓国の場合、高所にある寺や展望台へ行くのにバスやロープウェイがあるものの、最後は自分の足で登るよう設えているところが多い気がする。世界遺産の海印寺や石窟庵、南海(ナメ)の菩薩庵もバス停から歩く。「楽らく」に行こうなんて甘いぞ!と言われているようだ。
統営 その3
泊まったのはゲストハウス。市街地からちょっと離れた場所にあるが、オススメ。家族で2年前にオープンしたのだとか。美人姉妹がゲストに対応する。トン ゲストハウス (Tong Guesthouse)住所296-12 Bongpyeong-dong

ゲストハウス s


玄関に入ると大きな犬が2匹大人しく寝そべっていた。漆喰の白壁に古い家具や額、装飾品が映える。


珈琲豆も常備してありフリー。パンとバターやジャムだけの朝食がついて、何と2人で約5千円弱、しかもどの個室にもシャワーとトイレが付いている。
統営 その2
バスの運転手に怒鳴られた私たちに、優しく
「どこから来たの?」と、声をかけてくれたおじいさんがいた。
「日本です」
この返事に
「日本? 日本のどこ?」と日本語で聞き返してきた。
たどたどしい日本語で
「僕は、横浜にいたよ。新潟にもいた。16年も日本で働いた。懐かしい。嬉しい。」
「僕のアパートにおいでよ。部屋は3つあるから泊まっていいよ!」と何度も私たちを誘ってくれる。

この小さな田舎町に、日本人の観光客が来ることは滅多にないのかもしれない。おじいさんは満面の笑みを浮かべ、高揚したしゃべりを続ける。

戦前戦後に、いや現代でも在日朝鮮人たちが差別を受けたり、嫌な経験をしたという話を、私はたくさん聞き知っている。が、目の前にいるおじいさんは、出逢ったばかりなのに、日本人というだけでこんなに喜んでくれる。目尻には涙まで滲ませて。おじいさんだって言葉の分からない日本でさぞかし苦労しただろうに。でもきっと日本で良い思い出もいっぱいあり、日本人の優しさにも触れることができたのだろう。だからこそこうした感情を持ち続けてくれているに違いない。

ホテルを予約していると伝えると、とても残念そうに何度も私の手を握りしめる。私たちはそれぞれの想いをハグに込め別れた。

「優しさ」で繋がれば国境も言葉も歳月も世代をも越える!


統営へ その1
韓国人留学生が驚く日韓の違いの一つはバス。日本では「危ないので、バスが停車するまで座席を離れないで下さい」とアナウンスが入るし、制限速度以下での安全重視走行が当たり前。

一方韓国では、乗客は停留所に着く前に乗降ドアにへばり付くように、つまり階段をひとつ降りたところでスタンバる。トロトロしていると降りそこなってしまう。乗るときも、停留所にきっちり停車するとは限らないので、バスが停まったところへ客が走り寄る。運転手は劣悪な道路状況などお構いなしにガンガン飛ばす。だから立ち客は、必死に手すりや吊革を掴んでないと、衝撃に耐えられず怪我する。

そんな統営へ向かう「運転手さまさま」のバスに乗車中のこと、うっかり手を離したキャリーバックが滑り出してしまった。たまたま郊外の街を走っているときでガラガラだったこともあり、バックは止まるきっかけを掴めず、運転手の横の乗降口までまっしぐら。と同時に、運転手の怒声がバス内に轟いた

韓国語で「すみません」を連発する私。「うっかり」は夫なのに……トホホ

菩薩庵 s
菩薩庵