FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
捕まっちゃった!
2週連続で所用があり、神戸へ車で出かけて来た。

数十年前、故郷の香川県まで帰ったときに比べると、新東名や京滋道路、伊勢湾岸道路などができ、混雑さは随分緩和されたと思う。

しかし距離が縮まるわけはないので、遠いのは同じだ。埼玉からだと8時間ほどかかった。6月には圏央道と東名がつながるらしい。1時間は短縮できるかも。


ここは何処でしょう?

行き、箱根の山に差し掛かるところで、後ろから来るパトカーに道を譲り一般車線によけた。ところが何とピッタリ横に付け、私たちを指差すではないか!「スピード違反はお前だ!」とばかりに。

追い越し車線を走行時、登りだったこともあり117キロくらいだったはず。何故それで捕まるのか合点がいかないまま、パーキングへ誘導される。

警察官は笑顔でこう言い放った。
「ちょっとスピード出てましたね。ここは80キロ制限なんですよ。」

30キロオーバーで2万5千円

この事故?一件?以降、注意して見ると、高速道路なのに、あちこちに80キロ制限地域がある。道路幅にゆとりがないからか、工事が入ると50キロ制限にまで落ちる。

いやはやそういう意味で、ハラハラドキドキ非常に怖い道路だった。



厚木パーキングのトイレ。




スポンサーサイト



ハコヤナギ
先週、神戸六甲山の小さな公園を散策していたら、ふわふわと綿のようなものが風に運ばれてきた。
2年ほど前に中国蘇州で見た、街中を綿毛がふわふわと浮遊する幻想的な光景を思い出す。

見渡すと、数メートルはある大きな木からその綿毛が舞い降りてくる。
はこやなぎ 3

強風で折れた小枝
はこやなぎ1

道端に溜まった綿毛
はこやなぎ 2

調べると、ポプラ科の一種だとか。
明日からまた用事があり神戸へ。
今度はスピード違反に捕まらないようにしないと! 
あれは心臓に懐にも痛い


薔薇
友達に誘われ、「国際バラとガーデニングショウ」へ行って来た。
西武球場のドームに入るのも、この手の催し物に参加するのも初めて。

バラの色、形などの開発にビックリ!


裏と表の色が違うバラ


まるで枝垂れ梅のよう


今年の大賞


バスガイドさんの旗に率いられたツアー客など、続々と外野席の通路を通りグランドへ下りてくる。ただ平均年齢はかなり高い。ショップの中に、アデランスや着物、毛皮の店があるのも納得!

初サクランボ
ついこの間、桜の妖艶さに魅了されたばかりだというのに、もう実を味わえるとは。



母の狭い狭い庭に、24年前孫が生まれた記念にと植えたそうな。

毎年お裾分けを与るが、すご~く小ぶりで、お世辞にも甘いとは言えなかった。ところが今年は豊作で、砂糖錦の名に近づいた甘さ。サイズもひと回り大きい。母の日に母からもらったサクランボを口に含みながら、母との日々を思いだす。親孝行しなきゃ!
お気に入りの椅子
拙宅には、お気に入りの椅子が3ケ所ある。

リビングに置いてあるマッサージ機。背もたれが丁度良い角度で倒れたまま動かなくなって久しい。ここで足を伸ばし本や新聞を読む。

和室縁側の椅子。義父が愛用していたものだ。冬は陽だまりの中で、春先は新緑を、秋は紅葉を愛でながら寛ぐのに最適。というほど庭が広いわけではない。膝丈しかなかった一本の紅葉が鑑賞できるほどに成長した。



我が家は日中カーテンを全開にしてある。リビングの窓を斜めに切ってあるので、道路を歩く人から見えにくい。



1番好きな場所は、庭に置いた椅子。木漏れ日から陽射しがきらめき、足元の花々は太陽に笑顔を振りまく。葉擦れの音、小鳥のさえずり、時折通る車の音や人声。風に運ばれてくる薔薇の香り。

天気が良い日はここで珈琲を飲みながら新聞を読む。ただ期間限定、蚊の餌食になるまでの数週間だけ。

連休ならではの楽しみ?
数日前は夏日。今日は、セーターが恋しいとは。昨日の地震といい、自然に翻弄される無力な我ら¨¨。

連休最終日、思い立ち都内へ出掛けて来た。友と語らい、池袋芸術劇場でグループ絵画展を鑑賞、さらに劇場前の広場でジャズ演奏まで!


バックの鳥人間もパフォーマンスの一つ。


中野GOOD MORNING CAFEで。料理も美味しいし、店の前に公園が広がり、都会の喧騒を忘れる空間としてもオススメ!


大内宿
先月、福島県の大内宿へ行って来た。

まだ関越トンネルが無い頃、新潟から車で走り抜けた記憶がある。時代に取り残された感が否めない静まり返った集落だった。

ところが今やバスを連ねてわんさか人が押し寄せる観光地。集落へ続く道の入り口には、広い駐車場やトイレも完備されている。



平日の朝ということもあり、まだ人影もまだら。


藁屋根の修復作業

この神社の階段を登ると、集落の全貌が!



大内宿の周りには、田んぼや畑の畦道に蕗の薹やつくしが顔を出し、屋根をふくのに使う茅も群生していた。次世代に遺したい景色の一つだ。