FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
梅雨間の珍しくスッキリ晴れた朝、「梅、もぎに来ない? 」
お誘いの電話を受けた。

そらそらと脚立を車に積み、人見知りする夫を連れ出かけてきた。

大きな木にたわわに実っている。夫婦4人で約2時間の作業。仕事のあと、大木の下でいただいたおにぎりのまぁ美味しかったこと! 話が弾み夫も笑顔を見せる。シャイな夫にも友だちひとり増えたかな?

もらってきた梅を洗いザルにあげると、部屋中に甘い香りが漂う。



床下で眠っていた15年前の杏酒や梅酒を空き瓶に入れ替え、仕込みの準備。

亡き姑が漬けた梅干しも発見。時が育んだ旨味を早速楽しむ。

漬け込んだ梅酒と梅シロップ。

スポンサーサイト



菖蒲
しとしと雨が降る中、先日明治神宮菖蒲園へ友達と出かけて来た。

湿原に佇む紫のグラデーション。
木立に囲まれ360度、自然のみ。
雨がよく似合う和の景観。






うち湿りあやめぞ香るほととぎす
鳴くや五月の雨の夕暮れ

藤原良経
(出典:新古今和歌集)

予想外 その2
夫が、スーパーのチラシを念入りにチェックしながら、時折声を上げる。
夫「シーチキン」
私「要らない」
夫「人参」
私「まだある」
夫「小麦粉」
私「この間買ったばかりじゃない、あれで1年間はもつから」
夫「ピーマン」
私「1袋お願い!」

定年退職してから、ほぼ毎朝のように繰り返されるこの会話。

夫の趣味は買い物なのだ。

こうして確認してくれるときはまだいい。頼みもしないのに、安かったからと大量に買い込んでくることがある。例えば新ジャガの季節に、芽が出そうなのを箱買いで。キューリ20本。細いゴボウを100本。卵3パック。バナナ3房60本あまり。

その度「2人暮らしなのに、どうすんの?食べきれないでしょ!」と文句を言う私。本当は「ありがとう」と声をかけたいけれど、図に乗られちゃぁ困るので、心を鬼にして苦言を呈す。

で、今回はピーマン。
確かに1袋だったが、まさか詰め放題とは!


どうする29個も。昼はピーマンの天ぷら、夜は昨日も今日もピーマン炒め。
トホホ…(・_・; もちろん夫に内緒で友達にお裾分けも。右に見える真っ赤なトマトも箱買い。トマトソース、またはトマトの水煮でも作るしかない。

予想外
先日、名神高速を東京に向かって走っていたら、掲示板で
「この先工事渋滞、名古屋まで4時間」
の文言を見た。名古屋までは140kmくらいの地点。いくら渋滞しても4時間はあるまい!見間違った!そう思った。

しばらく走ると、また4時間の掲示板。
今度は掲示板が壊れてるんだ! そう考えた。

ところが30分ほど走ると
「名古屋まで3時間」。

もしかして全ての車線をストップさせての工事? と気付いたときには、微動だにしない渋滞に巻き込まれていた、トホホ(-。-;


家の外へ出されたシクラメンが今頃花を!