FC2ブログ
プロフィール

花ある日々

Author:花ある日々
ブログへようこそ!

「楽しく、肩の力を抜いて気らくに、子育ても旅も人生も!」をコンセプトに綴っています。片言英語での個人旅行です。出会い、失敗は旅や人生の醍醐味!

2019年2月 中国桂林へ従兄夫婦と4人旅。
2018年秋 世界ゴールド・ノゾエ氏演出『病は気から』さいたま芸術劇場に出演
2018年6月 アメリカ西海岸をレンタカーでまわる。
2018年2月 ノゾエ氏演出ワークショップ『病は気から』(モリエール)芝居に出演。
2017年11月 息子夫婦とクロアチア・モンテネグロ・ハンガリーへ
2016年12月 故蜷川幸雄企画「1万人のゴールド・シアター2016」に出演。
2016年9月 夫婦でニューヨークへ。
2016年2月 従兄弟夫婦と4人で台湾地方旅。
2016年1月 夫、息子と私の3人でコペンハーゲン、スウェーデン、アイスランドへ。
2015年9月 夫と車で北海道ユースホステル利用の安旅。
2015年8月 友達と韓国ソウル、安東、水原へ
2015年5月 従兄弟夫婦と4人でベトナムへ。
2014年11月 女友達4人でメルボルンへ。
2014年10月 従兄夫婦と4人でトルコへ。
2014年2月 韓国南部の田舎街へ夫と2人旅。
2013年10月 1か月ヨーロッパを夫との2人旅。
2013年1月~2月オーストラリア・ニュージーランドを35日間の旅。自炊中心の安旅行。
2012年4月〜5月 韓国・上海。

夫:慎重派、倹約家、現実的、カメラ好き 走ることや木工細工が趣味。

私:好奇心旺盛、向こう見ず、楽天家、おっちょこちょい、食べること大好き!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2掲示板

ブロとも一覧


ワーキングホリデーinオーストラリア

ちょことまろん

FP(ファイナンシャルプランナー)の『情報×スマホ』な生活

陶芸などなど

楽らく歩こう!
海外個人旅行や楽な子育て、手抜き家事紹介お気楽ブログ
トルコ旅行計画 11
今回、連泊がほとんどない。
そういう旅行の場合、洗濯が困る。

数週間かける長期旅行だと、3から4日分くらいを持ち、連泊したところで洗ってきた。
コインランドリーがないホテルや町では、手洗いしバスタオルなどで水分をできるだけ取り部屋干し。
1人分ならまだしも、夫の分もとなると手洗いは重労働。

地球の歩き方サイトに質問を出したら、イスタンブール在住の人が返信をくれた。
どうもコインランドリーは無いらしい。

そこで今回、色褪せたボロシャツや穴が空きそうな靴下を荷物に入れ、洗濯できそうにない日に備えた。
現地で処分するということだ。正直なところ気が引ける。


先日、まだ青い唐辛子をもらった。お日様のあたるところに置いていたら、段々赤くなってきた。
スポンサーサイト



トルコ旅行計画 10
カッパドキアからイズミルまでLCCで飛ぶ予定。

エフェソスの遺跡がある街セルチュックで予約したホテルから、バスターミナルから電話すれば迎えに行くとメールが来た。はて? イズミルのAdnan Menderes空港からどうやってセルチュックまで行けばいいのかな?

サイトで検索すると、バス、タクシーというブログが多い。
ところが、あるサイトで2014年に国内空港が完成すると書いてあった。2014年、そう今年だ。しかも10月。そろそろ完成か? 完成までは国際便と同じ空港を使っているらしい。

あれこれサイトを覗いていると、鉄道で空港からセルチュックまで行けることがわかった。
さらに、パムッカレまでも線路は続いているとあるではないか。バスだと3時間。鉄道だと2時間。
時刻表も見つけた。9時01分発に乗るとパムッカレに近いデニズリ着が12時01分。

しかし、友達が貸してくれた『わがまま歩き トルコ』2013年版には、鉄道のことは書かれていない。
さて、実際はどうなんだろう? この曖昧さがまた旅の魅力。


完成したベール。
この粗い手作り感。良しと思うか否か?



トルコ旅行計画 9
バルンの会社はいくつもあるようだ。
奇岩上に数々のバルンが浮かぶ美しい光景は、各会社がしのぎを削って客を集めた結果なのだ。
数が多ければ、接触事故も起きやすい。
カッパドキアでも昨年5月に気球の事故があったそうだ。

yjimage.jpg

yamaツアーは、4社紹介し、客に選ばせるシステム。
空港からのシャトルバスを申し込んだと伝えると、決してキャンセルしないようにという。
キャンセルがキチンと伝わらず、お金だけ取られることになることも多いとか。
送迎の代わりに、バルン料金から1人5ユーロずつ値引きしてくれることになった。

朝6時ごろホテルに迎えに来て、1時間ほどバルンに乗り、空の散歩。
そのあとホテルに戻り朝食。保険もしっかり入っているという。
1人125€。高いのか?安いのか?



ジグザグに縫ったところを絞り、角を落としたときのチュールで覆い、髪留めを付けて出来上がり!
トルコ旅行計画 8
カッパドキアの空港からホテルまでシャトルバスが出ていることを、地球の歩き方のブログで知った。
シャトルバスのサイトは http://www.cappadociaexclusive.com/shuttle.html
1人17トルコリラ(8 USD)。飛行機の発着に合わせて、動いているようだ。
そういえば、オーストラリアのパース空港でも、発着に合わせてホテルの前まで送迎してくれるシャトルバスがあった。

バルンのサクラツアーからは、空港への迎えは4人で32€だと返信が来た。
9/24のレートで計算すると、8€は23トルコリラ。安いだけでなく、寄合バスに乗るのも面白そうだと予約を入れることにした。

ところがところが、予約を入れた後から届いたyamaツアーの見積もりを見てがっくり!
yamaツアーだと、空港からホテルまでの迎えはサービスで無料だというではないか!

ありゃありゃ……。


ウェディングベール、頭のところにギャザーを入れるためジグザグに縫う。
縫う場所にテープを貼って、ゆがまないように工夫してみた。
トルコ旅行計画 7
カッパドキアをフリーで歩いていた日本人の女の子たちが殺された事件があった。
やはり、足とガイドを確保した方がよさそうだ。
空港からホテルまでも不安だ。
バスやタクシーが常駐しているとは思えない。

またカッパドキアでは、バルンにも乗ってみたい。
バルン……、確かエジプトで落ち、日本人旅行者が死んだ事件が数年前に……、

ということで、ここは慎重に業者を選びたい。
万が一何かあったとき、日本語で対応が取れる業者がいい。
サイトで探すと、yamaツアーとsakuraツアーを見つけた。
名前からして、いかにも日本人向けの旅行業者だ。
実際にyamaツアーからは日本人のスタッフが、丁寧な日本語で返信をくれた。
サクラツアーの場合は、日本語も使えるスタッフが当日はガイドをするそうだが、メールは英語だった。

両方に見積もりを依頼した。


ベールの周りにレースを縫い付けた。
小学校の時だったか、雑巾を縫って覚えた波縫いの運針。
韓国ドラマを観ながら、チマチマ、チクチク、コツコツと。


トルコ旅行計画 6
バスの値段を調べてみると……
イスタンブールから2時間ほどで着くエディルネまで25トルコリラ。1トルコリラ50円で計算すると、1250円。
イスタンブールからカッパドキアまで10時間~11時間かかり、65トルコリラと、『地球の歩き方』に載っている。約3250円だ。

トルコ主要都市をチャーターしたバスで一周すれば、1人1万もかからないだろう。
だからツアー料金の値段は安いのだ。

しかしトルコ旅行計画4で書いたように、イスタンブールからカッパドキアへの飛行機最安値は16トルコリラ。
えぇ???と「?」がいくつも並ぶよねぇ。

でも日本だって、東京から大阪まで新幹線だと13620円、JALやANAの正規早割でも9490円。が、格安航空ジェットスターでは2990円……という日もある。ただ日にちと時間が限られ、しかもジェットスターは成田発着。

そうそうイスタンブールにもカッパドキアにも空港は2か所ある。予約するときは気を付けよう。


ベールの裾を丸く切断するための型紙を作る。(作り方はいろんなサイトに出ている)
裁断を終えたら裾にレースを縫い付けていく。


4m60㎝(60㎝は顔にかかる部分) × 2 + 幅180㎝ × 2 = 12m80㎝
ミシンでちゃっちゃと縫おうと思ったが、我が家のミシンは主人に似て気まぐれ。
特に薄い布だと、すぐ下糸が絡まる。
その処理を考えると、手縫いの方が楽!
朝昼夜毎に1メートルずつ縫えば4日あれば終わるはず。
トルコ旅行計画 5
イスタンブールから時計回りに、トルコ航空でカッパドキアへ、そこからSunExpress航空でエフェソス近郊のイズミルへ飛ぶことにした。

理想はイスタンブール→カッパドキア→パムッカレ→エフェソス→イズミル→イスタンブール。

だから本当は、カッパドキアからパムッカレ近くの空港へ入りたかったのだが、どこの航空会社にもルートがなかった。
なんて不便な!と思ったが、日本に置き換えて考えてみれば、東京や大阪から放射線状に地方を結びはすれど、地方から地方へという路線はない。

そこで地元のバスでパムッカレへ向かおうと思う。約3時間のバス旅行のはず。チケットは現地で買う予定。
パムッカレからはトルコ航空でイスタンブールへ戻る。

日本とイスタンブール往復、さらに国内移動で2回トルコ航空を利用する。LCCのSunExpress航空は1人6000円ほどかかり、昨日紹介したペガサス航空の値段に比べれば高いが、致し方ない。結局、飛行機代だけで15万もかかってしまうことに。(痛いなぁ~)



ウェディングベールの材料を買いに、日暮里繊維街や新宿オカダヤ、ユザワヤへ出かけてきた。
ベールの生地チュールは380円~1800円と、値段にずいぶん差がある。
糸や裾につけるレースなども買い込み、4メートルのロングベール作りに入った。
トルコ旅行計画 4
格安航空、日本でも、ジェットスターやバニラ、ピーチ、中国の春秋航空など、利用者にはありがたい空の価格破壊が起きている。故郷の香川と東京を片道1万2千円ほどで往復できる。

トルコでも何社か飛んでいる。
例えば、ペガサス航空。イスタンブールからカッパドキアの空港カイサリまで、10月の最安値は16トルコリラ。
目を疑う値段だ。
1トルコリラ、50円として計算すると、800円ということになる。
むろん、曜日によっても値段が変わる。
高くて、10/4土曜の46トルコリラ、2300円。

ただ格安航空だけあって、滑走路を使える時間帯は早朝や夜8時以降だったりと、使いづらい面は否めない。
また飛んでほしい区間に、格安航空どころかトルコ航空の飛行ルートすらなかったりもする。




11月下旬に娘が結婚式を挙げることになった。家具、着物、電化製品……何も要らないという。披露宴は親族だけの食事会だから、司会者も立てずケーキ入刀もせずと至ってシンプル。無論、衣装も着替えず。せめてベールくらい作らせて!と、私が出しゃばった。でも自慢じゃないけど洋裁は大の苦手。どうなることやら


トルコ個人旅行計画 3
新聞チラシなどの広告だと、大体下記の旅程。
  イスタンブール ⇒ カッパドキア ⇒ パムッカレ ⇒ エフェソス ⇒ イスタンブール
いや、逆回りの方が多いか?

これに長い帽子を被り、洋服?スカート?の裾を扇のように広げる旋舞で有名なコンヤ、エーゲ海に面したトロイを入れたコースもある。

私たちは、基本の4つの観光地に、ブルガリア国境近くにある町エディルネを追加した。
(その町にはセリミエ・ジャミイという1575年に造られたモスクがある。ユネスコ世界遺産に登録されている。)

旅程もさして変わらず、イスタンブール往復の直行便で、なぜ10万そこそこでツアーが組めるのか?
そのカギは国内移動方法にあった。

街から街へは貸切バスを使う。
しかしトルコは広大だ。
例えばイスタンブールからカッパドキアのあるカイセリという街まで、772キロメートル。約11時間はかかるだろうなぁ。

長時間バスに揺られるのはゴメンだ。
格安航空はないか? 調べてみた。 


黄金色の越後平野。





除草
用事ができ、朝急遽新潟へ出発。夫が草刈りもやろうという。

7月、シルバーセンターに草刈りを頼んだのに、8月のお盆にはもう草原。しかしあの時、除草剤を蒔いてきたので、平気だろうと高を括っていたら……この始末。私のいい加減な性格が、まさかこんなところにも現れているとは。



2時間、頑張ってこの成果。関東地方は雨だったのに、こっちは晴れ。つ、つ、つかれた~!


トルコ旅行計画 2
先ずは、トルコへどう入るか? トルコ国内での移動手段をどうするか? が重要だ。

ちょっと前までは、ワンワールド(JAL系のネットワーク)やスターアライアンス(ANA系)のサイトで、イスタンブールまでどこの航空会社が直行便で飛んでいるか? またはどこを経由すれば着くのかを調べたものだ。

ところが今は「skyscanner」 という便利なアプリがある。
出発日と帰国日を入力すると、瞬時に欲しいデータを手にすることができる。

例えば、仮に9月8日に成田を出て、18日に戻ると入力すると、
最安値では、往復で97803円(アエロフロート航空、モスクワ経由 行き19時間5分 帰りは16時間5分)をはじめとして、数十種類のプランを見ることができる。
世界中の主な航空会社がすべて入っている。だからスペインのイビサ島からオーストラリアのタスマニア島までだって、調べることができる。

しかもその指定日の前後でいつ出発が一番安いかも確認できるスグレモノだ。
因みに、9月だと行きは17日水曜日なら45042円だが、13日土曜は52706円と出ている。
復路も同様に最安値の日を選ぶことができる。
あとは、直接選んだ航空会社のサイトからチケットを申し込めばいい。
しかし焦ってはいけない!
日本とトルコの往復のチケットを買う前に、トルコ内をどう回るかを考えなくては!
国内のエアーを同時に申し込むと安く買える場合があるからだ。

このアプリ、オススメです。しかも無料。アプリからもエアーチケットを購入できるみたいだ。

この間もらったフランス土産の一つ。ビネガー。





トルコ旅行へ
来月、トルコへ12泊で従兄夫婦と4人で出かけることにした。

トルコは日本人にも人気の国。毎日のように新聞でツアー広告を見る。
10泊、高級ホテル、デラックスバス、全食事つきで10万ちょいナンテツアーもある。

トルコリラは今1リラ51円くらい。地下鉄やトラムは最低料金が1.7リラと聞く。
べらぼうに物価が安いわけではない。

ツアーじゃなく、あくまでも個人旅行で、好きなように歩きたい。
言い換えれば好きな場所で好きなだけ好きなものをボッ~と見ていたい。

未知の国トルコ。
まずは情報収集だ!


友達の別荘で見たスペインの蚊取り線香。
先に火が付きやすいように模様が入っている。色もいい!


フランス人の食文化
2人が来るというので、親戚や娘夫婦、息子や嫁候補?など11人が集まった。
フランス人は夏休暇をド~ンと取れるが、退職組以外は、翌日の月曜は仕事。
ということで、ゆっくりいつまでも飲むわけにもいかず、最初からお開きの時間を9時と決めていた。

チンプンカンプンのフランス語が飛び交い(仏語を話せる日本人が2人いた)、ちょっと間を置いて笑いが起きる。
それもまた面白くてあっという間に時間が過ぎていった。

いつもながらうっかり者の私は、5時から飲み食いしていることもあり、時間を読み間違えてしまった。
8時になる前にデザートのケーキや果物を出してしまったのだ。
途中で気づいたが、まぁ欲しければ食べ、まだ飲み足りなければ手を付けなければいいだけだと考えた。
冷蔵庫にワインやビールを何本も冷やしてある。時間はまだ宵の口。ヨーロッパなら、これからが本番だし……と。

ところが電車に乗って帰る心配のないフランス人の彼が、もう飲まないと言いだした。
デザートが出れば、もう終わりの意味なのだそうだ。
あやっ~しまった! と思ったが、後の祭り。


フランスから持ってきてくれたお土産。
すでに食べてしまったが、珍しい食材のジャムもあった。
下の写真、ルバーヴというフキのような植物を煮詰めたもの。甘酸っぱくてなかなかの美味。


翌朝起きてきた彼に、目玉焼きがいいか? ゆで卵の方がいいか?と聞いてみると、
甘いものが良いという。フランス英語だが、「スイーツ」と聞こえる。
だって朝から飲むわけにはいかないでしょ?と付け加えて。
塩気のあるものだと、ワインを飲みたくなるものねって。
朝食は、甘いジャムやヌテラというナッツやココアを砂糖で混ぜ合わせたものとパンが多いそうだ。

もう一つ、フランス人の食文化を。
前に息子がフランス人の友達を連れてきたことがあった。
そのとき聞いた話だと、フランスでは食事の初めにスープを飲む。
だから日本食でも、必ず最初に味噌汁を飲み干してしまうのだそうだ。



フランス人が我が家に
気づくと虫の音が……。今日は窓を閉めないと寒いくらい。
つい先日まで猛暑だったのに。

あれは8月の25日頃だったかなぁ?
気象予報士が、この1か月で最低気温が25度を切ったのは3日しかなかったというようなことを言っていた。
そのたった3日しかなかった涼しい日に、我が家に泊り客があった。
フランスから帰省してきた親戚の夫婦(夫;フランス人、妻;日本人)である。
何という稀有な確率。

なぜそれがブログに書くほどの話題かというと、
我が家の和室(客人の寝室)には、クーラーがないからだ。
パリの夏の平均気温は25度くらいだから、クーラーなど必要ないという。湿度も低い。
そんな快適なところからやってきたら、我が家に泊るのは厳しいに決まっている!

むろん私たちの寝室にもクーラーはない。
子供たちもこの環境で育ってきた。扇風機さえあれば過ごせると。
その子供らでさえ、1人暮らしを始め、クーラーの快適さを覚えたせいか、夏に我が家へ戻るのは避けているように思える。まして客人。どうしたものか?
 
リビングにはクーラーがあるので、廊下に扇風機を置き、換気扇のように使って、冷たい空気を和室へ送ろうか?
それともリビングに布団を敷き寝てもらおうか?

が、杞憂だったのだぁ。天の助けに感謝、ほっ!


友達の別荘へ草刈のお手伝いに出かけてきた。
可愛い2匹の蛙を発見!